京畿道が選定した‘2017年京畿道の10大祭り’

2017年02月08日

jpn.jpg イメージです。

12月になり今年も残りわずかとなりました。桜祭りが真っ盛りだった春がつい一昨日のことのように思えるのに、今や年末の冬祭りが大盛況です。

京畿道では、四季折々の個性満点の31ヶ所の市・郡のすべてが祭りを多く開催するということで噂されています。来るべき2017年を迎え、京畿道が2017年の10大祭りを発表したそうです。

 

1.jpg Images

1. 加平チャラ島国際ジャズフェスティバル

住所:京畿道加平郡加平邑

場所:加平邑チャラ島一帯

連絡先:031-581-2813〜4

ホームページ:http://www.jarasumjazz.com/the13th/home/

2.jpg Images

2. 漣川全谷里旧石器祭

住所:京畿道漣川郡全谷邑ヤンヨン路1510(全谷邑)

場所:漣川全谷里遺跡及び全谷邑一帯

連絡先:031-839-2561〜3

ホームページ:http://festival.goosukgi.org/

3.jpg Images

3. 驪州五穀ナル

住所:京畿道驪州市神勒寺道7(川松洞)

場所:驪州神勒寺観光地一帯

連絡先:031-887-3716、3718

ホームページ:http://yjfestival.or.kr/

4.jpg Images

4. 始興ゲトゴル祭り

住所:京畿道始興市ソムマル道94(長谷洞)

場所:始興ゲトゴル生態公園

連絡先:031-310-6742

ホームページ:http://www.sgfestival.com

5.jpg Images

5. 水原華城文化祭

住所:京畿道水原市八達区正祖路825(南倉洞)

場所:華城行宮広場、水原川、練武台(蒼龍門)など水原華城一帯

連絡先:031-290-3633

ホームページ:http://www.swcf.or.kr/?goPage=104

6.jpg Images

6安山国際ストリート劇フェスティバル

住所:京畿道安山市檀園区グァンドク大路193(古棧洞)

場所:安山文化広場

連絡先:031-481-0530

ホームページ:http://www.ansanfest.com

7.jpg Images

7. 安城男寺党バウドギ

住所:京畿道安城市ボゲ面男寺党路198(ボゲ面)

場所:安城マッチュムランド、安城市内一帯

連絡先:031-678-2511〜5

ホームページ:http://www.baudeogi.com

8.jpg Images

8. 富川国際漫画フェスティバル

住所:京畿道富川市遠美区吉州路1(上洞)

場所:韓国漫画博物館、富川映像文化団地

連絡先:032-310-3071

ホームページ:http://www.bicof.com/

9.jpg Images

9. 坡州長湍豆祭り

住所:京畿道坡州市文山邑臨津閣路177(文山邑)

場所:坡州臨津閣広場

連絡先:031-940-5288、5281

ホームページ:http://tour.paju.go.kr

10.jpg Images

10. 利川米祭り

住所:京畿道利川市京忠大路2697番道167-29

場所:利川雪峰公園一帯

連絡先:031-644-4125、4127

ホームページ:http://www.ricefestival.or.kr/

Pocket

関連する記事はこちら

백남준기념관

「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

  「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生 白南準記念館   世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区…続きを読む

펜타포트

仁川の世界的な有名な PentaPortRock Festival 見に行かないですか。

PentaPortRock Festival * 行事期間 : 毎年 8月中 * 住所 : 仁川広域市延寿区セントラルで 350 (松都洞) * 行事場所 : 仁川松都月明り祭り公園 (PENTA PARK) * Web site : http://pentaportrock.c…続きを読む

IMG_5871

ファッションタウン東大門を支える町の素顔に触れる | 縫製歴史館「イウムピウム」

ファッションタウン 東大門を支える町の素顔に触れる 縫製歴史館「イウムピウム」 ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

百潭寺01

百潭寺テンプルステイ体験記

  自分の欲するところを自分に問う贅沢な時間   百潭寺テンプルステイ体験記   韓国の寺院で仏教の修行を体験するテンプルステイ、最近、日本でも知られるようになってきたが、実際に体験した人は多くはない。そんなテンプルステイを体験してもらおうと、韓国仏…続きを読む

국립중앙박물관_꽃전시

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開 -新年遺物を交替「朝鮮時代の花の絵」展開く 国立中央博物館が春を迎え、博物館内美術史展示館である書画観絵画室の遺物を新しく交替し観覧客を迎える。 新しく展示される作品らは近づく春とよく似合う「朝鮮時代の花の絵」達で、国立中央博物館の…続きを読む

1

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展 -5月 29日まで、青磁象嵌唐草文盌など111点公開 高麗王室と貴族が使用した最上級の高麗青磁を展示する「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展が5月29日まで、国立中央博物館常設展示室の彫刻工芸館の青磁室にて開催される。 …続きを読む

ソウル城郭ツアー1

漢陽を守った4つの山を歩く「漢陽城郭ツアー」

漢陽を守った4つの山を歩く 「漢陽城郭ツアー」    朝鮮王朝の首都だった漢陽(ハニャン)は四大門と、その周辺を囲む4つの山に積み上げられた城郭により守られていた。今でも夜になると漢陽と呼ばれたソウルの中心部の城郭がライトアップされ、美しい夜景を見ることができるが、ただ遠くから見…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02