釜山ホット情報 | 2019年、釜山の年間イベント

2019年02月25日

부산시민사진기자-김민근-19-1-11 ちょっぴり遅れましたが、釜山ホット情報をご愛読の皆様! 今年も釜山で皆様のお越しをお待ちしております!

新年早々釜山でもたくさんのイベントがありました。海雲台では恒例の「ホッキョクグマ水泳祭り」という寒中水泳が1月初めに行なわれ、旬の蟹を定額でいただける機張の蟹キャンペーンは3月まで、2月19日には旧正月最初の満月に願い事をする「テボルム祭り」があるなど、真冬もあちこちでたくさんのお祭りが釜山では行われています。

さて、まずは今年の主なイベントスケジュールをご紹介しましょう。2月/海雲台タルマジ(月見)温泉祭り(17~19日)、3月/三楽サクラ祭り(31日)、4月/大渚トマト祭り(6~7日)、洛東江菜の花祭り(6~14日)、機張カタクチイワシ祭り(25~28日)、甘川文化村路地祭り(26~28日)、広安里漁坊祭り(26~28日)、5月/朝鮮通信使祭り(3~5日)、海雲台砂祭り(24~27日)、旧都心路地祭り(25~26日)、釜山港祭り(25~26日)、6月/影島太宗寺アジサイ祭り(29日~7月7日)、8月/釜山海祭り(2~6日)、国際ロックフェスティバル(9~11日)、10月/チャガルチ祭り(10~13日)、チャイナタウン祭り(18~20日)、サバ祭り(18~20日)、五六島平和祭り(18~20日)、宝水本屋通り路地祭り(19~21日)、ワンアジアフェスティバル(19~25日)、10月はまだ正確には出ていませんが、国際映画祭、影島橋祭り、釜山海(パダ)マラソンもあります。今まで10月最終土曜日にしていた花火大会は、11月2日開催、11月末から1月までは光復路や海雲台、多大浦の大噴水などで大規模なイルミネーションが街を賑やかに彩ります。

「サムマイウェイ」釜山ロケ地のその後

ところで、ブログ「ホットな釜山」を運営しながら、最近、釜山で撮影されたドラマ「サムマイウェイ」のロケ地めぐりのページが特に関心を集めているようです。昨年釜山市でも町の再生事業を目的に再照明されたのが虎川村(ホチョンマウル)なのですが、1月22日、ついにプラットフォームがオープンしました。

ドラマの中でも主人公のパク・ソジュンさんが友人たちと青春を語り合った「ナミルバー」が話題になりましたが、誰が見ても夜景がきれいで、一度は行ってみたくなる所ではないでしょうか。日本の白い系統の街灯とは違い、オレンジがかった韓国の独特の街灯は、ドラマが終了した今もたくさんのファンが訪れています。

しかし実際の「ナミルバー」は、民家の屋上ともあり、行きにくいもの。その「ナミルバー」のセットをそのまま移したのが「虎川プラットホーム」なのです。今では分かりやすいように日本語でも案内地図ができ、近くの名所も紹介しています。安昌(アンチャン)村入口の敬老堂から谷川に下りていく長い階段、またはバス通りをそのまま登って行っても180階段がありますが、ずっと下っていくと、その昔、民家がなかった時代には本当に虎が出たのかなとも思わせるような風景も残っています。プラットフォームには今後ドラマ撮影を記念したマグカップやエコバッグなど、オリジナルグッズを限定で販売する予定でもあり、訪ねてみる楽しみができました。
釜山にもゆるキャラ登場!
実は公式マスコットではありませんが、私がお気に入りの釜山らしいマスコットをご紹介しましょう。釜山といえばチャガルチなどの港を思い浮かべる方も多いかと思います。そして釜山市には市魚というものがあるのですが、実はサバ! 釜山のマスコットはそのサバをモチーフにした「コドゥンオ」君なのです。この「コドゥンオ」君は二本の足があります。海から脱出して陸を自由自在に冒険する、そんなストーリーもユーチューブで紹介されています(https://tv.naver.com/ggodeungo)。

こんな釜山のイメージを商品化したオリジナルグッズはどこで手に入るのでしょう? 地域アーティストのアイデアと才能が生かされた釜山ならではのグッズは、センタムシティの「映画の殿堂」や甘川文化村の記念品ショップ、南浦クリエイティブショップ、釜山タワーの展望台などで販売されています。生臭そうだけれど憎めない「コンドゥンオ」君、見つけたらぜひ思い出してください。

今年も話題豊富な釜山へ。皆様のお越しをお待ちしています!

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

takano_winetonnel

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊽ ウェルカム清道~ワイントンネルとカムワイン

各地から初雪の便りが届いた北の大地よりアニョハセヨ! 札幌のテレビ塔近くの北海道産ワインを楽しめるワインカフェでグラスを傾けていると、ふと、友人に連れていってもらった慶尚北道・清道(チョンド)郡の特産「柿(カム)」で醸されたワインを熟成させるワイントンネルが思い出されたので、今回…続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

秋の雪岳山

カンドウ! カンウォンドウ!〈江原道〉 ① 雪岳山の紅葉

韓国旅行といえば、首都のソウルや釜山の都市に行かれた方は多くおられると思いますが、韓国の地方に行かれたことはありますか? 地方にも行ってみたいけど、交通手段、言葉の問題もあって、個人ではなかなか行けないという方も多いのではないでしょうか。 私もその一人でした。ソウルに行くだけでも…続きを読む

바닷길사진

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。 今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明…続きを読む

パクテ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊹ 〇月のクリスマス~群山市~

春の足音が聞こえ始めた北の大地よりアニョハセヨ! たくさんの感動をくれた平昌オリンピックも終わりましたねー(そだねー)。特に女子カーリングは日本チーム、韓国チームも大活躍して、盛り上がりました。日頃の並々ならぬ努力への贈り物として、それぞれ銅メダル、銀メダルをもらうことができたん…続きを読む

다슬기탕

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊺ アツい夏が来る前に…タスルギと任實郡

 例年より少し早めに春がやってきた北の大地よりアニョハセヨ! やっと春が来た北海道ですが、韓国はすでに初夏の陽気だそうです。アツくなれば冷たいビールにヤンニョムチキンが欲しくなってきます。大邱の「チメク・フェスティバル」にも一度は行ってみたいところですが、その辺のお話は大邱の専門…続きを読む

8dc6bbc7c792bc2e0ac8bd1cc66801d2-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉕ 榮州・浮石寺  北の大地からアニョハセヨ! 前回のコラムで新羅時代の名僧「義湘(ウィサン)」が建立した海印寺(ヘインサ)をご紹介したので、今回も義湘に関する伝説が残るお寺を紹介したいと思います。  ソウル江南の高速バスターミナル(セ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02