釜山ホット情報 | 青沙浦で楽しい街歩き

2018年03月23日

20180301_181243

昨年オープンした「青沙浦(チョンサッポ)タリットル展望台をご存知でしょうか? 釜山では最近旧都心を中心に盛んに街歩きのストーリーツアーが行われています。今回は春の便りを探しに話題の「青沙浦」をウォーキングしてきました。

街歩きが楽しい釜山

他の地域には見られない釜山の特徴といえば何でしょうか? 釜山はもともと平地が少なかったにもかかわらず、韓国戦争などで釜山に避難してきた人が多く住むようになり、山の斜面にもぎっしりと家が並んでいることではないでしょうか。1950年代の暮らしが連想される、ストーリーに満ちたところがたくさんあるのです。釜山の主な観光名所に行くと、専門的な解説をしてくれる「文化解説士」がいますが、それに加えて、地域のシニアボランティアの方が街歩きのサポートをしてくれる「イバグハルメ・イバグハルベ」のストーリーツアーもとても人気があります。残念ながら日本語での解説はまだまだ少ないようですが、韓国語が少しでもお分かりになる方は充実した釜山の街歩きが楽しめると思います。こちらのストーリーツアーは無料で行われていて、事前に釜山観光公社に予約をしておくと、10人以上になった場合利用が可能です。イバグハルメ・イバグハルベ旧都心ストーリーツアー予約 : 釜山観光公(http://bto.or.kr/jp/06_visitor/z01.php

 

青沙浦タリットル展望台

さて、その街歩きでも注目を浴びているのが、海沿いを歩くコース「松亭(ソンジョン)海水浴場~青沙浦コース」。時間は約2時間で、今は廃線となった東海南部線の海沿いの線路を歩く素敵なウォーキングコースです。

行き方は、釜山の市内からの場合は東海線の松亭駅や、市内バスを利用して行かれることをお勧めします。都市鉄道海雲台駅から市内バス100番を利用し、松亭海水浴場のバス停で降りると、そこはもう海のすぐ近く。松亭はサーフィンでも有名で、全国からサーファーが集まってきます。最近、松亭マリンセンターができたこともあり、たくさんのサーファーが利用しています。

キラキラ光る海を左手に眺めながら近くにある旧東海南部線に沿って歩いていきます。線路沿いにはバーベキューやカフェなどの素敵なお店も並んでいます。

 

20180301_170640

 

そして、ビーチから30分ほど線路沿いに歩くと、左手に「青沙浦タリットル展望台」が見えてきます。この地に伝わる昔話をテーマにした展望台は、絶壁から約70m海に突出しています。強化ガラスの下は白く波打つ海が見え、思わず足がすくんでしまいそうですが、あまりの景色の美しさにその怖さも忘れてしまいます。

「タリットル」という名前がついたのは近くの灯台まで5つの岩が「タリットル」つまり飛び石のように並んでいるからといいます。

そして、さらに海雲台方向に歩いていくと青沙浦の小さな港に到着します。踏み切り付近の村では、わかめを干すなど、昔から海と共に生計を立ててきたと見られる光景があちこちで見られます。その一つ、「望夫松」という樹齢300年の松が村にあるのですが、これは漁に出て帰ってこない夫を、妻は食事もせずに待ちわびて松を植えたものといわれています。その妻を不憫に思った龍王が、青い蛇を使いに出して夫と再会させたと伝わり「青蛇浦」。後に「青沙浦」となりました。

青沙浦は貝焼きがおいしいことでも知られています。ちょうどこの日、青沙浦の村に着いたのが夕暮れ時とあり、近くの白い灯台とその背後に沈む夕日がとてもきれいでした。ここからはマウルバスという中型の市内バスが出ていて、海雲台駅で地下鉄に乗り換えることができます。海雲台区では今後、毎週土曜日にこうしたコースを解説者つきのウォーキングコースとして開発し、観光客を誘致していくそうです。

 

釜山でお花見はいかが?

釜山での桜の開花は3月28日という予報が発表され、4月1日、7日を前後して市内各所で桜をテーマにしたお祭りが開催されます。江西(カンソ)洛東江辺30里桜祭り(3/30~4/1)、三楽桜祭り、ユンサン桜祭り(4/1)、タルマジ青沙浦ウォーキングイベント(4/7)などあちこちで桜のトンネルを歩いたりフォトゾーンが設けられたりと多彩なイベントが行われ、桜の花びらが散り始めるころになると、軽電鉄江西駅すぐ近くの大渚(テジョ)生態公園では広大な黄色い絨毯、菜の花をテーマにしたお祭り(4/14~22)が開催されます。

 

春においしい釜山グルメ

春にぜひともお試しいただきたい釜山グルメがあります。4月19日から22日まで行われる機張(キジャン)ミョルチ祭りがおすすめです。機張、中でも大辺(テビョン)はカタクチイワシがたくさん獲れることで有名で、この時期はとれたてのカタクチイワシをセリなどの野菜と混ぜて、甘辛いソースをかけて食べる「ミョルチフェ」が食べられます。イワシは腐りやすいので、この地域、この時期だけ味わえる料理として人気です。春の便りを探しに、釜山へお越しください。

 

18-03-01-16-00-23-229_photo

Pocket

関連する記事はこちら

ムルタッカルビ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉙ 「水」のまち~太白市

 雪も解け、白樺の木肌の白さが目立ち始めた北の大地からアニョハセヨ。韓国ではあまり見ない白樺の木ですが、江原道には多く自生しています。今回はそんな江原道の太白(テベク)市と郷土料理「タッカルビ」をご紹介いたします。 太白市は東ソウルバスターミナルから約3時間半、6時から23時まで…続きを読む

e448fa47c19736b8c60d83a859857fe6-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」26 韓国のカニ料理

韓国のカニ料理    北の大地からアニョハセヨ! 秋が深まると食べたくなるのが鍋ですが、今回は秋から12月ぐらいまでが旬で、おいしい出汁が取れ、実もカニミソもおいしい「コッケ」(ワタリガニ)とその特産地をご紹介します。  日本人観光客にも人気の韓国料理「カンジャンケジャン(写真・…続きを読む

統営ケーブルカー

見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

  見どころいっぱい、美食いっぱい、 そして多くの文学者・匠を輩出した街 慶尚南道・統営   統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の…続きを読む

珍島犬

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島犬紀行

 皆さん、こんにちは。珍島の瀧口です。今回は珍島犬を紹介します。 現在、珍島の人口は3万3千人。では珍島犬は何頭いるでしょうか? 珍島犬を管理している珍島犬テーマパークに問い合わせてみると、なんと1万1千頭いるそうです。ざっと各家庭で1頭ずつ飼育している計算になりますね。 檻に飼…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

ullundo

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊵ 美味しい島~鬱陵島

 秋空の北の大地からアニョハセヨ! オレンマニエヨ! 「天高馬肥(チョンゴマビ)」の言葉の通り、秋は美味しいものの枚挙に暇がありません。 韓国の秋を楽しむなら鬱陵(ウルルン)島はいかがでしょうか。この私、2005年3月に4年間の韓国生活を終える前、釜山に101年ぶりに積雪量30㎝…続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

nothumbnail

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島に屠殺場があった頃

私の今のキャッチフレーズは「珍島の恵子さん」ですが、私は最初から珍島に土着したわけではありません。私たち夫婦はソウルの隣りにある京畿道(キョンギド)の九里市(クリシ)で新婚生活をスタートしました。会社の警備員をしていた主人は、珍島生まれの珍島育ち。知人のいない都会の生活が肌になじ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02