見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

2016年12月20日

統営ケーブルカー

 

見どころいっぱい、美食いっぱい、
そして多くの文学者・匠を輩出した街

慶尚南道・統営

 

統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の中心部に位置しています。統営の由来は、李氏朝鮮時代の李舜臣(イ・スンシン)将軍が水軍の統制営を設置したことからこの名が付いたそうです。巨済島(コジェド)をはじめ、点在する約150あまりの島々との交通の要所でもあり、海と山を望む絶景が楽しめる街です。

今回、ファムツアーで統営を訪問しました。その時に訪れたおすすめの観光の要所を3つ紹介しましょう。まずは韓国内最長の約2㎞の長さを誇る「閑麗水道眺望ケーブルカー」。韓国百名山のうちのひとつである弥勒山に設置されている観光用ケーブルカーです。ケーブルカー上部駐機場から登ること約15分ほどで弥勒山の山頂を訪れることができ、山頂から臨む閑麗水道の美しさには息をのむほどです。

そしてもう一つ、国宝第305号である「洗兵館(セビョンカン)」もぜひとも訪れて欲しい場所です。ここは李舜臣が閑山島に1605年に建てられた軍営、統制営の客舎であったところ。景福宮の慶会楼(キョンフェル)や麗水の鎮南館(チンナムグァン)とともに、現存する最も広い面積をもつ朝鮮時代の建物です。一階の入母屋造りからなる美しく雄壮な建物で、長台石に基壇に50の柱があり、柱と柱の間は全て開放されています。柱の間を吹き抜ける風を受けながら、文化解説士による説明を聞くと、400年の歴史を身体全体で感じることができるはずです。

洗兵館

 

残る一つは釜山の甘川文化村と並ぶ壁画村「トンピラン」です。市の中心部の丘陵に位置し、住宅街の壁に統営を象徴する壁画が描かれています。壁画は2年に一度の公募によって選ばれた作品に塗り替えられるので、何度訪れても楽しめるということですね。海までの距離が近く、トンピランの頂上からの眺めもまたすばらしいものです。

トンピランと朴景利記念館

トンピラン(左)と朴景利記念館(右)

 

 

もう一つの旅の楽しみ、食に関しては、港町ならではの海産物が豊富です。伝統市場の「西湖市場(ソホシジャン)」は特に水産市場として今なお活気を見せており、市場内にはいくつもの「ふぐのスープ」や「シレギスープ」の人気店も揃います。冬場の牡蠣やホヤ(モンゲ)ビビンパに舌鼓を打ち、同じく伝統市場である「中央伝統市場」近くでは「クルッパン(はちみつパン)」をほおばってみましょう。

統営の海産物

 

こうした風光明媚な土地であると同時に、ここ統営は多くの文化人、芸術家らを輩出し、縁を結んだ街としても有名です。文学界では韓国最大の大河小説と呼ばれる「土地」の著者・朴景利(パク・キョンニ)の生まれ故郷であり、日本統治時代の民衆の哀歓を描いたことでも知られる韓国の詩人・白石(ペクソク)が、恋した女性を思って何度も訪問した地であり、その詩碑が建てられています。また螺鈿工芸などの職人たちも多く生み、音楽界では世界的音楽家ユン・イサンを生んでいます。

こうした文化・芸術が発展した風土は、朝鮮時代の「統制営」に韓国全土から赴く士官たちが、長らくこの地で暮らしやすくするために地元の文化・芸術を持ちこんだことからだといわれています。

最近では「文学の道」、「匠の道」と名付けられた散策路案内もでき、地図を片手に多くの作家や作品の一端に触れることができ、韓国内でも貴重な楽しみ方ができることでしょう。
統営での新しい韓国の一面にぜひ触れてみてください。

文/佐々木静代(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

チュクミ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉘ 春はチュクミで花見酒~保寧市

北の大地からアニョハセヨ! 韓国の3月は学校の入学式があり、春の気配も日を追う毎に感じられる時期です。私が住む北海道はまだ寒いですが、ここにも春の気配が早く来ることを願って、春を呼ぶタコ「チュクミ(=イイダコ)」をご紹介いたします。ちなみに、踊り食い(サンナクチ)で知られる「ナク…続きを読む

jindo

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ

 はじめまして。韓国の珍島(チンド)に住んでいる瀧口恵子と申します。現在は珍島郡庁の観光文化課に勤務しています。役所勤務ですから日本籍では採用できないとのことで帰化しました。韓国名はヨングヘジャ(瀧口恵子)です。 韓国にきて早くも30年の歳月が流れ(!)なんで山梨出身、富士山の麓…続きを読む

e448fa47c19736b8c60d83a859857fe6-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」26 韓国のカニ料理

韓国のカニ料理    北の大地からアニョハセヨ! 秋が深まると食べたくなるのが鍋ですが、今回は秋から12月ぐらいまでが旬で、おいしい出汁が取れ、実もカニミソもおいしい「コッケ」(ワタリガニ)とその特産地をご紹介します。  日本人観光客にも人気の韓国料理「カンジャンケジャン(写真・…続きを読む

20180301_181243

釜山ホット情報 | 青沙浦で楽しい街歩き

昨年オープンした「青沙浦(チョンサッポ)タリットル展望台をご存知でしょうか? 釜山では最近旧都心を中心に盛んに街歩きのストーリーツアーが行われています。今回は春の便りを探しに話題の「青沙浦」をウォーキングしてきました。 街歩きが楽しい釜山 他の地域には見られない釜山の特徴といえば…続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

가우도

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊷ 2018年は戌年なのだ! ~ケブルと康津郡~

 例年より早く冬が来た北の大地から「セヘ福マニバドゥセヨ」。2018年は戌年なので、犬(ケ)に関する今が旬の海の幸「ケブル(ゆむし)」と、その産地で有名な全羅南道「康津(カンジン)郡」をご紹介いたします。 韓国の刺身屋で見られる薄いピンク色でソーセージのような生物が「ケブル」です…続きを読む

2018-가작-최남순-해운대-북극곰-수영축제s

釜山ホット情報 | 知っておくと便利! 釜山のお役立ち情報

日本から一番近い外国。福岡からは日帰りでも充分に遊べるのが釜山の魅力の一つです。 最近は特に韓流ブームの影響も受けてか、昨年よりずっと、日本人観光客の方を見かけるぐらいです。皆さん、スマートフォンを片手に楽しそうに街めぐり。ソウルに比べて情報がまだまだ少ないですが、フェイスブック…続きを読む

조선통신사-4(역사관)저작권

釜山ホット情報 | 日韓平和交流の象徴「朝鮮通信使」、祭りで再現

朝鮮と日本を行き来し、平和的文化交流を先導していた朝鮮通信使の行列が「過去を通して未来へ」というスローガンを掲げ、今年も釜山で再現されます。今年の「朝鮮通信使祭り」は、5月3日から6日まで中区の龍頭山(ヨンドゥサン)公園や光復路(クァンボンノ)で開催されるほか、当時日本と朝鮮を往…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02