韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

2017年11月02日

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。

北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太(ミョンテ)」ですが、生なら「生太(センテ)」、冷凍なら「凍太(トンテ)」、冷蔵なら「冷太(ネンテ)」と呼ばれています。干し方の違いでも名前が違い、生干しなら「コダリ」、完全に乾燥させたら「乾太(コンテ)」または「北魚(プゴ)」、カラカラに干されたものは「ッカンテ」、高級品は「黄太(ファンテ)」と呼ばれます。また、2~3年の幼魚は「ノガリ」と呼ばれています。名前がたくさんあるのは、それだけ韓国人に愛されている魚であるということでしょう。

「ミョンテの故郷」と呼ばれる江原道・高城(コソン)郡では、毎年10月下旬にミョンテ祭りが開催され、12月下旬から4月上旬にかけてたくさんのミョンテが寒風にさらされている光景が冬の風物詩となっています。干したものを鍋やスープにしたり、酒のつまみにしたりするのはもちろんですが、干していないものに旨辛だれをかけて鉄板で焼いて食べる「ミョンテブルコギ」は高城郡内のミョンテを取り扱う飲食店のほとんどで食べられるほどの郷土料理です。

ただ、1980年代初めに韓国全体で15万トンの漁獲量を記録した以降は乱獲などによって大幅に減り、現在ではロシアなどからの輸入や遠洋漁業に頼らざるを得ない状況になっていますが、2014年からは養殖や稚魚の放流が行われ、近海漁業での漁獲量の回復が望まれています。

ミョンテブルコギを味わったら、ぜひ観光に出かけましょう。海岸線が美しい「花津浦(ファジンポ)」と海洋博物館、新羅時代に開かれた古刹「禾岩寺(ファアムサ)」と「乾鳳寺(コンボンサ)」に加え、北朝鮮を臨む統一展望台からの景色もぜひ見ておきたいところです。

人間は南北を自由に行き来できなくなりましたが、ミョンテは海の中で自由に行き来しているはずです。平和という名の稚魚を放流したら、きっと大きくなって帰ってくるに違いない。東アジアの平和な未来に思いを馳せて、今回はここまでにいたします。ミョンテはこれからが旬ですよ!

文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

ムルタッカルビ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉙ 「水」のまち~太白市

 雪も解け、白樺の木肌の白さが目立ち始めた北の大地からアニョハセヨ。韓国ではあまり見ない白樺の木ですが、江原道には多く自生しています。今回はそんな江原道の太白(テベク)市と郷土料理「タッカルビ」をご紹介いたします。 太白市は東ソウルバスターミナルから約3時間半、6時から23時まで…続きを読む

jindo1806

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島の倭徳山

日本には鳴戸海峡がありますね。潮流が音を鳴らすほど激しい海峡なので「鳴戸」と呼ばれていますが、珍島大橋の下を流れる海峡も「鳴梁(ミョンナン)」といい、広い海から一気に狭い海峡に潮流が流れ込み、以前は潮の流れが代わるたび珍島の中心地まで地響きがするほどだったそうです。 今から420…続きを読む

チェチョプクク

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊱ 2つの宝 ~全南・筏橋~㊲ しじみの名産地は「東」にあり~洛東江と河東~

  春の足音が近づいたり遠ざかったりの北の大地より、アニョハセヨ! 先日、北海道北部の天塩(てしお)町に行き、評判高いしじみラーメンを食べてきました。 しじみは韓国語で「チェチョプ」といい、韓国での産地として、38度線以南で最長の河川である洛東江(ナクトンガン)と、慶尚…続きを読む

2018-조선통신사축제-포스터s

釜山ホット情報 | 春!春!春のお祭り大集合

今年のゴールデンウェークのご予定はお決まりでしょうか? 5月は本当にたくさんのイベントがあるのですが、特に注目すべき話題に絞ってご紹介いたします。 4月28日~5月13日 春の旅行週間 特別なプログラムが盛りだくさん まずは、全国各地でこの期間を「春の旅行週間」として地域ごとに特…続きを読む

ullundo

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊵ 美味しい島~鬱陵島

 秋空の北の大地からアニョハセヨ! オレンマニエヨ! 「天高馬肥(チョンゴマビ)」の言葉の通り、秋は美味しいものの枚挙に暇がありません。 韓国の秋を楽しむなら鬱陵(ウルルン)島はいかがでしょうか。この私、2005年3月に4年間の韓国生活を終える前、釜山に101年ぶりに積雪量30㎝…続きを読む

家族チョッパル

Yuckyのうまうま大邱! ⑫ 行列のできる人気店「家族チョッパル」

 最近発行された大邱の冊子に「肉食大邱」という言葉を見つけました。確かに大邱はチムカルビやマクチャン焼き、ムンティギなど、美味しい肉料理がたくさんあります。そして今回の題材もやっぱり肉です。いつ行っても行列の絶えない豚足の専門店をご紹介します。 そのお店は、防川市場(パンチョンシ…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02