瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

2018年03月27日

사본--진도신비의바닷길(항공)

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。

今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明すると、珍島大橋方面と済州島方面の間の速い潮流が互いにぶつかる部分が海割れ現象が起こる場所です。もしも片側の島が一つだけだったら、潮流がぶつかる部分が道のように残るのは難しく、金湖島と茅島、そしてその間に位置する小さな3つの島、この5つの島があるゆえに、約3千年という長い期間をかけて潮流がぶつかりながら少しずつ砂利が蓄積し、最高の干潮時に、海底の山脈のようになった尾根の部分が現れるのです。それが「神秘の海割れ現象」なのです。

「神秘の海割れ現象」は一夜にしてできるものでなく、長~い年月をかけた自然の賜物…。大切に保存したいものです。

 

海割れには靴の中敷きを準備

바닷길사진 神秘の海割れ海道は砂地でなく、砂利道のように小さい石がゴロゴロしています。裸足では歩くのがたいへんなので、海割れ祭りの海岸では、韓国の田植えで使用する膝上までのゴム長靴を販売しています。靴は脱いでゴム長靴を履いてください。脱いだ靴は? ご心配なく、海道の入り口に荷物預かり所を設置しますので、靴を預けて番号札を受取り、後で靴と交換してください。

このゴム長靴は田植え用なので、海道を歩くとゴム底が薄く、足の裏の指圧になりますが、歩く距離が長いと指圧が利きすぎて苦痛が伴います。これを予防するために100円ショップで販売している靴の中敷きを準備したらいかがでしょうか? ゴム長靴は足のサイズに合わせて、小さいサイズは24㎝から販売しています。中敷きは足のサイズより小さめを購入して長靴の底に入れてください。

さあ準備は調いました。多少の海水があっても海の底が見えますから、先導者の海洋警察の職員について思う存分海割れを楽しんでください。

 

わずか1時間の奇跡

珍島の海割れはわずか1時間の奇跡です。距離はなんと2・8㎞。往復すると約6㎞になります。この距離を隣りの茅島まで往復しないといけません。舗装道路だと軽くジョキング気分で歩けますが、何しろ砂利道なのと、ところどころ海水が残っている部分もあり、それを避けて行くと思い通りに前に進みません。ですが焦りは禁物です。

韓国人は海を渡るのが目的でなく「今夜のオカズ…」が目当てなので、運がよければアワビ、手長タコにお目にかかることもありますし、ほとんどはワカメとアサリ。それを面白がって見学なんかしていたら帰ってこれません。ひたすら前進してください。

中間部分まで来て後ろを振り返ると、遠くに海割れイベント会場の白い貝殻のドームが見えます。ここは普段は水深5~6m、その海底を歩いているという感動が心の底から沸き上がってきます。

茅島に到着した記念写真は、海割れ伝説のポンおばあちゃんと別れた家族像です。カメラでパチッと写します。センスのある方は茅島の木の葉を採ってきて「ケイコさん~茅島の木の葉よ~」と自慢したり、楽しみ方はそれぞれです。

ぜひ「海が割れるのよ~」珍島にオソオセヨ~!

Pocket

関連する記事はこちら

ullundo

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊵ 美味しい島~鬱陵島

 秋空の北の大地からアニョハセヨ! オレンマニエヨ! 「天高馬肥(チョンゴマビ)」の言葉の通り、秋は美味しいものの枚挙に暇がありません。 韓国の秋を楽しむなら鬱陵(ウルルン)島はいかがでしょうか。この私、2005年3月に4年間の韓国生活を終える前、釜山に101年ぶりに積雪量30㎝…続きを読む

ananti_cove2

釜山ホット情報|秋から年末にかけての釜山お勧めスポット

たくさんのお祭りやイベントが行なわれた10月。恒例の国際映画祭や花火大会をはじめ、チャガルチ祭り、温泉祭りといった釜山独特の地域祭りもたくさん開かれ、今年は特に秋の旅行週間と題して、それぞれの観光地や夜景、お祭りをシャトルバスで巡るというプログラムも人気を集め、たくさんの方に釜山…続きを読む

ムルタッカルビ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉙ 「水」のまち~太白市

 雪も解け、白樺の木肌の白さが目立ち始めた北の大地からアニョハセヨ。韓国ではあまり見ない白樺の木ですが、江原道には多く自生しています。今回はそんな江原道の太白(テベク)市と郷土料理「タッカルビ」をご紹介いたします。 太白市は東ソウルバスターミナルから約3時間半、6時から23時まで…続きを読む

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。 北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太…続きを読む

20180301_181243

釜山ホット情報 | 青沙浦で楽しい街歩き

昨年オープンした「青沙浦(チョンサッポ)タリットル展望台をご存知でしょうか? 釜山では最近旧都心を中心に盛んに街歩きのストーリーツアーが行われています。今回は春の便りを探しに話題の「青沙浦」をウォーキングしてきました。 街歩きが楽しい釜山 他の地域には見られない釜山の特徴といえば…続きを読む

松島海上散策路

釜山ホット情報| ワンアジアフェスティバル

昨年から釜山の花火大会は有料になったことで、がっかりされてる方、いらっしゃいませんか? そこで、釜山市では昨年の教訓を生かし、もっと楽しい、ダイナミックな釜山の魅力をお届けしようと、頑張っております! 実はその花火大会がある10月、今年一番力を入れているといっても過言ではない、「…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

다슬기탕

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊺ アツい夏が来る前に…タスルギと任實郡

 例年より少し早めに春がやってきた北の大地よりアニョハセヨ! やっと春が来た北海道ですが、韓国はすでに初夏の陽気だそうです。アツくなれば冷たいビールにヤンニョムチキンが欲しくなってきます。大邱の「チメク・フェスティバル」にも一度は行ってみたいところですが、その辺のお話は大邱の専門…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02