韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉛ 八公山~願いを一つ叶えてくれる山

2015年12月03日

八公山 北の大地からアニョハセヨ! 韓国でのセンター試験である「修能(スヌン)が11月に迫っています。韓国の受験生のみなさん、ファイティン!

さて、合格祈願といえば、日本では学問の神・菅原道真が奉られている大宰府に代表される天満宮などが思い浮かびますが、韓国では「願いを一つ叶えてくれる」といい伝えがあるカッパウィがある慶尚北道の八公(パルゴン)山が合格祈願のメッカの一つとして挙げられています。修能が近づくと、わが子の合格を願う母たちの長い列ができるそうです。

新羅時代には「父岳(プアク)」と呼ばれたこの八公山は、合格祈願のメッカであるとともに、週末ともなれば多くの登山客で賑わう山登りのメッカでもあります。東西約20㎞、標高1193mで1980年に慶尚北道立公園に指定され、大邱(テグ)広域市、永川(ヨンチョン)市、慶山(キョンサン)市、漆谷(チルゴク)郡、軍威(グヌィ)郡の5市郡にまたがっています。

そしてその頂上に鎮座するのが「カッパウィ」です。新羅時代に建造されたとされる高さ4mの仏像で、正式名称は「冠峰石造如来坐像(クヮンボンソッチョヨレジャサン)」ですが、「カッ」は笠、「パウィ」は岩を意味し、笠のような岩をかぶったように見えるためその名で親しまれています。1965年には宝物の指定を受けました。この仏像に手を合わせると、願いが一つ叶うと信じられています。

八公山にはロープウェイに加え、16コースの登山道があり、片道7、8時間かかるような上級者向けコースから、1時間程度で登れるお手軽コースなどさまざまで、本格的な登山から観光の合間に軽いハイキングまで楽しむことができます。また、2009年からは「大邱オルレ八公山コース」というトレッキングコースも8つ整備され、山の形を思わせる三角形のパンフレット「八公山を歩く」が大邱市内観光地で無料配布されています。ハングルが読める方はそれを片手に、八公山やその周辺の古刹や歴史的文化財をゆっくり巡るのもよさそうです。

受験合格や2016年の夢や目標の祈願に、八公山カッパウィを訪ねる旅はいかがでしょうか。

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

바닷길사진

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。 今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明…続きを読む

2017BusanOneAsiaFestival

釜山ホット情報|「祭りの秋」がやってきた!

釜山もようやく過ごしやすくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 今回は「祭りの秋」、9月10月の釜山のイベント情報をお伝えします。 大規模なセール「釜山グランドセール」 さて、9月1日から30日まで、釜山市内各所で「釜山観光グランドセール」が開催されます。グランド…続きを読む

釜山のズワイガニ

釜山ホット情報| 「冬もやっぱり釜山は楽しい!」

今が旬! カニキャンペーン もういくつ寝ると~♪ あっという間に一年が過ぎていきますね。皆さんにとってこの一年はどんな年でしたか? 釜山では10月の国際映画祭直前に台風が直撃して、海雲台ビーチの特設舞台が破損し、高層ビル街マリンシティに高波が押し寄せるなど、まだ記憶に新しいのでは…続きを読む

イバグ自転車

釜山ホット情報| 釜山の観光名所で学ぶ「ストーリーツアー」

 今回は、釜山らしい景色が楽しめる「旧都心ストーリーツアー」、「イバグ自転車」についてご紹介します。 釜山の北港に新国際旅客ターミナルが今年9月オープンし、少し前までコンテナヤードであったり、埋立地であった所が、どんどん開発が進んでいます。ターミナルを背にすると、左の方は南浦など…続きを読む

写真提供:釜山広域市

釜山ホット情報 | 年末年始は釜山で楽しく!

今年も残すところわずかですが、年末年始の連休の計画は立てられましたか? 今回は、釜山に来られる際に、役に立つ日本語のツールをご紹介します。前回ご紹介したブログ「ホットな釜山」は既にご存知かと思いますが、釜山の最新情報を毎月お届けする「ダイナミック釜山」を市では毎月発行しています。…続きを読む

609

釜山ホット情報| 2017年主なイベント日程

冬らしくない天候が続く釜山。真冬というのにチンダルレ(カラムラサキツツジ)が咲いていたり、このまま春が来るのかと思いきや、今朝は零下のスタートです。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年の主なイベント日程をまずご紹介します。既に1月7、8日には冬の異色イベントとして知られる…続きを読む

nothumbnail

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島に屠殺場があった頃

私の今のキャッチフレーズは「珍島の恵子さん」ですが、私は最初から珍島に土着したわけではありません。私たち夫婦はソウルの隣りにある京畿道(キョンギド)の九里市(クリシ)で新婚生活をスタートしました。会社の警備員をしていた主人は、珍島生まれの珍島育ち。知人のいない都会の生活が肌になじ…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02