韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉜ 釜山カルメギ…いえいえ、ムルメギです

2015年12月03日

ムルメギタン 北の大地からアニョハセヨ!そんな北の大地では、12月から韓国LCCのエアプサンが新千歳空港と釜山金海(キメ)国際空港の間を週3回の定期便が就航させるとのことで、北海道に住む韓国ファンの注目を集めています。大学を卒業してから4年間住んでいた釜山が、これで手軽に行けるようになるのかなぁと思うと、ワクワクして釜山市民なら誰もが知っている歌「釜山カルメギ」を口ずさみたくなります―釜~山~カールメギ、釜~山~カールメギ、お前はもう私を忘れたのか―♪

でも今日ご紹介する冬の味覚は、釜山の鳥であり、この歌のタイトルにもある「カルメギ(=カモメ)」ではなく、音がよく似た「ムルメギ」なんです。

ムルメギは全長25センチ前後の魚で、普段は水深50~80メートルぐらいに生息していて、産卵期の冬になると海の浅い所に上がってくるのですが、この時期が一番美味しいそうです。

日本では「ビクニン」と呼ばれるカサゴの仲間で、出家した女性を意味する「比丘尼(びくに)」がその名の語源になったように、ツルっとした丸い頭部が特徴的です。

そんなムルメギは、白身で柔らかく淡白なので、韓国ではぶつ切りにして大根や青ネギ、玉ネギ、ニンニクなどと一緒に「ムルメギ湯(タン)」という鍋料理にして食べられています。塩と醤油で味を整え、身が非常に柔らかく煮崩れしやすいので、強火でガンガン煮ないのがポイントだそうです。

そんなムルメギ湯は、ご飯のおかずとしてはもちろん、酒の肴にもピッタリなので、食べたらきっと美味しさで歌いだすに違いありません―

「釜~山~ムールメギ、釜~山~ムールメギ、お前はもう私を忘れたのか―♪」

歌の中では、お前は私を忘れますが、みなさんは冬に美味しい「ムルメギ」の名を忘れずに。そして「カルメギ」が描かれた飛行機に乗って、釜山で「ムルメギ」の鍋を食べ、寒い冬を乗り切ってください。

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島に屠殺場があった頃

私の今のキャッチフレーズは「珍島の恵子さん」ですが、私は最初から珍島に土着したわけではありません。私たち夫婦はソウルの隣りにある京畿道(キョンギド)の九里市(クリシ)で新婚生活をスタートしました。会社の警備員をしていた主人は、珍島生まれの珍島育ち。知人のいない都会の生活が肌になじ…続きを読む

サムソンパン屋の麻薬パン

Yuckyのうまうま大邱! ② 大邱の麻薬パン

 大邱のうまうま、今回は大邱で爆発的な人気のパンをご紹介したいと思います。 韓国には三大ベーカリーと呼ばれるパン屋さんがあります。群山の「李盛堂」、大田の「聖心堂」、そして3番手といわれているのが、安東の「マンモスベーカリー」と大邱の「サムソンパン屋」です。 サムソンパン屋の創業…続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

조선통신사행렬1

釜山ホット情報| 初夏のお祭り

  ゴールデンウィーク歓迎イベント   待ちに待ったゴールデンウィーク。韓国では中国からの団体旅行客は残念ながら減ってしまいましたが、台湾やマレーシア、そして日本からのお客様が増え、全体的には増加傾向にあるそうです。これは何があっても釜山に来てくださる皆様のお…続きを読む

1741199_image2_1

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島アリラン

アリランは韓半島に伝わる民謡です。韓国はもちろん北朝鮮や中国、そしてサハリンまで、韓国民族の住むところには必ずアリランが歌われています。 ではどうしてこんなにも多くのアリランが各地に伝わっているのでしょうか? そしてアリランの語源はなんでしょうか? 珍島アリラン保存会の資料による…続きを読む

統営ケーブルカー

見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

  見どころいっぱい、美食いっぱい、 そして多くの文学者・匠を輩出した街 慶尚南道・統営   統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の…続きを読む

チュクミ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉘ 春はチュクミで花見酒~保寧市

北の大地からアニョハセヨ! 韓国の3月は学校の入学式があり、春の気配も日を追う毎に感じられる時期です。私が住む北海道はまだ寒いですが、ここにも春の気配が早く来ることを願って、春を呼ぶタコ「チュクミ(=イイダコ)」をご紹介いたします。ちなみに、踊り食い(サンナクチ)で知られる「ナク…続きを読む

e448fa47c19736b8c60d83a859857fe6-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」26 韓国のカニ料理

韓国のカニ料理    北の大地からアニョハセヨ! 秋が深まると食べたくなるのが鍋ですが、今回は秋から12月ぐらいまでが旬で、おいしい出汁が取れ、実もカニミソもおいしい「コッケ」(ワタリガニ)とその特産地をご紹介します。  日本人観光客にも人気の韓国料理「カンジャンケジャン(写真・…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02