ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

2017年07月11日

dokusyo

  ソウル本屋散策

 

 

 

ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、望遠、弘大前、延南、梨大前、解放村、梨泰院、景福宮、鍾路、惠化、冠岳、江南という11の散策コースを作り、マップをつくって配布している。その中で、最近ホットプレイスとして人気が出ている延南洞の本屋通りを訪ねて話を聞き、お勧めの本を紹介してもらった。
文/町野山宏記者

 

作家たちのこだわりのアートブック「サスムチェクパン」

IMG_0964
最初に訪ねたのは、「サスムチェクパン(シカ本屋)」。昔の市場を改造してさまざまなイベントを行なうトンジン市場のすぐ脇にある。もとは「ピノキオ」という人気の本屋があった場所で、その人気を引き継いでいる本屋だ。店の中は、本屋というよりは雑貨店のようで、テーブルの上には猫が我が物顔で座っており、独特な雰囲気をかもし出す。この本屋は、シカが好きなイラストレーターと本を作るデザイナーが一緒に運営しており、絵本やアートブックなどを扱っている。ほとんどが外国の書籍で、ヨーロッパやアジア各国を訪ね、作家たちのこだわりが感じられる実験的で個性的な作品を選んで販売しているのが特徴だ。一つひとつの作品に彼らの感性と本に対する愛情が感じられ、手にとって見ているうちに時間が過ぎるのを忘れてしまう。また、本だけでなく、イラストレーターの作品展などのイベントも行なっている。

サスムチェクパンお勧めの本は、フランスのイラストレーターの作品で、製本まですべてハンドメードの味わい深い本。もう一つは、キム・スンヨン作家の絵本。繊細なキャラクターが人気の最近注目を浴びている作家だ。

IMG_0985

 

サスムチェクパンの隣も独特な個性を持った本屋だ。韓国で出版されているインディー出版物を紹介する「ハローインディーブックス」。本を通して発しようとしているメッセージを他の誰かに届けるのがこの本屋の目標。そのため、本にこだわらず、バッグやポスター、ポストカードなどあらゆる形態の商品を販売している。陳列の方法もジャンル別に分けているわけではないため、どこに何があるか、宝探しをするような楽しみがある。2012年にインディー出版物を扱う店を始めて800チームにのぼる作家がここを経たというインディー出版の博物館といえる。

 

 

旅行専門書店「サイエ」

少し北の住宅街の中にも魅力的な本屋がある。旅行に関する本を専門に扱う書店「サイエ」だ。本棚には「グルメ旅行」、「青春旅行」、「建築旅行」などのカテゴリー別にたくさんの本が並んでいる。もちろん、地域別にも分けられており、棚の上に平積みされたコーナーは、「台湾旅行」や「東京旅行」など、最近の流行に合わせながらも、扱っている本の一つひとつにはオーナーの愛情とこだわりが感じられる本で、思わず手にとってしまう本ばかりだ。

 

IMG_0865

 

IMG_0873書店の代表に話を聞くと、最近、東京の本屋巡りツアーをしてきたところだという。そこで買ってきた本がたくさん並んでいた。「『本屋、はじめました』の作家ともイベントをしてきました。ここでも月2回以上、作家を招待したイベントを行なっています」と語る。旅行に行きたくなるような本ばかりだと話すと、代表は「旅行に行けなくても、ここに来れば旅行に行った気分になれる、そんな本屋を作りたかったんです」と語った。

ここでのお勧めの本は、「私たちのパリが思い出されます(チョン・ヒョンジュ著)」。韓国を代表する抽象画家・金煥基(キム・ファンギ)と彼の妻・金鄕岸(キム・ヒャンアン)の愛が金煥基の美しい絵とパリでの写真と共に語られている。

 

音楽専門書店「ライナーノート」

 

IMG_0919

旅行専門の本屋があるかと思えば、音楽専門の本屋もある。音楽レーベルである「ページターナー」が運営する書店「ライナーノート」だ。モノトーンの洗練された外観の店で、中はスタジオのようであり、ピアノと上質のオーディオ機器が並ぶ音楽愛好家の部屋のようでもある独特な空間だ。扱う本は、ミュージシャンの自伝や評伝、音楽に関するエッセイや音楽が流れる小説など。音楽のジャンルも、クラシックからジャズ、ロックなど多様だ。外国の伝説的な音楽家はもちろん、インディーズで活躍するミュージシャンの音源なども扱っており、本と音楽を愛する人ならばほれ込んでしまう空間だ。

IMG_0901この本屋の代表は、「本が好きな人は音楽も好きな人が多いですよね」と語りながら、「大きな本屋で日の目を見なかった本が、ここで発掘されたらいいと思います」と語った。本屋としてだけではなく、10人ほどの少人数を招いてのライブイベントも行なっているという。

ここでのお勧めの本は、フランスの小説家のアンドレ・ジッドが書いた「ショパンノート」。アマチュアピアニストだったジッドが深く愛したショパンと彼の音楽について書いた本だ。

 

思索を楽しむ空間「夜の書店」

 

