仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記

2011年03月09日

공항철도

<撮れ立てレポート>

「ソウルで荷物を預け気軽に空港へ出!」

仁川空港&ソウル都心空港タミナル体

 

ソウル駅から仁川国際空港をつなぐ仁川空港鉄道が去る12月28日に開通式を行い、全区間運行に入った。 以前開通した1段階区間の仁川空港-金浦空港路線に加えて2段階区間の金浦空港-ソウル駅路線が完全開通することにより、仁川国際空港とソウル中心地であるソウル駅を歴代最短時間の約43分台で連結することになる。空港鉄道の全区間開通と時を同じくソウル駅都心空港ターミナル(KARST)もサービスを始めた。搭乗手続と手荷物託送が可能で、重い荷物を空港まで持っていく必要がなく、ソウル駅で関連手続を処理ができるようになる。韓国・ソウル旅行がもっと便利になるオープンしたばかりのソウル駅都心空港ターミナルを直接体験してみた。

文/大成直子

 

ソウル駅から金浦空港を経由して仁川空港に到着する仁川空港鉄道58kmの区間が開通したこともあり、「ソウル駅都心空港ターミナル」と「空港鉄道A’REX」を利用して帰国することにした。事前の情報を全然持たずにとりあえずソウル駅に行ってみたが、案内の看板などもきっとあるだろう、なんとかなるはず!とまずはチャレンジ。バスやタクシー乗り場がある、いわゆるソウル駅の表玄関から入り、ソウル駅をずーっと突っ切った一番奥に新空港ターミナルと空港鉄道A’REXの乗り場が現れる。今度、ソウル駅都心空港ターミナルを利用する時には、ソウル駅の裏口と言うか4番出口にタクシーをつけてもらおうと決意する。

到着した入口から入ると、奥にエレベーターがあるので、荷物が多い時はそのエレベーターに乗るのがベスト。エスカレーターもあるものの、かなり長いので大変。エレベーターで地下3Fに行けば、チケッティングと手荷物処理ができる都心空港ターミナルが出てくる。空港でなくてもソウル市内で搭乗手続きが出来る「都心空港ターミナル」は以前から江南COEXにあり、今までよく利用してきたものの、江北に泊まった時はわざわざ江南まで行くのも不便だったので、ソウル駅というアクセスのいい場所に出来たというニュースは、とてもうれしい。

仁川空港に到着して、搭乗手続きのため列を並び出国審査にも並ばないといけないのが普通だが、市内にある都心空港ターミナルは結構空いていて、待ち時間もほとんど無く飛行機の搭乗手続きと出国手続きができるので、結構ギリギリまでソウル市内で遊べて時間を有効活用ができる。

さて、今回初体験のソウル駅「都心空港ターミナル」も予想通りガラガラ。ちなみに、英語と韓国語はできても、日本語ができるスタッフがいなかったが、チェックインするだけだから、問題は特に感じなかった。しかも、COEXの都心空港ターミナルは、大韓航空とアシアナしか対応していないのに、ここではチェジュ航空も対応できて、本当に使い勝手が完璧。もちろん、搭乗手続きも並ぶこともなくすぐ終了。スーツケース預けて身軽に動けるのがうれしい。ここで少し詳しい説明をすると、大韓航空と共同運航している航空会社の中で運航に使われる航空機が大韓航空のものならば、外国の航空会社の乗客もこのターミナルで手続きできるそう。アシアナ航空では共同運航でもここでは取り扱わず仁川空港だけで対応しているとのこと。

カウンターで搭乗手続きが終わったら、次は、カウンターの隣にある出国手続へ。ここでもあまり人がいなくて、すぐ終了してしまう。搭乗手続きと出国手続き合わせて5分ほどが経過。順番を確認すると①搭乗手続き(出発3時間前まで必着)*勤務時間は5:20~19:00まで②出国手続き*勤務時間8:00~18:00まで。その後、航空券に青い印鑑と赤い印鑑を押してくれて、これでOK。ここまで終了したら自由の身、航空券に書いてある時間までにGATEに行けば良いだけとなる。

 

直通にるべきか普通にるべきか

地下3階にある自動チケット販売機で、直通電車か、普通電車を選択して空港へ向かうチケットを購入。直通だとソウル駅とインチョン空港間が43分。13,300W。ソウル駅出発のリムジンバスよりお安い。直通電車だと時間指定と座席指定ができる立派なカード式の切符をもち、札改札に入るとすぐエレベーターで地下7Fへ。普通電車は地下6Fなので、間違わないように。直通電車は、ソウル駅6時始発で30分ごとにあり、22時が終電。一般電車(普通)は、5:30始発で仁川空港行きは23時38分が終電。普通といっても、金浦空港まで20分。仁川空港まで53分。ソウル駅から仁川空港まで直通と普通では、たったの10分しかない。なのに、料金を見ると、仁川空港まで、直通電車が13,300W、普通電車がなんと!3,700W。

たった10分しか違わないだけで約10,000Wぐらいの差がある。条件的な違いでは、直通だと座席指定ができるけど、普通は座席指定ができないぐらいの差しかない。でも、ソウル駅都心空港ターミナルを利用して、出国手続きできるのは、直通電車利用者のみ・・という理由を聞いて納得。これは大きい。ちなみに、3月末までは、普通列車を利用しても、ここ、都心ターミナルを利用して出国手続きが可能。金浦空港には、普通電車しか行かないので注意。20分という超短時間なのに1200Wでソウル駅から金浦空港に行けるなんて、凄いことだ。普通電車で、仁川空港へ行く場合は、時刻表に色が付いた時間に出発する電車は、途中の駅が終点になってしまうため、出発時刻が黒色で書いてある電車に乗るべし。

