韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉝ 慶南のテグ

2015年12月03日

テグタン 北の大地からアニョハセヨ! 今年も12月に通訳の仕事でテグ(大邱)に行くことになりました。はい、テグは慶尚北道の中にあります。でも、なぜタイトルが「慶南」なのかって? 今回は、テグはテグでも慶尚南道・鎮海(チネ)湾で水揚げされる冬に美味しい「テグ(大口:タラ)」をご紹介いたします。

「雪を見たタラ、雨を見たニシン」という韓国の諺のとおり、雪が降る冬はタラがよく取れ、12月から2月に産卵期を迎える冬が旬です。淡白な白身はもちろん、たらこ(韓:アル、コニ)、白子(韓:イリ)も鍋に欠かせない食材です。そこで釜山から、タラの水揚げ量が韓国全体の3割を越える巨済(コジェ)市の外浦(ウェポ)港へ行ってみましょう。

釜山地下鉄1号線の下端(ハダン)駅から2000番の急行バスに乗り、洛東江、渡り鳥渡来地の乙淑(ウルスク)島、加徳(カドク)島を通り、2010年に開通した巨加(コガ)大橋を越え、巨済島の外浦停留所まで概ね1時間半で到着します。バスの座席に座りっぱなしだったでしょうから、お目当てのタラをいただく前に、ちょっと港の方を散策してみましょう。防波堤にずらっと並べられた棒鱈は、外浦港の冬の風物詩だそうです。吊るされたタラを眺めていると、タラの語源となった「大口(テグ)」、「大頭魚(テドゥオ)」がピッタリ当てはまっていると妙に納得してしまいます。

これだけタラが取れる理由の一つに、巨済市が1981年から行っているタラの人口受精卵放流事業があります。自然の恵みと市役所職員や漁業関係者の皆様の努力に感謝しつつ、では、いただきます! 防波堤の近くには刺身屋や魚介類を提供するお店がずらりと並んでいますので、気に入ったお店に入ってみてください。大口湯(テグタン:タラ汁)で有名ですが、4人以上の旅ならばテグフェ(タラの刺身)もいかがでしょうか。刺身は時価になるそうですが、他の地域ではなかなか食べられない一品です。

北海道ではタラの白子を「タチ」といいます。この冬は他の誘惑をタチ(断ち)、気の合う友タチ(達)と、日本をタチ(発ち)、巨済の外浦でタチイリ(入り)のテグタンで、あったかいんだから~。

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

DSC_9341

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊳ 木浦は港だ

春らしくなった北の大地より、アニョハセヨ! 5月といえば韓国では「季節の女王」といいますが、木浦が生んだ歌謡界の女王といえば「李蘭影(イ・ナニョン/1916~1965)」です。ということで今回は全羅南道(チョルラナムド)の南西端に位置する木浦(モッポ)市を紹介します。 「榮山江(…続きを読む

ananti_cove2

釜山ホット情報|秋から年末にかけての釜山お勧めスポット

たくさんのお祭りやイベントが行なわれた10月。恒例の国際映画祭や花火大会をはじめ、チャガルチ祭り、温泉祭りといった釜山独特の地域祭りもたくさん開かれ、今年は特に秋の旅行週間と題して、それぞれの観光地や夜景、お祭りをシャトルバスで巡るというプログラムも人気を集め、たくさんの方に釜山…続きを読む

寧越

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊸ 朝鮮半島のカタチ~寧越郡~

 平昌オリンピック・パラリンピックに日本代表選手を多く輩出している北の大地からアニョハセヨ! このコラムがお手元に届く頃には、朝鮮半島はオリンピックで盛り上がっていることでしょうね。 さて、山河に錦を施したように美しいという意味の「錦繍江山(クムスガンサン)」という言葉で説明され…続きを読む

サムソンパン屋の麻薬パン

Yuckyのうまうま大邱! ② 大邱の麻薬パン

 大邱のうまうま、今回は大邱で爆発的な人気のパンをご紹介したいと思います。 韓国には三大ベーカリーと呼ばれるパン屋さんがあります。群山の「李盛堂」、大田の「聖心堂」、そして3番手といわれているのが、安東の「マンモスベーカリー」と大邱の「サムソンパン屋」です。 サムソンパン屋の創業…続きを読む

jindo

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ

 はじめまして。韓国の珍島(チンド)に住んでいる瀧口恵子と申します。現在は珍島郡庁の観光文化課に勤務しています。役所勤務ですから日本籍では採用できないとのことで帰化しました。韓国名はヨングヘジャ(瀧口恵子)です。 韓国にきて早くも30年の歳月が流れ(!)なんで山梨出身、富士山の麓…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

바닷길사진

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。 今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02