Yuckyのうまうま大邱! ⑫ 行列のできる人気店「家族チョッパル」

2018年01月03日

家族チョッパル 最近発行された大邱の冊子に「肉食大邱」という言葉を見つけました。確かに大邱はチムカルビやマクチャン焼き、ムンティギなど、美味しい肉料理がたくさんあります。そして今回の題材もやっぱり肉です。いつ行っても行列の絶えない豚足の専門店をご紹介します。

そのお店は、防川市場(パンチョンシジャン)の中にあります。大邱の三大市場の一つですが、1990年ごろから衰退しはじめ、隣接する路地に壁画を描いて市場の活性化を図りました。それが「キム・グァンソク通り」です。今や人気の観光スポットですが、肝心な市場の活気はいまひとつ。ところが、そのさびれた市場に、いつしか人が集まるようになったのです。夜遅くまで人が溢れ、賑わっている一角、そこが「家族チョッパル」です。

大邱の友人たちにもすこぶる評判がよく、期待を胸に店に行くと、案の定、順番待ちの列に並ばされました。入店を待っていると、食事だけでなくテイクアウトのお客さんもひっきりなしにやってきます。

やっとのことで席につくと、チョッパル(豚足)は、ヒノキのまな板に乗って登場しました。飴色に光って、見るからに美味しそう! ガブリと食いつくと骨から肉がホロリ! クニュクニュの食感がたまりません。

薬草と一緒に3時間以上煮込まれているので、肉の臭みも消え、ほんのりと韓方の香りがします。なんといっても嬉しいのは、ホカホカで出てくること。お客さんの回転がいいので、1日に何度も仕込み、いつも温かい状態で出してくれるのです。

味噌、わさび醤油、アミ、ポン酢に入ったスライスたまねぎが付いてくるので、好みの味を足してもよし、ニンニクや唐辛子と共にサンチュやエゴマに包んでもよし。余分な脂は落ちているので胃にもたれないし、山盛りだった豚足がアッという間になくなりました。

それからもう一つ人気なのが、チェンバンククスです。「チェンバン」とはお盆のことで、お盆のような大きな平皿で出てくる冷麺のことです。

細切りのきゅうり、キャベツ、ニンジン、エゴマなどの生野菜が皿の縁に沿って円型に並べてあり、真ん中にこんもりと麺、(色と食感から蕎麦粉と小麦粉のミックスと思われます)甘酸っぱいコチュジャンソースがかかっていて、その上にナッツ、ゴマ、干しブドウがトッピングされています。

きれいに盛り付けられているのを、ビニール手袋をはめてガーっと豪快にかき混ぜます。箸ではなく「手」を使うところがなんとも韓国チックです。冷たくて、甘酸っぱさが爽やかで、温かいチョッパルと相性バッチリ! この二つはぜひセットで召し上がっていただきたいです。

価格帯も豚足と冷麺のセットで2万ウォン台とリーゾナブル。セットメニューが多いのは、家族のように和やかな雰囲気で食べて欲しいという狙いでしょうか。大邱の絶品豚足、おススメです。翌朝のプルプル感も楽しみですよ!

 

防川市場家族チョッパル
(방천시장 가족족발)
大邱広域市 中区 大鳳洞11-14
大邱広域市 達西区 達句伐大路446ギル7-16
TEL. 053-252-1481
営業時間15:00〜24:00(週末~25:00)
年中無休

 

Yuckyは…
韓国旅行を愛する福岡在住の主婦。現在、大邱市を中心に韓国旅行の魅力をブログ(yukiful.exblog.jp)を通して紹介しており、2013年5月から大邱市の名誉広報委員として活動中。

Pocket

関連する記事はこちら

ムルタッカルビ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㉙ 「水」のまち~太白市

 雪も解け、白樺の木肌の白さが目立ち始めた北の大地からアニョハセヨ。韓国ではあまり見ない白樺の木ですが、江原道には多く自生しています。今回はそんな江原道の太白(テベク)市と郷土料理「タッカルビ」をご紹介いたします。 太白市は東ソウルバスターミナルから約3時間半、6時から23時まで…続きを読む

바닷길사진

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島神秘の海割れ「秘話」

さあ皆さん、いよいよ珍島神秘の海割れのシーズンがやってまいりました。 今年2018年のお祭りは5月16日から19日です。上の写真は海割れの場所の上空写真です。手前が珍島の回洞(フェドン)村で、上の左端が金湖島(クモド)、右の下が「あちら茅島里まで~」の茅島(モド)です。細かく説明…続きを読む

統営ケーブルカー

見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

  見どころいっぱい、美食いっぱい、 そして多くの文学者・匠を輩出した街 慶尚南道・統営   統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の…続きを読む

nothumbnail

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊴ すいかの名産地・咸安

初夏の雰囲気を感じる北の大地より、アニョハセヨ! 夏が近づくと共に、小学校の音楽の授業で歌った童謡「すいかの名産地」が思い出されます。ということで今回はすいかのお話です。 歴史を紐解くと、朝鮮時代の1611年に書かれた今でいうグルメ本「屠門大嚼(トムンデジャク)」に、高麗時代に開…続きを読む

2018-조선통신사축제-포스터s

釜山ホット情報 | 春!春!春のお祭り大集合

今年のゴールデンウェークのご予定はお決まりでしょうか? 5月は本当にたくさんのイベントがあるのですが、特に注目すべき話題に絞ってご紹介いたします。 4月28日~5月13日 春の旅行週間 特別なプログラムが盛りだくさん まずは、全国各地でこの期間を「春の旅行週間」として地域ごとに特…続きを読む

写真提供:ストライク・ゾーン

釜山ホット情報 | ロッテジャイアンツの野球を観に行こう!

あじさいの季節。釜山では6月末ごろ梅雨に入るので、それまでは過ごしやすいお天気が続きます。あじさいといえば太宗寺(テジョンサ)が有名ですが、この時期、パステルカラーのあじさいを背景に写真を撮ろうと、たくさんの人がお寺に訪れます。 そして今回のホット情報は、韓国プロ野球の伝え手とし…続きを読む

명태덕장-백촌_(2013_1_4)_002

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」 ㊶ 明太と平和~高城郡

 冬の足音が近づいてきた北の大地からアニョハセヨ! 先日、夜景で有名な函館の隣町で、道内有数のスケトウダラの漁獲量を誇る鹿部町(しかべちょう)で特産品のたらこに舌鼓を打ちながら、スケトウダラに思いを馳せてきました。 北海道ではスケソウダラと呼ぶこの魚の韓国での一般的な呼称は「明太…続きを読む

カルメッキル

釜山ホット情報| 釜山のトレッキングコース「カルメッキル」

韓国済州島の「オルレッキル」をご存知の方も多いでしょうが、釜山にも「カルメッキル」なるものがあります。 「カルメッキル」の「カルメ」とは「カモメの」、「キル」は「道」をさしていて、「カモメの道」という意味なのです。釜山はご存知の通り海に面していて、河口や海辺にはたくさんのカモメが…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02