釜山ホット情報|美しい花火と噴水を釜山で楽しもう!

2019年05月22日

第15回釜山花火祭り早割チケット販売

2018 불꽃축제A4전단 영중일문0 今年11月2日に広安里海水浴場で開催される「第15回釜山花火祭り」(主催:釜山広域市、主管:釜山文化観光祝祭組織委員会)のチケット販売計画が発表されました。

早すぎるのでは!?という驚きの声が聞こえてきそうですが、こちらは正真正銘20%も割引になる早割チケットの情報です。

有料席は全部で8300席。そのうちテーブルと椅子付きのR席が1200席、椅子のみのS席が4800席の計6000席。その他、スポンサーや社会的弱者のための招待席などが2300席となります。購入の方法は昨年同様、オンライン予約サイト(インターパーク)を通じて行われます。

まず、5月28日から旅行会社を対象にした団体客向けの販売が始まり、6月26日からは“早割チケット”(20%割引)1000席分が販売され、7月10日からは定額での販売となります。

この早割チケットオープンとなる6月26日は、過去の状況を見ると韓国語や英語でのサイトのみとなることが多く、海外からの購入はとても困難でした。そこで耳寄りなのは、外国人に対しては1日早くオープンする可能性が出てきました! これが叶うかは皆様のご関心次第かとも思います。

こちらの情報はこちらのサイト、または下記公式サイト、さらにはブログ「ホットな釜山」でも状況をお伝えしたいと思います。(お問い合せ:釜山文化観光祝祭組織委員会/051-501-6050/韓国語のみ)

アジア最高のマルチメディア花火ショーとして成長した釜山花火祭り。超大型の花火演出を拡大し、11月末に開催される「韓‐アセアン特別首脳会議」を市民と共に祝おうと、今まで見たこともないようなダイナミックな演出を準備しているとのことです。

公式サイト: http://www.bfo.or.kr/festival/info/01.asp?MENUDIV=1 ※現在準備中

色鮮やかな噴水が踊るロマンチックな釜山の夜
宋象賢広場の噴水

4-1

〈写真提供:ダイナミック釜山〉

 

釜山にある噴水の中で最近注目を集めているのは、繁華街・西面(ソミョン)近くの「宋象賢(ソン・サンヒョン)広場」にある噴水です。広さは770㎡、5月から9月まで月曜日を除き、定時に水が噴き上げられます。地面には釜山地域の古地図が描かれているのが印象的。水遊びが楽しめる「体験型噴水」は正午と午後2時、4時、6時。色とりどりの光に照らされた水が、クラシックやポップの音楽に合わせてさまざまに形を変える「音楽噴水ショー」は午後8時。土日はこのショーが午後9時にもあります。

行き方 :都市鉄道1号線釜田駅下車徒歩約150m

 

多大浦夢の夕日噴水

沙下(サハ)区の多大浦(タデポ)海水浴場近くの「多大浦夢の夕日噴水」も人気です。広さ2519㎡、円周180mの地面から噴き上げられる水は、高さ55mまで達します。地面から噴き上げられる噴水としては世界最大で、ギネスブックにも登録されています。1046個のノズルと1148個の電球、大型スピーカーから流れる音楽が演出する音楽噴水ショーは、規模が大きく華やかです。ショー終了後約20分間は、水遊びが楽しめる「体験噴水」として開放されます。

噴水ショーは1回20分。5~8月は平日午後8時、土日祝日は午後8時と9時に始まります。9~11月は平日午後7時30分、土日祝日は午後7時30分と8時30分。毎週月曜日と、12月から4月までは稼動休止。

行き方:都市鉄道1号線多大浦海水浴場駅下車4番出口徒歩約50m

Pocket

関連する記事はこちら

チュクミ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉘ 春はチュクミで花見酒~保寧市

北の大地からアニョハセヨ! 韓国の3月は学校の入学式があり、春の気配も日を追う毎に感じられる時期です。私が住む北海道はまだ寒いですが、ここにも春の気配が早く来ることを願って、春を呼ぶタコ「チュクミ(=イイダコ)」をご紹介いたします。ちなみに、踊り食い(サンナクチ)で知られる「ナク…続きを読む

松島海上散策路

釜山ホット情報| ワンアジアフェスティバル

昨年から釜山の花火大会は有料になったことで、がっかりされてる方、いらっしゃいませんか? そこで、釜山市では昨年の教訓を生かし、もっと楽しい、ダイナミックな釜山の魅力をお届けしようと、頑張っております! 実はその花火大会がある10月、今年一番力を入れているといっても過言ではない、「…続きを読む

ムルタッカルビ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉙ 「水」のまち~太白市

 雪も解け、白樺の木肌の白さが目立ち始めた北の大地からアニョハセヨ。韓国ではあまり見ない白樺の木ですが、江原道には多く自生しています。今回はそんな江原道の太白(テベク)市と郷土料理「タッカルビ」をご紹介いたします。 太白市は東ソウルバスターミナルから約3時間半、6時から23時まで…続きを読む

가우도

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊷ 2018年は戌年なのだ! ~ケブルと康津郡~

 例年より早く冬が来た北の大地から「セヘ福マニバドゥセヨ」。2018年は戌年なので、犬(ケ)に関する今が旬の海の幸「ケブル(ゆむし)」と、その産地で有名な全羅南道「康津(カンジン)郡」をご紹介いたします。 韓国の刺身屋で見られる薄いピンク色でソーセージのような生物が「ケブル」です…続きを読む

nothumbnail

釜山ホット情報|冬休みも退屈させない!釜山のホットスポット

冬の寒さもへっちゃら!北極熊水泳祭り 今年の冬は、ニュースで雪不足が伝えられるなど、冬らしくない日が釜山でも続いています。年末年始は、新しい年もいい年になるようにと市内各所で除夜の鐘、ご来光を拝む初日の出祭りが開かれました。皆さまも、今年も良い年をお迎えください。 さて、今回ご紹…続きを読む

コマク

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊱ 2つの宝 ~全南・筏橋~

極寒の北の大地より、アニョハセヨ!仕事の合間の除雪で疲労も溜まりがちですが、疲労回復にはアミノ酸が良いとテレビで見て、アミノ酸が豊富でこの時期に旨い「コマッ(ハイガイ/灰貝)」が思い出されました。韓国で食べたコマッは、小さい割に肉厚で甘みさえ感じましたが、日本ではなんとレッドデー…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02