ソウル伝統文化体験館

2010年09月27日

韓国グルメを堪能したり、エステや観光を楽しんだり。それもまた充実した旅の楽しみ方ですが、実際に韓国料理を作ったり伝統文化の体験ができたら、旅のグレードが一段と上がるのではないでしょうか。ソウル伝統文化体験館では外国人観光客に向けた楽しい体験メニューを行っており、趣のある韓屋では伝統茶のお店として、北村を訪れた人がふらりと立ち寄れるステキな空間となっています。

日本に帰っても作れる 好きなコースを選んで習う

日本に帰っても作れる 好きなコースを選んで習う

宮中トッポッキ作り体験 Dコース

歯ごたえがあっておいしく、韓国人のおやつとしても人気があるトッポッキ。ここで習うトッポッキは屋台で売っている辛いトッポッキではなく肉や野菜が入った、昔宮中で食されていたトッポッキです。しょう油と砂糖の優しい味で餅の食感が何とも言えません。マッコリの試飲も付いているのでトッポッキと一緒に食べるとさらにおいしくいただけます。50,000万ウォン

040

Cコース 宮中茶食作り体験

 

ソウル伝統文化体験館では火を使わずに簡単に作れるおいしい韓国菓子を習うことができます。黒ごまの粉を使ったものと松の実の粉を使ったものの2種類で、これまでに食べたことのない香ばしい味です。型でくり貫いたお菓子の形も可愛く、模様のひとつひとつに意味があるので説明を聞きながら楽しく習うことができます。できたお菓子はおいしいお茶と一緒に試食します。40,000ウォン

 

014

Aコース 韓国伝統マッコリ作り体験

ソウル伝統文化体験館ではめずらしいマッコリ作りを体験することができます。市販でしか見たことのないマッコリを作れるので、日本人観光客には一番人気のコースです。もち米を蒸すところから始まり、麹を混ぜたり、濾したりと時間と手間をかけて作ります。完成したものは1ヶ月半熟成すればおいしく飲むことができます。自分の作ったマッコリの入った壷に名前をかけておき、次に来たときに飲むことができます。またマッコリを作った後はしっかり熟成しておいしくなった手作りマッコリの試飲をすることができます。120,000ウォン、韓定食の食事付き。

 

Bコース キムチ作り体験

日本のスーパーで売っているキムチは本場韓国の味とはやはり違います。材料や調味料を見ただけでも、こんなものが入るのかと新たな発見があります。主婦に大人気のキムチ作りコースは出来上がったものを持ち帰り用に包装してくれます。90,000ウォン、韓定食の食事付き。

 

行き方 地下鉄3号線 安国(アングッ)駅3番出口を出て一つ目の角を左に曲がり500mほど

直進する。左手に「TEA GUEST HOUSE」という看板が出ているところを左に曲がると突き当たりにある。

住所 ソウル市鐘路区 桂洞15-6

営業時間 10:00~19:00

予約電話 02-3676-9877(日本語可)

E-mail  tea@teaguesthouse.com

年中無休

Pocket

関連する記事はこちら

서울정월

Seoul ナムサン・ハノクマウル(南山韓屋村) で小正月イベント開催

2017年2月11日、ナムサン・ハノクマウルで「月光ブルノリ、小正月祭り」イベントが開催される。昼間には五穀ご飯を先着順で無料配布し、17時からは公演が行われる。その後、タルジプ焼き(積み重ねた藁や薪を燃やすイベント)で今年の願い事を祈る。 昔から、小正月になると村の住民が集まっ…続きを読む

K-Style_ミッションツアー

「K‐スタイルハブでミッションツアー&韓服体験」

 韓国観光公社が8月末まで、ソウル清渓川の近くにあるK‐スタイルハブ(韓国観光公社ソウル社屋)で、国内外の観光客を対象に韓服体験を含むK‐スタイルハブ・ミッションツアーイベントを開催する。「韓国の味と粋、そして興を探せ!」というテーマで進行される今回の行事は、無料のミッションゲー…続きを読む

1

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展 -5月 29日まで、青磁象嵌唐草文盌など111点公開 高麗王室と貴族が使用した最上級の高麗青磁を展示する「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展が5月29日まで、国立中央博物館常設展示室の彫刻工芸館の青磁室にて開催される。 …続きを読む

100

元韓国語学留学生が ソウルを歩く

中川さんの久しぶりソウル 1日密着レポート 日本に空前のブームを巻き起こした韓流。韓流ドラマやK-POPの影響で韓国語を習い始めた日本人はたくさんいるようです。中川さんが韓国に留学に来たのは2005年の4月。当時は韓流の波がうねりだそうとする少し前でしたが、それでもいち早く韓国の…続きを読む

streetmuseum01

筆洞ストリートミュージアム

現代アートを路地で楽しむスタンプラリーに出発しよう   筆洞ストリートミュージアム    最近、韓国では都市再生が盛んに行われており、古い家屋をカフェやコミュニティースペースに改造して地域の再生に役立てる事業があちらこちらで見られる。鍾路区の益善洞(イクソンド…続きを読む

인천2

仁川の近代文化との出合い 開港場通り

近代文化との出合い 開港場通り 近代化が始まった所、西海岸第1の貿易港。仁川の開港場ヌリ道を訪ねてみよう。 まず仁川駅から出発してみよう。仁川駅は駅そのものが歴史的な場所だ。 韓国の鉄道は1899年9月18日に開通したが、最初に開通式を行った所が仁川駅だ。現在の駅舎は1925年に…続きを読む

K-Style Hub

新しい韓国の情報発信所が誕生!「K-Style Hub」

  韓国観光公社が原州に移転してからしばらく改装工事を行っていた建物が、韓国の観光情報や文化を発信するスペースとしてリニューアルオープンした。移転前にも地下にパンフレットの配布などの案内は行っていたが、リニューアル後は2階から5階までをフルで活用し、さらに多様で深い情報…続きを読む

IMG_0964

ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

  ソウル本屋散策       ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02