芸術家たちの出会いの場所として名のある所

2011年03月09日

컬럼_경인미술관

[連載コラム]本田探訪

耕仁美術館(경인미술관)

 

芸術家たちの出いの場所として名のある所

 

1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間としてだけでなく国内外の観光名所としても広く知られている場所だ。

約550坪余りの敷地の上に第1、2、3、5の展示室とアトリエ、野外展示場、各種行事が行える「野外庭園」と「伝統茶園」があり、伝統と現代が交わった文化の場所であり、美術家たちの展示空間として利用されている。また、芸術家たちの出会いの場所としても有名な所である。

耕仁美術館は5個の展示館にて年中開かれる多彩な展示はもちろん、庭園の合間ごとにある彫刻及び設置作品が置かれるため、美術館内はどの一部分も見逃すことができない。春と秋には野外コンサートが開かれ、作家と観客の出会いの場として試演会も開かれる。展示場を見ると、第1展示館は100坪からなる耕仁美術館が保有する最も大きい展示館で、2000年の1月にリノベーションされて大作や多作の展示が可能で、快適で広く拡張された展示空間である。第2展示館は70坪で構成されている韓国最初の自然採光を利用した展示空間で、1999年の11月に新築された。人工美(鉄骨)と自然美(樹木)の独特の調和が美しい展示空間である。3展示館は65坪で構成されている伝統の美しさが感じられる展示館で、新しく建てた韓国式家屋建物として工芸、絵画、韓国画の展示に特に良い展示空間である。アトリエは2004年の7月にリノベーションされた20坪の小規模展示館で、小道具展示が可能であり、工芸、繪畵などにぴったりの展示空間である。第5展示館は43坪からなる展示館で、2008年の4月に新しく新築された現代的な展示空間である。美術館への入場料は無料だ。

 

[ホット情報]耕仁美術館内に趣のある韓国式家屋に造られた伝統茶園をご存じだろうか。伝統茶園は足を入れる瞬間、ほのかな茶の香りと、韓国伝統音楽が流れ全身を包んでくれる。雨が降る日、雨音とともに穏やかに流れる国楽の音と庭園が見える部屋の中がとても魅力的だ。☞http://www.kyunginart.co.kr

瑞逸大學 日本語科 敎授 本田知邦

 

Pocket

関連する記事はこちら

609

釜山ホット情報| 2017年主なイベント日程

冬らしくない天候が続く釜山。真冬というのにチンダルレ(カラムラサキツツジ)が咲いていたり、このまま春が来るのかと思いきや、今朝は零下のスタートです。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年の主なイベント日程をまずご紹介します。既に1月7、8日には冬の異色イベントとして知られる…続きを読む

takano_winetonnel

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊽ ウェルカム清道~ワイントンネルとカムワイン

各地から初雪の便りが届いた北の大地よりアニョハセヨ! 札幌のテレビ塔近くの北海道産ワインを楽しめるワインカフェでグラスを傾けていると、ふと、友人に連れていってもらった慶尚北道・清道(チョンド)郡の特産「柿(カム)」で醸されたワインを熟成させるワイントンネルが思い出されたので、今回…続きを読む

조선통신사-4(역사관)저작권

釜山ホット情報 | 日韓平和交流の象徴「朝鮮通信使」、祭りで再現

朝鮮と日本を行き来し、平和的文化交流を先導していた朝鮮通信使の行列が「過去を通して未来へ」というスローガンを掲げ、今年も釜山で再現されます。今年の「朝鮮通信使祭り」は、5月3日から6日まで中区の龍頭山(ヨンドゥサン)公園や光復路(クァンボンノ)で開催されるほか、当時日本と朝鮮を往…続きを読む

12

釜山ホット情報 「海雲台ブルーラインパーク」オープン!

読者の皆様、ご無沙汰しております。 コロナは相変わらずですが、釜山は進化してます。 今回ご紹介するのは今年2020年9月にオープン予定の釜山の新たな名所、「海雲台ブルーラインパーク」です。 「ブルーラインパーク」とは、旧東海南武線の海雲台尾浦(ミッポ)から松亭(ソンジョン)に至る…続きを読む

1741199_image2_1

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島アリラン

アリランは韓半島に伝わる民謡です。韓国はもちろん北朝鮮や中国、そしてサハリンまで、韓国民族の住むところには必ずアリランが歌われています。 ではどうしてこんなにも多くのアリランが各地に伝わっているのでしょうか? そしてアリランの語源はなんでしょうか? 珍島アリラン保存会の資料による…続きを読む

野球灯台

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉚ 脱水アナゴと水平線~釜山

 夏の訪れを感じる北の大地からアニョハセヨ。海にでも行きたいなと思いつつ、パソコンとスマホで眼精疲労気味の私が、今回は、疲れ目回復に効果が期待できる夏のおススメ旅行地「機張(キジャン)郡・七岩(チラム)」をご紹介いたします。 釜山の中心部から地下鉄とバスを乗り継いで約2時間。釜山…続きを読む

2017BusanOneAsiaFestival

釜山ホット情報|「祭りの秋」がやってきた!

釜山もようやく過ごしやすくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 今回は「祭りの秋」、9月10月の釜山のイベント情報をお伝えします。 大規模なセール「釜山グランドセール」 さて、9月1日から30日まで、釜山市内各所で「釜山観光グランドセール」が開催されます。グランド…続きを読む

seokmun

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊿ 丹陽ブルー ~忠清北道・丹陽郡

北の大地よりアニョハセヨ! 北海道は新緑の季節になり、本格的な観光シーズン到来です。「積丹ブルー」は海の青、「美瑛ブルー」は青い池と美瑛川、「摩周ブルー」は摩周湖と神の子池と、北海道には「〇〇ブルー」がありますが、忠清北道の丹陽(タニャン)郡でも「丹陽ブルー」を見つけたのでご紹介…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence