釜山ホット情報 | ロッテジャイアンツの野球を観に行こう!

2018年06月11日

あじさいの季節。釜山では6月末ごろ梅雨に入るので、それまでは過ごしやすいお天気が続きます。あじさいといえば太宗寺(テジョンサ)が有名ですが、この時期、パステルカラーのあじさいを背景に写真を撮ろうと、たくさんの人がお寺に訪れます。

そして今回のホット情報は、韓国プロ野球の伝え手として有名な室井昌也さんにラジオで釜山PRをしていただいたのですが、大手のメディアの方や人気のライターさんまでお招きしたツアーのご紹介をいたします。

 

ロッテジャイアンツのホームグランドで野球観戦

写真提供:ストライク・ゾーン

写真提供:ストライク・ゾーン

個人的には読売ジャイアンツの試合をテレビでよく観ていましたが、韓国で、しかも実際に見るのはとっても迫力がありました。飾らない釜山市民の姿、応援団と一体化した独特の応援がものすごく楽しいです。社稷(サジク)野球場は横浜球場をモデルに設計されたともいわれていて、開放感があり、緑の天然芝がきれいな球場です。中央のテーブル席や応援席は、週末の試合は一瞬にして売り切れるという人気振りですが、気楽に観たいという方には外野席もおすすめです。

球場は都市鉄道3号線の社稷駅1番出口を出て、徒歩10分、入場券は平日、週末と料金が違いますが、断然週末がお勧めです。

韓国野球やチケットの購入方法をはじめ、ツアーなどは室井昌也さんが運営されているサイトで詳しく紹介されています。ツアーもときどき組まれていらっしゃるようなので、ご関心をお持ちの方はぜひご覧ください。

http://www.strike-zone.jp/team_ticket.html

 

2泊3日の野球観戦と合わせた釜山観光

一日目、金曜午後に釜山に到着してホテルにチェックインした後は、ゆっくりと釜山グルメを味わいたいですね。韓国では、いえ、釜山でもやっぱり焼肉でしょう。骨付きカルビや味つきカルビを西面(ソミョン)や南浦洞(ナンポドン)でおなかいっぱい味わった後は、さっぱりした冷麺を。コシのある冷麺は冷たいスープでいただくのと、甘辛いソースをかけるビビン冷麺がありますが、どれもおすすめ。みそチゲや麺類が、焼肉の後は、量も少なめでリーズナブルに味わえるところが多いです。次はこの季節の夜景スポットへ移動しました。荒嶺山(ファンニョンサン)展望台、広安里ビーチのダイアモンドブリッチもきれいですが、今回は釜山タワーでプロジェクションマッピングの夏バージョンを鑑賞。タワーの展望台からは夜景だけでなく、プロジェクションルーム、トリックアートなどいろいろな見どころが増えていました。マッピングショーは午後8時半、9時半、10時半に約10分間行われます。せっかくの釜山の夜。これでホテルに帰るのはもったいないですね。西面などの繁華街では屋台も健在。釜山特有の魚肉をたっぷり使ったオムク(練り物)や海産物を肴に一杯。屋台のおばちゃんの片言の日本語での会話や、偶然となりに座った若い韓国の人と仲良くなったり、また違った釜山の魅力を感じていただけるのではないでしょうか。

二日目の土曜日は、西面(ソミョン)で韓方体験。西面はメディカルストリートといわれ、外国人も通訳つきで安心して利用できる医療施設がたくさんあります。韓国ではみんな肌がつやつやしててほくろもなく、目もきれいなどと思われませんでしたか? そんな簡単な施術ができる皮膚科や形成外科、総合病院まで揃うのがこの通りなのです。今回は日本ではなかなか接する機会のない、普段の生活に取り入れられるハンバンすなわち「韓方医院」で「四象体質」の診断をしてもらいました。体質に合った食事、健康管理が大切であることを改めて実感し、お昼は釜山名物の海鮮鍋へ向かいました。

