仁川の韓国ドラマ「星から来たあなた」のロケ地巡り

2017年02月08日

仁川に来たあなた

「星から来たあなた」のロケ地巡り

3年という時が過ぎたが、いまだに「ト・ミンジュン」と「チョン・ソンイ」のことを覚えている。
宇宙人と地球人とのロマンスという多少破天荒な設定にも関わらず、多くの注目を集めたドラマ「星から来たあなた」
仁川各地で「星から来たあなた」の名シーンが生まれたということは有名な話だ。
テレビで見るだけではもったいない。直接「星から来たあなた」のロケ地に行ってみよう。
仁川松島石山にある千都絶壁ト・ミンジュンとチョン・ソンイの時代を超えた運命の出会いの場所を覚えているだろうか。
切り立った崖が印象深かった、あそこ!そう、そこが松島石山だ。
以前、松島石山は石を採掘していた採石場だった。採石場としては使われなくなり、20年近く人も寄り付かない場所だったが、
主人公の運命の出会いの場所として有名になった。
ドラマ終了後、本格的な環境整備が始まり、
「星から来たあなた」の主人公に会える体験スペースができた。
松島石山の入口から壁面に沿って歩いていると、「星から来たあなた」のポスターがズラリと並ぶ。
そこでは初めて見る人でもすぐ夢中になるように、ストーリーに沿って並んでいる。このドラマが大好きな人なら、この写真でより懐かしく思い出すだろう。
400年前、チョン・ソンイとト・ミンジュンが運命の出会いをした場所、また切ない別れの場所となった千都絶壁は右側の道に沿って丘を歩いて行ったところにある。約20分程度で行けるので、誰でも気軽に行ける。
朝鮮王朝時代と現在をつなぐ「ワームホールゾーン」でタイムスリップしてみるのはどうだろう。一度ぐらいは過去に戻ってみたいという、そんな気持ちを満足させてくれる。また、ドラマの中で愛の証だった「かんざし」は、観光グッズとして商品化。現実の恋人同士の愛の証となっている。フェンスにぶら下げられた大量のかんざしと星の形のグッズにはここを訪れる人々の様々な想いが書き込まれている。
ふと目に入る赤い車と伝統輿。多少異質的な組み合わせだが、これこそト・ミンジュンとチョン・ソンイの愛を象徴するアイテムである。ここのフォトスポットで思い出の1枚を! ドラマに出てきた崖の下で、ドラマで使われた車と朝鮮王朝時代に使っていたような輿を背景に「ハイ、ポーズ ♪」
輿の前の広大な西海(黄海)と松道新都市の高いビルのシルエットがステキ~。さすが夕日スポットとして名高い場所。絶品の夕日や光溢れる夜景はサイコー。実際の星ではないが、星のように流れる夜景が見たいなら見逃せないビューポイントで、松島石山の新しい魅力を感じることができる。
仁川大学校
現実では絶対いそうもない、イケメンでスマートなト・ミンジュン先生の授業を受けたい人におススメの場所。仁川大学校の松島キャンパス。新しいキャンパスなので、広くてオシャレ!ト・ミンジュンの講義シーン、チョン・ソンイのスペシャル放送シーン、零点ソンイのシーン、フィギョンの兄であるジェギョンの正体を暴くシーン、チャン弁護士がト・ミンジュンが死ぬかもしれないということを告白するシーン等、「星から来たあなた」の多くのシーンがここで撮影された。
色々なところに「星から来たあなた」がどこで撮影されたか親切に案内する表示があって、初めて訪れた人でも簡単にキャンパスツアーをすることができる。その中でもイチオシの場所は「Global Island」という展望台。8階建ての展望台で、仁川大学校が一望できる。但し、展望台の中では外国語しか使えない。
仁川市立博物館
ト・ミンジュンとチョン・ソンイを400年間つないでくれた「かんざし」が展示されている場所は韓国最初の公立博物館である「仁川市立博物館」である。
ドラマが終了した後も、ここでは相変わらず彼らのかんざしを見ることができる。
かんざしを見るために博物館を訪れる人が増え、人気ある展示品になった。
高麗、朝鮮時代を経て、日帝強占期(日本統治期)から近代に至るまで、様々な年代の遺物が展示されているだけでなく、支石墓をかたどった建物としても有名で、シーズン毎に行われる企画展示を通じ、仁川の埋もれていたストーリーを知ることができる。
Pocket

関連する記事はこちら

박물관1

仁川の子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー

子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー 週末に、「子供たちとどこへ行こうか?」 と悩んでいる人なら、博物館巡り出かけてはどうだろうか。 子供と一緒に楽しめる5つの博物館を紹介しようと思う。 仁川児童科学館 仁川児童科学館では遊びや体験を通して、科学原理を分かりやすく学ぶことができるとこ…続きを読む

RE; CODE

明洞聖堂に新しくカルチャースペースが誕生

 昨年9月、明洞聖堂が3年の工事の末に新しく生まれ変わった。2029年まで明洞聖堂一帯を観光特区として育成していくためのリモデリングの第1段階が完了した形だ。今回のリモデリングで、ゴシック様式の聖堂の前には庭園が設けられ、その地下には「明洞聖堂1898広場」と名づけられたカルチャ…続きを読む

streetmuseum01

筆洞ストリートミュージアム

現代アートを路地で楽しむスタンプラリーに出発しよう   筆洞ストリートミュージアム    最近、韓国では都市再生が盛んに行われており、古い家屋をカフェやコミュニティースペースに改造して地域の再生に役立てる事業があちらこちらで見られる。鍾路区の益善洞(イクソンド…続きを読む

공연_파이어맨_메인

ノンバーバル・パフォーマンス 「ファイヤーマン」

消防士のアクションと笑いで 暑さをふきとばそう!    韓国旅行で出会う代表エンターテイメントジャンルであるノンバーバル・パフォーマンス系に新たな作品が登場した。タイトルは「ファイヤーマン」。消防士を主人公にアクロバットと、道具などを使わずに都会の建物を移動するエクスト…続きを読む

서브01-청계광장

<ソウル特別企画>ソウルの中心で文化の香りを探す

<ソウル特別企画> 今までと少し違った韓国旅行の楽しみ方 ソウルの中心で文化の香りを探す   韓国ブームもすでに定着してきた昨今、ソウルを訪れるリピータが大幅に増加している。ショッピング、食べ歩き、ロケ地めぐりなどソウルの楽しみ方は人それぞれ多種多様だが、たまには立ち止…続きを読む

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

서울스카이_메인A

韓国の新しいランドマーク、ソウルスカイ

  今年4月3日にオープンしたロッテワールドタワー展望台「ソウルスカイ」が、8月の入場者65万6千人を超え、韓国観光の新名所として急浮上している。開場1ヵ月あまりで15万人入場という記録を打ち立てたのに続き、オープン100日にして50万人、そして4ヵ月で65万人の入場者…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02