見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

2016年12月20日

統営ケーブルカー

 

見どころいっぱい、美食いっぱい、
そして多くの文学者・匠を輩出した街

慶尚南道・統営

 

統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の中心部に位置しています。統営の由来は、李氏朝鮮時代の李舜臣(イ・スンシン)将軍が水軍の統制営を設置したことからこの名が付いたそうです。巨済島(コジェド)をはじめ、点在する約150あまりの島々との交通の要所でもあり、海と山を望む絶景が楽しめる街です。

今回、ファムツアーで統営を訪問しました。その時に訪れたおすすめの観光の要所を3つ紹介しましょう。まずは韓国内最長の約2㎞の長さを誇る「閑麗水道眺望ケーブルカー」。韓国百名山のうちのひとつである弥勒山に設置されている観光用ケーブルカーです。ケーブルカー上部駐機場から登ること約15分ほどで弥勒山の山頂を訪れることができ、山頂から臨む閑麗水道の美しさには息をのむほどです。

そしてもう一つ、国宝第305号である「洗兵館(セビョンカン)」もぜひとも訪れて欲しい場所です。ここは李舜臣が閑山島に1605年に建てられた軍営、統制営の客舎であったところ。景福宮の慶会楼(キョンフェル)や麗水の鎮南館(チンナムグァン)とともに、現存する最も広い面積をもつ朝鮮時代の建物です。一階の入母屋造りからなる美しく雄壮な建物で、長台石に基壇に50の柱があり、柱と柱の間は全て開放されています。柱の間を吹き抜ける風を受けながら、文化解説士による説明を聞くと、400年の歴史を身体全体で感じることができるはずです。

洗兵館

 

残る一つは釜山の甘川文化村と並ぶ壁画村「トンピラン」です。市の中心部の丘陵に位置し、住宅街の壁に統営を象徴する壁画が描かれています。壁画は2年に一度の公募によって選ばれた作品に塗り替えられるので、何度訪れても楽しめるということですね。海までの距離が近く、トンピランの頂上からの眺めもまたすばらしいものです。

トンピランと朴景利記念館

トンピラン(左)と朴景利記念館(右)

 

 

もう一つの旅の楽しみ、食に関しては、港町ならではの海産物が豊富です。伝統市場の「西湖市場(ソホシジャン)」は特に水産市場として今なお活気を見せており、市場内にはいくつもの「ふぐのスープ」や「シレギスープ」の人気店も揃います。冬場の牡蠣やホヤ(モンゲ)ビビンパに舌鼓を打ち、同じく伝統市場である「中央伝統市場」近くでは「クルッパン(はちみつパン)」をほおばってみましょう。

統営の海産物

 

こうした風光明媚な土地であると同時に、ここ統営は多くの文化人、芸術家らを輩出し、縁を結んだ街としても有名です。文学界では韓国最大の大河小説と呼ばれる「土地」の著者・朴景利(パク・キョンニ)の生まれ故郷であり、日本統治時代の民衆の哀歓を描いたことでも知られる韓国の詩人・白石(ペクソク)が、恋した女性を思って何度も訪問した地であり、その詩碑が建てられています。また螺鈿工芸などの職人たちも多く生み、音楽界では世界的音楽家ユン・イサンを生んでいます。

こうした文化・芸術が発展した風土は、朝鮮時代の「統制営」に韓国全土から赴く士官たちが、長らくこの地で暮らしやすくするために地元の文化・芸術を持ちこんだことからだといわれています。

最近では「文学の道」、「匠の道」と名付けられた散策路案内もでき、地図を片手に多くの作家や作品の一端に触れることができ、韓国内でも貴重な楽しみ方ができることでしょう。
統営での新しい韓国の一面にぜひ触れてみてください。

文/佐々木静代(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

秋の雪岳山

カンドウ! カンウォンドウ!〈江原道〉 ① 雪岳山の紅葉

韓国旅行といえば、首都のソウルや釜山の都市に行かれた方は多くおられると思いますが、韓国の地方に行かれたことはありますか? 地方にも行ってみたいけど、交通手段、言葉の問題もあって、個人ではなかなか行けないという方も多いのではないでしょうか。 私もその一人でした。ソウルに行くだけでも…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

松島海上散策路

釜山ホット情報| ワンアジアフェスティバル

昨年から釜山の花火大会は有料になったことで、がっかりされてる方、いらっしゃいませんか? そこで、釜山市では昨年の教訓を生かし、もっと楽しい、ダイナミックな釜山の魅力をお届けしようと、頑張っております! 実はその花火大会がある10月、今年一番力を入れているといっても過言ではない、「…続きを読む

honda-150x150

在韓日本人から見た韓国の魅力的な観光地-  北村韓屋村

北村韓屋村 / 북촌한옥마을  昔のソウルの面影が感じられる‘癒し’の空間   瑞逸大學 日本語科 敎授 本田知邦   ソウル都心にある北村韓屋村を8月に散歩すると、蝉の鳴き声ととんぼが飛び交っていた。とんぼになって空から北村韓屋村を眺めれば、人影もなく穏やかなことだろう。   …続きを読む

부산시민사진기자-김민근-19-1-11

釜山ホット情報 | 2019年、釜山の年間イベント

 ちょっぴり遅れましたが、釜山ホット情報をご愛読の皆様! 今年も釜山で皆様のお越しをお待ちしております! 新年早々釜山でもたくさんのイベントがありました。海雲台では恒例の「ホッキョクグマ水泳祭り」という寒中水泳が1月初めに行なわれ、旬の蟹を定額でいただける機張の蟹キャンペーンは3…続きを読む

jindo1806

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島の倭徳山

日本には鳴戸海峡がありますね。潮流が音を鳴らすほど激しい海峡なので「鳴戸」と呼ばれていますが、珍島大橋の下を流れる海峡も「鳴梁(ミョンナン)」といい、広い海から一気に狭い海峡に潮流が流れ込み、以前は潮の流れが代わるたび珍島の中心地まで地響きがするほどだったそうです。 今から420…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

ullundo

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊵ 美味しい島~鬱陵島

 秋空の北の大地からアニョハセヨ! オレンマニエヨ! 「天高馬肥(チョンゴマビ)」の言葉の通り、秋は美味しいものの枚挙に暇がありません。 韓国の秋を楽しむなら鬱陵(ウルルン)島はいかがでしょうか。この私、2005年3月に4年間の韓国生活を終える前、釜山に101年ぶりに積雪量30㎝…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02