国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン

2011年04月06日

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン

 

–  歌手ユ・ヨルが進行、お茶とトークショーがあるコンサートを開催

 

다담콘서트

 

国立国楽院が冬のソナタに出演した歌手ユ・ヨルが進行する午前の国楽コンサート「茶談(タダム)」を今年の前半期と下半期で分けて定期公演を行う。公演は30~50代の主婦層を対象として、お茶と話がある国楽コンサートを標榜し、毎月違った主題について進行者であるユ・ヨルと、招待された名人との多様な話を交わすことにより、観客と交感できる国楽コンサートを趣旨として企画された。

公演では名人の話を聞き国立局員院団員らによる国楽を聞き、観覧客と共に国楽を習う時間も提供されることから、韓国伝統国楽を楽しもうとする外国人観光客にも良い舞台になるものと展望される。

公演日程は3月30日に初めての公演が行われ、上半期は6月まで、下半期は9月から11月までの総7回にかけて毎月最終週の水曜日、午前11時に国立国楽院の牛眠堂(ウミョンダン)にて開かれる。

入場料金は1人1万ウォンで家族単位観覧客などの小規模団体のために個人別座席でないまとまった座席形態でも販売され、公演が繰り広げられる牛眠堂ロビーでは観覧客を対象に伝統茶とお茶菓子も無料で提供される。 公演内進行は全て韓国語にて進行される。 予約問い合わせ +82-2-580-3333.→www.gugak.go.kr

Pocket

関連する記事はこちら

ソウル城郭ツアー1

漢陽を守った4つの山を歩く「漢陽城郭ツアー」

漢陽を守った4つの山を歩く 「漢陽城郭ツアー」    朝鮮王朝の首都だった漢陽(ハニャン)は四大門と、その周辺を囲む4つの山に積み上げられた城郭により守られていた。今でも夜になると漢陽と呼ばれたソウルの中心部の城郭がライトアップされ、美しい夜景を見ることができるが、ただ遠くから見…続きを読む

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

K-Style Hub

新しい韓国の情報発信所が誕生!「K-Style Hub」

  韓国観光公社が原州に移転してからしばらく改装工事を行っていた建物が、韓国の観光情報や文化を発信するスペースとしてリニューアルオープンした。移転前にも地下にパンフレットの配布などの案内は行っていたが、リニューアル後は2階から5階までをフルで活用し、さらに多様で深い情報…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

百潭寺01

百潭寺テンプルステイ体験記

  自分の欲するところを自分に問う贅沢な時間   百潭寺テンプルステイ体験記   韓国の寺院で仏教の修行を体験するテンプルステイ、最近、日本でも知られるようになってきたが、実際に体験した人は多くはない。そんなテンプルステイを体験してもらおうと、韓国仏…続きを読む

동백섬_메인(가로)

<体験レポート:釜山編>「歩いて楽しむ」、釜山1DAY Walking

<体験レポート:釜山編>   「歩いて楽しむ」、釜山1DAY Walking   ソウルとはまた違った魅力溢れるエネルギッシュな街、釜山(プサン)。ガイドブックには代表的な観光地情報が溢れているものの、もっと普段の韓国の人たちが過ごす、釜山ならではの休日を過ごしてみたい…続きを読む

백남준기념관

「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

  「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生 白南準記念館   世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02