「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

2015年02月23日

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28

冬だからこそ楽しいソウルを歩く

パッピンス
韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやはり日本と同様に湿気がありムシムシする日が多い気がします。長期にかけて滞在したことはありませんが、それでもそう感じてしまうというのは、温暖化のせいなのかもしれませんし、雪国育ちのせいなのか、寒さに強く、どちらかといえば暑さに弱い体質のせいかもしれません。
日本に住んでいると氷点下を体験する機会はあまりないのですが、昨年12月にソウルに行った時にはマイナス9度でした。飛行機から降りると、肌がまず空気が乾いていると感じて、毛穴が引き締まる感触とでも表現すればいいでしょうか? キーンという音がする感じの寒さではあったのですが、日本から覚悟を決めて出発したためなのか、それほど寒いとは感じませんでした。
実は私は冬のソウル、韓国が好きなのです。もちろん、ずっと外にいるわけではないですし、建物の中に入れば暖かいですし、もっといえば暑いお店もあります。
そして韓国といえば赤いモノ、辛いイメージのお料理が多く、鍋料理がとても美味しいです。韓国では一つの料理を極める専門店が多く、ぐつぐつと煮えるチゲやタン(スープ)が鍋ごと出されると、ビジュアル的にも暖かく、おいしく感じられます。お料理が美味しい季節として、冬を推薦!したいと思います。そして友達に話すとびっくりされるのですが冬にパッピンス(かき氷)を食べるのがおいしいです。もちろん、お部屋の中が暖かいからこそ食べることができるのですが。結構韓国の都心を歩くと、パッピンス専門店が多く見られて、年中を通じて手軽にパッピンスが食べられるようになりました。そこで、私も昨年あたりから雪氷のパッピンスに虜になった一人です。(笑)
円安が進んでしまい、ここ近年ではショッピング等はお得感がないのですが、それでも韓国料理や景色が好きな私は年に5~6回、韓国を訪れてしまいます。
そのたびに行きたいお店やカフェなど探していくのは何よりの楽しみです。もう行くところはないだろうといわれてしまっておりますが、今年は今までとは違った角度で「韓国」を楽しみたいと考えております。それが何かは漠然としているのですが、もともと写真が好きなのでそのあたりを極めたいと思ってます。
王宮巡りをまたしてみようかなぁ~♪どうぞ、今年もお付き合いください。

Pocket

関連する記事はこちら

20170206_140728914

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊼ 天高く馬肥ゆる秋の空に祈る~大邱広域市

 北の大地よりアニョハセヨ! 例年にない猛暑、記録的豪雨・台風で大きな被害が出た日本ですが、我らが北の大地でも大地震が発生し、震源に近い町では北海道観測史上初の震度7を記録しました。今年の未曾有の天災で被災された皆様に、この場を借りてお見舞い申し上げます。 韓国も猛暑で、特に盆地…続きを読む

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。 北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太…続きを読む

e448fa47c19736b8c60d83a859857fe6-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」26 韓国のカニ料理

韓国のカニ料理    北の大地からアニョハセヨ! 秋が深まると食べたくなるのが鍋ですが、今回は秋から12月ぐらいまでが旬で、おいしい出汁が取れ、実もカニミソもおいしい「コッケ」(ワタリガニ)とその特産地をご紹介します。  日本人観光客にも人気の韓国料理「カンジャンケジャン(写真・…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

統営ケーブルカー

見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

  見どころいっぱい、美食いっぱい、 そして多くの文学者・匠を輩出した街 慶尚南道・統営   統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の…続きを読む

イバグ自転車

釜山ホット情報| 釜山の観光名所で学ぶ「ストーリーツアー」

 今回は、釜山らしい景色が楽しめる「旧都心ストーリーツアー」、「イバグ自転車」についてご紹介します。 釜山の北港に新国際旅客ターミナルが今年9月オープンし、少し前までコンテナヤードであったり、埋立地であった所が、どんどん開発が進んでいます。ターミナルを背にすると、左の方は南浦など…続きを読む

8dc6bbc7c792bc2e0ac8bd1cc66801d2-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺  北の大地からアニョハセヨ! 前回のコラムで新羅時代の名僧「義湘(ウィサン)」が建立した海印寺(ヘインサ)をご紹介したので、今回も義湘に関する伝説が残るお寺を紹介したいと思います。  ソウル江南の高速バスターミナル(セ…続きを読む

2017-BOF-개막공연(6)

釜山の秋を楽しもう!

 釜山の秋、特に10月はビッグイベントが目白押し。韓国最大規模の映画祭として知られる釜山国際映画祭(biff.kr)が今年は10月4~13日に海雲台(ヘウンデ)の映画の殿堂をはじめ南浦洞(ナンポドン)などの映画館で海外の名作数百本が上映される予定です。オープニングのみならず、期間…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02