韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

2017年11月02日

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。

北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太(ミョンテ)」ですが、生なら「生太(センテ)」、冷凍なら「凍太(トンテ)」、冷蔵なら「冷太(ネンテ)」と呼ばれています。干し方の違いでも名前が違い、生干しなら「コダリ」、完全に乾燥させたら「乾太(コンテ)」または「北魚(プゴ)」、カラカラに干されたものは「ッカンテ」、高級品は「黄太(ファンテ)」と呼ばれます。また、2~3年の幼魚は「ノガリ」と呼ばれています。名前がたくさんあるのは、それだけ韓国人に愛されている魚であるということでしょう。

「ミョンテの故郷」と呼ばれる江原道・高城(コソン)郡では、毎年10月下旬にミョンテ祭りが開催され、12月下旬から4月上旬にかけてたくさんのミョンテが寒風にさらされている光景が冬の風物詩となっています。干したものを鍋やスープにしたり、酒のつまみにしたりするのはもちろんですが、干していないものに旨辛だれをかけて鉄板で焼いて食べる「ミョンテブルコギ」は高城郡内のミョンテを取り扱う飲食店のほとんどで食べられるほどの郷土料理です。

ただ、1980年代初めに韓国全体で15万トンの漁獲量を記録した以降は乱獲などによって大幅に減り、現在ではロシアなどからの輸入や遠洋漁業に頼らざるを得ない状況になっていますが、2014年からは養殖や稚魚の放流が行われ、近海漁業での漁獲量の回復が望まれています。

ミョンテブルコギを味わったら、ぜひ観光に出かけましょう。海岸線が美しい「花津浦(ファジンポ)」と海洋博物館、新羅時代に開かれた古刹「禾岩寺(ファアムサ)」と「乾鳳寺(コンボンサ)」に加え、北朝鮮を臨む統一展望台からの景色もぜひ見ておきたいところです。

人間は南北を自由に行き来できなくなりましたが、ミョンテは海の中で自由に行き来しているはずです。平和という名の稚魚を放流したら、きっと大きくなって帰ってくるに違いない。東アジアの平和な未来に思いを馳せて、今回はここまでにいたします。ミョンテはこれからが旬ですよ!

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

ムルタッカルビ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉙ 「水」のまち~太白市

 雪も解け、白樺の木肌の白さが目立ち始めた北の大地からアニョハセヨ。韓国ではあまり見ない白樺の木ですが、江原道には多く自生しています。今回はそんな江原道の太白(テベク)市と郷土料理「タッカルビ」をご紹介いたします。 太白市は東ソウルバスターミナルから約3時間半、6時から23時まで…続きを読む

609

釜山ホット情報| 2017年主なイベント日程

冬らしくない天候が続く釜山。真冬というのにチンダルレ(カラムラサキツツジ)が咲いていたり、このまま春が来るのかと思いきや、今朝は零下のスタートです。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年の主なイベント日程をまずご紹介します。既に1月7、8日には冬の異色イベントとして知られる…続きを読む

광고용_합성1

釜山ホット情報|「自然がいっぱい西釜山へ出かけよう~!」

  多大線開通で大噴水へも12分 西釜山の観光地といえば、乙淑島(ウルスクト)渡り鳥の飛来地、多大浦(タデッポ)海水浴場、洛東江(ナクトンガン)沿いの公園などが思い浮かびますが、都心からのアクセスが不便で、中でも多大浦海水浴場にある大噴水はなかなか行くことができませんで…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

2017BusanOneAsiaFestival

釜山ホット情報|「祭りの秋」がやってきた!

釜山もようやく過ごしやすくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 今回は「祭りの秋」、9月10月の釜山のイベント情報をお伝えします。 大規模なセール「釜山グランドセール」 さて、9月1日から30日まで、釜山市内各所で「釜山観光グランドセール」が開催されます。グランド…続きを読む

イバグ自転車

釜山ホット情報| 釜山の観光名所で学ぶ「ストーリーツアー」

 今回は、釜山らしい景色が楽しめる「旧都心ストーリーツアー」、「イバグ自転車」についてご紹介します。 釜山の北港に新国際旅客ターミナルが今年9月オープンし、少し前までコンテナヤードであったり、埋立地であった所が、どんどん開発が進んでいます。ターミナルを背にすると、左の方は南浦など…続きを読む

チュクミ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉘ 春はチュクミで花見酒~保寧市

北の大地からアニョハセヨ! 韓国の3月は学校の入学式があり、春の気配も日を追う毎に感じられる時期です。私が住む北海道はまだ寒いですが、ここにも春の気配が早く来ることを願って、春を呼ぶタコ「チュクミ(=イイダコ)」をご紹介いたします。ちなみに、踊り食い(サンナクチ)で知られる「ナク…続きを読む

写真提供:釜山広域市

釜山ホット情報 | 年末年始は釜山で楽しく!

今年も残すところわずかですが、年末年始の連休の計画は立てられましたか? 今回は、釜山に来られる際に、役に立つ日本語のツールをご紹介します。前回ご紹介したブログ「ホットな釜山」は既にご存知かと思いますが、釜山の最新情報を毎月お届けする「ダイナミック釜山」を市では毎月発行しています。…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02