ソウルの巨大なボタニック公園「ソウル植物園」

2019年07月30日

 ソウルの西の外れ、金浦空港のすぐ手前にある麻谷地区。ソウル最後の開発地域として注目を集めているが、そこに新しいソウルの名所が誕生した。汝矣島公園の2・2倍の広さを誇る巨大な植物園、「ソウル植物園」だ。昨年10月のプレオープンから話題を集め、今年5月、正式にオープンした「ソウル植物園」を訪ねてみよう。

文/町野山宏記者

 

greenhouse02

 

今まで韓国に植物園がなかったわけではないが、郊外に集中しており、都市に住む人たちが日常で植物に触れられるインフラが不足していた。それを、より都心の近くで接することができるようにしたのが「ソウル植物園」だ。

熱帯と地中海地域の12ヵ都市から取り寄せた植物が、現在3100種。今後は8000種まで確保して韓国を代表する植物園にする計画だ。

植物園は、「開かれた林」、「主題園」、「湖水園」、「湿地園」の4つに分かれる。「開かれた林」は植物園の入り口となる空間。「主題園」は温室と「主題庭園」と名づけられた野外庭園がある。「湖水園」は湖に沿ってウッドデッキが設けられ、水生植物を観察できる。「湿地園」は漢江に面しており、散策にぴったりの空間だ。

中でも温室は世界の珍しい植物を見ることができ、人気だ。アマゾンで発見されたオオオニバス、オーストラリアのクイーンズランドに自生するオーストラリアバオバブ、スペインから運んできたオリーブなど、珍しい植物が圧巻だ。

温室の建築もみどころの一つだ。円形のガラスのドームの上に花が咲いたような形を連想させる。中央がへこんだ形になっているが、中央が高い場合は中央が主人公になるが、周囲が高くなればより多くの主人公をつくることができるという建築家のアイデアによるものだという。そして、雨水が中央に集まって造園のための水として使っている。また、天井を覆う半透明の板はガラスより可視光線の透過度が高く船上も容易な新素材を使用している。ソウル市建築賞において優秀賞を受賞した建築でもある。

 

greenhouse01

 

温室のほかに主題園で目を引くのが「麻谷文化院」だ。「陽川水利組合配水ポンプ場」として使われていた、日本統治時代の1927年に建てられた建物だ。高さ4mのコンクリート構造物の上に建てられた木造建築で、現在は展示室として使われている。近代文化遺産であるこの建物を中心とした麻谷地区の歴史についての展示がなされており、ソウルの近代史に関心がある人たちの間で話題になっている。

主題園の中の主題庭園は、韓国の植物と植物に関する文化に触れることができる空間だ。風、思い出、招待、庭師、思索、癒し、林という7つのテーマと季節を代表する植物が鑑賞できる「今日の庭園」という8つのテーマに沿った庭園が楽しめる。

ソウル植物園では多彩なイベントが用意されている。8月7日から10日までの4日間は一日500名限定で夜間開場イベントが開かれた。温室の天井が256色のLEDで虹色に照らし出され、幻想的な風景を演出し、広場ではクラシックやフュージョン国楽の公演も行われた。その他、「本に見る植物」、「映画で見る植物」などの多彩なメディアとの交流を図るイベントや、バスキング公演などのライブイベントも開かれる予定だ。

Information

地下鉄9号線、空港鉄道の「麻谷ナル駅」3、4番出口から連結。
開館時間:9:30~18:00(11~2月は17:00まで)毎週月曜休館。
入場料金:大人5000ウォン、青少年3000ウォン、小人2000ウォン。
開かれた林、湖水園、湿地園は年中無休で入場無料。

Pocket

関連する記事はこちら

文化ヌリ館

韓国初の建築博物館「金重業博物館」

気持ちのよい公園に面した韓国で最初の建築博物館 金重業博物館   建築物を見に海外旅行をするといえば、ヨーロッパに行く人が多いだろうが、韓国にも意外と見るべき建築が多い。3人の世界的建築家の作品が見られるサムスン美術館リウムをはじめ、日本の新国立競技場のコンペにも勝ち残…続きを読む

박물관1

仁川の子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー

子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー 週末に、「子供たちとどこへ行こうか?」 と悩んでいる人なら、博物館巡り出かけてはどうだろうか。 子供と一緒に楽しめる5つの博物館を紹介しようと思う。 仁川児童科学館 仁川児童科学館では遊びや体験を通して、科学原理を分かりやすく学ぶことができるとこ…続きを読む

RE; CODE

明洞聖堂に新しくカルチャースペースが誕生

 昨年9月、明洞聖堂が3年の工事の末に新しく生まれ変わった。2029年まで明洞聖堂一帯を観光特区として育成していくためのリモデリングの第1段階が完了した形だ。今回のリモデリングで、ゴシック様式の聖堂の前には庭園が設けられ、その地下には「明洞聖堂1898広場」と名づけられたカルチャ…続きを読む

IMG_0964

ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

  ソウル本屋散策       ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、…続きを読む

공연_파이어맨_메인

ノンバーバル・パフォーマンス 「ファイヤーマン」

消防士のアクションと笑いで 暑さをふきとばそう!    韓国旅行で出会う代表エンターテイメントジャンルであるノンバーバル・パフォーマンス系に新たな作品が登場した。タイトルは「ファイヤーマン」。消防士を主人公にアクロバットと、道具などを使わずに都会の建物を移動するエクスト…続きを読む

메인_장녹수전(세로)

〈公演レビュー〉宮:張緑水ストーリー

奴婢から王の女となった 朝鮮時代版シンデレラ   宮:張緑水ストーリー    奴婢から妓女、そして王の側室まで、朝鮮第10代王であった燕山君(ヨンサングン)の側室として劇的な人生を送った張緑水(チャン・ノクス)。韓国の歴史ドラマや映画に何度も登場するほど魅力的…続きを読む

K-Style_ミッションツアー

「K‐スタイルハブでミッションツアー&韓服体験」

 韓国観光公社が8月末まで、ソウル清渓川の近くにあるK‐スタイルハブ(韓国観光公社ソウル社屋)で、国内外の観光客を対象に韓服体験を含むK‐スタイルハブ・ミッションツアーイベントを開催する。「韓国の味と粋、そして興を探せ!」というテーマで進行される今回の行事は、無料のミッションゲー…続きを読む

국립중앙박물관_꽃전시

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開 -新年遺物を交替「朝鮮時代の花の絵」展開く 国立中央博物館が春を迎え、博物館内美術史展示館である書画観絵画室の遺物を新しく交替し観覧客を迎える。 新しく展示される作品らは近づく春とよく似合う「朝鮮時代の花の絵」達で、国立中央博物館の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02