韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」26 韓国のカニ料理

2014年09月21日

韓国のカニ料理

カニ料理

 
 北の大地からアニョハセヨ! 秋が深まると食べたくなるのが鍋ですが、今回は秋から12月ぐらいまでが旬で、おいしい出汁が取れ、実もカニミソもおいしい「コッケ」(ワタリガニ)とその特産地をご紹介します。
 日本人観光客にも人気の韓国料理「カンジャンケジャン(写真・ワタリガニの醤油漬け)」の食材としても使われるコッケ。韓国で「カニ」といえば「コッケ」です。生まれも育ちも北海道の私にとって、「カニ」といったら毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ、花咲ガニであり、韓国に行くまでワタリガニは全く馴染みのないカニでしたが、釜山で初めて食べた「コッケタン(ワタリガニ鍋)」の味にすっかり虜になってしまいました。
 韓国では卵もおいしく食べられるカンジャンケジャンにはメスを使い、身がおいしいオスは蒸し物や鍋にするとよいと考えられています。そんな「コッケ」の「コッ」が「花」を意味する文字と同じなので、「花蟹」と勘違いされている方も多いようですが、それは違います。現在、濃音になっている「コッ」の文字は元々、平音で表記し、「先の鋭い突き出たもの(=串)」を意味し、甲羅の両端の飛び出た突起が「串」のようだったので「串蟹」の名が付いたといわれています。ちなみに、韓国語で岬を「コッ」といいますが、これも「海に向って突き出たところ」ということで語源は同じだそうです。
 そんなコッケは仁川から群山(クンサン)、木浦(モッポ)にかけての韓国西海岸が主な産地ですが、その中で忠清南道(チュンチョンナムド)南西部に位置する舒川(ソチョン)郡は、秋に「コノシロ・ワタリガニ祭り」が開催されるほどの特産地です。
 ソウルから列車で3時間ほどの距離にある舒川は人口約6万、南は錦江(クムガン)河口、東は黄海に面し、映画「JSA」にも登場した新星里(シンソンニ)葦原や、昨年オープンした生物多様性について体験的に学べる「国立生態園」、日の出と日の入両方の景色を楽しむことができる「馬梁浦口(マリャンポグ)」など、自然の偉大さを改めて感じさせてくれる場所があります。
 秋深き隣は何をする人ぞ…深まる秋、今年は自然の大切さを感じてから、その恩恵を味わってみるのはいかがでしょうか。
文/高野康夫(通信記者)
Pocket

関連する記事はこちら

7cccc19acab00b57c6d4b80168a317e1-150x150

芸術家たちの出会いの場所として名のある所

[連載コラム]本田教授の韓国探訪 耕仁美術館(경인미술관)   芸術家たちの出会いの場所として名のある所   1983年の12月6日に開館した耕仁(キョンイン)美術館はソウルの真ん中、鍾路区(チョンノグ)寛勲洞(クァンフンドン)30-1にあり、芸術家の文化空間…続きを読む

写真提供:釜山祝祭組織委員会

釜山ホット情報|夏だ! 海だ! 釜山だ!

松島ロープウェイ6月21日運行開始!   最高気温が5月にもう30度を越えるという、もうすっかり夏のような暑さが続く釜山ですが、その暑さをも忘れさせてくれる「松島(ソンド)ロープウェイ」がいよいよ運行開始します。 そもそも松島は日本人が釜山にたくさん住んでいた1913年…続きを読む

nothumbnail

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島に屠殺場があった頃

私の今のキャッチフレーズは「珍島の恵子さん」ですが、私は最初から珍島に土着したわけではありません。私たち夫婦はソウルの隣りにある京畿道(キョンギド)の九里市(クリシ)で新婚生活をスタートしました。会社の警備員をしていた主人は、珍島生まれの珍島育ち。知人のいない都会の生活が肌になじ…続きを読む

写真提供:ストライク・ゾーン

釜山ホット情報 | ロッテジャイアンツの野球を観に行こう!

あじさいの季節。釜山では6月末ごろ梅雨に入るので、それまでは過ごしやすいお天気が続きます。あじさいといえば太宗寺(テジョンサ)が有名ですが、この時期、パステルカラーのあじさいを背景に写真を撮ろうと、たくさんの人がお寺に訪れます。 そして今回のホット情報は、韓国プロ野球の伝え手とし…続きを読む

渡部先生

日本でも、韓国でも広がる コリアトラベルの輪!

‘韓国大好き、ハングル サランヘヨ!’   以前には近くて、遠い国といわれた韓国と日本。韓流ドラマや、韓国を紹介する番組がたくさん放送されているからか、最近、韓国が近くて近い国に感じるようになった方も多いのではないでしょうか。 おいしい本場の韓国料理に、美しくなれるエス…続きを読む

秋の雪岳山

カンドウ! カンウォンドウ!〈江原道〉 ① 雪岳山の紅葉

韓国旅行といえば、首都のソウルや釜山の都市に行かれた方は多くおられると思いますが、韓国の地方に行かれたことはありますか? 地方にも行ってみたいけど、交通手段、言葉の問題もあって、個人ではなかなか行けないという方も多いのではないでしょうか。 私もその一人でした。ソウルに行くだけでも…続きを読む

가우도

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊷ 2018年は戌年なのだ! ~ケブルと康津郡~

 例年より早く冬が来た北の大地から「セヘ福マニバドゥセヨ」。2018年は戌年なので、犬(ケ)に関する今が旬の海の幸「ケブル(ゆむし)」と、その産地で有名な全羅南道「康津(カンジン)郡」をご紹介いたします。 韓国の刺身屋で見られる薄いピンク色でソーセージのような生物が「ケブル」です…続きを読む

寧越

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊸ 朝鮮半島のカタチ~寧越郡~

 平昌オリンピック・パラリンピックに日本代表選手を多く輩出している北の大地からアニョハセヨ! このコラムがお手元に届く頃には、朝鮮半島はオリンピックで盛り上がっていることでしょうね。 さて、山河に錦を施したように美しいという意味の「錦繍江山(クムスガンサン)」という言葉で説明され…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02