「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

2017年05月17日

백남준기념관

 

「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生

白南準記念館

 

世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区の昌信洞にオープンした。

ナム・ジュン・パイクは、ジョン・ケージやヨーゼフ・ボイスなどと共に芸術運動「フルクサス」に参加し、世界初のビデオアート作品を発表するなど、世界の美術の先頭に立った人物だ。ニューヨークとパリを結んだ衛星中継番組「グッドモーニング・ミスター・オーウェル」などのサテライトアートでもその名を知られている。

今回、記念館となったのは、パイクが1937年から1950年までの13年間、青少年期を過ごした家。鍾路区昌信洞は、都市再生の先導地域として指定されており、記念館の開館も都市再生事業の一環として地域住民が願い出て実現したものだ。

記念館の建物のリノベーションを担当したのは建築家のチェ・ウク氏。最近、ソウル市長の公館を漢陽都城博物館にリニューアルする設計を担当して好評を得ていたが、今回の白南準記念館においても、もとの韓屋の様式を最大限生かして新しい空間をつくりだしている。建築だけではなく、パイクに関する研究資料やパイクに関するオマージュ作品など、パイクを慕う人たちが彼を記念する空間をつくりあげている。

入口にはパイクの映像作品を上映するインスタレーションが設置され、「マダン」と呼ばれる中庭には、彼の代表作の一つである「多々益善」をモチーフにしたオブジェなどが展示されている。いずれもパイクの影響を受けた作家キム・サンドン氏の作品だ。

建物の中は、パイクの生涯をまとめたパネルと彼の年代別の作品などを紹介するインタラクティブなインスタレーション作品が展示されている。パネルには、パイクの作品活動とその思想がまとめられているが、韓国の文化、そして青少年時代を過ごした昌信洞から多くのインスピレーションを得ていることに驚かされる。パイクは晩年までこの家に帰りたいと話していたという。

パイク自身の作品はないが、パイクに関心を持つ人はもちろん、パイクを知らない人にも彼がどういう人でどういう業績を残したのかを知る有意義な空間といえるだろう。記念館を観覧してから京畿道果川市にある国立現代美術館や龍仁市にある白南準アートセンターを訪ねて彼の作品に触れてみるのもよいだろう。

 

Information

地下鉄1号線東大門駅3番出口から出て直進。BYCというアンダーウェアの店のある路地に入り、三叉路で右折。15mほど左前の韓屋。
観覧時間:火~日 10~18時(毎週月曜日、1月1日休館)
ドーセント(観覧案内)運営:1時、3時から(韓国語)
入場料:無料

Pocket

関連する記事はこちら

수도국산박물관1

韓国の仁川にある特別な博物館旅行

ご両親との時間旅行 水道局山タルトンネ博物館 いわゆる「博物館」といえば、退屈なところ、というイメージがある。 展示されているものによって、そのイメージは異なるが、とにかく、博物館はその特有の語感から、気軽に楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすというイメージとはほど遠い。しか…続きを読む

nothumbnail

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」 平年より寒かった冬が終わり、やっと訪れた新しい季節の到来に、ショッピングに出かけてみたくなる。「洋服はどんなところで買うの?」と大学生たちに聞くと、南浦洞(ナンポドン)、西面(ソミョン)と並びここ「釜山大(プサンデ)」の名前が必ず…続きを読む

greenhouse02

ソウルの巨大なボタニック公園「ソウル植物園」

 ソウルの西の外れ、金浦空港のすぐ手前にある麻谷地区。ソウル最後の開発地域として注目を集めているが、そこに新しいソウルの名所が誕生した。汝矣島公園の2・2倍の広さを誇る巨大な植物園、「ソウル植物園」だ。昨年10月のプレオープンから話題を集め、今年5月、正式にオープンした「ソウル植…続きを読む

夜オバケマーケット01

暑いソウルの夜も有意義に! 「ソウル・夜オバケナイトマーケット」

 日中の気温が30度を超え、夜も寝苦しいソウルの夏。蒸し暑い夜を少しでも涼しく過ごそうと、ソウルの人たちはトッチャリ(ビニールシート)や食べ物を持って、漢江(ハンガン)へと出かけます。静かなを夕涼みを想像して出かけてみると、そこはお祭り騒ぎ! 毎週金・土曜日の夜、「パムトッケビ(…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

100

元韓国語学留学生が ソウルを歩く

中川さんの久しぶりソウル 1日密着レポート 日本に空前のブームを巻き起こした韓流。韓流ドラマやK-POPの影響で韓国語を習い始めた日本人はたくさんいるようです。中川さんが韓国に留学に来たのは2005年の4月。当時は韓流の波がうねりだそうとする少し前でしたが、それでもいち早く韓国の…続きを読む

百潭寺01

百潭寺テンプルステイ体験記

  自分の欲するところを自分に問う贅沢な時間   百潭寺テンプルステイ体験記   韓国の寺院で仏教の修行を体験するテンプルステイ、最近、日本でも知られるようになってきたが、実際に体験した人は多くはない。そんなテンプルステイを体験してもらおうと、韓国仏…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02