見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

2016年12月20日

統営ケーブルカー

 

見どころいっぱい、美食いっぱい、
そして多くの文学者・匠を輩出した街

慶尚南道・統営

 

統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の中心部に位置しています。統営の由来は、李氏朝鮮時代の李舜臣(イ・スンシン)将軍が水軍の統制営を設置したことからこの名が付いたそうです。巨済島(コジェド)をはじめ、点在する約150あまりの島々との交通の要所でもあり、海と山を望む絶景が楽しめる街です。

今回、ファムツアーで統営を訪問しました。その時に訪れたおすすめの観光の要所を3つ紹介しましょう。まずは韓国内最長の約2㎞の長さを誇る「閑麗水道眺望ケーブルカー」。韓国百名山のうちのひとつである弥勒山に設置されている観光用ケーブルカーです。ケーブルカー上部駐機場から登ること約15分ほどで弥勒山の山頂を訪れることができ、山頂から臨む閑麗水道の美しさには息をのむほどです。

そしてもう一つ、国宝第305号である「洗兵館(セビョンカン)」もぜひとも訪れて欲しい場所です。ここは李舜臣が閑山島に1605年に建てられた軍営、統制営の客舎であったところ。景福宮の慶会楼(キョンフェル)や麗水の鎮南館(チンナムグァン)とともに、現存する最も広い面積をもつ朝鮮時代の建物です。一階の入母屋造りからなる美しく雄壮な建物で、長台石に基壇に50の柱があり、柱と柱の間は全て開放されています。柱の間を吹き抜ける風を受けながら、文化解説士による説明を聞くと、400年の歴史を身体全体で感じることができるはずです。

洗兵館

 

残る一つは釜山の甘川文化村と並ぶ壁画村「トンピラン」です。市の中心部の丘陵に位置し、住宅街の壁に統営を象徴する壁画が描かれています。壁画は2年に一度の公募によって選ばれた作品に塗り替えられるので、何度訪れても楽しめるということですね。海までの距離が近く、トンピランの頂上からの眺めもまたすばらしいものです。

トンピランと朴景利記念館

トンピラン(左)と朴景利記念館(右)

 

 

もう一つの旅の楽しみ、食に関しては、港町ならではの海産物が豊富です。伝統市場の「西湖市場(ソホシジャン)」は特に水産市場として今なお活気を見せており、市場内にはいくつもの「ふぐのスープ」や「シレギスープ」の人気店も揃います。冬場の牡蠣やホヤ(モンゲ)ビビンパに舌鼓を打ち、同じく伝統市場である「中央伝統市場」近くでは「クルッパン(はちみつパン)」をほおばってみましょう。

統営の海産物

 

こうした風光明媚な土地であると同時に、ここ統営は多くの文化人、芸術家らを輩出し、縁を結んだ街としても有名です。文学界では韓国最大の大河小説と呼ばれる「土地」の著者・朴景利(パク・キョンニ)の生まれ故郷であり、日本統治時代の民衆の哀歓を描いたことでも知られる韓国の詩人・白石(ペクソク)が、恋した女性を思って何度も訪問した地であり、その詩碑が建てられています。また螺鈿工芸などの職人たちも多く生み、音楽界では世界的音楽家ユン・イサンを生んでいます。

こうした文化・芸術が発展した風土は、朝鮮時代の「統制営」に韓国全土から赴く士官たちが、長らくこの地で暮らしやすくするために地元の文化・芸術を持ちこんだことからだといわれています。

最近では「文学の道」、「匠の道」と名付けられた散策路案内もでき、地図を片手に多くの作家や作品の一端に触れることができ、韓国内でも貴重な楽しみ方ができることでしょう。
統営での新しい韓国の一面にぜひ触れてみてください。

文/佐々木静代(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

jindo

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ

 はじめまして。韓国の珍島(チンド)に住んでいる瀧口恵子と申します。現在は珍島郡庁の観光文化課に勤務しています。役所勤務ですから日本籍では採用できないとのことで帰化しました。韓国名はヨングヘジャ(瀧口恵子)です。 韓国にきて早くも30年の歳月が流れ(!)なんで山梨出身、富士山の麓…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

コマク

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊱ 2つの宝 ~全南・筏橋~

極寒の北の大地より、アニョハセヨ!仕事の合間の除雪で疲労も溜まりがちですが、疲労回復にはアミノ酸が良いとテレビで見て、アミノ酸が豊富でこの時期に旨い「コマッ(ハイガイ/灰貝)」が思い出されました。韓国で食べたコマッは、小さい割に肉厚で甘みさえ感じましたが、日本ではなんとレッドデー…続きを読む

珍島犬

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島犬紀行

 皆さん、こんにちは。珍島の瀧口です。今回は珍島犬を紹介します。 現在、珍島の人口は3万3千人。では珍島犬は何頭いるでしょうか? 珍島犬を管理している珍島犬テーマパークに問い合わせてみると、なんと1万1千頭いるそうです。ざっと各家庭で1頭ずつ飼育している計算になりますね。 檻に飼…続きを読む

이화여대_메인A

[語学堂探訪] 梨花女子大学言語教育院

韓国語学堂探訪シリーズ ② 梨花女子大学言語教育院 「読む」、「書く」、「話す」の バランスの取れた授業   梨花女子大学 言語教育院 韓国語教育部は1988年外国語としての韓国語教育を始めて以来絶えず、教科過程・教材・教授法の開発を続ける、韓国最高の韓国語専門教育機関として位置…続きを読む

가우도

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊷ 2018年は戌年なのだ! ~ケブルと康津郡~

 例年より早く冬が来た北の大地から「セヘ福マニバドゥセヨ」。2018年は戌年なので、犬(ケ)に関する今が旬の海の幸「ケブル(ゆむし)」と、その産地で有名な全羅南道「康津(カンジン)郡」をご紹介いたします。 韓国の刺身屋で見られる薄いピンク色でソーセージのような生物が「ケブル」です…続きを読む

8dc6bbc7c792bc2e0ac8bd1cc66801d2-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺  北の大地からアニョハセヨ! 前回のコラムで新羅時代の名僧「義湘(ウィサン)」が建立した海印寺(ヘインサ)をご紹介したので、今回も義湘に関する伝説が残るお寺を紹介したいと思います。  ソウル江南の高速バスターミナル(セ…続きを読む

イバグ自転車

釜山ホット情報| 釜山の観光名所で学ぶ「ストーリーツアー」

 今回は、釜山らしい景色が楽しめる「旧都心ストーリーツアー」、「イバグ自転車」についてご紹介します。 釜山の北港に新国際旅客ターミナルが今年9月オープンし、少し前までコンテナヤードであったり、埋立地であった所が、どんどん開発が進んでいます。ターミナルを背にすると、左の方は南浦など…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02