釜山ホット情報|美しい花火と噴水を釜山で楽しもう!

2019年05月22日

第15回釜山花火祭り早割チケット販売

2018 불꽃축제A4전단 영중일문0 今年11月2日に広安里海水浴場で開催される「第15回釜山花火祭り」(主催:釜山広域市、主管:釜山文化観光祝祭組織委員会)のチケット販売計画が発表されました。

早すぎるのでは!?という驚きの声が聞こえてきそうですが、こちらは正真正銘20%も割引になる早割チケットの情報です。

有料席は全部で8300席。そのうちテーブルと椅子付きのR席が1200席、椅子のみのS席が4800席の計6000席。その他、スポンサーや社会的弱者のための招待席などが2300席となります。購入の方法は昨年同様、オンライン予約サイト(インターパーク)を通じて行われます。

まず、5月28日から旅行会社を対象にした団体客向けの販売が始まり、6月26日からは“早割チケット”(20%割引)1000席分が販売され、7月10日からは定額での販売となります。

この早割チケットオープンとなる6月26日は、過去の状況を見ると韓国語や英語でのサイトのみとなることが多く、海外からの購入はとても困難でした。そこで耳寄りなのは、外国人に対しては1日早くオープンする可能性が出てきました! これが叶うかは皆様のご関心次第かとも思います。

こちらの情報はこちらのサイト、または下記公式サイト、さらにはブログ「ホットな釜山」でも状況をお伝えしたいと思います。(お問い合せ:釜山文化観光祝祭組織委員会/051-501-6050/韓国語のみ)

アジア最高のマルチメディア花火ショーとして成長した釜山花火祭り。超大型の花火演出を拡大し、11月末に開催される「韓‐アセアン特別首脳会議」を市民と共に祝おうと、今まで見たこともないようなダイナミックな演出を準備しているとのことです。

公式サイト: http://www.bfo.or.kr/festival/info/01.asp?MENUDIV=1 ※現在準備中

色鮮やかな噴水が踊るロマンチックな釜山の夜
宋象賢広場の噴水

4-1

〈写真提供:ダイナミック釜山〉

 

釜山にある噴水の中で最近注目を集めているのは、繁華街・西面(ソミョン)近くの「宋象賢(ソン・サンヒョン)広場」にある噴水です。広さは770㎡、5月から9月まで月曜日を除き、定時に水が噴き上げられます。地面には釜山地域の古地図が描かれているのが印象的。水遊びが楽しめる「体験型噴水」は正午と午後2時、4時、6時。色とりどりの光に照らされた水が、クラシックやポップの音楽に合わせてさまざまに形を変える「音楽噴水ショー」は午後8時。土日はこのショーが午後9時にもあります。

行き方 :都市鉄道1号線釜田駅下車徒歩約150m

 

多大浦夢の夕日噴水

沙下(サハ)区の多大浦(タデポ)海水浴場近くの「多大浦夢の夕日噴水」も人気です。広さ2519㎡、円周180mの地面から噴き上げられる水は、高さ55mまで達します。地面から噴き上げられる噴水としては世界最大で、ギネスブックにも登録されています。1046個のノズルと1148個の電球、大型スピーカーから流れる音楽が演出する音楽噴水ショーは、規模が大きく華やかです。ショー終了後約20分間は、水遊びが楽しめる「体験噴水」として開放されます。

噴水ショーは1回20分。5~8月は平日午後8時、土日祝日は午後8時と9時に始まります。9~11月は平日午後7時30分、土日祝日は午後7時30分と8時30分。毎週月曜日と、12月から4月までは稼動休止。

行き方:都市鉄道1号線多大浦海水浴場駅下車4番出口徒歩約50m

Pocket

関連する記事はこちら

チェチョプクク

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊱ 2つの宝 ~全南・筏橋~㊲ しじみの名産地は「東」にあり~洛東江と河東~

  春の足音が近づいたり遠ざかったりの北の大地より、アニョハセヨ! 先日、北海道北部の天塩(てしお)町に行き、評判高いしじみラーメンを食べてきました。 しじみは韓国語で「チェチョプ」といい、韓国での産地として、38度線以南で最長の河川である洛東江(ナクトンガン)と、慶尚…続きを読む

바닷길사진

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。 今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明…続きを読む

DSC_9341

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊳ 木浦は港だ

春らしくなった北の大地より、アニョハセヨ! 5月といえば韓国では「季節の女王」といいますが、木浦が生んだ歌謡界の女王といえば「李蘭影(イ・ナニョン/1916~1965)」です。ということで今回は全羅南道(チョルラナムド)の南西端に位置する木浦(モッポ)市を紹介します。 「榮山江(…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

20181228_110653

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊿ 営業時間は午前クジかラ! コレが長生浦・鯨文化特区

北の大地よりアニョハセヨ! 昨年末、日本は国際捕鯨委員会からの脱退と商業捕鯨再開という報道があり、様々な議論を呼びました。コレは興味深いと思い、日本の捕鯨の歴史を紐解くと、蔚山(ウルサン)の長生浦(チャンセンポ)という地名が出てきて、現在「コレ(=鯨)文化特区」になっているとのこ…続きを読む

정순덕-(호천마을촬영지-야경)

釜山ホット情報 | 今が旬、カニを食べに釜山へ行こう!

待ちに待った11月、釜山機張(キジャン)のカニキャンペーンが始まりました。市場でカニを食べるというのは外国人にはかなり負担になるもの。しかし、来年の3月まで、釜山駅から機張まで無料シャトルバスが運行し、かなり楽に行くことができます。キャンペーン期間中は時価に関係なく、定額で食べら…続きを読む

jindo1806

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島の倭徳山

日本には鳴戸海峡がありますね。潮流が音を鳴らすほど激しい海峡なので「鳴戸」と呼ばれていますが、珍島大橋の下を流れる海峡も「鳴梁(ミョンナン)」といい、広い海から一気に狭い海峡に潮流が流れ込み、以前は潮の流れが代わるたび珍島の中心地まで地響きがするほどだったそうです。 今から420…続きを読む

조선통신사행렬1

釜山ホット情報| 初夏のお祭り

  ゴールデンウィーク歓迎イベント   待ちに待ったゴールデンウィーク。韓国では中国からの団体旅行客は残念ながら減ってしまいましたが、台湾やマレーシア、そして日本からのお客様が増え、全体的には増加傾向にあるそうです。これは何があっても釜山に来てくださる皆様のお…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence