Yuckyのうまうま大邱! ② 大邱の麻薬パン

2016年03月17日

サムソンパン屋の麻薬パン 大邱のうまうま、今回は大邱で爆発的な人気のパンをご紹介したいと思います。

韓国には三大ベーカリーと呼ばれるパン屋さんがあります。群山の「李盛堂」、大田の「聖心堂」、そして3番手といわれているのが、安東の「マンモスベーカリー」と大邱の「サムソンパン屋」です。

サムソンパン屋の創業は1957年。老夫婦2人が営む大邱で一番古いパン屋さんでした。現在は繁華街東城路にありながら、ごくごく普通の小さなお店で、本当にここが一日に3千個のパンを売っているお店なの? と疑いたくなるほどです。

大ヒット商品はトウモロコシパン(1500ウォン)。一度食べたら病みつきになることから、別名「麻薬パン」とも呼ばれています。柔らかいパンにメロンパンのようなクッキー生地がトッピングされ、中にトウモロコシとコーンクリームがギッチリと詰まっています。熱々の焼きたてを食べると中からコーンがトロ~リ! 一日に4.5㎏入りのトウモロコシ缶を80缶も使うというのですから、トウモロコシがどれほどたくさん入っているか、想像できると思います。一口かじるとパンとトウモロコシの自然な甘さが混じり合い、妙に惹きつけられるというか…。辛いお料理が多い大邱で、やさしい甘さがうけたのかもしれません。

麻薬パンの大ヒットに至るまでには、大きな苦労があったようです。長年の地下鉄工事や地下鉄中央路駅の大規模火災で商店街の景気が低迷、おまけに2000年以降は、ソウルからパリバケやトレジュールなどの大型チェーン店が大邱にも押し寄せ、店をたたんだパン屋さんは少なくなかったといいます。そんな中、生き残りをかけて、フィリングやトッピングに試行錯誤を繰り返し、麻薬パンは誕生しました。発売後、徐々にインターネットの口コミで広がり、テレビで紹介されてからは行列の絶えないお店に成長していきました。

その人気ぶりをうかがえる面白いエピソードがあります。あまりにも「麻薬パン、麻薬パン」ともてはやされるので、実際に麻薬成分が入ってないかを調べるために警察が現地調査に入ったと。嘘のような本当の話!もちろん、そんなものが入っているはずもなく…。でも、このパンの中毒患者がたくさんいたのは事実です。

現在では息子さんが両親の味を引き継ぎ、めざましい店舗展開をしています。昨年は東大邱駅に2号店をオープンしました。パンを個別包装をするなど高級なイメージをはかり、鉄道客に喜ばれているようです。また、ソウルをはじめ16都市に50店舗以上を展開、今後はアメリカや中国など海外にも進出する計画があり、大邱の小さなパン屋さんはいまや世界へ羽ばたこうとしています。

先月、久しぶりに麻薬パンが食べたくなり、東城路の本店に立ち寄りました。店舗が増えたことにより、並ぶこともなくスムーズにパンが買えるようになっています。ビニール袋にパンを入れてレジへ持っていくシステムは以前のまま。急激な発展をとげたサムソンパン屋ですが、本店だけは昔のまま、「街のパン屋さん」でいて欲しいなぁと思いつつ、麻薬パンをかじりました。

*サムソンパン屋東城路本店
大邱広域市中区東城路3街7-6
*サムソンパン屋東大邱駅店
大邱広域市東区東大邱路550

Pocket

関連する記事はこちら

イバグ自転車

釜山ホット情報| 釜山の観光名所で学ぶ「ストーリーツアー」

 今回は、釜山らしい景色が楽しめる「旧都心ストーリーツアー」、「イバグ自転車」についてご紹介します。 釜山の北港に新国際旅客ターミナルが今年9月オープンし、少し前までコンテナヤードであったり、埋立地であった所が、どんどん開発が進んでいます。ターミナルを背にすると、左の方は南浦など…続きを読む

コマク

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊱ 2つの宝 ~全南・筏橋~

極寒の北の大地より、アニョハセヨ!仕事の合間の除雪で疲労も溜まりがちですが、疲労回復にはアミノ酸が良いとテレビで見て、アミノ酸が豊富でこの時期に旨い「コマッ(ハイガイ/灰貝)」が思い出されました。韓国で食べたコマッは、小さい割に肉厚で甘みさえ感じましたが、日本ではなんとレッドデー…続きを読む

写真提供:釜山広域市

釜山ホット情報 | 年末年始は釜山で楽しく!

今年も残すところわずかですが、年末年始の連休の計画は立てられましたか? 今回は、釜山に来られる際に、役に立つ日本語のツールをご紹介します。前回ご紹介したブログ「ホットな釜山」は既にご存知かと思いますが、釜山の最新情報を毎月お届けする「ダイナミック釜山」を市では毎月発行しています。…続きを読む

寧越

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊸ 朝鮮半島のカタチ~寧越郡~

 平昌オリンピック・パラリンピックに日本代表選手を多く輩出している北の大地からアニョハセヨ! このコラムがお手元に届く頃には、朝鮮半島はオリンピックで盛り上がっていることでしょうね。 さて、山河に錦を施したように美しいという意味の「錦繍江山(クムスガンサン)」という言葉で説明され…続きを読む

jindo

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ

 はじめまして。韓国の珍島(チンド)に住んでいる瀧口恵子と申します。現在は珍島郡庁の観光文化課に勤務しています。役所勤務ですから日本籍では採用できないとのことで帰化しました。韓国名はヨングヘジャ(瀧口恵子)です。 韓国にきて早くも30年の歳月が流れ(!)なんで山梨出身、富士山の麓…続きを読む

takano_winetonnel

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊽ ウェルカム清道~ワイントンネルとカムワイン

各地から初雪の便りが届いた北の大地よりアニョハセヨ! 札幌のテレビ塔近くの北海道産ワインを楽しめるワインカフェでグラスを傾けていると、ふと、友人に連れていってもらった慶尚北道・清道(チョンド)郡の特産「柿(カム)」で醸されたワインを熟成させるワイントンネルが思い出されたので、今回…続きを読む

609

釜山ホット情報| 2017年主なイベント日程

冬らしくない天候が続く釜山。真冬というのにチンダルレ(カラムラサキツツジ)が咲いていたり、このまま春が来るのかと思いきや、今朝は零下のスタートです。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年の主なイベント日程をまずご紹介します。既に1月7、8日には冬の異色イベントとして知られる…続きを読む

55

釜山ホット情報 恒例、今が旬、ズワイガイを食べに釜山へ行こう!

 この時期恒例となった釜山観光公社と韓国観光 公社が支援する「今が旬!釜山機張カニ」イベ ントが今年も行われます。期間は11月から来年の3月31日までで、無料のシャトルバスも一日2回、釜山駅を出発し、海雲台を経由して機張(キジャン)市場まで運行しています。このイベントに参加してい…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence