スターフィールド・コエックスモール「星の広場図書館」

2017年07月12日

「本を開く、星を抱く」

スターフィールド・コエックスモール星の広場図書館

 

図書館とショッピングモール、お互いに性格の違う二つの空間が一つになった。今年5月31日にスターフィールド・コエックスモールにオープンした「星の広場図書館」のことだ。オープン前からすでに話題になっており、今や誰もが一度は行ってみたいホットプレイスとなった。

地下鉄三成駅からコエックスモールに入ると、まもなく大きな広場が現れる。昔はフードコートだった場所だが、今は巨大な本棚がそびえる図書館となった。図書館の面積は2800㎡。地下1階と地上1階にわたって吹き抜けになっており、広場の四隅に備えられた高さ13mの本棚に、床から天井まで本が並べられているのだ。手が届かないような高いところにある本はどうやって取るのだろうかと思うかも知れないが、高いところにある本はすべて装飾用のレプリカで、読むための本はすべて手が届く場所にある。図書館の利用料は、もちろん無料だ。

この図書館の蔵書は約5万冊。一般の図書館に比べると多い数ではないが、小説や実用書、専門書などあらゆるジャンルの本が揃っており、最近話題になっている新刊も多く見られる。そして何より600種類を越える雑誌があるのも大きな特徴のひとつだ。韓国国内の雑誌だけでなく、外国の雑誌も多いのも嬉しい。もちろん雑誌は定期的に最新刊に入れ替えられる。また、紙の本だけではなく、iPadで電子書籍を閲覧できるスペースも備えられている。

本の貸し出しはできず、図書館に備えられた椅子に座って読むようになっている。ショッピングに来た隙間の時間に寄ってみてもいいだろう。2階の一画はコンビニが入店しており、お菓子などをつまみながら本を読むこともできる。

starfield図書館側のパンフレットには「本を読んでも読まなくてもかまいません。読書による思索と余裕はもちろん、誰かとの待ち合わせの場所としても役立ちます」とある。そんな気軽さまで感じられる空間だ。

星の広場図書館のもう一つの特徴は、さまざまなイベントが行なわれること。本の著者を招待したトークイベントや詩の朗読会、講演会のほか、小さな音楽会なども行なわれている。スターフィールド・コエックスモールの公式サイト(http://www.coexmall.com/※韓国語のみ)でイベントのスケジュールも確認できる。

Pocket

関連する記事はこちら

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

アリラン流浪団

韓国文化教育体験アカデミー「アリランスクール」

アリランを体験してみよう! 韓国文化教育体験アカデミー「アリランスクール」   韓国に旅行に来て、何かの体験を楽しんだ人は多いだろう。韓服を着て記念撮影をしたり、キムチを漬けたり、簡単に楽しく韓国の文化に触れることができるのが魅力だ。しかし、今まで体験したことのない韓国…続きを読む

수도국산박물관1

韓国の仁川にある特別な博物館旅行

ご両親との時間旅行 水道局山タルトンネ博物館 いわゆる「博物館」といえば、退屈なところ、というイメージがある。 展示されているものによって、そのイメージは異なるが、とにかく、博物館はその特有の語感から、気軽に楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすというイメージとはほど遠い。しか…続きを読む

차이나타운2

仁川の圧倒的な歴史の深さを誇る 仁川チャイナタウン

圧倒的な歴史の深さを誇る 仁川チャイナタウン 仁川チャイナタウン。バスで行くこともできるし、車でも行けるが、地下鉄で行くことをお勧めする。 仁川行きの地下鉄1号線に乗って終点まで行けばよいからだ。一駅手前の東仁川駅までは急行列車で速く着くことができる。 でも、急行列車が先にきても…続きを読む

鎮海・軍港祭

春満開!! 全国の桜祭り 2017

「春風ひらめき~、舞い散る桜の花びらが~」暖かい春の気配に乗って、バスカーバスカーの「桜エンディング」が聞こえる季節がやってくる。ここ数年、韓国で一番人気なのが、この「桜エンディング」。春になったら花見に行きたくなるのは日本でも韓国でも同じだ。韓国にも桜の名所は各所にあり、桜祭り…続きを読む

동백섬_메인(가로)

<体験レポート:釜山編>「歩いて楽しむ」、釜山1DAY Walking

<体験レポート:釜山編>   「歩いて楽しむ」、釜山1DAY Walking   ソウルとはまた違った魅力溢れるエネルギッシュな街、釜山(プサン)。ガイドブックには代表的な観光地情報が溢れているものの、もっと普段の韓国の人たちが過ごす、釜山ならではの休日を過ごしてみたい…続きを読む

IMG_0964

ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

  ソウル本屋散策       ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02