釜山ホット情報|冬休みも退屈させない!釜山のホットスポット

2015年12月29日

冬の寒さもへっちゃら!北極熊水泳祭り

今年の冬は、ニュースで雪不足が伝えられるなど、冬らしくない日が釜山でも続いています。年末年始は、新しい年もいい年になるようにと市内各所で除夜の鐘、ご来光を拝む初日の出祭りが開かれました。皆さまも、今年も良い年をお迎えください。

さて、今回ご紹介したいのは、1月9日、10日の二日間、海外からもたくさんの観光客が参加する韓国を代表する冬の祭り「北極熊水泳祭り」です。釜山日報主催、釜山市後援で開かれますが、今年は例年以上に規模が拡大され、真冬の海水浴場をも熱気で包みそうです。

しかし、この冬空になぜ水泳?と思われる方も多いでしょう。この異色的な祭りは、新しい年も健康に過ごそうという意味を込め、真冬の凍り付くような寒さもものともせず、海に飛込んで泳いで戻ってくるという釜山海雲台海水浴場で開かれているイベントで、今回で29回目を迎えます。今回は、前日から海雲台の海水浴場ではスイッチ、ビスタなどの有名歌手が出演する祝賀コンサートも開催されます。

水泳の参加者は昨年は3000人、今年は先着順5000名としていますが、水泳同好会などの団体参加もあり、すぐに定員を満たしてしまうという人気ぶりです。

参加者だけが楽しめるわけではありません。ビーチではフェイスペンティング、世界の食べ物を紹介するフードコート、ゲームなど、その場で参加できるイベントも2日間開催され、水泳大会当日、参加者には「トック」という、日本でいえば「お雑煮」のような熱々のスープも振る舞われます。水泳の参加は事前申込みとなるため、今回は見送らざるをえませんが、この熱気を感じてみたいという方は次回にぜひチャレンジしてみてください。

北極熊水泳祭り

 

マイカーのように利用する観光タクシー

もう一つ耳寄りな情報をお伝えします。海外旅行に出ると、マイカーのように融通が効く車で観光できないかと思われたことはありませんか?タクシーで、値段交渉のトラブルに巻き込まれたり、不愉快な思いをされた方もいらっしゃると思います。釜山市ではそのようなトラブルを防ぐため、釜山のブランドタクシー「灯台コールタクシー」の運転手をさらに教育し、「観光タクシー」を誕生させました。

利用方法は、出発2時間前までに予約センター(051-600-1004)に電話し、「海沿いのギャラリー」、「映画の主人公になる」、「瞑想と休息」など基本的な6つのコース、または自分が回りたいところを伝えれば、1時間2万ウォン、5時間8万ウォン、10時間15万ウォンを基本に利用できます。

まだ直接の外国語での対応はできませんので、韓国語ができない場合は観光案内電話「1330」に電話して予約をしてもらうという形をとることが必要となりますが、今後タクシーを安心して、更に便利に利用できるようになるのではと、期待しています。

コースを一つご紹介すると、「瞑想と休息コース」は、海雲台(ヘウンデ)のホテルから出発し、1300年以上の歴史を誇る金井山(クムジョンサン)の梵魚寺(ポモサ)を観光し、近くの伝統茶屋で一休み、その後、東莱(トンネ)にある虚心庁(ホシンチョン)という温泉を利用してホテルに戻るというコースで、所要時間は4時間30分。タクシー代は75,000ウォンとなります。冬の寒いときでも、待つことなく移動できるところがありがたいですね。

http://ddcall.co.kr/main/index.asp

釜山観光タクシー

 

東釜山観光団地にオープン 国立釜山科学館

海雲台から更に東海岸に沿って機張(キジャン)方面に行くと、東釜山観光団地が広がります。ここは今後、ロッテプレミアムアウレットに続き、テーマパーク、韓屋村、ホテル、文化芸術団地ができるなど、たくさんの観光施設が建設される予定の場所で、その一角に大規模な「国立釜山科学館」が12月にオープンしました。ここには釜山や蔚山などの主力産業である自動車や航空宇宙、船舶、原子力科学、エネルギー産業を主なテーマとし、プラネタリウムや未就学児童対象のこども科学館、天体観測館などの施設が備わっています。宇宙での無重力空間体験や自動車製造過程で活用されている科学技術の体験など、見て、触れて、遊びながら科学が学べる展示館です。もちろんスタッフの解説もあります。外国語での対応は準備中ということですが、今後が楽しみです。

12月にオープンしたばかりの国立釜山科学館、2月まで臨時運営されている海雲台海水浴場の「アイススケートリンク」など、冬休みも退屈させない、新しい名所が増えた釜山へお越しください。

国立釜山科学館

Pocket

関連する記事はこちら

写真提供:釜山広域市

釜山ホット情報 | 年末年始は釜山で楽しく!

今年も残すところわずかですが、年末年始の連休の計画は立てられましたか? 今回は、釜山に来られる際に、役に立つ日本語のツールをご紹介します。前回ご紹介したブログ「ホットな釜山」は既にご存知かと思いますが、釜山の最新情報を毎月お届けする「ダイナミック釜山」を市では毎月発行しています。…続きを読む

1741199_image2_1

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島アリラン

アリランは韓半島に伝わる民謡です。韓国はもちろん北朝鮮や中国、そしてサハリンまで、韓国民族の住むところには必ずアリランが歌われています。 ではどうしてこんなにも多くのアリランが各地に伝わっているのでしょうか? そしてアリランの語源はなんでしょうか? 珍島アリラン保存会の資料による…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

寧越

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊸ 朝鮮半島のカタチ~寧越郡~

 平昌オリンピック・パラリンピックに日本代表選手を多く輩出している北の大地からアニョハセヨ! このコラムがお手元に届く頃には、朝鮮半島はオリンピックで盛り上がっていることでしょうね。 さて、山河に錦を施したように美しいという意味の「錦繍江山(クムスガンサン)」という言葉で説明され…続きを読む

ムルタッカルビ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉙ 「水」のまち~太白市

 雪も解け、白樺の木肌の白さが目立ち始めた北の大地からアニョハセヨ。韓国ではあまり見ない白樺の木ですが、江原道には多く自生しています。今回はそんな江原道の太白(テベク)市と郷土料理「タッカルビ」をご紹介いたします。 太白市は東ソウルバスターミナルから約3時間半、6時から23時まで…続きを読む

nothumbnail

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島に屠殺場があった頃

私の今のキャッチフレーズは「珍島の恵子さん」ですが、私は最初から珍島に土着したわけではありません。私たち夫婦はソウルの隣りにある京畿道(キョンギド)の九里市(クリシ)で新婚生活をスタートしました。会社の警備員をしていた主人は、珍島生まれの珍島育ち。知人のいない都会の生活が肌になじ…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

20180301_181243

釜山ホット情報 | 青沙浦で楽しい街歩き

昨年オープンした「青沙浦(チョンサッポ)タリットル展望台をご存知でしょうか? 釜山では最近旧都心を中心に盛んに街歩きのストーリーツアーが行われています。今回は春の便りを探しに話題の「青沙浦」をウォーキングしてきました。 街歩きが楽しい釜山 他の地域には見られない釜山の特徴といえば…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02