瀧口恵子の珍島物語 | 珍島アリラン

2018年01月03日

アリランは韓半島に伝わる民謡です。韓国はもちろん北朝鮮や中国、そしてサハリンまで、韓国民族の住むところには必ずアリランが歌われています。

ではどうしてこんなにも多くのアリランが各地に伝わっているのでしょうか? そしてアリランの語源はなんでしょうか? 珍島アリラン保存会の資料によると、アリランには古代説と近代説があり、古代説は新羅の始祖、朴赫巨世(パク・ヒョッコセ)の后である閼英(アリョン)が王と共に国内を巡回する時、農作と養蚕を奨励しました。新羅の国民は王妃を称え、閼英を称える歌を歌ったのがアリランになりました。近代説は、1865年、景福宮修築工事の際、各地方から交代で動員された人夫が肉体の疲れを癒すために歌い踊った時に歌われた歌がアリランで、工事が終わった人夫は故郷に帰って各地域に伝えたため、全国にアリランが知られるようになったというものです。アリランの曲調は誰もが憶えやすく、歌詞が単純なので、流行に乗って全国に伝播したと思われます。まさに「足のない言葉が千里を行く」ということわざのようにです。

その中でも特に知られているアリランは、江原道の山間部に住む住民の生活感情を歌った旌善(チョンソン)アリラン、慶尚道の陽気で明るい密陽(ミリャン)アリラン、そしてこの二つの特徴を合わせた珍島(チンド)アリランで、韓国を代表する三大アリランと呼ばれています。では珍島アリランの歌詞はいくつあると思いますか? なんと700を越えるのです。そして珍島の住民は即興で歌詞を作って歌ったりもしますので、歌詞がどんどん増えていきます。

珍島アリランの繰り返し部分の「ウン~ウン~ウン~」というウナリの部分を珍島の民俗音楽を研究する教授は「涙袋」といい、女性の嘆き・悲しみが含まれたものであるといいます。

 

ではそのいくつかをご紹介しましょう。

「風は手がなくても小枝を揺するのに、私には手があっても、恋しいあの人を引き留めることができない」

「永久の契りを結ぼうと、百年草を植えたのに、百年草はいつしか枯れ果て、別れ草だけ残った」

あと、なかなか微笑ましい歌詞は「夫が来るのですっ裸で寝ていたら、隙間風が冷たくて下痢をした」とか、電気もなかった昔のこと、三代が一緒という大家族で十分に起り得る事件ぽいものとしては「踏んじゃった~、踏んじゃった~、何を踏んじゃった? 舅のアソコを間違えて踏んじゃった~」なんてものもあります。

ほかにも、嫁姑の葛藤は過去も現在も同じらしく、「キヌタを叩きながら、姑が早く死んでくれたらなあと心の底で思っていたら、実家の母が亡くなった」という内容も出てきます。

それではここで問題です! 私が理解できずに主人に質問した歌詞です。「あそこのあの娘、目付きを見ろよ! 籠に乗って嫁に行けそうにないな!」日本語にしたら何となく通じますね。韓国語では「何これっ?」と一瞬理解に苦しんだのです。これは「目付きが色っぽいので普通の結婚は難しいな」の意味なんだそうです。

 

それやこれや、私の手帳にはこのアリランの代表的な歌詞12個が書かれたメモが収まっています。このメモは私の命の絆なのです。「え、それはオーバーなのでは?」と思うかもしれませんが、決してオーバーではございません! 役所にいますと、いろんな方の案内に駆り出されます。一緒に夕食するまではよいのですが、時にはその場に珍島の国楽人を呼んで珍島アリランの大合唱!!! その後、マイクが端から回されます。知っているアリランを順番に歌うのですが、同じ歌詞の繰り返しはご法度で、歌詞を知らなければ即興で作ってでも歌わなければなりません。歌詞が解らずストップすると罰則で珍島の地酒、アルコール度数が40%の紅酒を一気飲みしないといけません。

この紅酒は、蒸留酒にムラサキという漢方薬の根を使ってルビー色にした、美しいですが、超キツイお酒です。私の実家は異常なほどお酒に弱く、父はコップ一杯のビールでヨレヨレになるし、私はコップ3㎝でひっくり返る。息子に至ってはお酒のにおいもだめなアルコールアレルギーの持ち主という血統的なノーアルコール家系なのです。罰則なんか食らったら即、死に至ります。それでイザというときに備えてメモを秘めているというわけなんです。

最近は現代風にアレンジして「韓国最南端~宝の島~珍島! 人の心は温かく、とても住み心地がよいよ~」などと歌っていますが、実は住み心地がよいなんてとんでもない…今日も命懸けで生きている恵子さんなのです。

Pocket

関連する記事はこちら

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

e448fa47c19736b8c60d83a859857fe6-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」26 韓国のカニ料理

韓国のカニ料理    北の大地からアニョハセヨ! 秋が深まると食べたくなるのが鍋ですが、今回は秋から12月ぐらいまでが旬で、おいしい出汁が取れ、実もカニミソもおいしい「コッケ」(ワタリガニ)とその特産地をご紹介します。  日本人観光客にも人気の韓国料理「カンジャンケジャン(写真・…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

이하나01

李はなの江原道からのおたより帳 ①

コリアトラベルをご覧の皆様、アンニョンハセヨ! 韓国は江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)在住の日本人、李はなと申します! 韓国人のマイダーリンと、3人の息子と1匹の犬娘と共に、こっそりと春川に暮らす李はなが、これから江原道コラムを担当させていただきます。 早速ですが皆様、…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

2017-BOF-개막공연(6)

釜山の秋を楽しもう!

 釜山の秋、特に10月はビッグイベントが目白押し。韓国最大規模の映画祭として知られる釜山国際映画祭(biff.kr)が今年は10月4~13日に海雲台(ヘウンデ)の映画の殿堂をはじめ南浦洞(ナンポドン)などの映画館で海外の名作数百本が上映される予定です。オープニングのみならず、期間…続きを読む

2018-05-김민근-해운대모래축제-(9)

釜山ホット情報 | 砂像の「ミュージシャン」に出会う、初夏の釜山へ

ゴールデンウィーク後に旅の計画を立てるなら、5月中旬から6月にかけてイベントが相次ぐ釜山がお薦め。中でも一押しは、海雲台海水浴場の「砂祭り」!今回は初夏の釜山の見どころをお伝えします。 ■海雲台砂祭り 5/24~27 毎年恒例の「海雲台砂祭り」が5月24~27日、「Music、砂…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02