仁川の韓国ドラマ「星から来たあなた」のロケ地巡り

2017年02月08日

仁川に来たあなた

「星から来たあなた」のロケ地巡り

3年という時が過ぎたが、いまだに「ト・ミンジュン」と「チョン・ソンイ」のことを覚えている。
宇宙人と地球人とのロマンスという多少破天荒な設定にも関わらず、多くの注目を集めたドラマ「星から来たあなた」
仁川各地で「星から来たあなた」の名シーンが生まれたということは有名な話だ。
テレビで見るだけではもったいない。直接「星から来たあなた」のロケ地に行ってみよう。
仁川松島石山にある千都絶壁ト・ミンジュンとチョン・ソンイの時代を超えた運命の出会いの場所を覚えているだろうか。
切り立った崖が印象深かった、あそこ!そう、そこが松島石山だ。
以前、松島石山は石を採掘していた採石場だった。採石場としては使われなくなり、20年近く人も寄り付かない場所だったが、
主人公の運命の出会いの場所として有名になった。
ドラマ終了後、本格的な環境整備が始まり、
「星から来たあなた」の主人公に会える体験スペースができた。
松島石山の入口から壁面に沿って歩いていると、「星から来たあなた」のポスターがズラリと並ぶ。
そこでは初めて見る人でもすぐ夢中になるように、ストーリーに沿って並んでいる。このドラマが大好きな人なら、この写真でより懐かしく思い出すだろう。
400年前、チョン・ソンイとト・ミンジュンが運命の出会いをした場所、また切ない別れの場所となった千都絶壁は右側の道に沿って丘を歩いて行ったところにある。約20分程度で行けるので、誰でも気軽に行ける。
朝鮮王朝時代と現在をつなぐ「ワームホールゾーン」でタイムスリップしてみるのはどうだろう。一度ぐらいは過去に戻ってみたいという、そんな気持ちを満足させてくれる。また、ドラマの中で愛の証だった「かんざし」は、観光グッズとして商品化。現実の恋人同士の愛の証となっている。フェンスにぶら下げられた大量のかんざしと星の形のグッズにはここを訪れる人々の様々な想いが書き込まれている。
ふと目に入る赤い車と伝統輿。多少異質的な組み合わせだが、これこそト・ミンジュンとチョン・ソンイの愛を象徴するアイテムである。ここのフォトスポットで思い出の1枚を! ドラマに出てきた崖の下で、ドラマで使われた車と朝鮮王朝時代に使っていたような輿を背景に「ハイ、ポーズ ♪」
輿の前の広大な西海(黄海)と松道新都市の高いビルのシルエットがステキ~。さすが夕日スポットとして名高い場所。絶品の夕日や光溢れる夜景はサイコー。実際の星ではないが、星のように流れる夜景が見たいなら見逃せないビューポイントで、松島石山の新しい魅力を感じることができる。
仁川大学校
現実では絶対いそうもない、イケメンでスマートなト・ミンジュン先生の授業を受けたい人におススメの場所。仁川大学校の松島キャンパス。新しいキャンパスなので、広くてオシャレ!ト・ミンジュンの講義シーン、チョン・ソンイのスペシャル放送シーン、零点ソンイのシーン、フィギョンの兄であるジェギョンの正体を暴くシーン、チャン弁護士がト・ミンジュンが死ぬかもしれないということを告白するシーン等、「星から来たあなた」の多くのシーンがここで撮影された。
色々なところに「星から来たあなた」がどこで撮影されたか親切に案内する表示があって、初めて訪れた人でも簡単にキャンパスツアーをすることができる。その中でもイチオシの場所は「Global Island」という展望台。8階建ての展望台で、仁川大学校が一望できる。但し、展望台の中では外国語しか使えない。
仁川市立博物館
ト・ミンジュンとチョン・ソンイを400年間つないでくれた「かんざし」が展示されている場所は韓国最初の公立博物館である「仁川市立博物館」である。
ドラマが終了した後も、ここでは相変わらず彼らのかんざしを見ることができる。
かんざしを見るために博物館を訪れる人が増え、人気ある展示品になった。
高麗、朝鮮時代を経て、日帝強占期(日本統治期)から近代に至るまで、様々な年代の遺物が展示されているだけでなく、支石墓をかたどった建物としても有名で、シーズン毎に行われる企画展示を通じ、仁川の埋もれていたストーリーを知ることができる。
Pocket

関連する記事はこちら

백남준기념관

「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

  「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生 白南準記念館   世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区…続きを読む

夜オバケマーケット01

暑いソウルの夜も有意義に! 「ソウル・夜オバケナイトマーケット」

 日中の気温が30度を超え、夜も寝苦しいソウルの夏。蒸し暑い夜を少しでも涼しく過ごそうと、ソウルの人たちはトッチャリ(ビニールシート)や食べ物を持って、漢江(ハンガン)へと出かけます。静かなを夕涼みを想像して出かけてみると、そこはお祭り騒ぎ! 毎週金・土曜日の夜、「パムトッケビ(…続きを読む

20220222_170608

寒いから楽しい!江原道平昌ツアー

  2018平昌冬季オリンピックの開催地だった江原道(カンウォンド)平昌(ピョンチャン)。 2月下旬に訪れたこの日は、マイナス19度を記録するなど、さすが冬季オリンピックの開催地らしい寒さでした。韓国を代表するスキー場だけでなく、おいしい郷土料理にドラマ撮影地まで、見所…続きを読む

서브01-세븐럭강남점

<撮れ立てレポート>ゴージャスなマネーゲーム、「セブンラックカジノ」

今夜、幸運の女神と出会う。 ゴージャスなマネーゲーム、「セブンラックカジノ」   韓国の夜を楽しむ方法はいろいろある。高級なカフェやスカイラウンジでお酒を飲んだり、ソウルタワーに登って美しいソウルの夜景を満喫し、一晩で不夜城となる東大門ファッションタウンでは朝までショッ…続きを読む

국립국악원_공연

開院60周年を迎える国立国楽院、記念公演が盛大に開催

開院60周年を迎える国立国楽院、記念公演が盛大に開催   -6月まで特別公演、企画展示など多様な国楽舞台を準備 国立国楽院が開院60周年記念の年を迎え、4月から6月まで多彩な公演や展示、学術行事を準備している。1951年4月10日開院した国立国楽院の過去と現在、そして未…続きを読む

서울스카이_메인A

韓国の新しいランドマーク、ソウルスカイ

  今年4月3日にオープンしたロッテワールドタワー展望台「ソウルスカイ」が、8月の入場者65万6千人を超え、韓国観光の新名所として急浮上している。開場1ヵ月あまりで15万人入場という記録を打ち立てたのに続き、オープン100日にして50万人、そして4ヵ月で65万人の入場者…続きを読む

百潭寺01

百潭寺テンプルステイ体験記

  自分の欲するところを自分に問う贅沢な時間   百潭寺テンプルステイ体験記   韓国の寺院で仏教の修行を体験するテンプルステイ、最近、日本でも知られるようになってきたが、実際に体験した人は多くはない。そんなテンプルステイを体験してもらおうと、韓国仏…続きを読む

seoul_hanabi

ソウルでは秋の風物詩? 「ソウル世界花火祭り」攻略法!

 「たまや~!」浴衣を着て夜空に咲く花火を見上げるのは日本の夏の風情だが、韓国ではどうだろうか? 韓国の花火大会のメインシーズンは秋。韓国全土で多彩な地方祭りが開かれる秋に、全国的に名の知られる花火祭りが行われる。その代表が、ソウルの汝矣島で行われる「ハンファ・ソウル世界花火祭り…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence