ソウルでは秋の風物詩? 「ソウル世界花火祭り」攻略法!

2019年08月26日

seoul_hanabi

 「たまや~!」浴衣を着て夜空に咲く花火を見上げるのは日本の夏の風情だが、韓国ではどうだろうか? 韓国の花火大会のメインシーズンは秋。韓国全土で多彩な地方祭りが開かれる秋に、全国的に名の知られる花火祭りが行われる。その代表が、ソウルの汝矣島で行われる「ハンファ・ソウル世界花火祭り」。華やかな花火が観客たちを待っている。

文/町野山宏記者

 

韓国の花火祭りの代表で、汝矣島漢江公園で行われる「ソウル世界花火祭り」。ハンファグループが主催して2000年から行われており、今年は10月5日(土)に開催される。ソウルの秋の風物詩ともいえるこのイベントは、いい場所で見ようとする人たちで毎年大混雑し、会場から帰るのもたいへんなほどだ。

何といってもその規模が見物。川辺の舞台で演奏される音楽をバックに、数万発の花火が打ち上げられ、昨年2018年には約10万発の花火が打ち上げられた。タイトルに「世界」という言葉が入っていることからも分かるように、日本、中国、イタリア、フランス、アメリカ、カナダなど多くの国から参加して、それぞれ独特の花火を披露する。世界からの花火だけではなく、もちろん韓国の花火がメインだ。特にハンファは今年、世界3大花火祭りの一つであるカナダのモントリオール国際花火祭りに韓国代表として参加し、大好評を受けた。

大規模な花火大会であるといってもソウルのどこからでも見えるわけではない。それに「明堂(風水地理において理想的な場所のこと。転じて最高のスポット)」と呼ばれる、観覧に最適な地域があるため、あらかじめ調べておく必要がある。花火を見るのにお勧めのスポットとしては、最高なのは「ゴールデンチケット」座席。この花火祭りは漢江に浮かぶ舟の上から打ち上げられるが、その舟の正面にある席で、イベントを通して獲得できる特別席。今年は9月2日にイベントが行われるため、それを狙う人は公式サイト(https://hanwhafireworks.bulggot.co/)をチェックしておこう。

その次によいのは汝矣島漢江公園マルチプラザ。花火を見る「明堂」として知られる場所なので、早めの場所取りが必要だ。その代わり、グローバルアーティストたちによる企画展が開かれており、花火と共にアートが楽しめる。

その次によいのは漢江に浮かぶノドゥル島。漢江鉄橋や63ビルディングを背景に花火を鑑賞できる。二村(イチョン)漢江公園も交通が便利で比較的近くで見えるため、写真を撮るに最高の場所だといえる。

鷺梁津(ノリャンジン)の死六臣(サリュクシン)公園や、仙遊島(ソニュド)公園、望遠(マンウォン)漢江公園、ハヌル公園なども観覧にいいスポットとして挙げられる。漢江沿いの公園だけではなく、高い山の上から見るのもお勧めの方法だ。南山公園や鞍山(アンサン)の烽燧台が人気だ。

このように花火が観覧できるポイントは多いが、そのぶん、観覧する人も多くなり、どこへ行っても観覧場所の競争率は高い。そのため、早めに行って場所取りをしておくのが必須だ。昼から場所取りをして座っていなければならないわけだが、各所でバスキングやトークショー、フードマーケット、フリーマーケットなどが行われるため、場所によっては待ち時間から楽しめる。
最後に花火祭りに参加する時に便利なヒントをいくつか紹介しておこう。

まず、涼しい場所に長時間座っていないといけないため、秋とはいっても防寒の備えが必要だ。すぐにはおれる上着やブランケットなどを用意しておこう。広めのレジャーシートや敷物も必須だ。昼間から場所をとって待つ場合、紫外線遮断のためのグッズを準備しよう。長時間待っている時間つぶしのための本やボードゲームなども準備しておいた方がいい。

祭りを楽しんだ後、ホテルに帰るための交通手段も前もって調べておいたほうがいい。祭りのために会場周辺の道路は車両通行止めになるだけでなく、観覧客の安全のためにバスや地下鉄が該当区間を通過する。事前にどの区間が通行止め、あるいは通過となるのかを調べて帰宅の道を調べておくことをお勧めする。

年に一度のイベント、万端の準備をすれば最高の思い出になるに違いない。

 

ソウル世界花火祭り

https://hanwhafireworks.bulggot.co/

Pocket

関連する記事はこちら

月精寺

山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅

心身が癒されるとっておきの冬の韓国旅行 山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅    日常の悩みから離れて地上と断絶した山の中の寺院に向かう。都市の喧騒は消え、神秘的で霊験あらたかな空気に体と心が自然と癒されていく。伝統的な仏の教えはこれまで気づかなかった人生の意味ま…続きを読む

アリラン流浪団

韓国文化教育体験アカデミー「アリランスクール」

アリランを体験してみよう! 韓国文化教育体験アカデミー「アリランスクール」   韓国に旅行に来て、何かの体験を楽しんだ人は多いだろう。韓服を着て記念撮影をしたり、キムチを漬けたり、簡単に楽しく韓国の文化に触れることができるのが魅力だ。しかし、今まで体験したことのない韓国…続きを読む

7IKs7KeEIDE=

歴史的なソウル駅が文化空間として誕生…文化駅ソウル284

  昔からソウルだけでなく韓国観光の要となってきたソウル駅。空港鉄道も利用できるだけでなく、ソウル駅前のロッテマートは外国人観光客に定番のスポットとなって久しい。でも、その前にある昔のソウル駅の建物を改装した文化空間「文化駅ソウル284」は思ったより見落としがちな名所か…続きを読む

국립중앙박물관

国立中央博物館、「新安龍泉靑磁展」を開催

国立中央博物館、「新安龍泉靑磁展」を開催 -アジア館にて6月19日まで 国立中央博物館内にあるアジア館の新安海底文化財室にて6月19日(日)まで、新安沖の海底から発掘された龍泉靑磁をテーマにしたテーマ展が開催される。 龍泉靑磁とは、中国の呉・北宋の時代から清王朝まで浙江省南部の龍…続きを読む

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

オデホアートファクトリー

韓国で初のジャンクアートミュージアム「オデホ・アートファクトリー」

   忠清北道忠州市の郊外、廃校の校庭にロボットが現れた。映画「トランスフォーマー」で見たようなロボットが何体も並んでいる。その脇では近未来SFに出てきそうなバイクが走っている。子供たち、いや大人までわくわくするような作品が並ぶここは、今年5月にオープンした「オデホ・ア…続きを読む

精進料理体験館01

尼さんから学ぶ韓国の精進料理「韓国寺刹飲食文化体験館」

韓国旅行での大きな楽しみの一つが「食」だろう。さまざまなおいしい料理があふれているが、その中でも最近注目を浴びているのが韓国の寺院に古くから伝わる精進料理だ。伝統を継承しながらよりおいしく、栄養価の高い料理を提供するために発展を続けてきた。そのような精進料理を紹介する「韓国寺刹飲…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02