釜山ホット情報| 2017年主なイベント日程

2017年01月23日

609

冬らしくない天候が続く釜山。真冬というのにチンダルレ(カラムラサキツツジ)が咲いていたり、このまま春が来るのかと思いきや、今朝は零下のスタートです。今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年の主なイベント日程をまずご紹介します。既に1月7、8日には冬の異色イベントとして知られる寒中水泳「ホッキョクグマ水泳祭り」が海雲台で開かれ、国内外から5千人以上の「ホッキョクグマ」が参加し、真冬とは思えない熱気を見せました。

今後、春に向けて「カタクチイワシ」や「桜」、「菜の花」をテーマにした祭りが市内各所で開かれますが、特に見逃せないのが4月末の「機張イワシ祭り」。普段は静かな漁村がこの日ばかりは新鮮なイワシを味わうために全国から集まります。野菜と甘辛いソースで絡めた和え物などの無料試食や特設舞台での各種ショーなど、多彩な催し物が大辺(テビョン)港で開かれます。

5月はゴールデンウィーク。韓国でも3、5日は公休日となり、日本と韓国の平和な文化交流のシンボル「朝鮮通信使祭り」(5月5~7日)が龍頭山公園などで開かれ、日本の縁故地からもたくさんの公演団がパフォーマンスを披露し、学術シンポジウムも開かれます。

そして6月の海開き前に、海雲台海水浴場では「海雲台砂祭り」が開催され、雪祭りまでは行かなくても、大規模な砂の作品がビーチいっぱいに並びます。暑い夏、その暑さをも吹き飛ばすような「海祭り」(8月1~7日)、「ロックフェスティバル」(8月中)、「マジックフェスティバル」(8月3~6日)、「コメディフェスティバル」などが8月に開かれ、1年で一番祭りやイベントが集中する秋を迎えます。釜山の展示コンベンションセンターBEXCOでは「ITエキスポ釜山」(9月中)、「国際環境エネルギー産業展」(9月6~8日)、「釜山国際観光展」(9月8~11日)など大規模な国際行事が開かれ、10月は毎年恒例の「釜山国際映画祭」(10月12~21日)、「釜山花火祭り」、「国際フードエキスポ」、「アジア・ソング・フェスティバル」が、11月から年末年始にかけて街のあちこちをきれいなイルミネーションで飾る「クリスマスツリー祭り」が開かれます。

この他にも地域祭りがたくさんあり、情報を事前にチェックしていくと楽しい思い出ができるでしょう。現在、釜山の最新情報を紙面で伝える月刊誌「ダイナミック釜山」のほか、釜山観光公社のフェイスブック(btojapan)も日本語で運営し、現地に密着した情報を即時にお伝えできるように努力しています。

もう一つ、先にご紹介した機張(キジャン)は、なかなかアクセスしにくい場所でしたが、都市鉄道釜田(プジョン)駅徒歩3分のところに、複線となった東海線釜田駅ができ、ここからだと機張まで30分ほどで移動できるようになりました。通勤、退勤時間は15分間隔、それ以外は20分間隔で、平日一日96本運行しています。以前より時間が短縮し、本数も大幅に増え、しかも新しい車両で、迷わず行くことができるようになりました。交通カードを使って都市鉄道から30分以内に乗り換えれば運賃が無料となりますのでお忘れなく。

機張にはズワイガニやワカメ、イワシなど新鮮な海産物が味わえる「機張市場」が駅から歩いて10分のところにありますが、チャガルチ市場よりは小さいものの、その日の朝に海女さんが捕ってきたという天然のアワビなども驚きの値段で売られています。

 

busan_609

 

