韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊹ 〇月のクリスマス~群山市~

2018年03月27日

春の足音が聞こえ始めた北の大地よりアニョハセヨ! たくさんの感動をくれた平昌オリンピックも終わりましたねー(そだねー)。特に女子カーリングは日本チーム、韓国チームも大活躍して、盛り上がりました。日頃の並々ならぬ努力への贈り物として、それぞれ銅メダル、銀メダルをもらうことができたんですよね、きっと。

さて、贈り物といえばクリスマス…となれば、20年前の名作映画「8月のクリスマス」が頭に浮かびます。ハン・ソッキュ演じる主人公が営む街外れの写真館のロケ地は、全羅北道の群山(クンサン)市にあり、今でも人気の観光地になっています。ということで、今回は群山をご紹介することにしましょう。

群山は人口約28万人、韓国5大河川の一つ錦江(クムガン)の河口に位置する港町です。ソウルのセントラルシティから群山高速バスターミナルまでの所要時間は約2時間半。6時から23時までの間におおむね20~30分間隔で運行しているので、朝早めに出れば、日帰りも可能な距離とアクセスのよさです。

群山ターミナルから徒歩15分の所に公設市場と旧駅前総合市場がありますが、そちらは帰りに立ち寄ることにして、まずはターミナルからタクシーで10分程の近代歴史博物館で群山の歴史を学びましょう。博物館周辺は復元・保全された近代建築物が点在し、旧朝鮮銀行群山支店(現・群山現代建築館)、旧第十八銀行群山支店(現・群山近代美術館)、旧群山税関(現・湖南関税博物館)などを見学することができます。冒頭に紹介したロケ地「チョウォン写真館」は少し離れていますが、博物館から徒歩10分ほどの距離にあります。

パクテ 散策の後はもぐもぐタイムです。群山名物は「パクテ(=カラアカシタビラメ)」という舌平目の一種で、それを半乾燥させた一夜干しのような干物は淡泊でモチモチ感があり、生臭さがほとんどないので焼き物、蒸し物、煮物、鍋にも相性バッチリです。近代歴史博物館の隣にある郷土飲食館アリランに黄金パクテ定食(2名以上で注文可)があるので舌鼓を打ってみてください。味は金メダル級です。

群山近代史は私たちにとっては胸が痛むような内容もあります。しかしそんな歴史も先人からの贈り物なのかも。その贈り物と向き合い、私たちは後人にどんな贈り物ができるだろうか。春の優しい潮風を受けながら、そんなことも考えてみたい群山の旅でした。
文/高野康夫(通信記者)

Pocket

関連する記事はこちら

바닷길사진

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。 今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

e448fa47c19736b8c60d83a859857fe6-150x150

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」26 韓国のカニ料理

韓国のカニ料理    北の大地からアニョハセヨ! 秋が深まると食べたくなるのが鍋ですが、今回は秋から12月ぐらいまでが旬で、おいしい出汁が取れ、実もカニミソもおいしい「コッケ」(ワタリガニ)とその特産地をご紹介します。  日本人観光客にも人気の韓国料理「カンジャンケジャン(写真・…続きを読む

統営ケーブルカー

見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

  見どころいっぱい、美食いっぱい、 そして多くの文学者・匠を輩出した街 慶尚南道・統営   統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の…続きを読む

1741199_image2_1

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島アリラン

アリランは韓半島に伝わる民謡です。韓国はもちろん北朝鮮や中国、そしてサハリンまで、韓国民族の住むところには必ずアリランが歌われています。 ではどうしてこんなにも多くのアリランが各地に伝わっているのでしょうか? そしてアリランの語源はなんでしょうか? 珍島アリラン保存会の資料による…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

20180301_181243

釜山ホット情報 | 青沙浦で楽しい街歩き

昨年オープンした「青沙浦(チョンサッポ)タリットル展望台をご存知でしょうか? 釜山では最近旧都心を中心に盛んに街歩きのストーリーツアーが行われています。今回は春の便りを探しに話題の「青沙浦」をウォーキングしてきました。 街歩きが楽しい釜山 他の地域には見られない釜山の特徴といえば…続きを読む

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02