釜山ホット情報|「自然がいっぱい西釜山へ出かけよう~!」

2017年05月17日
광고용_합성1

(写真提供:釜山市)

 

多大線開通で大噴水へも12分

西釜山の観光地といえば、乙淑島(ウルスクト)渡り鳥の飛来地、多大浦(タデッポ)海水浴場、洛東江(ナクトンガン)沿いの公園などが思い浮かびますが、都心からのアクセスが不便で、中でも多大浦海水浴場にある大噴水はなかなか行くことができませんでした。しかし、都市鉄道1号線の延長となる多大線が4月20日に開通したことにより、バスでは40分かかっていたのが、わずか12分程で行けるようになりました。

釜山の中心地西面(ソミョン)からこちらの多大浦海水浴場駅まで40分。しかも大噴水は駅のすぐ近くです。

さてこの大噴水ですが、世界最大の音楽噴水といわれ、いろいろな音楽に合わせて噴水が踊り、それをカラフルな照明が照らすなど、幻想的な噴水ショーを4月中旬から10月まで、毎晩見ることができます。4月と9月、10月は19時半と20時半、5月から8月までは20時と21時から約20分間幻想的な音楽噴水ショーを観覧することができます。(月曜は休み)

多大浦は洛東江の河口にあることから、広々とした砂浜がとてもきれいで、家族連れの海水浴客もたくさん訪れます。近くには没雲台や散策路、天然産のお刺身が自慢の刺身店、メクラウナギの美味しい店もあり、今まであまり知られてなかった自然いっぱいの西釜山の姿に触れることができます。

| http://fountain.saha.go.kr

 

松島海水浴場を空中散歩海上ロープウェイ

西釜山のもう一つの新しい名所「プサンエアークルーズ」。1964年、韓国初の海上ロープウェイとして運行を始めた「松島(ソンド)ロープウェイ」が29年ぶりとなる今年6月、新たに運行を始めます。松島海水浴場の沖を東西に横切るこのロープウェイは全長1・62㎞、最高86mの高さまで登っていき、特に床がクリスタルのキャビンもあり、スリル満点の海上空中散歩が楽しめそうです。

ますます楽しさいっぱいの釜山ですが、4、5月は本当にたくさんのお祭りやイベントがありました。まずその皮切りとなったのは、「機張(キジャン)イワシ祭り」で、念願のイワシの刺身を味わってきました。感想は?もちろん「この美味しさ、忘れられない~!」。「朝鮮通信使祭り」は、今年ユネスコ世界記録遺産への登録が期待されており、例年以上に海外のマスコミが来ているのが目立ちました。メインの龍頭山(ヨンドゥサン)公園には朝鮮通信使が通った縁の地を紹介する展示ブースや、朝鮮通信使をテーマにした体験ブース、フェイスペイントなど、子どもたちが楽しそうに参加していました。

次に行った「甘川(カムチョン)文化村路地祭り」では、村のあちこちで見られる、魚の矢印を色塗りするなど(3,000ウォン)、路地祭り独特のテーマを行かしたブースや昔懐かしい食べ物の露店がたくさん並び、どれもみんな寄ってみたい衝動にかられました。そして「広安里(クァンアンリ)漁坊祭り」では、広いビーチを4つに分け、それぞれの砂浜で同時に繰り広げられるパフォーマンスがとても興味深かったです。中でも「漁坊地引網」は100人以上も砂浜の舞台に登場し、水営(スヨン)地域に伝わる昔話を壮大なミュージカルで演出し、関心を集めていました。慶尚左水使の行列や水営野遊、マルトゥギの舞なども、合わせてご覧いただきたいものです。

スタンプツアーで手鏡ゲット

話題豊富な釜山へお越しの際は、広安里や海雲台、光復路、タルマジ、ヘパランギルの観光案内所、ヌリマルAPECハウス、映画の殿堂などへ立寄り、スタンプをぜひ集めてみてください。スタンプ1つから3つまでは、それぞれの名所がデザインされた手鏡が、4つ以上はタンブラーが案内所でもらえます。そのパンフを持参すればシティツアーバスBUTIも5千ウォンの割引になりますよ!

日本から一番近い外国、釜山。釜山にいらっしゃって、リフレッシュしてください!

Pocket

関連する記事はこちら

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

荒嶺山展望台

釜山ホット情報| 出かけませんか? 春の釜山を満喫

待ちに待った春がやってきました! 残業続きの毎日でしたが、久々に街に出ると、いつの間にか梅の花が咲きだし、釜山でも春の気配が感じられるようになりました。今回は春定番の名所と穴場をご紹介します。   夜景の名所? 荒嶺山展望台カフェ 釜山に住みながら、「これほど釜山の街が…続きを読む

オルチェンイククス

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊾ A級グルメもB級グルメも楽しめる!~江原道・横城郡~

 北の大地よりアニョハセヨ! 今年もよろしくお願いいたします。今年最初のコラムは、A級グルメとB級グルメが楽しめる江原道(カンウォンド)・横城(フェンソン)郡をご紹介いたします。 横城は江原道の南西部に位置し、高速鉄道ならソウル駅から横城駅まで約1時間15分。東ソウルターミナルか…続きを読む

11월-김민근-광안대교-1-

釜山ホット情報 | 今こそ、報道されない釜山の本当の姿を見に来て

  今年もたくさんのお祭りが開催される10月がもうすぐです。夏休み中は日本のお客様も街でよく見かけ、クルーズでいらっしゃったという日本人の観光客の皆様に遭遇。「普段よりもお店の方や出会う人が日本人とわかるとやさしくしてくれた」というお話をうかがいました。 しかしながら、…続きを読む

609

釜山ホット情報| 2017年主なイベント日程

冬らしくない天候が続く釜山。真冬というのにチンダルレ(カラムラサキツツジ)が咲いていたり、このまま春が来るのかと思いきや、今朝は零下のスタートです。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年の主なイベント日程をまずご紹介します。既に1月7、8日には冬の異色イベントとして知られる…続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

12

釜山ホット情報 「海雲台ブルーラインパーク」オープン!

読者の皆様、ご無沙汰しております。 コロナは相変わらずですが、釜山は進化してます。 今回ご紹介するのは今年2020年9月にオープン予定の釜山の新たな名所、「海雲台ブルーラインパーク」です。 「ブルーラインパーク」とは、旧東海南武線の海雲台尾浦(ミッポ)から松亭(ソンジョン)に至る…続きを読む

2018-05-김민근-해운대모래축제-(9)

釜山ホット情報 | 砂像の「ミュージシャン」に出会う、初夏の釜山へ

ゴールデンウィーク後に旅の計画を立てるなら、5月中旬から6月にかけてイベントが相次ぐ釜山がお薦め。中でも一押しは、海雲台海水浴場の「砂祭り」!今回は初夏の釜山の見どころをお伝えします。 ■海雲台砂祭り 5/24~27 毎年恒例の「海雲台砂祭り」が5月24~27日、「Music、砂…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence