韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊱ 2つの宝 ~全南・筏橋~㊲ しじみの名産地は「東」にあり~洛東江と河東~

2017年03月09日

チェチョプクク

 

春の足音が近づいたり遠ざかったりの北の大地より、アニョハセヨ! 先日、北海道北部の天塩(てしお)町に行き、評判高いしじみラーメンを食べてきました。

しじみは韓国語で「チェチョプ」といい、韓国での産地として、38度線以南で最長の河川である洛東江(ナクトンガン)と、慶尚道と全羅道の間を流れる蟾津江(ソムジンガン)の河口に位置する「河東(ハドン)」が知られています。

洛東江は河口堰が1987年に建設されてから、川の水と海の水との行き来が減ったため、汽水域を好むチェチョプも影響を受け、漁獲量が激減してしまいました。現在では河口堰の水門が開けられたため、洛東江チェチョプ復活と共に、釜山地下鉄2号線の毛羅(モラ)駅近くの三楽洞(サムナクトン)チェチョプ通りもまた盛り上がっていくことでしょう。

河東はチェチョプ産地の代名詞といっても過言でないほど名が知れ渡りました。漁獲量が少し減ったとはいえ、年平均漁獲量は700トン前後にもなります。

韓国での旬は5月・6月の産卵期前で、漁は4月末頃から10月末頃まで続けられます。2015年に第1回が開催された「アルプス・河東・蟾津江しじみまつり(アルプス・ハドン・ソムジンガンチェチョプチュクチェ)」が今年、河東郡がある慶尚南道の有望イベントに選定されて補助金を獲得したほどで、今年は7月21日から23日の3日間開催される予定です。私が今年行ってみたいイベントの一つにも選定されました。

代表的な料理は「チェチョプクク(塩味ベースのスープ)」で、必ずといってよいほど刻んだニラ(プチュ)が浮かび、日本の味噌汁のように貝殻は入っておらず、小さな身だけがたくさん入っています。その他、河東ではビビンバやジョン(チジミ)、ムッチム(辛味噌和え)など日本のしじみ料理とはまた一味違う、産地ならではの料理も豊富です。栄養価豊富なチェチョプを釜山と河東の2ヵ所で楽しむのもよいかもしれません。

洛東江チェチョプの復活と河東の夏のイベントの成功とさらに東にある天塩町とのしじみ交流が始まることを祈りつつ、今月のコラムを終わります。さて、天塩町で買ったインスタントのしじみラーメンを食べよっと♪

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

コラムニスト

コリアトラベル連載コラムニストを紹介します!

私が「韓国通」になったきっかけは…?    韓国の地方の情報をお届けするコリアトラベル新聞には、毎回、ホットな地方の情報を届けてくれるコラムニストがいる。ある人は韓国に定着し、ある人は日本から足しげく韓国に通いながら、楽しい情報、おいしい情報、有益な情報を届けてくれてい…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

渡部先生

日本でも、韓国でも広がる コリアトラベルの輪!

‘韓国大好き、ハングル サランヘヨ!’   以前には近くて、遠い国といわれた韓国と日本。韓流ドラマや、韓国を紹介する番組がたくさん放送されているからか、最近、韓国が近くて近い国に感じるようになった方も多いのではないでしょうか。 おいしい本場の韓国料理に、美しくなれるエス…続きを読む

honda-150x150

在韓日本人から見た韓国の魅力的な観光地-  北村韓屋村

北村韓屋村 / 북촌한옥마을  昔のソウルの面影が感じられる‘癒し’の空間   瑞逸大學 日本語科 敎授 本田知邦   ソウル都心にある北村韓屋村を8月に散歩すると、蝉の鳴き声ととんぼが飛び交っていた。とんぼになって空から北村韓屋村を眺めれば、人影もなく穏やかなことだろう。   …続きを読む

조선통신사행렬1

釜山ホット情報| 初夏のお祭り

  ゴールデンウィーク歓迎イベント   待ちに待ったゴールデンウィーク。韓国では中国からの団体旅行客は残念ながら減ってしまいましたが、台湾やマレーシア、そして日本からのお客様が増え、全体的には増加傾向にあるそうです。これは何があっても釜山に来てくださる皆様のお…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

609

釜山ホット情報| 2017年主なイベント日程

冬らしくない天候が続く釜山。真冬というのにチンダルレ(カラムラサキツツジ)が咲いていたり、このまま春が来るのかと思いきや、今朝は零下のスタートです。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年の主なイベント日程をまずご紹介します。既に1月7、8日には冬の異色イベントとして知られる…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02