釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

2017年07月07日

松島ロープウェイ6月21日運行開始!

 

写真提供: gihak.com

写真提供: gihak.com

最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。

そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年に開設された韓国の公設海水浴場第1号で、当時も都心部に近いことから全国的にも有名となりました。1964年には全国で初めてとなる海上ロープウェイが建設され、木製ヨットや海上に飛び込み台があるなど、新婚旅行でもたくさんの人が訪れたそうです。そのロープウェイは老朽化に伴い1988年に閉鎖され、いつしか海雲台(ヘウンデ)や広安里(クァンアンリ)へと人気が移っていきました。しかしながら最近はその過去の名声が蘇りつつあります。2013年に365mの海上散策路ができ、海上ダイビング台が復活しました。そしていよいよ松島ロープウウェーが6月21日にオープン、私も実際に乗ってきました。

都市鉄道釜山駅7番出口から26番の市内バスを利用し、約25分。岩南洞(アムナムドン)住民センターで降り、松島海水浴場の方を見ると、松林公園と岩南公園を結ぶ海上ロープウェイが見えてきます。

過去には亀島(コブクソム)と松島公園を結ぶ400mほどの距離でしたが、今回はその約4倍となる1・62㎞。その空中散歩は本当に素敵でした! 料金は大人基準で往復1万5千ウォン(床が透明なクリスタルキャビンは2万ウォン)、片道1万2千ウォンです。86m上空からの松島海水浴場はもちろん、夜景もなかなか幻想的で、必見のスポットの一つです。

ロープウェイだけではありません。レジャーボートでの松島海水浴場沖のクルージングもなかなか爽快で、1万5ウォンで楽しめます。また、釜山の市魚といえばサバですが、美味しいサバの塩焼き定食、刺身、ハモのしゃぶしゃぶなどの有名店もあり、この夏、ぜひお越しいただきたいホットスポットです。

| www.busanaircruise.co.kr

 

第22回釜山海祭り8月1日~6日開催

 

写真提供:釜山祝祭組織委員会

写真提供:釜山祝祭組織委員会

写真提供:釜山祝祭組織委員会

写真提供:釜山祝祭組織委員会

写真提供:釜山祝祭組織委員会

写真提供:釜山祝祭組織委員会

そして、夏のイベントで欠かせないのが「海祭り」! 8月1日から6日まで開催されるこのイベントの見どころは開幕式です。市内5つの海水浴場の海雲台、広安里、多大浦(タデポ)、松島、松亭(ソンジョン)それぞれの特色を生かした海祭りが行われますが、特に海雲台ビーチでは1日の19時から3時間、開幕パーティーを「Night Pool Party」と題して、人工プールをビーチに設置し、人気DJによる進行で観客とステージがひとつになる最高に楽しいパーティが繰り広げられます。

海雲台では、2日は8090歌謡、3日はロックデーとし、ステージの人気歌手と観覧席ならぬプールで、みんなずぶ濡れになってコンサートを楽しむという釜山ならではの「海祭り」です。

 

釜山映画体験博物館、7月4日オープン

もう一つ特筆すべきは、釜山のシンボルである龍頭山(ヨンドゥサン)公園のふもとに釜山映画体験館が完成し、「シネマ都市釜山」に、映像関連の施設が「映画の殿堂」に続きもう一つ増えたことです。この施設では映画の制作過程や最先端技術を駆使した映像技術を体験することができます。3、4階は映画の歴史展示、名作広場、ハイテクシネマ、キッズ映画村、シネマスタジオなどで構成され、特に4階は今話題のVR映像を体験できるHMD映像館があり、注目を集めそうです。2階は企画展示室で、フィギュア展示などが行なわれ、仮想現実世界の体験や、映画の主人公になる体験など、いろいろな見どころが詰まっています。

場所は、都市鉄道中央駅で下車し、龍頭山公園方面に向かって行くと公営駐車場がありますが、その裏側にあり、龍頭山公園に登ったついでに、立ち寄られてみてはいかがでしょうか。入場料は大人1万ウォン。

| http://blog.busanbom.kr/
今年の夏もたくさんの見どころが増えた釜山。歩き疲れた時は、韓国の夏のスタミナ食「サンゲタン」やチャガルチならではの「コムジャンオ(メクラウナギ)」の甘辛炒めで元気回復! 暑い時は釜山発祥のかき氷「ソルビン」でひと休み。ぜひ皆さん釜山へお越しください。

Pocket

関連する記事はこちら

8dc6bbc7c792bc2e0ac8bd1cc66801d2-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺  北の大地からアニョハセヨ! 前回のコラムで新羅時代の名僧「義湘(ウィサン)」が建立した海印寺(ヘインサ)をご紹介したので、今回も義湘に関する伝説が残るお寺を紹介したいと思います。  ソウル江南の高速バスターミナル(セ…続きを読む

ananti_cove2

釜山ホット情報|秋から年末にかけての釜山お勧めスポット

たくさんのお祭りやイベントが行なわれた10月。恒例の国際映画祭や花火大会をはじめ、チャガルチ祭り、温泉祭りといった釜山独特の地域祭りもたくさん開かれ、今年は特に秋の旅行週間と題して、それぞれの観光地や夜景、お祭りをシャトルバスで巡るというプログラムも人気を集め、たくさんの方に釜山…続きを読む

조선통신사행렬1

釜山ホット情報| 初夏のお祭り

  ゴールデンウィーク歓迎イベント   待ちに待ったゴールデンウィーク。韓国では中国からの団体旅行客は残念ながら減ってしまいましたが、台湾やマレーシア、そして日本からのお客様が増え、全体的には増加傾向にあるそうです。これは何があっても釜山に来てくださる皆様のお…続きを読む

6ea6a798bf9af271f3ec84c4ccfa84ae-150x150

釜山ホット情報「秋の釜山の楽しみ方5選!」

釜山ホット情報 秋の釜山の楽しみ方5選!    釜山が一番活気があって、楽しい季節が来ました。といっても、実は海雲台海水浴場が韓国の人にとってはやはり印象深く、夏という人もいますが、私はやっぱり秋が大好きです。  今年は特に釜山市民公園や動物園ザ・パーク、釜山港大橋も新しくでき、…続きを読む

コラムニスト

コリアトラベル連載コラムニストを紹介します!

私が「韓国通」になったきっかけは…?    韓国の地方の情報をお届けするコリアトラベル新聞には、毎回、ホットな地方の情報を届けてくれるコラムニストがいる。ある人は韓国に定着し、ある人は日本から足しげく韓国に通いながら、楽しい情報、おいしい情報、有益な情報を届けてくれてい…続きを読む

DSC_9341

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊳ 木浦は港だ

春らしくなった北の大地より、アニョハセヨ! 5月といえば韓国では「季節の女王」といいますが、木浦が生んだ歌謡界の女王といえば「李蘭影(イ・ナニョン/1916~1965)」です。ということで今回は全羅南道(チョルラナムド)の南西端に位置する木浦(モッポ)市を紹介します。 「榮山江(…続きを読む

jindo1806

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島の倭徳山

日本には鳴戸海峡がありますね。潮流が音を鳴らすほど激しい海峡なので「鳴戸」と呼ばれていますが、珍島大橋の下を流れる海峡も「鳴梁(ミョンナン)」といい、広い海から一気に狭い海峡に潮流が流れ込み、以前は潮の流れが代わるたび珍島の中心地まで地響きがするほどだったそうです。 今から420…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02