ゴージャスなマネーゲーム、「セブンラックカジノ」

2011年03月08日

今夜、幸運の女神と出会う。

ジャスマネ、「セブンラックカジノ

 

韓国の夜を楽しむ方法はいろいろある。高級なカフェやスカイラウンジでお酒を飲んだり、ソウルタワーに登って美しいソウルの夜景を満喫し、一晩で不夜城となる東大門ファッションタウンでは朝までショッピングを楽しんだり、それぞれ違ったソウルの夜を楽しむ方法がある。しかしせっかく来たソウル旅行だからこそ、普段とは違う世界を体験してみたいという好奇心が湧いてくる。そんな好奇心あふれる場所としては、優雅な室内でディーラーと向かい合い、お互いの幸運を掛けたマネーゲームを楽しむカジノがぴったりといえる。退屈な日常から抜け出して、一攫千金のチャンスをつかむことができる場所。今夜幸運の女神がそばにいる核心を得たならセブンラックカジノの扉を叩いてみてはいかがだろう。

文/中村奈緒子記者

 

セブンラックカジノはGKLグランドコリアレジャー(株)が運営する韓国最大規模の外国人専用カジノ。韓国国内でも3つの支店を持ち、韓国経済に吹く冷たい風をものともせず2008年には3633億5000万ウォンの売り上げをあげ、この年カジノ業界初の「3億ドル観光振興塔」まで受賞した。2006年1月にはソウル江南(カンナム)店をオープン、5月にはミレニアムソウルヒルトン店を、6月には釜山とロッテ店をオープンし、さらに2009年10月には江南店の3階にVIPカジノまででき、より一層ゲームを満喫できるようになった。

セブンラックカジノは観光客に嬉しい都心に位置しているためショッピングや観光に行くにも便利な場所だ。江南店はオリエンタル風のインテリアで最先端の設備を揃えた総面積6059.85㎡の悠々としたスペースとなっている。74台のルーレットを始めブラックジャック、バカラ、タイサイ、ビッグホイール、カリビアンスタッドポーカー、スロットマシーンなどさまざまなバリエーションのゲームをリラックスした雰囲気で楽しむことができる。

ミレニアムヒルトンホテル内にオープンしたミレニアムソウルヒルトン店は煌びやかな装飾が特長で、ラスベガスのカジノを髣髴させるゴージャスなカジノ場だ。58のテーブルに人気のルーレットやブラックジャック、バカラなどのゲームを始め142のマシンを完備している。

カジノがホテル内にあるので宿泊客は時間を気にせずにゆっくりゲームを楽しむことができる。またソウルに続いて日本人に人気の観光地である釜山には、ロッテホテル内にセブンラックカジノがあり、海をイメージした波模様の柱がコンセプトとなっている。ヨーロッパ風の装飾がリラックスしたゲームを演出してくれる。釜山店では34台のテーブルと70台のマシンが完備されていて、心行くまでゲームを楽しむことができる。

セブンラックカジノは全店24時間営業している。そのため観光客の好きな時間にゲームを楽しむことができる。場内にあるバーのドリンクと食事はすべて無料で頂くことができ、豊富なメニューが観光客に喜ばれている。

またカジノ場にはCSセンターがあり日本語のできるスタッフがいるので安心だ。セブンラックカジノの広告を見ると韓流スターのイ・ビョンホンがにっこりと微笑む姿がある。イメージモデルとして起用されているイ・ビョンホンはギャンブルを素材にしたドラマ「オールイン」で華麗にカジノゲームをした姿が印象的だ。カジノの魅力はその雰囲気とふだん国内ではできないゲームができるという点にある。海外旅行の醍醐味、韓国に来た際はセブンラックカジノで楽しいひと時を過ごしてみては。

 

서브01-세븐럭강남점

▲江南店の3階に新しくオープンしたVIPカジノ。より一層ゲームを満喫できる。

서브02-세븐럭부산점

▲ルーレットマシン。ルールが簡単なので初心者でも気軽に楽しめる。(釜山店)

서브03-세븐럭힐튼점

▲ドリンクと食事などすべて無料で頂くことができる。(ミレニアムソウルヒルトン店)

 

 

INFO

カジノへの入場は海外の方のみ可能。入場の際にはパスポートの確認が行われる。カジノでの特別なドレスコードの決まりはないが、ゴージャスな雰囲気を楽しむために、半ズボンやジャージなどは避けるのがマナーだといえる。セブンラックカジノは韓国内に3つの支店が営業している。 江南店はオークウッドプレミアCOEXセンターに、ミレニアムヒルトン店はミレニアムヒルトンホテルの中にある。プサン店はプサンロッテホテルに2階にありアクセスも便利だ。 各店、年中無休で24時間営業。セブンラックカジノに関する詳しい情報は公式サイト(http://www.7luck.com)で確認できる。

 

Pocket

関連する記事はこちら

동화마을

仁川の童話の主人公になる 松月洞童話村

童話の主人公になる 松月洞童話村 松月洞(ソンウォルドン)童話村(ドンファマウル)は、その名の通り’童話’をテーマに地域全体が華やかに飾られた村である。入口に着くと、’松月洞童話村’と書かれた大きな虹の形の看板が見える。左側の最初の 路地に入っ…続きを読む

nothumbnail

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」 平年より寒かった冬が終わり、やっと訪れた新しい季節の到来に、ショッピングに出かけてみたくなる。「洋服はどんなところで買うの?」と大学生たちに聞くと、南浦洞(ナンポドン)、西面(ソミョン)と並びここ「釜山大(プサンデ)」の名前が必ず…続きを読む

국립중앙박물관_꽃전시

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開 -新年遺物を交替「朝鮮時代の花の絵」展開く 国立中央博物館が春を迎え、博物館内美術史展示館である書画観絵画室の遺物を新しく交替し観覧客を迎える。 新しく展示される作品らは近づく春とよく似合う「朝鮮時代の花の絵」達で、国立中央博物館の…続きを読む

文化ヌリ館

韓国初の建築博物館「金重業博物館」

気持ちのよい公園に面した韓国で最初の建築博物館 金重業博物館   建築物を見に海外旅行をするといえば、ヨーロッパに行く人が多いだろうが、韓国にも意外と見るべき建築が多い。3人の世界的建築家の作品が見られるサムスン美術館リウムをはじめ、日本の新国立競技場のコンペにも勝ち残…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

100

元韓国語学留学生が ソウルを歩く

中川さんの久しぶりソウル 1日密着レポート 日本に空前のブームを巻き起こした韓流。韓流ドラマやK-POPの影響で韓国語を習い始めた日本人はたくさんいるようです。中川さんが韓国に留学に来たのは2005年の4月。当時は韓流の波がうねりだそうとする少し前でしたが、それでもいち早く韓国の…続きを読む

서브01-청계광장

<ソウル特別企画>ソウルの中心で文化の香りを探す

<ソウル特別企画> 今までと少し違った韓国旅行の楽しみ方 ソウルの中心で文化の香りを探す   韓国ブームもすでに定着してきた昨今、ソウルを訪れるリピータが大幅に増加している。ショッピング、食べ歩き、ロケ地めぐりなどソウルの楽しみ方は人それぞれ多種多様だが、たまには立ち止…続きを読む

煥基美術館1

韓国ART散歩 | 煥基美術館

韓国最高の抽象画に最高の空間で出会う 煥基美術館   2017年11月27日、青い色調の一枚の絵が香港でのオークションで2800万ドル(約39億ウォン)で落札された。この「モーニングスター」という題の半抽象画は、韓国の美術品では最高額で落札される、樹話(スファ)・金煥基…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02