釜山ホット情報「国際市場」

2015年02月23日

国際市場

国際市場釜山の観光地として欠かせない「国際市場(クッチェシジャン)」が、1月25日で観客動員数1200万人を突破した映画「国際市場」の影響で、再び注目を浴びています。釜山を訪れたほとんどの方たちは、中区に位置する国際ターミナル近くの国際市場にいらっしゃったのではないかと思います。しかしここ数年は円安の影響もあって日本人の観光客はもちろん、一般の買い物客も減る一方でした。この国際市場に最近、ものすごくたくさんの韓国内からの観光客が訪れ、「釜山おでん」や「ホットク」など釜山グルメも全国的に売り上げが伸びたそうです。
「国際市場」とは? ひと言でいうと、釜山の旧都心中区にある常設在来市場です。歴史的に見ると韓国は1945年の日本では終戦、韓国では「光復」を迎えるまで、日本の統治下にあり、特に当時、釜山には日本人がたくさん住んでいて、現在の国際市場や富平(プピョン)市場、宝水(ポス)本屋通りなどには日本人町が形成されていました。当時の地図を見ると、呉服屋や小料理屋、銀行、理髪店などを日本人が営んでいたことが分かります。その場所が1945年に光復を迎えることにより、日本人は一斉に日本に帰り、その人がいなくなった場所が市場として発展し、国際市場と呼ばれるようになったのです。その後、1948年に大韓民国政府が誕生した2年後の1950年6月25日に韓国動乱が勃発したのですが、避難民が釜山に押し寄せ、一気に人口が膨れあがると同時に、アメリカ軍の軍用物資や釜山港に密輸入される製品が国際市場で売られながら、市場は最盛期を迎えます。
現在の国際市場は昔の面影を残す小さな店がいくつもの通りにぎっしりと並び、生活用品から工具、衣類、かばん、靴などの店が迷路のように並んでいます。
国際市場は地下鉄1号線の南浦(ナムポ)駅やチャガルチ駅から歩いていけ、周囲にはチャガルチ市場という水産物市場、夜市で脚光を集める富平洞カントン市場、光復路ファッションストリート、ロッテデパート、龍頭山(ヨンドゥサン)公園、影島(ヨンド)大橋と、釜山の観光地が集まっています。以前紹介した「ソルビン」という粉雪のようなかき氷や「カルビ」、「豚足」、「ケミチプ」、「サンゲタン」などの釜山グルメをはじめ、「シアッホットク」で有名なBIFF広場も近いのです。
筆者が国際市場に魅力を感じるのは歴史的背景もありますが、おいしい食べ物、いろんな国の観光客、いろんな人に出会え、買い物をしても得をした気分になれ、楽しいからです。
同じような通りが並ぶので、道に迷いやすいともいわれますが、少し上を見上げると龍頭山の上にそびえる120mの釜山タワーが見え、それを頼りに歩いていくと、海苔巻きやトッポッキなどが売られている屋台通りに出るのを参考にされると便利でしょう。
衣類や韓服、帽子、眼鏡、布地、毛糸、手芸用品、電気用品、台所用品なども市場なので安く手に入り、お土産選びも楽しいものです。最近の変化といえば、昨年長い間空き地だった場所にアベンツリーホテルが入居する商業ビルができ、その周辺をおしゃれなブティック、アクセサリー店などが並ぶようになりました。
韓国の朴大統領も観覧し、離散家族が出会う場面や、最後に主人公が幻で現れた父親に「親父、このくらい頑張ったらいいだろう? 本当に辛かったんだよ」と語りかける場面で、こらえきれずに涙ぐむ場面があったと伝えられています。
日本では5月から全国ロードショー公開が決まっていて、東方神起のユンホが歌手ナム・ジン役で出演しているのも見どころのひとつでしょう。戦後から復興、子供たちには苦労させまいと、一生懸命生きてきた親たちの姿は、日本でも韓国でも共感を覚えるものではないでしょうか。
文/木内徳子(釜山市観光振興課)

Pocket

関連する記事はこちら

6ea6a798bf9af271f3ec84c4ccfa84ae-150x150

釜山ホット情報「秋の釜山の楽しみ方5選!」

釜山ホット情報 秋の釜山の楽しみ方5選!    釜山が一番活気があって、楽しい季節が来ました。といっても、実は海雲台海水浴場が韓国の人にとってはやはり印象深く、夏という人もいますが、私はやっぱり秋が大好きです。  今年は特に釜山市民公園や動物園ザ・パーク、釜山港大橋も新しくでき、…続きを読む

2018-05-김민근-해운대모래축제-(9)

釜山ホット情報 | 砂像の「ミュージシャン」に出会う、初夏の釜山へ

ゴールデンウィーク後に旅の計画を立てるなら、5月中旬から6月にかけてイベントが相次ぐ釜山がお薦め。中でも一押しは、海雲台海水浴場の「砂祭り」!今回は初夏の釜山の見どころをお伝えします。 ■海雲台砂祭り 5/24~27 毎年恒例の「海雲台砂祭り」が5月24~27日、「Music、砂…続きを読む

609

釜山ホット情報| 2017年主なイベント日程

冬らしくない天候が続く釜山。真冬というのにチンダルレ(カラムラサキツツジ)が咲いていたり、このまま春が来るのかと思いきや、今朝は零下のスタートです。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年の主なイベント日程をまずご紹介します。既に1月7、8日には冬の異色イベントとして知られる…続きを読む

가우도

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊷ 2018年は戌年なのだ! ~ケブルと康津郡~

 例年より早く冬が来た北の大地から「セヘ福マニバドゥセヨ」。2018年は戌年なので、犬(ケ)に関する今が旬の海の幸「ケブル(ゆむし)」と、その産地で有名な全羅南道「康津(カンジン)郡」をご紹介いたします。 韓国の刺身屋で見られる薄いピンク色でソーセージのような生物が「ケブル」です…続きを読む

조선통신사-4(역사관)저작권

釜山ホット情報 | 日韓平和交流の象徴「朝鮮通信使」、祭りで再現

朝鮮と日本を行き来し、平和的文化交流を先導していた朝鮮通信使の行列が「過去を通して未来へ」というスローガンを掲げ、今年も釜山で再現されます。今年の「朝鮮通信使祭り」は、5月3日から6日まで中区の龍頭山(ヨンドゥサン)公園や光復路(クァンボンノ)で開催されるほか、当時日本と朝鮮を往…続きを読む

광고용_합성1

釜山ホット情報|「自然がいっぱい西釜山へ出かけよう~!」

  多大線開通で大噴水へも12分 西釜山の観光地といえば、乙淑島(ウルスクト)渡り鳥の飛来地、多大浦(タデッポ)海水浴場、洛東江(ナクトンガン)沿いの公園などが思い浮かびますが、都心からのアクセスが不便で、中でも多大浦海水浴場にある大噴水はなかなか行くことができませんで…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

2017-BOF-개막공연(6)

釜山の秋を楽しもう!

 釜山の秋、特に10月はビッグイベントが目白押し。韓国最大規模の映画祭として知られる釜山国際映画祭(biff.kr)が今年は10月4~13日に海雲台(ヘウンデ)の映画の殿堂をはじめ南浦洞(ナンポドン)などの映画館で海外の名作数百本が上映される予定です。オープニングのみならず、期間…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02