瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ

2017年09月25日

jindo はじめまして。韓国の珍島(チンド)に住んでいる瀧口恵子と申します。現在は珍島郡庁の観光文化課に勤務しています。役所勤務ですから日本籍では採用できないとのことで帰化しました。韓国名はヨングヘジャ(瀧口恵子)です。

韓国にきて早くも30年の歳月が流れ(!)なんで山梨出身、富士山の麓で生まれた私が珍島へ島流しになったのでしょうかね? 不思議に思いつつ、第2の故郷ともいえる珍島の生活を楽しんでいます。

さて皆さん、今回は、「海が割れるのよ~、道ができるのよ~」そうです。天童よしみの「珍島物語」で知られる珍島神秘の海割れについてご紹介します。

韓国珍島神秘の海割れは「こちら珍島からあちら茅島(モド)里まで」約2・8㎞の海に道ができる不思議な現象です。平素、ここは水深が5~6mの海ですが、大潮のときにその海水が引き、海に道ができたように見えるのです。とても神秘的ですが、実は科学的な現象で、済州島側から流れる潮流と珍島大橋側から流れる潮流が互いにぶつかる地点に、約3千年の歴史をかけて砂や貝殻が積み重なって海底に砂丘ができました。海水が引くと、海底にできた山脈の尾根の部分が道のように現れる現象が「珍島神秘の海割れ」なのです。

では、海割れ現象はいつ起こるのでしょうか? 海割れはあくまでも自然現象なので、その時期を予想することができます。珍島郡庁では事前にその時期を知るために、夏になると韓国国立海洋調査院に公式依頼をして翌年1年間の干満潮のデータを送ってもらい、これを根拠に海割れ祝祭の日程を決定します。一番残念なのは、1年に1~2度しかこの現象を体験できないことです。たしかに頻繁に海割れが起ったら神秘でも何でもありませんが…。

でも、この問題を解決するため「神秘の海割れ体験館」がオープンしました。ここには映像で海割れの様子が体験できるだけでなく、「海割れ伝説」の内容を過去と現在をタイムリピットして4Dで紹介しています。

えっ? 海割れ伝説を知らない? では紹介しましょう! 朝鮮時代の初期、珍島の回洞(フェドン)村には虎が出没して家畜が食い殺され、さらには人まで襲われるようになりました。村人はいかだに乗って対岸の茅島まで避難しましたが、右往左往する中で珍島側にポンおばあさんだけが取り残されてしまいました。おばあさんは別れた家族に会いたくて、毎日、竜王様にお祈りしました。すると「明日海に虹をかけるから渡りなさい」というお告げが下りました。それで茅島の見える海岸に出てみると、驚いたことに海に道ができていたのです。茅島からは家族と村人が銅鑼と鐘を叩きながら海を渡り、珍島からはおばあさんが駆け寄って、みごと再会を果たしましたとさ。

神秘の海割れ体験館の映像は、もちろん日本語版も準備してありますので、ぜひ珍島へお出でください!

Pocket

関連する記事はこちら

ショッピング王ルイ

釜山ホット情報 | 「ショッピング王ルイ」ロケ地を巡ろう

 今月のホットな話題は、釜山を舞台にして撮影された「ショッピング王ルイ」! 韓国ではMBCで9月から11月にかけて放送され、日本ではKNTVで年末から2月にかけて水木、2話連続で土曜日に放送されていました。このドラマ、アンコール放送が今年の5月に予定されているので注目です! ドラ…続きを読む

ムルメギタン

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉜ 釜山カルメギ…いえいえ、ムルメギです

 北の大地からアニョハセヨ!そんな北の大地では、12月から韓国LCCのエアプサンが新千歳空港と釜山金海(キメ)国際空港の間を週3回の定期便が就航させるとのことで、北海道に住む韓国ファンの注目を集めています。大学を卒業してから4年間住んでいた釜山が、これで手軽に行けるようになるのか…続きを読む

20181228_110653

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊿ 営業時間は午前クジかラ! コレが長生浦・鯨文化特区

北の大地よりアニョハセヨ! 昨年末、日本は国際捕鯨委員会からの脱退と商業捕鯨再開という報道があり、様々な議論を呼びました。コレは興味深いと思い、日本の捕鯨の歴史を紐解くと、蔚山(ウルサン)の長生浦(チャンセンポ)という地名が出てきて、現在「コレ(=鯨)文化特区」になっているとのこ…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

2017BusanOneAsiaFestival

釜山ホット情報|「祭りの秋」がやってきた!

釜山もようやく過ごしやすくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 今回は「祭りの秋」、9月10月の釜山のイベント情報をお伝えします。 大規模なセール「釜山グランドセール」 さて、9月1日から30日まで、釜山市内各所で「釜山観光グランドセール」が開催されます。グランド…続きを読む

チュクミ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉘ 春はチュクミで花見酒~保寧市

北の大地からアニョハセヨ! 韓国の3月は学校の入学式があり、春の気配も日を追う毎に感じられる時期です。私が住む北海道はまだ寒いですが、ここにも春の気配が早く来ることを願って、春を呼ぶタコ「チュクミ(=イイダコ)」をご紹介いたします。ちなみに、踊り食い(サンナクチ)で知られる「ナク…続きを読む

松島海上散策路

釜山ホット情報| ワンアジアフェスティバル

昨年から釜山の花火大会は有料になったことで、がっかりされてる方、いらっしゃいませんか? そこで、釜山市では昨年の教訓を生かし、もっと楽しい、ダイナミックな釜山の魅力をお届けしようと、頑張っております! 実はその花火大会がある10月、今年一番力を入れているといっても過言ではない、「…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02