釜山ホット情報 | ロッテジャイアンツの野球を観に行こう!

2018年06月11日

あじさいの季節。釜山では6月末ごろ梅雨に入るので、それまでは過ごしやすいお天気が続きます。あじさいといえば太宗寺(テジョンサ)が有名ですが、この時期、パステルカラーのあじさいを背景に写真を撮ろうと、たくさんの人がお寺に訪れます。

そして今回のホット情報は、韓国プロ野球の伝え手として有名な室井昌也さんにラジオで釜山PRをしていただいたのですが、大手のメディアの方や人気のライターさんまでお招きしたツアーのご紹介をいたします。

 

ロッテジャイアンツのホームグランドで野球観戦

写真提供:ストライク・ゾーン

写真提供:ストライク・ゾーン

個人的には読売ジャイアンツの試合をテレビでよく観ていましたが、韓国で、しかも実際に見るのはとっても迫力がありました。飾らない釜山市民の姿、応援団と一体化した独特の応援がものすごく楽しいです。社稷(サジク)野球場は横浜球場をモデルに設計されたともいわれていて、開放感があり、緑の天然芝がきれいな球場です。中央のテーブル席や応援席は、週末の試合は一瞬にして売り切れるという人気振りですが、気楽に観たいという方には外野席もおすすめです。

球場は都市鉄道3号線の社稷駅1番出口を出て、徒歩10分、入場券は平日、週末と料金が違いますが、断然週末がお勧めです。

韓国野球やチケットの購入方法をはじめ、ツアーなどは室井昌也さんが運営されているサイトで詳しく紹介されています。ツアーもときどき組まれていらっしゃるようなので、ご関心をお持ちの方はぜひご覧ください。

http://www.strike-zone.jp/team_ticket.html

 

2泊3日の野球観戦と合わせた釜山観光

一日目、金曜午後に釜山に到着してホテルにチェックインした後は、ゆっくりと釜山グルメを味わいたいですね。韓国では、いえ、釜山でもやっぱり焼肉でしょう。骨付きカルビや味つきカルビを西面(ソミョン)や南浦洞(ナンポドン)でおなかいっぱい味わった後は、さっぱりした冷麺を。コシのある冷麺は冷たいスープでいただくのと、甘辛いソースをかけるビビン冷麺がありますが、どれもおすすめ。みそチゲや麺類が、焼肉の後は、量も少なめでリーズナブルに味わえるところが多いです。次はこの季節の夜景スポットへ移動しました。荒嶺山(ファンニョンサン)展望台、広安里ビーチのダイアモンドブリッチもきれいですが、今回は釜山タワーでプロジェクションマッピングの夏バージョンを鑑賞。タワーの展望台からは夜景だけでなく、プロジェクションルーム、トリックアートなどいろいろな見どころが増えていました。マッピングショーは午後8時半、9時半、10時半に約10分間行われます。せっかくの釜山の夜。これでホテルに帰るのはもったいないですね。西面などの繁華街では屋台も健在。釜山特有の魚肉をたっぷり使ったオムク(練り物)や海産物を肴に一杯。屋台のおばちゃんの片言の日本語での会話や、偶然となりに座った若い韓国の人と仲良くなったり、また違った釜山の魅力を感じていただけるのではないでしょうか。

二日目の土曜日は、西面(ソミョン)で韓方体験。西面はメディカルストリートといわれ、外国人も通訳つきで安心して利用できる医療施設がたくさんあります。韓国ではみんな肌がつやつやしててほくろもなく、目もきれいなどと思われませんでしたか? そんな簡単な施術ができる皮膚科や形成外科、総合病院まで揃うのがこの通りなのです。今回は日本ではなかなか接する機会のない、普段の生活に取り入れられるハンバンすなわち「韓方医院」で「四象体質」の診断をしてもらいました。体質に合った食事、健康管理が大切であることを改めて実感し、お昼は釜山名物の海鮮鍋へ向かいました。

社稷野球場の周辺には有名な飲食店がたくさん。海鮮鍋は「アンヤンヘムルタン」という一見きれいなペンションにも見えるお店へ。ここはアワビ、海老、貝、カニなど大きめの海産物をオリジナルのスープでさっと煮込んでいただき、旨みの凝縮されたスープはご飯を入れ、チャーハンにして食べます。その後は球場へ。ロッテジャイアンツの応援団長はMCまで務め、チアガールもとってもかわいい。試合の合間にはキスタイム、ライティングタイム、ダンスタイムなど、楽しい景品イベントも盛りだくさん試合がとっても盛り上がって、気分転換におすすめです。終わった後も、選手の応援歌が頭を離れないほどです。そして欠かせないのが野球場グルメ。「チメク(チキンとビール)」はもちろん、スタンドの裏には「トッポキ」、「豚足」、「パッピンス(小豆氷)」の軽食やカリカリの「チキン」と「冷たいビール」。どれもこれも欠かせないですね。

三日目は、韓国最大の水産物市場、チャガルチに寄って、甘川文化村へ。お天気にも恵まれ楽しい釜山の旅を楽しみました。

6月の釜山。海水浴場も海雲台を皮切りに7月にはすべてのビーチが海開きし、本格的な海水浴のシーズンが始まります。

Pocket

関連する記事はこちら

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。 北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

가우도

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊷ 2018年は戌年なのだ! ~ケブルと康津郡~

 例年より早く冬が来た北の大地から「セヘ福マニバドゥセヨ」。2018年は戌年なので、犬(ケ)に関する今が旬の海の幸「ケブル(ゆむし)」と、その産地で有名な全羅南道「康津(カンジン)郡」をご紹介いたします。 韓国の刺身屋で見られる薄いピンク色でソーセージのような生物が「ケブル」です…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

写真提供:釜山広域市

釜山ホット情報 | 年末年始は釜山で楽しく!

今年も残すところわずかですが、年末年始の連休の計画は立てられましたか? 今回は、釜山に来られる際に、役に立つ日本語のツールをご紹介します。前回ご紹介したブログ「ホットな釜山」は既にご存知かと思いますが、釜山の最新情報を毎月お届けする「ダイナミック釜山」を市では毎月発行しています。…続きを読む

8dc6bbc7c792bc2e0ac8bd1cc66801d2-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺  北の大地からアニョハセヨ! 前回のコラムで新羅時代の名僧「義湘(ウィサン)」が建立した海印寺(ヘインサ)をご紹介したので、今回も義湘に関する伝説が残るお寺を紹介したいと思います。  ソウル江南の高速バスターミナル(セ…続きを読む

jindo

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ

 はじめまして。韓国の珍島(チンド)に住んでいる瀧口恵子と申します。現在は珍島郡庁の観光文化課に勤務しています。役所勤務ですから日本籍では採用できないとのことで帰化しました。韓国名はヨングヘジャ(瀧口恵子)です。 韓国にきて早くも30年の歳月が流れ(!)なんで山梨出身、富士山の麓…続きを読む

바닷길사진

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。 今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02