韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊾ A級グルメもB級グルメも楽しめる!~江原道・横城郡~

2019年02月25日

オルチェンイククス 北の大地よりアニョハセヨ! 今年もよろしくお願いいたします。今年最初のコラムは、A級グルメとB級グルメが楽しめる江原道(カンウォンド)・横城(フェンソン)郡をご紹介いたします。

横城は江原道の南西部に位置し、高速鉄道ならソウル駅から横城駅まで約1時間15分。東ソウルターミナルから横城市外バスターミナルまでなら約2時間で着きます。

横城は、韓国A級グルメの代表選手「韓牛(ハヌ)」の生産地としてよく知られていて、韓牛市場や、韓牛を食べられる飲食店も数多くあります。A級グルメともなればそれなりの値段ですが、味は格別。ぜひ一度は食べておきたい逸品です。

B級グルメの方はというと、おススメが2つあり、まずは横城を含めた江原道西部の郷土料理である「オルチェンイグクス」。これはとうもろこし澱粉を使った麺料理で、製麺機から出てきた時の形が「オルチェンイ(=おたまじゃくし)」のような形なのでその名で呼ばれています。決しておたまじゃくしが入っているわけではないので、ご安心を。さて、このオルチェンイグクス、麺が短い上にツルツル滑るので、スプーンで食べるのが一般的なのですが、口に入れた時のムニッとした食感と、ほのかにとうもろこしの甘みが感じられ、食べていくうちに味と食感がクセになってしまうこと請け合いです。横城市場内にある「ワワ食堂別館」で、3,500ウォン(2018年12月現在)で食べられるので、お腹にも財布にも優しいB級グルメです。

もう一つの横城おススメB級グルメが「安興(アンフン)チムパン」です。チムパンは直訳すると蒸しパンですが、日本でいうところの「あんまん」で、安興面事務所の周りには10数軒のチムパン屋が軒を連ね、「安興チムパン村」という名で知られています。

横城郡の東部に位置する安興面は、江原道の内陸から海岸沿いへ抜ける通り道の中間地点に当たり、小腹を空かせた旅客達のために1960年代から販売を始めたそうで、1990年頃から人気になって、現在では年間100万人以上が買い求めに来るそうです。外はフワフワ、中には主張し過ぎないあんこが入り、味はもちろんのこと、20個入り1万1千ウォン(2018年12月現在)というコスパの高さも人気の理由です。

ソウルからのアクセスもよい、グルメな街・横城で食べ歩きなんて、いかがでしょうか?

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

honda-150x150

在韓日本人から見た韓国の魅力的な観光地-  北村韓屋村

北村韓屋村 / 북촌한옥마을  昔のソウルの面影が感じられる‘癒し’の空間   瑞逸大學 日本語科 敎授 本田知邦   ソウル都心にある北村韓屋村を8月に散歩すると、蝉の鳴き声ととんぼが飛び交っていた。とんぼになって空から北村韓屋村を眺めれば、人影もなく穏やかなことだろう。   …続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

チュクミ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉘ 春はチュクミで花見酒~保寧市

北の大地からアニョハセヨ! 韓国の3月は学校の入学式があり、春の気配も日を追う毎に感じられる時期です。私が住む北海道はまだ寒いですが、ここにも春の気配が早く来ることを願って、春を呼ぶタコ「チュクミ(=イイダコ)」をご紹介いたします。ちなみに、踊り食い(サンナクチ)で知られる「ナク…続きを読む

松島海上散策路

釜山ホット情報| ワンアジアフェスティバル

昨年から釜山の花火大会は有料になったことで、がっかりされてる方、いらっしゃいませんか? そこで、釜山市では昨年の教訓を生かし、もっと楽しい、ダイナミックな釜山の魅力をお届けしようと、頑張っております! 実はその花火大会がある10月、今年一番力を入れているといっても過言ではない、「…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

コマク

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊱ 2つの宝 ~全南・筏橋~

極寒の北の大地より、アニョハセヨ!仕事の合間の除雪で疲労も溜まりがちですが、疲労回復にはアミノ酸が良いとテレビで見て、アミノ酸が豊富でこの時期に旨い「コマッ(ハイガイ/灰貝)」が思い出されました。韓国で食べたコマッは、小さい割に肉厚で甘みさえ感じましたが、日本ではなんとレッドデー…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02