釜山ホット情報 | 砂像の「ミュージシャン」に出会う、初夏の釜山へ

2019年04月19日

ゴールデンウィーク後に旅の計画を立てるなら、5月中旬から6月にかけてイベントが相次ぐ釜山がお薦め。中でも一押しは、海雲台海水浴場の「砂祭り」!今回は初夏の釜山の見どころをお伝えします。

■海雲台砂祭り 5/24~27

毎年恒例の「海雲台砂祭り」が5月24~27日、「Music、砂と出会う」をテーマに、海雲台海水浴場と、都市鉄道2号線海雲台駅と海水浴場を結ぶ道路「海雲台広場」であります。韓国内の作家をはじめ、日本の茶圓勝彦さんなど、海外からも有名彫刻家8人が参加し、メインのオズの魔法使いをコンセプトにした大規模な作品やビートルズ、チョウ・ヨンピル、マイケル・ジャクソンなどの音楽をテーマにした作品などを砂像で表現します。展示は6月9日までの予定。

2018-05-김민근-해운대모래축제-(9)

 

メイン舞台のある海雲台海水浴場では24日19:00から前夜祭、25日18:30からは開幕式があり、ミニコンサート、海上マルチ花火ショーなどが行われ、連日いろいろなイベントが企画されています。海雲台広場ではダンスや音楽をテーマにしたパレード(25日15:00から)をはじめ、水鉄砲イベント、フリーマーケット、音楽やマジックなどの路上公演も行われます。砂浜では、有名砂作家とともにする砂彫刻教室や砂山をそりで滑り降りる「サンドボード」、砂の中から景品を探し出す「砂の中の宝物探し」など、体験プログラムも充実しています。

日没後も砂像がライトアップされ、幻想的な雰囲気を演出します。海水浴場入口の舞台では19日の開幕式を皮切りに、砂山をスクリーンにしたアニメーション上映(24~27日19時)など、夜間も楽しめる催しを企画しています。

 

■釜山燃灯祭り 5/1~12

三光寺燃灯祭り4/28~5/22

旧暦4月8日の釈迦生誕日(今年は5月12日)を祝うため、釜山各地の寺は5月に入ると境内に色とりどりの燃灯(提灯)を灯し、仏教行事を行います。

釜山鎮区の「釜山市民公園」と「宋象賢広場」では、1~12日に「2019釜山燃灯祭り」が行われ、宋象賢広場では1日の点灯式を皮切りに、大型張り子の展示や伝統公演など、12日まで様々な催しが行われます。市民公園では4日、信者と市民が提灯を手に練り歩く燃灯行列がある。コースは市民公園を出発し、大規模な伝統市場「釜田市場」や繁華街の西面を経て市民公園に戻る4.5km。

釜山燃灯祭りの期間が終わっても、各地の燃灯は22日まで灯され、中でも西面近くの三光寺は約5万個もの燃灯を灯すことで有名。境内が色とりどりの提灯で照らされる光景は壮観で、米国CNNが選定する「韓国で訪れるべき50の場所」に選ばれたこともあります。ほかに機張郡の海東龍宮寺や金井区の梵魚寺などでも燃灯が灯されるので、足を延ばしてみてはいかがでしょう。

 

■センタムビール祭り 5/31~6/16

入場料とおつまみの代金さえ払えばビールが飲み放題の「センタムビール祭り」は5月31日~6月16日の午後5~10時、海雲台区の新世界百貨店センタムシティ店裏の放送局KNNビル前の「KNNタワー広場」で開かれます。入場料は12,000ウォン。ビールを飲みながら公演が楽しめます。

初夏の釜山でお待ちしています。

Pocket

関連する記事はこちら

20180301_181243

釜山ホット情報 | 青沙浦で楽しい街歩き

昨年オープンした「青沙浦(チョンサッポ)タリットル展望台をご存知でしょうか? 釜山では最近旧都心を中心に盛んに街歩きのストーリーツアーが行われています。今回は春の便りを探しに話題の「青沙浦」をウォーキングしてきました。 街歩きが楽しい釜山 他の地域には見られない釜山の特徴といえば…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

nothumbnail

釜山ホット情報|冬休みも退屈させない!釜山のホットスポット

冬の寒さもへっちゃら!北極熊水泳祭り 今年の冬は、ニュースで雪不足が伝えられるなど、冬らしくない日が釜山でも続いています。年末年始は、新しい年もいい年になるようにと市内各所で除夜の鐘、ご来光を拝む初日の出祭りが開かれました。皆さまも、今年も良い年をお迎えください。 さて、今回ご紹…続きを読む

takano_winetonnel

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊽ ウェルカム清道~ワイントンネルとカムワイン

各地から初雪の便りが届いた北の大地よりアニョハセヨ! 札幌のテレビ塔近くの北海道産ワインを楽しめるワインカフェでグラスを傾けていると、ふと、友人に連れていってもらった慶尚北道・清道(チョンド)郡の特産「柿(カム)」で醸されたワインを熟成させるワイントンネルが思い出されたので、今回…続きを読む

가우도

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊷ 2018年は戌年なのだ! ~ケブルと康津郡~

 例年より早く冬が来た北の大地から「セヘ福マニバドゥセヨ」。2018年は戌年なので、犬(ケ)に関する今が旬の海の幸「ケブル(ゆむし)」と、その産地で有名な全羅南道「康津(カンジン)郡」をご紹介いたします。 韓国の刺身屋で見られる薄いピンク色でソーセージのような生物が「ケブル」です…続きを読む

荒嶺山展望台

釜山ホット情報| 出かけませんか? 春の釜山を満喫

待ちに待った春がやってきました! 残業続きの毎日でしたが、久々に街に出ると、いつの間にか梅の花が咲きだし、釜山でも春の気配が感じられるようになりました。今回は春定番の名所と穴場をご紹介します。   夜景の名所? 荒嶺山展望台カフェ 釜山に住みながら、「これほど釜山の街が…続きを読む

jindo1806

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島の倭徳山

日本には鳴戸海峡がありますね。潮流が音を鳴らすほど激しい海峡なので「鳴戸」と呼ばれていますが、珍島大橋の下を流れる海峡も「鳴梁(ミョンナン)」といい、広い海から一気に狭い海峡に潮流が流れ込み、以前は潮の流れが代わるたび珍島の中心地まで地響きがするほどだったそうです。 今から420…続きを読む

秋の雪岳山

カンドウ! カンウォンドウ!〈江原道〉 ① 雪岳山の紅葉

韓国旅行といえば、首都のソウルや釜山の都市に行かれた方は多くおられると思いますが、韓国の地方に行かれたことはありますか? 地方にも行ってみたいけど、交通手段、言葉の問題もあって、個人ではなかなか行けないという方も多いのではないでしょうか。 私もその一人でした。ソウルに行くだけでも…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02