「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

2017年05月17日

백남준기념관

 

「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生

白南準記念館

 

世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区の昌信洞にオープンした。

ナム・ジュン・パイクは、ジョン・ケージやヨーゼフ・ボイスなどと共に芸術運動「フルクサス」に参加し、世界初のビデオアート作品を発表するなど、世界の美術の先頭に立った人物だ。ニューヨークとパリを結んだ衛星中継番組「グッドモーニング・ミスター・オーウェル」などのサテライトアートでもその名を知られている。

今回、記念館となったのは、パイクが1937年から1950年までの13年間、青少年期を過ごした家。鍾路区昌信洞は、都市再生の先導地域として指定されており、記念館の開館も都市再生事業の一環として地域住民が願い出て実現したものだ。

記念館の建物のリノベーションを担当したのは建築家のチェ・ウク氏。最近、ソウル市長の公館を漢陽都城博物館にリニューアルする設計を担当して好評を得ていたが、今回の白南準記念館においても、もとの韓屋の様式を最大限生かして新しい空間をつくりだしている。建築だけではなく、パイクに関する研究資料やパイクに関するオマージュ作品など、パイクを慕う人たちが彼を記念する空間をつくりあげている。

入口にはパイクの映像作品を上映するインスタレーションが設置され、「マダン」と呼ばれる中庭には、彼の代表作の一つである「多々益善」をモチーフにしたオブジェなどが展示されている。いずれもパイクの影響を受けた作家キム・サンドン氏の作品だ。

建物の中は、パイクの生涯をまとめたパネルと彼の年代別の作品などを紹介するインタラクティブなインスタレーション作品が展示されている。パネルには、パイクの作品活動とその思想がまとめられているが、韓国の文化、そして青少年時代を過ごした昌信洞から多くのインスピレーションを得ていることに驚かされる。パイクは晩年までこの家に帰りたいと話していたという。

パイク自身の作品はないが、パイクに関心を持つ人はもちろん、パイクを知らない人にも彼がどういう人でどういう業績を残したのかを知る有意義な空間といえるだろう。記念館を観覧してから京畿道果川市にある国立現代美術館や龍仁市にある白南準アートセンターを訪ねて彼の作品に触れてみるのもよいだろう。

 

Information

地下鉄1号線東大門駅3番出口から出て直進。BYCというアンダーウェアの店のある路地に入り、三叉路で右折。15mほど左前の韓屋。
観覧時間:火~日 10~18時(毎週月曜日、1月1日休館)
ドーセント(観覧案内)運営:1時、3時から(韓国語)
入場料:無料

Pocket

関連する記事はこちら

국립국악원_공연

開院60周年を迎える国立国楽院、記念公演が盛大に開催

開院60周年を迎える国立国楽院、記念公演が盛大に開催   -6月まで特別公演、企画展示など多様な国楽舞台を準備 国立国楽院が開院60周年記念の年を迎え、4月から6月まで多彩な公演や展示、学術行事を準備している。1951年4月10日開院した国立国楽院の過去と現在、そして未…続きを読む

002

旅の強い味方 韓国観光公社

  韓国を旅行する際、旅行前に充分計画して来ても、現地で情報を手に入れたいときはよくあるものです。観光地までの行き方や、観覧時間や休日、更には現地について新たな情報を知ってそれについて詳しく知りたいこともよくあります。そんな旅の強い味方となってくれるのが韓国観光公社です…続きを読む

응답하라

仁川の韓国ドラマ『応答せよ1988』ロケ地

思い出に応答せよ! 韓国ドラマ『応答せよ1988』ロケ地 人気俳優たちが出演して「韓流」を巻き起こし、韓国の観光文化産業の発達に大きく貢献した映画やドラマはたくさんある。ドラマ『応答せよ1988』は、最近のドラマによく登場する不治の病、不倫などの素材を一切使わない最高のドラマとし…続きを読む

nothumbnail

貞洞劇場、慶州にて「神国の土地、新羅」を公演 

貞洞劇場、慶州にて「神国の土地、新羅」を公演    -慶州世界文化エキスポ文化センター内、7月1日から 韓国文化体育観光部の傘下である財団法人明洞貞洞(チョンドン)劇場が慶州(キョンジュ)市および慶州世界文化エキスポとMOUを締結し、国家ブランド常設公演である「神国の土…続きを読む

동백섬_메인(가로)

<体験レポート:釜山編>「歩いて楽しむ」、釜山1DAY Walking

<体験レポート:釜山編>   「歩いて楽しむ」、釜山1DAY Walking   ソウルとはまた違った魅力溢れるエネルギッシュな街、釜山(プサン)。ガイドブックには代表的な観光地情報が溢れているものの、もっと普段の韓国の人たちが過ごす、釜山ならではの休日を過ごしてみたい…続きを読む

文化ヌリ館

韓国初の建築博物館「金重業博物館」

気持ちのよい公園に面した韓国で最初の建築博物館 金重業博物館   建築物を見に海外旅行をするといえば、ヨーロッパに行く人が多いだろうが、韓国にも意外と見るべき建築が多い。3人の世界的建築家の作品が見られるサムスン美術館リウムをはじめ、日本の新国立競技場のコンペにも勝ち残…続きを読む

greenhouse02

ソウルの巨大なボタニック公園「ソウル植物園」

 ソウルの西の外れ、金浦空港のすぐ手前にある麻谷地区。ソウル最後の開発地域として注目を集めているが、そこに新しいソウルの名所が誕生した。汝矣島公園の2・2倍の広さを誇る巨大な植物園、「ソウル植物園」だ。昨年10月のプレオープンから話題を集め、今年5月、正式にオープンした「ソウル植…続きを読む

인천2

仁川の近代文化との出合い 開港場通り

近代文化との出合い 開港場通り 近代化が始まった所、西海岸第1の貿易港。仁川の開港場ヌリ道を訪ねてみよう。 まず仁川駅から出発してみよう。仁川駅は駅そのものが歴史的な場所だ。 韓国の鉄道は1899年9月18日に開通したが、最初に開通式を行った所が仁川駅だ。現在の駅舎は1925年に…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence