釜山ホット情報| 釜山の観光名所で学ぶ「ストーリーツアー」

2015年12月03日

イバグ自転車 今回は、釜山らしい景色が楽しめる「旧都心ストーリーツアー」、「イバグ自転車」についてご紹介します。

釜山の北港に新国際旅客ターミナルが今年9月オープンし、少し前までコンテナヤードであったり、埋立地であった所が、どんどん開発が進んでいます。ターミナルを背にすると、左の方は南浦などの中区、正面には高速鉄道の終着駅である釜山駅、右側は観光地としてはあまり知られていなかった東区があります。実はここ一帯は旧都心と呼ばれ、高齢者の雇用創出、新しい観光資源発掘と、とても注目を集めている場所なのです。60歳以上の文化財解説士が直接電動自転車を運転し、今まで地域住民しか知らなかったような隠されたストーリーを話してくれるという、「イバグ自転車」が運営されています。まだ始まったばかりで、平日の利用者は10人そこそこ、週末になると20~30人ぐらい利用しているそうです。

釜山駅の向かい側は韓国動乱当時、山の斜面にたくさんの避難民が住むようになった場所で、たくさんのストーリーが隠されています。当時、すべての物資が不足する中で、米軍基地から廃棄されるダンボールなどを利用して、ようやく雨をしのぐような家を建てて住んだという話が残り、水も井戸には長いバケツを持った行列ができたというほど、その生活は貧しかったといいます。ここは現在、チャイナタウンや華僑の学校があるなど、特化通りとしても知られ、賑やかになりました。ところどころにある昔ながらの建物や、釜山港大橋の展望などが楽しめるなど、人気の観光名所になっています。100段以上続く階段や坂道を、原付自転車で上りながら、釜山の近代史をたどれるのが魅力的です。現在は8台の電動自転車で運営していて、釜山駅広場の広報ブースを出発し、約1時間で戻ってきます。料金は1万ウォン(約千円)。

もう一つ、お勧めなのが「旧都心ストーリーツアー」。60代以上のシニアボランティアによるストーリーテラーが、地元の人しか知らないような名所やお店、歴史を紹介しながら一緒に歩いてくれるツアーです。昨年6月から始まったこのツアーの利用者は既に1万人を目前にしているそうです。釜山の中区や東区、西区のあたりは昔、日本人専管居住地があったり、その後は市役所ができ、釜山で一番にぎやかな繁華街でした。それだけに興味深い話が山のようにあります。

コースは「影島橋を渡ってカンカンイを歩く」、「龍頭山に上り、釜山浦を望む」、「イバグキルを歩く」、「国際市場をのぞく」、「ヒンヨウル村に出会う」の5つで、外国人の場合は、今年までなら1人でも、希望の言語でツアーをしてくれるそうです。料金は無料。ただし、釜山観光公社への事前の予約が必要です。

日本人に人気なのは国際市場のツアー。映画「国際市場で逢いましょう」でも有名になった場所で、市場が形成されていった過程や、市場ならではの手ごろな値段での買い物を助けてくれたりと、ストーリーテラーは大人気だそうです。

私が最近行ってきたのは、「ヒンヨウル村」。実は当日決めたので、話は聞けなかったのですが、とってもきれいな影島の海岸線に続く3㎞ほどの道を歩いてきました。山の南端にある影島という島は、沖には大きな外国籍の船がたくさん碇泊し、足元の岩場まで波が打ち寄せる散策路を歩いていきます。運営センターの1階には、海を眺められるおしゃれなカフェがあり、値段も割安でした。影島は最近、対馬から初めてサツマイモを持って来て栽培が始まった所として観光開発がされていて、このサツマイモのラテを購入し、ウォーキングに出発しました。

以前から運営されているおもな観光名所で利用できる文化解説士による解説も勉強になります。梵魚寺(ポモサ)、忠烈祠(チュンヨルサ)、釜山シティツアーなど約20ヵ所の主な観光名所で専門的な解説を聞くことができます。ガイドブックにも載っていない内容を流暢な日本語で聞くことができ、知的にも満足されたい方にお勧めです。(予約問い合わせ:釜山観光公社)
紅葉の季節、釜山の街を一緒に歩いてみませんか?

木内徳子

Pocket

関連する記事はこちら

写真提供:釜山広域市

釜山ホット情報 | 年末年始は釜山で楽しく!

今年も残すところわずかですが、年末年始の連休の計画は立てられましたか? 今回は、釜山に来られる際に、役に立つ日本語のツールをご紹介します。前回ご紹介したブログ「ホットな釜山」は既にご存知かと思いますが、釜山の最新情報を毎月お届けする「ダイナミック釜山」を市では毎月発行しています。…続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

광고용_합성1

釜山ホット情報|「自然がいっぱい西釜山へ出かけよう~!」

  多大線開通で大噴水へも12分 西釜山の観光地といえば、乙淑島(ウルスクト)渡り鳥の飛来地、多大浦(タデッポ)海水浴場、洛東江(ナクトンガン)沿いの公園などが思い浮かびますが、都心からのアクセスが不便で、中でも多大浦海水浴場にある大噴水はなかなか行くことができませんで…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

정순덕-(호천마을촬영지-야경)

釜山ホット情報 | 今が旬、カニを食べに釜山へ行こう!

待ちに待った11月、釜山機張(キジャン)のカニキャンペーンが始まりました。市場でカニを食べるというのは外国人にはかなり負担になるもの。しかし、来年の3月まで、釜山駅から機張まで無料シャトルバスが運行し、かなり楽に行くことができます。キャンペーン期間中は時価に関係なく、定額で食べら…続きを読む

부산시민사진기자-김민근-19-1-11

釜山ホット情報 | 2019年、釜山の年間イベント

 ちょっぴり遅れましたが、釜山ホット情報をご愛読の皆様! 今年も釜山で皆様のお越しをお待ちしております! 新年早々釜山でもたくさんのイベントがありました。海雲台では恒例の「ホッキョクグマ水泳祭り」という寒中水泳が1月初めに行なわれ、旬の蟹を定額でいただける機張の蟹キャンペーンは3…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02