IMG_0921
少し足を伸ばすと、もう一つの個性的な本屋に出会える。「夜の書店」を意味する店名を持つ「パメソジョム」だ。「夜は自分のことを深く考える時間じゃないですか。最初は心理学の本を専門的に扱おうかと思ったのですが、それよりもう少し範囲を広めて、人文系の本や芸術、哲学の本なども置いています」と書店の運営者は語る。

インテリアも独特だ。入口から店の奥まで本棚がレイヤーをなすように並んでいるが、これは映画「今を生きる」でキーティング先生と生徒たちが詩を読んだ洞窟をイメージしたという。暗いトーンの壁も、コウモリのぬいぐるみも洞窟らしさを演出している。

IMG_0955さまざまな趣向も興味深い。お勧めの本を紙封筒に入れて題名を書かずに書評だけを書いて販売する「ブラインドデート」や、詩集をリレーで書き写しするスペースなど、運営者のセンスが光る。オフラインだけで読める店長のイラスト入り手書き日記も人気だという。

ここでお勧めしてくれた本は、人形を使って作った素朴な絵本「アルサタン」と、バレリーナになるという夢を持った少女の話を描いた絵本「踊りを踊ります」。どちらも韓国の作家の絵本で、日本に紹介したい作品たちだ。

 

延南洞には他にも土曜日だけ開く、「愛」をテーマにした本屋「ドローイングブック・リスボン」など、延南洞ならではの個性あふれる本屋がある。マップ片手に異色なツアーを楽しんでみよう。

 

Information

ソウル本屋散策のマップ「チェクパンサンチェク」はソウル市庁前のソウル図書館で無料で配布している。また、「ビジットソウル」の韓国語サイト(http://korean.visitseoul.net/)右側の「ガイドブック&地図」からダウンロードすることができる。(韓国語)

Pocket

関連する記事はこちら

난타

NANTA、日本震災義援金1億ウォン伝達

NANTA、日本震災義援金1億ウォン伝達   韓国を代表する文化公演であり、世界的なノンバーバル(nonverbal:非言語)パフォーマンス「NANTA」が、日本大地震の被害復旧のために1億ウォンの寄付を行った。 NANTA側は先月3月21日、大韓赤十字社に日本地震被害…続きを読む

2

ウォーカーヒル、ディナーショー「花の伝説」が人気

ウォーカーヒル、ディナーショー「花の伝説」が人気 ウォーカーヒルホテルが製作・上演する圧倒的なスケールのコリアンショー「花の伝説」が人気を集めている。「花の伝説」は伝統的コンテンツと現代的感覚とが調和したオリジナル創作ショーで、男女主人公であるアラとミルの愛がロマンチックに繰り広…続きを読む

공연_파이어맨_메인

ノンバーバル・パフォーマンス 「ファイヤーマン」

消防士のアクションと笑いで 暑さをふきとばそう!    韓国旅行で出会う代表エンターテイメントジャンルであるノンバーバル・パフォーマンス系に新たな作品が登場した。タイトルは「ファイヤーマン」。消防士を主人公にアクロバットと、道具などを使わずに都会の建物を移動するエクスト…続きを読む

국립중앙박물관

国立中央博物館、「新安龍泉靑磁展」を開催

国立中央博物館、「新安龍泉靑磁展」を開催 -アジア館にて6月19日まで 国立中央博物館内にあるアジア館の新安海底文化財室にて6月19日(日)まで、新安沖の海底から発掘された龍泉靑磁をテーマにしたテーマ展が開催される。 龍泉靑磁とは、中国の呉・北宋の時代から清王朝まで浙江省南部の龍…続きを読む

夜オバケマーケット01

暑いソウルの夜も有意義に! 「ソウル・夜オバケナイトマーケット」

 日中の気温が30度を超え、夜も寝苦しいソウルの夏。蒸し暑い夜を少しでも涼しく過ごそうと、ソウルの人たちはトッチャリ(ビニールシート)や食べ物を持って、漢江(ハンガン)へと出かけます。静かなを夕涼みを想像して出かけてみると、そこはお祭り騒ぎ! 毎週金・土曜日の夜、「パムトッケビ(…続きを読む

13-1

大邱世界陸上選手権大会D-100 2011年8月、全世界が大邱を注目する!

大邱世界陸上選手権大会D-100 2011年8月、全世界が大邱を注目する! 今から100余日後と迫った2011年8月、先端と伝統が交わる大韓民国の第3の都市「大邱」に全世界の人たちの耳目が集中している。夏季オリンピック、FIFAワールドカップと共に世界3大スポーツイベントとしてあ…続きを読む

文化ヌリ館

韓国初の建築博物館「金重業博物館」

気持ちのよい公園に面した韓国で最初の建築博物館 金重業博物館   建築物を見に海外旅行をするといえば、ヨーロッパに行く人が多いだろうが、韓国にも意外と見るべき建築が多い。3人の世界的建築家の作品が見られるサムスン美術館リウムをはじめ、日本の新国立競技場のコンペにも勝ち残…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02