市場といえば、釜山観光には欠かせない国際市場に新名所ができました。「609」つまりもともと韓国の伝統衣装の生地を主に販売していた「6工区」のことですが、時代と共に客足が少なくなり、シャッターが閉まりっぱなしの建物2階を、アイデア豊富な20~30代の若者が個性的な店を開いています。行ってみると、今まで見たことないような光景がそこにはありました。オリジナルの小物や写真館、くるみ饅頭、インテリアは古くてもその一つひとつにストーリーがあるカフェ。店の主人に、いや作家にその商品というよりは「作品」にまつわる話を聞きたくなるような衝動にかられます。チャガルチ駅7番出口を出て、宝水洞(ポスドン)本屋通りに向かっていくと、左は富平(プピョン)市場、右側は国際市場となり、一階は文房具やタオルといった商品が軒に並び、入口は少し分かりにくいのですが、今後「韓服体験館」などアイデアの詰まったお店が1工区から6工区までできるというので、ぜひご期待いただきたいスポットです。

Pocket

関連する記事はこちら

1741199_image2_1

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島アリラン

アリランは韓半島に伝わる民謡です。韓国はもちろん北朝鮮や中国、そしてサハリンまで、韓国民族の住むところには必ずアリランが歌われています。 ではどうしてこんなにも多くのアリランが各地に伝わっているのでしょうか? そしてアリランの語源はなんでしょうか? 珍島アリラン保存会の資料による…続きを読む

家族チョッパル

Yuckyのうまうま大邱! ⑫ 行列のできる人気店「家族チョッパル」

 最近発行された大邱の冊子に「肉食大邱」という言葉を見つけました。確かに大邱はチムカルビやマクチャン焼き、ムンティギなど、美味しい肉料理がたくさんあります。そして今回の題材もやっぱり肉です。いつ行っても行列の絶えない豚足の専門店をご紹介します。 そのお店は、防川市場(パンチョンシ…続きを読む

부산시민사진기자-김민근-19-1-11

釜山ホット情報 | 2019年、釜山の年間イベント

 ちょっぴり遅れましたが、釜山ホット情報をご愛読の皆様! 今年も釜山で皆様のお越しをお待ちしております! 新年早々釜山でもたくさんのイベントがありました。海雲台では恒例の「ホッキョクグマ水泳祭り」という寒中水泳が1月初めに行なわれ、旬の蟹を定額でいただける機張の蟹キャンペーンは3…続きを読む

달집태우기-이우석

釜山ホット情報 | 2018釜山、今年の年中行事

今年の冬は例年以上に寒く、釜山でも氷点下の日が続きましたが、韓国の名節「ソルラル」を過ぎると少しずつ春の訪れを感じるようになります。そこで、今回は少し寒さが緩まる、陰暦の1月15日が近づくと行われる「正月テボルム」と今年の主な年中行事の日程をご紹介します。 正月テボルム祭り 韓国…続きを読む

ムルタッカルビ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉙ 「水」のまち~太白市

 雪も解け、白樺の木肌の白さが目立ち始めた北の大地からアニョハセヨ。韓国ではあまり見ない白樺の木ですが、江原道には多く自生しています。今回はそんな江原道の太白(テベク)市と郷土料理「タッカルビ」をご紹介いたします。 太白市は東ソウルバスターミナルから約3時間半、6時から23時まで…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

釜山ワンアジアフェスティバル

釜山ホット情報| 「ワンアジアフェスティバル 最新情報・第2弾」

 目前に迫った「2016ワンアジアフェスティバル」! もうここ数日ドキドキしています! 頻繁に撮影などで芸能人を見る機会が多いソウルに比べ、釜山は正直そうした撮影風景に出くわすことがあまりありません。しかし、10月、このひと月間はたくさんのスターが釜山にやってくるのです。 特に開…続きを読む

テハ(コウライエビ)

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉟ ボールパークとシーフード~仁川・蘇來浦口~

 プロ野球日本一の余韻冷めやらぬ北の大地より、アニョハセヨ! 多くの感動をくれた我らが日本ハムファイターズで2003年から5年間監督を務め、2006年には日本一に導いてくれたトレイ・ヒルマンが、来季から韓国のSKワイバーンズの監督に就任することになりました。来シーズン開幕したら、…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02