韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

2017年11月02日

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。

北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太(ミョンテ)」ですが、生なら「生太(センテ)」、冷凍なら「凍太(トンテ)」、冷蔵なら「冷太(ネンテ)」と呼ばれています。干し方の違いでも名前が違い、生干しなら「コダリ」、完全に乾燥させたら「乾太(コンテ)」または「北魚(プゴ)」、カラカラに干されたものは「ッカンテ」、高級品は「黄太(ファンテ)」と呼ばれます。また、2~3年の幼魚は「ノガリ」と呼ばれています。名前がたくさんあるのは、それだけ韓国人に愛されている魚であるということでしょう。

「ミョンテの故郷」と呼ばれる江原道・高城(コソン)郡では、毎年10月下旬にミョンテ祭りが開催され、12月下旬から4月上旬にかけてたくさんのミョンテが寒風にさらされている光景が冬の風物詩となっています。干したものを鍋やスープにしたり、酒のつまみにしたりするのはもちろんですが、干していないものに旨辛だれをかけて鉄板で焼いて食べる「ミョンテブルコギ」は高城郡内のミョンテを取り扱う飲食店のほとんどで食べられるほどの郷土料理です。

ただ、1980年代初めに韓国全体で15万トンの漁獲量を記録した以降は乱獲などによって大幅に減り、現在ではロシアなどからの輸入や遠洋漁業に頼らざるを得ない状況になっていますが、2014年からは養殖や稚魚の放流が行われ、近海漁業での漁獲量の回復が望まれています。

ミョンテブルコギを味わったら、ぜひ観光に出かけましょう。海岸線が美しい「花津浦(ファジンポ)」と海洋博物館、新羅時代に開かれた古刹「禾岩寺(ファアムサ)」と「乾鳳寺(コンボンサ)」に加え、北朝鮮を臨む統一展望台からの景色もぜひ見ておきたいところです。

人間は南北を自由に行き来できなくなりましたが、ミョンテは海の中で自由に行き来しているはずです。平和という名の稚魚を放流したら、きっと大きくなって帰ってくるに違いない。東アジアの平和な未来に思いを馳せて、今回はここまでにいたします。ミョンテはこれからが旬ですよ!

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

이하나01

李はなの江原道からのおたより帳 ①

コリアトラベルをご覧の皆様、アンニョンハセヨ! 韓国は江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)在住の日本人、李はなと申します! 韓国人のマイダーリンと、3人の息子と1匹の犬娘と共に、こっそりと春川に暮らす李はなが、これから江原道コラムを担当させていただきます。 早速ですが皆様、…続きを読む

ムルメギタン

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉜ 釜山カルメギ…いえいえ、ムルメギです

 北の大地からアニョハセヨ!そんな北の大地では、12月から韓国LCCのエアプサンが新千歳空港と釜山金海(キメ)国際空港の間を週3回の定期便が就航させるとのことで、北海道に住む韓国ファンの注目を集めています。大学を卒業してから4年間住んでいた釜山が、これで手軽に行けるようになるのか…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

八公山

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉛ 八公山~願いを一つ叶えてくれる山

 北の大地からアニョハセヨ! 韓国でのセンター試験である「修能(スヌン)が11月に迫っています。韓国の受験生のみなさん、ファイティン! さて、合格祈願といえば、日本では学問の神・菅原道真が奉られている大宰府に代表される天満宮などが思い浮かびますが、韓国では「願いを一つ叶えてくれる…続きを読む

テグタン

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉝ 慶南のテグ

 北の大地からアニョハセヨ! 今年も12月に通訳の仕事でテグ(大邱)に行くことになりました。はい、テグは慶尚北道の中にあります。でも、なぜタイトルが「慶南」なのかって? 今回は、テグはテグでも慶尚南道・鎮海(チネ)湾で水揚げされる冬に美味しい「テグ(大口:タラ)」をご紹介いたしま…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

イバグ自転車

釜山ホット情報| 釜山の観光名所で学ぶ「ストーリーツアー」

 今回は、釜山らしい景色が楽しめる「旧都心ストーリーツアー」、「イバグ自転車」についてご紹介します。 釜山の北港に新国際旅客ターミナルが今年9月オープンし、少し前までコンテナヤードであったり、埋立地であった所が、どんどん開発が進んでいます。ターミナルを背にすると、左の方は南浦など…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02