国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展

2011年05月12日

立中央博物館「自然の歌、 川里 高麗靑磁」テマ展

1

-5月 29日まで、青磁象嵌唐草文盌など111点公開

高麗王室と貴族が使用した最上級の高麗青磁を展示する「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展が5月29日まで、国立中央博物館常設展示室の彫刻工芸館の青磁室にて開催される。

国宝115号である青磁象嵌唐草文盌をはじめ、総111点の遺物が公開される予定で、1966年国立中央博物館が全羅北道・扶安(プアン)郡柳千里(ユチョンリ) 12号窯の焼き跡から出土した高麗青磁が初めて公開され、1930年代に柳千里焼き窯を初めて発見した日本人学者 野守健氏の収集品の一部と、文化財収集家のイ・ホングン氏が寄贈した柳千里青磁の一部も同時に展示される。展示品らが完全な原形でない破片として、青磁の原形に合うように破片を配置したり、破片そのままにて展示され、完成品の青磁では味わうことはできない青磁の裏面まで見ることができることから高麗青磁ファンたちに特別な機会となるものと展望される。

Pocket

関連する記事はこちら

서브01-청계광장

<ソウル特別企画>ソウルの中心で文化の香りを探す

<ソウル特別企画> 今までと少し違った韓国旅行の楽しみ方 ソウルの中心で文化の香りを探す   韓国ブームもすでに定着してきた昨今、ソウルを訪れるリピータが大幅に増加している。ショッピング、食べ歩き、ロケ地めぐりなどソウルの楽しみ方は人それぞれ多種多様だが、たまには立ち止…続きを読む

뮤지엄산_메인

芸術と感性、自然、瞑想で癒される特別なミュージアム、ミュージアムSAN

ミュージアムSAN(Museum SAN)は、江原道・原州(ウォンジュ)に位置する美術館だ。インスタグラム、フェイスブックなどのソーシャルネットワーク(SNS)内でよく登場する原州の名所だ。最初は山の中にあり、名前がミュージアムSANということくらいしか知らなかった。しかし、知っ…続きを読む

차이나타운2

仁川の圧倒的な歴史の深さを誇る 仁川チャイナタウン

圧倒的な歴史の深さを誇る 仁川チャイナタウン 仁川チャイナタウン。バスで行くこともできるし、車でも行けるが、地下鉄で行くことをお勧めする。 仁川行きの地下鉄1号線に乗って終点まで行けばよいからだ。一駅手前の東仁川駅までは急行列車で速く着くことができる。 でも、急行列車が先にきても…続きを読む

IMG_0964

ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

  ソウル本屋散策       ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、…続きを読む

수도국산박물관1

韓国の仁川にある特別な博物館旅行

ご両親との時間旅行 水道局山タルトンネ博物館 いわゆる「博物館」といえば、退屈なところ、というイメージがある。 展示されているものによって、そのイメージは異なるが、とにかく、博物館はその特有の語感から、気軽に楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすというイメージとはほど遠い。しか…続きを読む

greenhouse02

ソウルの巨大なボタニック公園「ソウル植物園」

 ソウルの西の外れ、金浦空港のすぐ手前にある麻谷地区。ソウル最後の開発地域として注目を集めているが、そこに新しいソウルの名所が誕生した。汝矣島公園の2・2倍の広さを誇る巨大な植物園、「ソウル植物園」だ。昨年10月のプレオープンから話題を集め、今年5月、正式にオープンした「ソウル植…続きを読む

서브01-체험요리

<撮れ立てレポート>韓国伝統料理研究所の外国人料理体験

食べるだけじゃ物足りない!作って味わう韓国料理   グルメ大国、韓国。韓国には今やおいしい料理を食べるという目的で来る日本人の観光客もいるくらいだ。実際に韓国に行ってみると、私たちが知らない料理がまだまだあり、新しい味に触れるたびにそのおいしさに感動してしまう。そんな韓…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02