釜山ホット情報|秋から年末にかけての釜山お勧めスポット

2017年11月02日

たくさんのお祭りやイベントが行なわれた10月。恒例の国際映画祭や花火大会をはじめ、チャガルチ祭り、温泉祭りといった釜山独特の地域祭りもたくさん開かれ、今年は特に秋の旅行週間と題して、それぞれの観光地や夜景、お祭りをシャトルバスで巡るというプログラムも人気を集め、たくさんの方に釜山にお越しいただきました。しかし、これで2017年を終えることはできません。年末にかけて、見どころ食べどころとなるおすすめのスポットを今回もご紹介します。

 

釜山に完成! アジア初のマーベル仮想体験館

10月は、釜山に新たなテーマパーク「マーベルエクスペリエンス」が完成しました。ここは、スパイダーマンやアイアンマンなどの人気映画のキャラクターで知られるアメリカのマーベルコミックの映像体験型の展示館で、釜山駅近くの釜山国際旅客ターミナルのすぐ近くにオープンしました。目玉のアトラクションは巨大ドームの中でのVR(仮想現実)体験。専用のゴーグルを着用して、マーベルのヒーローにになりきって4D(4次元)映像の中で敵と戦うというコーナー。仮想とは分かっていながらも、大人も子供もつい夢中になってしまうほどの楽しさがあります。入場券は韓国のチケット販売サイト(ticketmelon.com/日本語ページあり)で購入できます。平日の基本券は施設内10ゾーンを順に2時間まで遊べて3万4千ウォン、土日は3万9千ウォンです。

 

東海線沿線のホットスポット機張

釜山市内から1時間以上かかっていた機張(キジャン)が、東海線の開通によって西面(ソミョン)近くの釜田(プジョン)駅からわずか35分で移動が可能になり、釜山の東部が人気を集めています。もともと釜山の東は海に面していて、海岸線がとてもきれいです。海辺を眺めながらくつろげる個性的でおしゃれなカフェも新しくできています。

そして、機張といえば、冬は旬のカニが食べられることで有名ですが、今年の冬も昨年に続き「釜山機張カニイベント」を実施します。値段交渉なしで安心して市場でも食べられるのが嬉しいですね。参加する店舗も9つに増え、今年新たにオープンしたヒルトンホテル前のザ・イーストというレストランも加わりました。更に利用者にはオリーブヤングの景品が当たるくじをその場で引くことができます。釜山駅からはシャトルバスを期間中一日2回運行するなど、アクセスが更に改善されました。定額メニューは2種類、カニと基本的なおかず、カニ味噌チャーハンと味噌チゲがついたセットメニューを3万ウォン、5万ウォンで味わっていただくことができます。

 

ananti cove

 

ananti_cove2 東海線オシリア駅からはヒルトンホテルのシャトルバスでホテルまで行くことができるのですが、ホテルがまたとっても素敵です! 「アナンティ・コーヴ」というリゾートの中のホテルで、設計者の方のお話ではそれぞれの客室が海と繋がっているように見えるように設計されているとか。ルームはもちろん、カフェや書斎、ダイニングとどれひとつとってもため息がでるほど。ホテルからは近くのロッテモールや海東龍宮寺へもシャトルバスでの移動が可能です。

こちらの海雲台から機張までは東釜山観光団地として開発が進められていて、今後ソウルよりも広いロッテワールドがこちらに建設されるという話もあり、これからが楽しみです。

東海岸ウォーキング

読書の秋、食欲の秋でもありますが、釜山ウォーキングで汗を流すのもいいですね。釜山は10月末から11月にかけて紅葉が楽しめます。一番のおすすめはやはり釜山の北部にある梵魚寺(ポモサ)ですが、東海岸沿いに、海雲台から北に向かって、ムーンタンロード‐青沙浦(チョンサッポ)‐松亭(ソンジョン)海水浴場‐海東(ヘドン)龍宮寺‐ヒルトンホテル‐五郎台(オランデ)へのコース「カルメッキル」(約12㎞)を、紅葉や爽やかな潮風を浴びながらウォーキングするのもおすすめです。

「カルメッキル」は、釜山の山や海辺をつなぐ、9つのコースからなるウォーキングコースで、こちらのコースは東海岸沿いの海辺を歩く1コースの一部です。コースのところどころにある「カルメッキル」のリボンや看板が目印となります。

 

釜山の最新情報はブログ「ホットな釜山」へ

日本語でのこれらの釜山情報は実はなかなか見つかりにくいもの。そういう時はインターネットで「ホットな釜山」と検索してみてください。「カルメッキル」はもちろん、釜山の最新情報を私が日本人目線で詳しくお伝えしています。皆さんのお越しをお待ちしております。

Pocket

関連する記事はこちら

ショッピング王ルイ

釜山ホット情報 | 「ショッピング王ルイ」ロケ地を巡ろう

 今月のホットな話題は、釜山を舞台にして撮影された「ショッピング王ルイ」! 韓国ではMBCで9月から11月にかけて放送され、日本ではKNTVで年末から2月にかけて水木、2話連続で土曜日に放送されていました。このドラマ、アンコール放送が今年の5月に予定されているので注目です! ドラ…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

바닷길사진

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。 今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明…続きを読む

2017-BOF-개막공연(6)

釜山の秋を楽しもう!

 釜山の秋、特に10月はビッグイベントが目白押し。韓国最大規模の映画祭として知られる釜山国際映画祭(biff.kr)が今年は10月4~13日に海雲台(ヘウンデ)の映画の殿堂をはじめ南浦洞(ナンポドン)などの映画館で海外の名作数百本が上映される予定です。オープニングのみならず、期間…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

가우도

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊷ 2018年は戌年なのだ! ~ケブルと康津郡~

 例年より早く冬が来た北の大地から「セヘ福マニバドゥセヨ」。2018年は戌年なので、犬(ケ)に関する今が旬の海の幸「ケブル(ゆむし)」と、その産地で有名な全羅南道「康津(カンジン)郡」をご紹介いたします。 韓国の刺身屋で見られる薄いピンク色でソーセージのような生物が「ケブル」です…続きを読む

テハ(コウライエビ)

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉟ ボールパークとシーフード~仁川・蘇來浦口~

 プロ野球日本一の余韻冷めやらぬ北の大地より、アニョハセヨ! 多くの感動をくれた我らが日本ハムファイターズで2003年から5年間監督を務め、2006年には日本一に導いてくれたトレイ・ヒルマンが、来季から韓国のSKワイバーンズの監督に就任することになりました。来シーズン開幕したら、…続きを読む

チュクミ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉘ 春はチュクミで花見酒~保寧市

北の大地からアニョハセヨ! 韓国の3月は学校の入学式があり、春の気配も日を追う毎に感じられる時期です。私が住む北海道はまだ寒いですが、ここにも春の気配が早く来ることを願って、春を呼ぶタコ「チュクミ(=イイダコ)」をご紹介いたします。ちなみに、踊り食い(サンナクチ)で知られる「ナク…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02