釜山ホット情報 | 年末年始は釜山で楽しく!

2017年12月11日
写真提供:釜山広域市

写真提供:釜山広域市

今年も残すところわずかですが、年末年始の連休の計画は立てられましたか? 今回は、釜山に来られる際に、役に立つ日本語のツールをご紹介します。前回ご紹介したブログ「ホットな釜山」は既にご存知かと思いますが、釜山の最新情報を毎月お届けする「ダイナミック釜山」を市では毎月発行しています。これは一般的なガイドブックとは違い、リピーターの方にとっても役に立つ詳細な最新情報が満載されています。たとえば、10月末に朝鮮通信使の韓日の記録物がユネスコの記憶遺産として登録されたというトップニュース、トピックス、今の釜山の風景、地元釜山っ子がよく行く美味しいお店や観光情報など、日本の観光客の皆様に役に立つ情報を紹介しています。

特に今回で14回目になる「釜山の思い出を俳句にしよう」のコーナーでは、「サムゲタン」、「松島」などのキーワードが入った、読者の方々が応募した俳句も掲載されます。何よりもこの新聞は日本人並みに日本語を操るスタッフの取材、そして翻訳で、とっても読みやすいのが人気のようです。海外郵送はもちろん、メールでの配信も無料でしていますのでご利用ください。

そしてご存知、「釜山観光」と検索すると、釜山観光公社のホームページやフェイスブックもありますね。最近人気を集めるのが機張(キジャン)のカニキャンペーン。釜山駅前や海雲台(ヘウンデ)のアクアリウムのリムジンバス乗り場から機張市場まで無料のシャトルバスが出ていて、値段も変動の激しい旬のカニを定額でカニ味噌ご飯や味噌チゲなどと一緒に食べられることから大人気だそうです。

釜山を彩るイルミネーション

 

釜山で年末年始を過ごそうとお考えの方におすすめなのが、市内各地で飾り付けられたイルミネーション。都市鉄道南浦(ナンポ)駅や海雲台(ヘウンデ)駅、西面(ソミョン)などの大通りが大きなツリーが飾られ、クリスマスの雰囲気を盛り上げる各種イベントが行なわれています。まず、南浦駅を降りてすぐの光復路(クァンボンノ)では、「クリスマスツリー文化祭り」が2018年の1月7日まで行なわれ、毎日のようにシティスポットの特設舞台で催し物があります。そして今年、海雲台駅と海雲台海水浴場をつなぐ亀南(クナム)路の中央に公園ができ、「海雲台ラッコ光祭り」が翌年の2月18日まで行なわれます。30m続く光のアーチや大型ツリー、ハートのトンネルなどのフォトゾーンのうち3ヵ所で写真を撮って、海雲台の顧客センターに提示すると先着でタンブラーがもらえるそうです。他にも今年話題を集めた松島(ソンド)海水浴場でも「松島ツリー文化祭り」が来年の2月18日まで、「2017朝紡(チョバン)LOVE・U光祭り」が東区で行なわれています。

 

釜山フォトウェディング

 

東京在住の知人の話では、釜山のウェディングスタジオへの関心が高まっているそうです。それもそのはず、韓国で結婚式を挙げるとなると決まって二人のウェディング写真をプロフィールなどに上げているのですが、その完成度が見事なもので、釜山ならではの海や風景、サービスもあって日本人のお客様が急増しているとか。その撮影風景を見てみると、なんと日本語のできるスタッフが素敵なセットの前に並ぶ二人を、自然な笑顔で、しかも映画の一シーンのような写真が撮れるように優しくアドバイスしてくれるのです。メイクや衣装も専門のスタッフがついてその完成度といったらうらやましいくらいです。ネットで「釜山フォトウェディング」と検索してみてください。もちろん、新婚の方にこだわらず、今でも思い出の一枚をという方にもおすすめです。

 

Zii-Korea

Zii-Korea

 

年末年始のイベント

 

大晦日を釜山でとお考えの方には、龍頭山(ヨンドゥサン)公園の「年越しイベント」、海雲台海水浴場の「初日の出祭り」をおすすめします。12月31日は23時から行なう龍頭山公園の市民の鐘を突く、「打鐘式」をはじめ、願いを込めた風船を飛ばしたりといろいろなイベントがあり、元旦の朝には午前6時20分から海雲台海水浴場で多彩な祝賀イベントが開かれます。

そして、冬を代表するイベント「ホッキョクグマ水泳祭り」が2018年1月6日と7日の2日間、海雲台海水浴場で行なわれます。これは氷に覆われた北極の海を悠々と泳ぐホッキョクグマのように、真冬の海を泳いで健康に過ごそうというもの。お申し込みは12月27日までで、事務局(051-900-9033)またはhttp://bear.busan.com/ko/apply.phpで申し込むことができます。参加費は2万ウォン。参加者には記念Tシャツや大型タオル、水泳キャップが指定の場所に送られ、当日は海雲台の温泉を利用できるチケットも配布されます。

いかがですか? 話題豊富な釜山へ、ぜひお越しください。

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島に屠殺場があった頃

私の今のキャッチフレーズは「珍島の恵子さん」ですが、私は最初から珍島に土着したわけではありません。私たち夫婦はソウルの隣りにある京畿道(キョンギド)の九里市(クリシ)で新婚生活をスタートしました。会社の警備員をしていた主人は、珍島生まれの珍島育ち。知人のいない都会の生活が肌になじ…続きを読む

다슬기탕

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊺ アツい夏が来る前に…タスルギと任實郡

 例年より少し早めに春がやってきた北の大地よりアニョハセヨ! やっと春が来た北海道ですが、韓国はすでに初夏の陽気だそうです。アツくなれば冷たいビールにヤンニョムチキンが欲しくなってきます。大邱の「チメク・フェスティバル」にも一度は行ってみたいところですが、その辺のお話は大邱の専門…続きを読む

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。 北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太…続きを読む

조선통신사행렬1

釜山ホット情報| 初夏のお祭り

  ゴールデンウィーク歓迎イベント   待ちに待ったゴールデンウィーク。韓国では中国からの団体旅行客は残念ながら減ってしまいましたが、台湾やマレーシア、そして日本からのお客様が増え、全体的には増加傾向にあるそうです。これは何があっても釜山に来てくださる皆様のお…続きを読む

テハ(コウライエビ)

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉟ ボールパークとシーフード~仁川・蘇來浦口~

 プロ野球日本一の余韻冷めやらぬ北の大地より、アニョハセヨ! 多くの感動をくれた我らが日本ハムファイターズで2003年から5年間監督を務め、2006年には日本一に導いてくれたトレイ・ヒルマンが、来季から韓国のSKワイバーンズの監督に就任することになりました。来シーズン開幕したら、…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02