韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊽ ウェルカム清道~ワイントンネルとカムワイン

2018年11月09日

takano_winetonnel

各地から初雪の便りが届いた北の大地よりアニョハセヨ! 札幌のテレビ塔近くの北海道産ワインを楽しめるワインカフェでグラスを傾けていると、ふと、友人に連れていってもらった慶尚北道・清道(チョンド)郡の特産「柿(カム)」で醸されたワインを熟成させるワイントンネルが思い出されたので、今回ご紹介いたします。

慶尚北道の南部に位置し、柿以外にも牛の角突き、桃、セリで有名な清道は面積693平方キロ、人口4万3千人の町で、その北部にワイントンネルがあります。このワイントンネルは、1904年に開通して1937年の線路付け替えまで使用された「省峴(ソンヒョン)隧道」という鉄道トンネルを活用したものです。この工事は京釜線敷設権を獲得した日本の京釜鉄道会社によって行われましたが、非常に難工事だったそうで、トンネル開通を喜んだ陸軍中将、のちに陸軍大臣、朝鮮総督府初代総督、内閣総理大臣を歴任した寺内正毅が揮毫した「代天成功 明治三十七年」の文字が入口の上に刻まれたままになっており、韓国に興味がない日本の鉄っちゃんや歴女などの皆さんにも一見の価値がありそうです。

2006年からワインの熟成に利用され、長さ1105m、幅4・2m、高さ5・3mで、温度15℃、湿度60~70%に1年中保たれ、柿ワインの熟成保管の他、有料試飲、ワインに関する展示物、柿ワイン販売所などがトンネル内に設置されています。入場料は大人1人2千ウォンです。

そんなワイントンネルに行くには、まずは京釜線・清道駅を目指しましょう。高速鉄道は停車しない駅なのでムグンファ号を利用します。東大邱駅から25分、釜山駅から1時間で清道駅到着です。駅からはタクシー(20分・1万4千W程度)か、駅から徒歩5分の所にある清道共用バス停留所からワイントンネルと書かれている7番のバスに乗りこみ、30分ほど田舎道を行き、ワイントンネル最寄り停留所の松金里(ソングムリ)で下車します。そこから徒歩5分ほどでワイントンネル到着です。ワイントンネル入口周辺は干し柿(コッカム)を売っているお店もあり、店主のアジメ(アジュンマ:おばちゃんの慶尚道方言)が、柿だけに「ウェルカム」って言って歓迎してくれるはずです。原稿を考えながら杯が進み、ちょっと酔ったかも~。今年の冬、皆さんも清道で酔い旅を~。

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

松島海上散策路

釜山ホット情報| ワンアジアフェスティバル

昨年から釜山の花火大会は有料になったことで、がっかりされてる方、いらっしゃいませんか? そこで、釜山市では昨年の教訓を生かし、もっと楽しい、ダイナミックな釜山の魅力をお届けしようと、頑張っております! 実はその花火大会がある10月、今年一番力を入れているといっても過言ではない、「…続きを読む

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。 北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太…続きを読む

nothumbnail

釜山ホット情報|冬休みも退屈させない!釜山のホットスポット

冬の寒さもへっちゃら!北極熊水泳祭り 今年の冬は、ニュースで雪不足が伝えられるなど、冬らしくない日が釜山でも続いています。年末年始は、新しい年もいい年になるようにと市内各所で除夜の鐘、ご来光を拝む初日の出祭りが開かれました。皆さまも、今年も良い年をお迎えください。 さて、今回ご紹…続きを読む

DSC_9341

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊳ 木浦は港だ

春らしくなった北の大地より、アニョハセヨ! 5月といえば韓国では「季節の女王」といいますが、木浦が生んだ歌謡界の女王といえば「李蘭影(イ・ナニョン/1916~1965)」です。ということで今回は全羅南道(チョルラナムド)の南西端に位置する木浦(モッポ)市を紹介します。 「榮山江(…続きを読む

2018-조선통신사축제-포스터s

釜山ホット情報 | 春!春!春のお祭り大集合

今年のゴールデンウェークのご予定はお決まりでしょうか? 5月は本当にたくさんのイベントがあるのですが、特に注目すべき話題に絞ってご紹介いたします。 4月28日~5月13日 春の旅行週間 特別なプログラムが盛りだくさん まずは、全国各地でこの期間を「春の旅行週間」として地域ごとに特…続きを読む

20181228_110653

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊿ 営業時間は午前クジかラ! コレが長生浦・鯨文化特区

北の大地よりアニョハセヨ! 昨年末、日本は国際捕鯨委員会からの脱退と商業捕鯨再開という報道があり、様々な議論を呼びました。コレは興味深いと思い、日本の捕鯨の歴史を紐解くと、蔚山(ウルサン)の長生浦(チャンセンポ)という地名が出てきて、現在「コレ(=鯨)文化特区」になっているとのこ…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

釜山ワンアジアフェスティバル

釜山ホット情報| 「ワンアジアフェスティバル 最新情報・第2弾」

 目前に迫った「2016ワンアジアフェスティバル」! もうここ数日ドキドキしています! 頻繁に撮影などで芸能人を見る機会が多いソウルに比べ、釜山は正直そうした撮影風景に出くわすことがあまりありません。しかし、10月、このひと月間はたくさんのスターが釜山にやってくるのです。 特に開…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02