社稷野球場の周辺には有名な飲食店がたくさん。海鮮鍋は「アンヤンヘムルタン」という一見きれいなペンションにも見えるお店へ。ここはアワビ、海老、貝、カニなど大きめの海産物をオリジナルのスープでさっと煮込んでいただき、旨みの凝縮されたスープはご飯を入れ、チャーハンにして食べます。その後は球場へ。ロッテジャイアンツの応援団長はMCまで務め、チアガールもとってもかわいい。試合の合間にはキスタイム、ライティングタイム、ダンスタイムなど、楽しい景品イベントも盛りだくさん試合がとっても盛り上がって、気分転換におすすめです。終わった後も、選手の応援歌が頭を離れないほどです。そして欠かせないのが野球場グルメ。「チメク(チキンとビール)」はもちろん、スタンドの裏には「トッポキ」、「豚足」、「パッピンス(小豆氷)」の軽食やカリカリの「チキン」と「冷たいビール」。どれもこれも欠かせないですね。

三日目は、韓国最大の水産物市場、チャガルチに寄って、甘川文化村へ。お天気にも恵まれ楽しい釜山の旅を楽しみました。

6月の釜山。海水浴場も海雲台を皮切りに7月にはすべてのビーチが海開きし、本格的な海水浴のシーズンが始まります。

Pocket

関連する記事はこちら

八公山

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉛ 八公山~願いを一つ叶えてくれる山

 北の大地からアニョハセヨ! 韓国でのセンター試験である「修能(スヌン)が11月に迫っています。韓国の受験生のみなさん、ファイティン! さて、合格祈願といえば、日本では学問の神・菅原道真が奉られている大宰府に代表される天満宮などが思い浮かびますが、韓国では「願いを一つ叶えてくれる…続きを読む

野球灯台

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉚ 脱水アナゴと水平線~釜山

 夏の訪れを感じる北の大地からアニョハセヨ。海にでも行きたいなと思いつつ、パソコンとスマホで眼精疲労気味の私が、今回は、疲れ目回復に効果が期待できる夏のおススメ旅行地「機張(キジャン)郡・七岩(チラム)」をご紹介いたします。 釜山の中心部から地下鉄とバスを乗り継いで約2時間。釜山…続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

ムルメギタン

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉜ 釜山カルメギ…いえいえ、ムルメギです

 北の大地からアニョハセヨ!そんな北の大地では、12月から韓国LCCのエアプサンが新千歳空港と釜山金海(キメ)国際空港の間を週3回の定期便が就航させるとのことで、北海道に住む韓国ファンの注目を集めています。大学を卒業してから4年間住んでいた釜山が、これで手軽に行けるようになるのか…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

광고용_합성1

釜山ホット情報|「自然がいっぱい西釜山へ出かけよう~!」

  多大線開通で大噴水へも12分 西釜山の観光地といえば、乙淑島(ウルスクト)渡り鳥の飛来地、多大浦(タデッポ)海水浴場、洛東江(ナクトンガン)沿いの公園などが思い浮かびますが、都心からのアクセスが不便で、中でも多大浦海水浴場にある大噴水はなかなか行くことができませんで…続きを読む

松島海上散策路

釜山ホット情報| ワンアジアフェスティバル

昨年から釜山の花火大会は有料になったことで、がっかりされてる方、いらっしゃいませんか? そこで、釜山市では昨年の教訓を生かし、もっと楽しい、ダイナミックな釜山の魅力をお届けしようと、頑張っております! 実はその花火大会がある10月、今年一番力を入れているといっても過言ではない、「…続きを読む

2017BusanOneAsiaFestival

釜山ホット情報|「祭りの秋」がやってきた!

釜山もようやく過ごしやすくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 今回は「祭りの秋」、9月10月の釜山のイベント情報をお伝えします。 大規模なセール「釜山グランドセール」 さて、9月1日から30日まで、釜山市内各所で「釜山観光グランドセール」が開催されます。グランド…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02