Yuckyのうまうま大邱! ⑫ 行列のできる人気店「家族チョッパル」

2018年01月03日

家族チョッパル 最近発行された大邱の冊子に「肉食大邱」という言葉を見つけました。確かに大邱はチムカルビやマクチャン焼き、ムンティギなど、美味しい肉料理がたくさんあります。そして今回の題材もやっぱり肉です。いつ行っても行列の絶えない豚足の専門店をご紹介します。

そのお店は、防川市場(パンチョンシジャン)の中にあります。大邱の三大市場の一つですが、1990年ごろから衰退しはじめ、隣接する路地に壁画を描いて市場の活性化を図りました。それが「キム・グァンソク通り」です。今や人気の観光スポットですが、肝心な市場の活気はいまひとつ。ところが、そのさびれた市場に、いつしか人が集まるようになったのです。夜遅くまで人が溢れ、賑わっている一角、そこが「家族チョッパル」です。

大邱の友人たちにもすこぶる評判がよく、期待を胸に店に行くと、案の定、順番待ちの列に並ばされました。入店を待っていると、食事だけでなくテイクアウトのお客さんもひっきりなしにやってきます。

やっとのことで席につくと、チョッパル(豚足)は、ヒノキのまな板に乗って登場しました。飴色に光って、見るからに美味しそう! ガブリと食いつくと骨から肉がホロリ! クニュクニュの食感がたまりません。

薬草と一緒に3時間以上煮込まれているので、肉の臭みも消え、ほんのりと韓方の香りがします。なんといっても嬉しいのは、ホカホカで出てくること。お客さんの回転がいいので、1日に何度も仕込み、いつも温かい状態で出してくれるのです。

味噌、わさび醤油、アミ、ポン酢に入ったスライスたまねぎが付いてくるので、好みの味を足してもよし、ニンニクや唐辛子と共にサンチュやエゴマに包んでもよし。余分な脂は落ちているので胃にもたれないし、山盛りだった豚足がアッという間になくなりました。

それからもう一つ人気なのが、チェンバンククスです。「チェンバン」とはお盆のことで、お盆のような大きな平皿で出てくる冷麺のことです。

細切りのきゅうり、キャベツ、ニンジン、エゴマなどの生野菜が皿の縁に沿って円型に並べてあり、真ん中にこんもりと麺、(色と食感から蕎麦粉と小麦粉のミックスと思われます)甘酸っぱいコチュジャンソースがかかっていて、その上にナッツ、ゴマ、干しブドウがトッピングされています。

きれいに盛り付けられているのを、ビニール手袋をはめてガーっと豪快にかき混ぜます。箸ではなく「手」を使うところがなんとも韓国チックです。冷たくて、甘酸っぱさが爽やかで、温かいチョッパルと相性バッチリ! この二つはぜひセットで召し上がっていただきたいです。

価格帯も豚足と冷麺のセットで2万ウォン台とリーゾナブル。セットメニューが多いのは、家族のように和やかな雰囲気で食べて欲しいという狙いでしょうか。大邱の絶品豚足、おススメです。翌朝のプルプル感も楽しみですよ!

 

防川市場家族チョッパル
(방천시장 가족족발)
大邱広域市 中区 大鳳洞11-14
大邱広域市 達西区 達句伐大路446ギル7-16
TEL. 053-252-1481
営業時間15:00〜24:00(週末~25:00)
年中無休

 

Yuckyは…
韓国旅行を愛する福岡在住の主婦。現在、大邱市を中心に韓国旅行の魅力をブログ(yukiful.exblog.jp)を通して紹介しており、2013年5月から大邱市の名誉広報委員として活動中。

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

瀧口恵子の珍島物語 | 珍島に屠殺場があった頃

私の今のキャッチフレーズは「珍島の恵子さん」ですが、私は最初から珍島に土着したわけではありません。私たち夫婦はソウルの隣りにある京畿道(キョンギド)の九里市(クリシ)で新婚生活をスタートしました。会社の警備員をしていた主人は、珍島生まれの珍島育ち。知人のいない都会の生活が肌になじ…続きを読む

nothumbnail

釜山ホット情報|冬休みも退屈させない!釜山のホットスポット

冬の寒さもへっちゃら!北極熊水泳祭り 今年の冬は、ニュースで雪不足が伝えられるなど、冬らしくない日が釜山でも続いています。年末年始は、新しい年もいい年になるようにと市内各所で除夜の鐘、ご来光を拝む初日の出祭りが開かれました。皆さまも、今年も良い年をお迎えください。 さて、今回ご紹…続きを読む

20181228_110653

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㊿ 営業時間は午前クジかラ! コレが長生浦・鯨文化特区

北の大地よりアニョハセヨ! 昨年末、日本は国際捕鯨委員会からの脱退と商業捕鯨再開という報道があり、様々な議論を呼びました。コレは興味深いと思い、日本の捕鯨の歴史を紐解くと、蔚山(ウルサン)の長生浦(チャンセンポ)という地名が出てきて、現在「コレ(=鯨)文化特区」になっているとのこ…続きを読む

ムルメギタン

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉜ 釜山カルメギ…いえいえ、ムルメギです

 北の大地からアニョハセヨ!そんな北の大地では、12月から韓国LCCのエアプサンが新千歳空港と釜山金海(キメ)国際空港の間を週3回の定期便が就航させるとのことで、北海道に住む韓国ファンの注目を集めています。大学を卒業してから4年間住んでいた釜山が、これで手軽に行けるようになるのか…続きを読む

統営ケーブルカー

見どころいっぱい、美食いっぱい、そして多くの文学者・匠を輩出した街…統営

  見どころいっぱい、美食いっぱい、 そして多くの文学者・匠を輩出した街 慶尚南道・統営   統営(トンヨン)を皆さんはご存じでしょうか? 慶尚南道にあって、「東洋のナポリ」とも称される港町です。釜山からバスで約1時間半あまりで、閑麗(ハルリョ)海上国立公園の…続きを読む

DSC_9341

韓国旅行がもっと楽しくなる 「キラリ! 名所」 ㊳ 木浦は港だ

春らしくなった北の大地より、アニョハセヨ! 5月といえば韓国では「季節の女王」といいますが、木浦が生んだ歌謡界の女王といえば「李蘭影(イ・ナニョン/1916~1965)」です。ということで今回は全羅南道(チョルラナムド)の南西端に位置する木浦(モッポ)市を紹介します。 「榮山江(…続きを読む

写真提供:釜山広域市

釜山ホット情報 | 年末年始は釜山で楽しく!

今年も残すところわずかですが、年末年始の連休の計画は立てられましたか? 今回は、釜山に来られる際に、役に立つ日本語のツールをご紹介します。前回ご紹介したブログ「ホットな釜山」は既にご存知かと思いますが、釜山の最新情報を毎月お届けする「ダイナミック釜山」を市では毎月発行しています。…続きを読む

パッピンス

「heniya」の韓国風土記28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く

ブロガー「heniya」の韓国風土記 Vol. 28 冬だからこそ楽しいソウルを歩く 韓国に行くようになって経験していない季節はないのですが、私は実は冬のソウルが一番好きです。そして暑い夏が一番苦手ですね。以前は韓国の夏は湿気もなくて過ごしやすいと思っていましたが、ここ数年はやは…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02