扶余のおすすめグルメ5選!

2019年08月29日

百済の都・扶余。見所が多いことは分かったけれど、旅行でのもう一つの楽しみはグルメ。扶余郡を訪ねたらぜひ食べておきたい扶余ならではのグルメを5ヵ所紹介しよう。

 

扶余の郷土料理、蓮の葉ご飯を楽しむ

ソルネウム 솔내음

蓮の葉ご飯

忠清南道を代表する郷土料理である蓮の葉ご飯が味わえる人気のレストラン。伝統的方式で調理した蓮の葉ご飯に、蓮の葉の粉を添えたトッカルビ(牛/豚)やジョン、レンコンの天ぷら、ナムル、サラダなど、韓定食を現代的に再解釈したプレーティングで女性に人気が高い。材料の蓮の葉は、オーナー自ら栽培した蓮の葉だけを使用、玄米もち米と五穀を贅沢に使い、健康な一食が楽しめる。この他にもトッカルビに使用する肉やおかずのナムルなど食材のほとんどに扶余で採れた上質のローカルフードを利用して格別のクオリティを誇る。

扶余郡扶余邑ナルト路39
TEL:+82-41-836-0116
メニュー:白蓮定食14,000ウォン、蓮定食17,000ウォン、蓮花定食20,000ウォン
営業時間:[ランチ] 11:30〜14:30 [ディナー] 17:30〜20:00、年中無休

 

韓屋で味わう韓牛焼き肉

黄土亭 황토정

扶余韓牛

白馬江沿いの閑静な韓屋で、昔の百済の王になった気分で肉料理を味わえる扶余最高の料亭。オーナー自ら良質の韓牛を選別するだけでなく、おかずのナムルや野菜もオーナーが栽培している。また、韓国料理ならではの美しさを極めた主人のこだわりプレーティングデコレーションで、VIPも満足できる上質のメニューが楽しめる。1等級炭火韓牛焼き肉や、扶余の特産である高麗人参を原料とした天ぷらをはじめ、14種のメインディッシュ級おかずが提供される。このほか、扶余のローカルフードのみを利用した最高級の韓定食の八米定食やカルビ、冷麺などの単品メニューも豊富。

扶余郡窺岩面百済門路30
TEL:+82-41-834-6263
メニュー:韓牛特選盛り合わせ(180g)30,000ウォン、韓牛スペシャル(150g)40,000ウォン、八米定食(予約制)70,000ウォン
営業時間:10:00〜21:00  旧正月、秋夕当日休業

 

料理コンテスト受賞のうなぎを召し上がれ

渡し場食堂 나루터

うなぎ

昔からうなぎの産地として知られた扶余の、伝統的なうなぎ料理が味わえる創業43年のうなぎ料理専門店。メイン料理のうなぎは、2010年に忠清南道主催大百済展開催記念料理コンテストで大賞の栄誉に輝いた一品。醤油ベースで柔らかい肉質の和風蒲焼とは異なり、山ウナギを韓国的な辛いコチュジャン調味料を塗って焼きあげた弾力のある食感とスパイシーな味が特徴。ここに生ニンニクとショウガを添えるのが現地風。韓定食スタイルでキムチやナムル、ムクなど14種類の豊富なおかずも添えられてボリュームたっぷりの一食が楽しめる。

扶余郡扶余邑三忠路99
TEL:+82-41-836-0306
メニュー:サムギョプサル(200g)13,000ウォン、生カルビ(150g)25,000ウォン、きのこ鍋10,000ウォン
営業時間:10:00〜22:00  毎週日曜日休業

 

地元の豚を使ったサムギョプサルはいかが

百済ガーデン 백제가든

サムギョプサル

国民的人気メニューであるサムギョプサルが味わえる扶余の牛・豚焼き肉専門店。メインメニューのサムギョプサルは、硫黄を添加した飼料を食べさせたオリジナルブランド豚の最上質の部位のみを使用、豊かなコラーゲンと臭みのない味が特徴。包み野菜には、サンチュをはじめ、自家栽培した薬用植物であるエゾウコギの葉もあり、一風変わった味わいだ。この他にも体によい薬用植物を主材料とした特選ナムル3種と、その場で伝統の釜を使って炊く釜飯、大根葉を乾燥させたウゴジを入れたウゴジテンジャンクッも合せて韓国家庭料理の健康的な一食を楽しめる。

扶余郡扶余邑三忠路99
TEL:+82-41-836-0306
メニュー:サムギョプサル(200g)13,000ウォン、生カルビ(150g)25,000ウォン、きのこ鍋10,000ウォン
営業時間:10:00〜22:00  毎週日曜日休業

 

白馬江のほとりで韓定食に舌鼓

百済宮スラカン 백제궁 수라간

韓定食

ゆったりと流れる白馬江のほとりに位置する2階建ての韓定食店。クチナシとオオガタホウケンで色をつけた3色ご飯を基本にしたセットメニューと、夏にはサムゲタン、冬には全国で生産量1位を誇る扶余のキノコを材料にしたキノコ鍋が自慢。テーマパーク「百済園」の中にあり、生活史博物館、植物園、甕器園なども同時に楽しめる。

扶余郡窺岩面百済門路555
TEL:+82-41-837-1255
メニュー:グットレキノコ定食28,000ウォン、百済宮殿定食23,000ウォン
営業時間:10:30〜20:30 旧正月、秋夕休業

Pocket

関連する記事はこちら

부여-궁남지-초가을-(2)

百済時代の愛の物語が込められた「宮南池」

  古の百済の都「泗沘(サビ)」は現在の忠清南道扶余郡にあった。ユネスコ世界遺産に登録された「百済歴史遺産地区」の8つの遺跡のうち半分が扶余郡に位置するが、世界遺産に登録された遺跡のほかにも魅力的な百済の遺跡が扶余の地に残っている。それが「宮南池(クンナムチ)」だ。 宮…続きを読む

cityrourmap

扶余を気軽に巡ろう「4色シティツアー」

みどころいっぱいの扶余なのでたくさん回ってみたいという方に朗報! 扶余の人気観光地などを専用バスに乗って巡る「4色シティーバス」が運行されている。 百済の古都を効率よく回れる便利なツアーだ。 http://tour.buyeo.go.kr/html/tour/bus/bus_05…続きを読む

능사5층목탑

百済の都が目の前に出現! 百済文化団地

2015年7月4日、忠清南道の公州(コンジュ)市、扶余(プヨ)郡、全羅北道の益山(イクサン)市にある百済時代の遺跡がユネスコ世界遺産に登録された。1500年前の王国の栄枯盛衰を今に見せてくれる貴重な遺跡だが、目に見えるものは山城とわずかな塔、盗掘された後の古墳が残るばかりだ。「址…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02