仁川の子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー

2017年02月08日

子供と一緒に楽しむ

博物館ツアー

週末に、「子供たちとどこへ行こうか?」
と悩んでいる人なら、博物館巡り出かけてはどうだろうか。
子供と一緒に楽しめる5つの博物館を紹介しようと思う。
仁川児童科学館

仁川児童科学館では遊びや体験を通して、科学原理を分かりやすく学ぶことができるところだ。毎回、事前予約制で、観覧するためには予約が必要である。

仁川児童博物館の1階は企画展示室と科学図書室があり、2階は虹村、人体村、秘密村、4D上映館がある。また、3階には地球村、都市村、秘密村があり、屋上には野外公演場がある。ほとんどが体験型であるため、テーマパークのように、楽しみながら観覧できる。住所 : 仁川広域市 桂陽区(ケヤング) 防築洞(バンチュクロ) 21
ホームページ : http://www.icsmuseum.go.kr
仁川開港博物館

仁川開港博物館は1883年、開港以降から日本植民地時代が始まる1910年以前までの遺物が展示されている。開港以降、近代仁川の様々な様子が見られる博物館である。この博物館のユニークなところは、仁川開港場の近代遺産である旧日本第1銀行を現在の仁川開港博物館として利用しており、仁川市の有形文化財第7号に指定された。

仁川開港博物館は4つの展示室となっている。第1展示室は仁川の開港と近代文物、第2展示室は京仁鉄道と韓国鉄道史、第3展示室は開港期の仁川の風景、第4展示室は仁川典圜局(造幣局)と金融機関が展示されている。韓国の近代文物を通して、近代史が分かる博物館である。住所 : 仁川広域市 中区 新浦路(シンポロ) 23番キル 89
ホームページ : http://www.icjgss.or.kr/open_port
国立生物資源館

国立生物資源館は韓国で自生している生物を実物標本で展示しているが、今にも生きて動きそうないろんな生物標本が見られるところである。

国立生物資源館の第1展示室には韓国の生物種を展示しており、第2展示室は韓国の生態系の生物標本を。第3展示室では生物資源が展示されている。そして、コッチャワル生態館では済州島の暖帯性の植物を見ることができる。体験学習室では生きている生物が展示されているため、子供の視線からの体験学習ができる。住所 : 仁川広域市 西区 環境路 42
ホームページ : http://www.nibr.go.kr
ジャジャンミョン博物館

老若男女を問わず、誰もが好きなジャジャンミョン(麺)!仁川チャイナタウンにはジャジャンミョン博物館がある。この博物館はジャジャンミョンの歴史と文化を一目で見ることのできるユニークな博物館である。

ジャジャンミョン博物館の第1展示室には華僑の歴史とジャジャンミョン、第2展示室にはジャジャンミョンの誕生、第3展示室には1930年代の共和春(コンファチュン)の接客室を、第4展示室はチャジャンミョンの全盛期の様子を展示している。第5展示室では現代の文化アイコンであるジャジャンミョンが展示されている。そして第6展示室は1960年代の共和春の台所の様子が再現されている。子供と一緒にジャジャンミョンに込められている暮らしの哀歓が感じられる博物館である。住所 : 仁川広域市 中区 チャイナタウン路 56ー14
ホームページ : http://www.icjgss.or.kr/jajangmyeon
江華自然史博物館

江華自然史博物館は我々が住んでいる地球が属している太陽系の誕生から地球を構成する様々な鉱物や生物などが展示されている博物館である。地球の変貌史を見学、体験できる空間である。

江華自然史博物館は地球の誕生や環境、生命大爆発、生息地の拡大、人類の登場などをテーマに展示されているため、楽しく地球の歴史を学習することができる。様々な鉱物と生物の標本が見られると共に、直接、隕石に触ってみる体験もできる博物館である。子供と一緒に楽しい地球の歴史が探検できる。住所 : 仁川広域市 江華郡 河岾面 江華大路 994-33
ホームページ : http://museum.ganghwa.go.kr
Pocket

関連する記事はこちら

鎮海・軍港祭

春満開!! 全国の桜祭り 2019年版

長い韓国の冬も終わりを告げ、花の便りがあちこちで聞こえてようくるになった。春になったら花見に行きたくなるのは日本でも韓国でも同じだ。韓国にも桜の名所は各所にあり、桜祭りが行われる。日本の桜とは楽しみ方がちょっと違う韓国の桜祭り、地方ごとの特色が見られるさまざまな桜祭りを楽しんでみ…続きを読む

서울스카이_메인A

韓国の新しいランドマーク、ソウルスカイ

  今年4月3日にオープンしたロッテワールドタワー展望台「ソウルスカイ」が、8月の入場者65万6千人を超え、韓国観光の新名所として急浮上している。開場1ヵ月あまりで15万人入場という記録を打ち立てたのに続き、オープン100日にして50万人、そして4ヵ月で65万人の入場者…続きを読む

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

공항철도

仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記

<撮れ立てレポート> 「ソウル駅で荷物を預け気軽に空港へ出発!」 仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記   ソウル駅から仁川国際空港をつなぐ仁川空港鉄道が去る12月28日に開通式を行い、全区間運行に入った。 以前開通した1段階区間の仁川空港-金浦空港路…続きを読む

IMG_5832

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に | 敦義門展示館

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に 敦義門展示館 ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの地域、「セムナンロ」と「…続きを読む

starfield

スターフィールド・コエックスモール「星の広場図書館」

「本を開く、星を抱く」 スターフィールド・コエックスモール星の広場図書館   図書館とショッピングモール、お互いに性格の違う二つの空間が一つになった。今年5月31日にスターフィールド・コエックスモールにオープンした「星の広場図書館」のことだ。オープン前からすでに話題にな…続きを読む

40e0cc4dedf4ed0a2ca432252b2e5cba-150x150

ユネスコ世界遺産の地で出会う新羅王国の遺産

ユネスコ世界遺産の地で出会う新羅王国の遺産 慶州に位置する貞洞劇場慶州が新作伝統音楽「讚耆婆郎歌」を通じて観客と出会う。新羅国の最精鋭武士である「花郎」として、最も勇敢だと噂される「耆婆」を主人公に、青年・耆婆が最精鋭武士として成長していく過程を、新羅の歴史と文化とを交えながら紹…続きを読む

IMG_0964

ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

  ソウル本屋散策       ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02