直通空港鉄道A’REXに乗ってみる。車内は新しいからとてもキレイ!でも韓国の電車は基本ヨーロッパ製なためか、椅子が固定式で半分の人は、進行方向と反対を向いて乗らざるを得ないのが少し残念。 荷物置き場も小さいような気がする。みんな都心空港ターミナルでチェックインすること考えてだとは思うが、韓国の航空会社じゃないとチェックインできないし。テーブルはないけど、フットレストはある。あっという間に仁川空港駅へ到着。仁川空港の改札を出ると、あとは、空港に向かって歩くだけ。しかし、意外と標識が見えにくいので、初めての人は迷うかも。改札をでたら、左に向いて、あとは5分ぐらいまっすぐ歩くと空港の地下1Fに到着する。

 

時間の束縛を受けず出

都心空港ターミナル利用のメリットを説明すると、ソウル駅でもCOEXの隣(三成洞)でも、「都心空港ターミナル」を利用して、搭乗手続き・出国手続きを済まし、空港まで到着したら、あとはGATEに行くだけ。搭乗手続き完了しているので、チェックインカウンターの長い列に並ぶこともなく、ここで15分から30分はおトク。そして、搭乗入口も並んでいることがあるが、普通の入り口の横側にある、空港に勤めている人や、飛行機の乗務員などが出入りする特別入口から入ることができる。この特別入口から入ると、手荷物検査も通常の列とは別なので、通常の手荷物検査が長蛇の列でも、こちらの特別入口はほぼ誰もいないので、ここでも15分ぐらいがおトク。そのあと、手荷物検査が終わると次は出国手続き。これも、もちろん通常のところに並ぶ必要はなくて、出国手続きエリアの端にある特別ルートを利用、この特別出国手続きブースも並んでいるのを見たことなし。ということで、ここでも10分ぐらいはおトク。

都心空港ターミナルで全部終わらせておくと、空港での時間は、ぜんぶ合わせると30分ぐらいは時間を短縮できるので、その時間を免税店で買い物してもいいし、A’REXや9号線のおかげで時間が読めるようになるので、空港に2時間前に到着する必要もなく、GATE到着時間ギリギリまでソウルで遊ぶこともできる。なによりも並ぶストレスがないのが快適!

スケジュール次第では、とても活用できる「都心空港ターミナル」。韓国旅行を最後の最後までたっぷりと遊びたい方に利用されることをお勧めする。

 

서브01-공항터미널전경

▲ソウル駅都心空港ターミナル 搭乗手続はもちろん手荷物託送もできる

 

서브02-공항역

▲駅の様子 すべての駅に安全なスクリーンドアが設置されている

서브03-열차객실

▲直通特急の車内 一般普通車と違って前向きの一人席となっている

Pocket

関連する記事はこちら

국립국악원_공연

開院60周年を迎える国立国楽院、記念公演が盛大に開催

開院60周年を迎える国立国楽院、記念公演が盛大に開催   -6月まで特別公演、企画展示など多様な国楽舞台を準備 国立国楽院が開院60周年記念の年を迎え、4月から6月まで多彩な公演や展示、学術行事を準備している。1951年4月10日開院した国立国楽院の過去と現在、そして未…続きを読む

다담콘서트

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン   –  歌手ユ・ヨルが進行、お茶とトークショーがあるコンサートを開催     国立国楽院が冬のソナタに出演した歌手ユ・ヨルが進行する午前の国楽コンサート「茶談(タダム)」を今年の前半期と下半期…続きを読む

RE; CODE

明洞聖堂に新しくカルチャースペースが誕生

 昨年9月、明洞聖堂が3年の工事の末に新しく生まれ変わった。2029年まで明洞聖堂一帯を観光特区として育成していくためのリモデリングの第1段階が完了した形だ。今回のリモデリングで、ゴシック様式の聖堂の前には庭園が設けられ、その地下には「明洞聖堂1898広場」と名づけられたカルチャ…続きを読む

서브01-청계광장

<ソウル特別企画>ソウルの中心で文化の香りを探す

<ソウル特別企画> 今までと少し違った韓国旅行の楽しみ方 ソウルの中心で文化の香りを探す   韓国ブームもすでに定着してきた昨今、ソウルを訪れるリピータが大幅に増加している。ショッピング、食べ歩き、ロケ地めぐりなどソウルの楽しみ方は人それぞれ多種多様だが、たまには立ち止…続きを読む

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

동백섬_메인(가로)

<体験レポート:釜山編>「歩いて楽しむ」、釜山1DAY Walking

<体験レポート:釜山編>   「歩いて楽しむ」、釜山1DAY Walking   ソウルとはまた違った魅力溢れるエネルギッシュな街、釜山(プサン)。ガイドブックには代表的な観光地情報が溢れているものの、もっと普段の韓国の人たちが過ごす、釜山ならではの休日を過ごしてみたい…続きを読む

001

1万ウォンでソウルを楽しむ観光コース

1万ウォンでソウルを楽しむ観光コース ソウル観光 食事を1日 1万ウォン以内で済ませる! ソウル旅行の目的は食べるためという人もいるほど、ソウルはおいしいものがたくさん揃ったグルメ天国です。焼肉や海鮮鍋、韓定食など少々お値段の高い高級な食事を楽しむのも良いですが、ソウルには安くて…続きを読む

국립중앙박물관_꽃전시

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開 -新年遺物を交替「朝鮮時代の花の絵」展開く 国立中央博物館が春を迎え、博物館内美術史展示館である書画観絵画室の遺物を新しく交替し観覧客を迎える。 新しく展示される作品らは近づく春とよく似合う「朝鮮時代の花の絵」達で、国立中央博物館の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02