スターフィールド・コエックスモール「星の広場図書館」

2017年07月12日

「本を開く、星を抱く」

スターフィールド・コエックスモール星の広場図書館

 

図書館とショッピングモール、お互いに性格の違う二つの空間が一つになった。今年5月31日にスターフィールド・コエックスモールにオープンした「星の広場図書館」のことだ。オープン前からすでに話題になっており、今や誰もが一度は行ってみたいホットプレイスとなった。

地下鉄三成駅からコエックスモールに入ると、まもなく大きな広場が現れる。昔はフードコートだった場所だが、今は巨大な本棚がそびえる図書館となった。図書館の面積は2800㎡。地下1階と地上1階にわたって吹き抜けになっており、広場の四隅に備えられた高さ13mの本棚に、床から天井まで本が並べられているのだ。手が届かないような高いところにある本はどうやって取るのだろうかと思うかも知れないが、高いところにある本はすべて装飾用のレプリカで、読むための本はすべて手が届く場所にある。図書館の利用料は、もちろん無料だ。

この図書館の蔵書は約5万冊。一般の図書館に比べると多い数ではないが、小説や実用書、専門書などあらゆるジャンルの本が揃っており、最近話題になっている新刊も多く見られる。そして何より600種類を越える雑誌があるのも大きな特徴のひとつだ。韓国国内の雑誌だけでなく、外国の雑誌も多いのも嬉しい。もちろん雑誌は定期的に最新刊に入れ替えられる。また、紙の本だけではなく、iPadで電子書籍を閲覧できるスペースも備えられている。

本の貸し出しはできず、図書館に備えられた椅子に座って読むようになっている。ショッピングに来た隙間の時間に寄ってみてもいいだろう。2階の一画はコンビニが入店しており、お菓子などをつまみながら本を読むこともできる。

starfield図書館側のパンフレットには「本を読んでも読まなくてもかまいません。読書による思索と余裕はもちろん、誰かとの待ち合わせの場所としても役立ちます」とある。そんな気軽さまで感じられる空間だ。

星の広場図書館のもう一つの特徴は、さまざまなイベントが行なわれること。本の著者を招待したトークイベントや詩の朗読会、講演会のほか、小さな音楽会なども行なわれている。スターフィールド・コエックスモールの公式サイト(http://www.coexmall.com/※韓国語のみ)でイベントのスケジュールも確認できる。

Pocket

関連する記事はこちら

streetmuseum01

筆洞ストリートミュージアム

現代アートを路地で楽しむスタンプラリーに出発しよう   筆洞ストリートミュージアム    最近、韓国では都市再生が盛んに行われており、古い家屋をカフェやコミュニティースペースに改造して地域の再生に役立てる事業があちらこちらで見られる。鍾路区の益善洞(イクソンド…続きを読む

煥基美術館1

韓国ART散歩 | 煥基美術館

韓国最高の抽象画に最高の空間で出会う 煥基美術館   2017年11月27日、青い色調の一枚の絵が香港でのオークションで2800万ドル(約39億ウォン)で落札された。この「モーニングスター」という題の半抽象画は、韓国の美術品では最高額で落札される、樹話(スファ)・金煥基…続きを読む

オデホアートファクトリー

韓国で初のジャンクアートミュージアム「オデホ・アートファクトリー」

   忠清北道忠州市の郊外、廃校の校庭にロボットが現れた。映画「トランスフォーマー」で見たようなロボットが何体も並んでいる。その脇では近未来SFに出てきそうなバイクが走っている。子供たち、いや大人までわくわくするような作品が並ぶここは、今年5月にオープンした「オデホ・ア…続きを読む

greenhouse02

ソウルの巨大なボタニック公園「ソウル植物園」

 ソウルの西の外れ、金浦空港のすぐ手前にある麻谷地区。ソウル最後の開発地域として注目を集めているが、そこに新しいソウルの名所が誕生した。汝矣島公園の2・2倍の広さを誇る巨大な植物園、「ソウル植物園」だ。昨年10月のプレオープンから話題を集め、今年5月、正式にオープンした「ソウル植…続きを読む

seoul_hanabi

ソウルでは秋の風物詩? 「ソウル世界花火祭り」攻略法!

 「たまや~!」浴衣を着て夜空に咲く花火を見上げるのは日本の夏の風情だが、韓国ではどうだろうか? 韓国の花火大会のメインシーズンは秋。韓国全土で多彩な地方祭りが開かれる秋に、全国的に名の知られる花火祭りが行われる。その代表が、ソウルの汝矣島で行われる「ハンファ・ソウル世界花火祭り…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

차이나타운2

仁川の圧倒的な歴史の深さを誇る 仁川チャイナタウン

圧倒的な歴史の深さを誇る 仁川チャイナタウン 仁川チャイナタウン。バスで行くこともできるし、車でも行けるが、地下鉄で行くことをお勧めする。 仁川行きの地下鉄1号線に乗って終点まで行けばよいからだ。一駅手前の東仁川駅までは急行列車で速く着くことができる。 でも、急行列車が先にきても…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence