大田の近代建築を巡る

2014年07月03日

韓国の近代史に触れるレトロな旅

大田の近代建築を巡る

 大田(テジョン)市に観光に行くと言えば、たいてい帰ってくるのは「大田に何があるんだ」という言葉だろう。しかし、大田には他にはないいくつかの魅力的なスポットがある。そのスポットを訪ねるべく大田に足を向けた。
文/町野山宏記者
 
 ソウルから高速鉄道KTXに乗れば1時間で到着する大田だが、少しでも昔の時間に身をゆだねてみようと、「ムグンファ」号でゆっくりと訪ねてみた。なぜなら、今回の大田訪問のテーマは「近代建築」だからだ。レトロな情緒があふれる近代建築というと大邱が有名だが、大田にも魅力的な近代建築がいくつも残っており、旅人の訪問を待っている。旧忠南道庁舎をはじめ、日本統治時代の姿を残す町並みや、美しい装飾が目を引く銀行の建物など、多くのスポットが徒歩圏内に位置するため、散歩気分で楽しめる。大田の有名なパン屋「聖心堂」の名物、ニラパンと揚げソボロパンを駅で買って、さあ出発だ。
 大田は今では広域市となっているが、もともと畑ばかりの田舎町だったところに、日本統治時代に鉄道駅がつくられて日本人がたくさん住むことによってつくられた都市だ。当時は韓国人より日本人のほうが多く、日本人によって建てられた建築物も多い。その代表格といえるのが旧忠南道庁舎だ。
 IMG_0240
 
 忠清南道庁はもともと公州にあったが、1932年に大田に移り、2012年までこの建物が道庁として使われた。黄色いタイルに覆われた建物は、官公庁らしい重々しい威容を呈している。韓国で大ヒットした映画「弁護人」のロケ地ともなり、韓国国内でも有名だ。どこかで見たことがあるように感じるのは、設計者が岩槻善之と笹慶一だからだろうか。彼らは朝鮮総督府建築課の技師であった建築家で、ソウル市立美術館としておなじみの大法院の設計者だ。外壁は縦の傷が入った黄色いスクラッチタイルを使っており、当時としては斬新な建物だった。1930年代は、それまでのさまざまな西洋の様式を取り入れた装飾の多い建築から、機能を重視し、節制したデザインのモダニズム建築への移行期で、モダニズム的な要素はありながらも装飾が残されている部分も興味深い。華やかさはないものの、細部に気を使った美しさが際立っている。
 木製のドアを開けて中に入ると、幾何学的な装飾が施されたアーチが雰囲気のいい空間を演出している。両側に長く伸びた廊下も、2階に上がる正面の階段も、天井の照明も美しい。正面の階段には大きな窓があり、明るい日差しが差し込んでいる。ここには昔ステンドグラスがはめ込まれており、時々刻々と移り変わる光が美しい風景を演出していたという。窓の開閉の技巧も日本人らしい細やかな仕組みが取り入れられている。窓を開けると見える建物の裏側はレンガがそのままむき出しになっており、タイルを張った正面とのコントラストを引き出している。
 この建物は日本人が建てたということで何度も取り壊しの危機に陥ったという。窓の下に取り付けられた装飾が日本国政府の紋である桐の紋と似ているという疑惑に掛けられたこともあった。しかし、文化財を愛する人たちの手によって残され、現在は展示館として大田の歴史を今に伝えている。
 IMG_0256
 
 1932年の道庁完成当時の市長官舎であった建物も残っている。現在は「アンドル」という名のカフェになっているが、その前は、雑草が生え、ゴミ捨て場のようになった空き家だった。庭の木に惚れ込んだ今の主人が苦労してカフェに改装し、当時の雰囲気を残しつつも快適な空間を作り出している。日本家屋らしく押し入れや床の間だっただろうと推測できる部分もあり、素朴ながら興味深いカフェとなっている。
 IMG_0209
 
 このカフェの周辺も興味深い散策コースだ。昔ながらの住宅や商店が残っており、地域再生プロジェクトとして若い芸術家が掛けた看板や壁画も楽しい。
 

80年前の鉄道官舎が見せる懐かしい風景

 鉄道によって発展した都市だけに、当時の鉄道施設も多く残っている。駅前の駐車場には鉄道補給倉庫として使われた木造の倉庫が残っているが、1956年、解放後に建てられたものであるにもかかわらず、日本でよく使われる下見張りの壁であるのが興味深い。この倉庫は文化財として登録されており、若いミュージシャンのライブなどの文化行事が行われている。
 大田駅の東側の蘇堤(ソジェ)洞と呼ばれる地域は、日本統治時代に建てられた鉄道官舎が残っている。宅地開発のために小さな湖を埋め立てた土地に、鉄道労働者のための数十軒の家が建てられ、そのうち40軒あまりが残っている。日本の昔の住宅を思わせる構造となっており、ここを歩くだけで80年前にタイムスリップしたような感覚だ。人の背丈ほどの塀の中に平屋の家があり、ある家は建てられた当時のそのままの姿で、ある家は部分的に、あるいは大幅に改築しされているが、2軒の家が家と家の間の壁を中心に左右対称になった構造だけはそのまま残っている。家々の屋根や木でできた昔の電柱、どこの家にも植えられている大きな木を眺めながら、細い路地を散歩するとさまざまな発見があって楽しい。我が物顔で通り抜ける猫や、路地で涼むおばあさんの姿、塀の上から顔を出すバラの花など、大田の中でもここでしか出会えない風景が多くの写真家たちをひきつけているという。
 鉄道官舎のうち、42号という番号のついた官舎は、蘇堤洞写真館という名前で文化空間として使われている。住宅としての姿をそのまま残しながら写真展やコンサートなどの、地域と連携した文化活動の拠点となっている。外には古びたソファが置かれ、地域住民の憩いの場となっていた。
 IMG_0127
 

レトロな雰囲気の講堂や異国情緒感じる壁画も

 大興(テフン)洞にある大田女子中学にも魅力的な建築物が残っている。この中学の講堂は1937年に建てられ、かまぼこ型の両脇が上がった形の屋根が特徴的なレンガ造りの建物だ。角も凹凸をつけてレンガを積み上げており、屋根の下の装飾も壁に美しいアクセントを与えている。この建物が印象的なため、これに合わせて校舎も同じ形の屋根を載せている。
 IMG_0355
 
 この中学校の向かいには高い塔を持つ大興洞聖堂がそびえており、目を引く。建物自体も特徴的だが、特筆すべきは教会の中の巨大な壁画だ。礼拝堂の両側の白い壁に、右側にはイエスの姿、左側には使徒のペテロとパウロの姿が描かれているが、色使いもタッチも独特で、異国的な雰囲気を醸し出している。この壁画はフランス人宣教師のアンドレ・ブートンが描いたもので、もとは8枚あったが、あまりにも強烈な色彩とタッチが問題となり、2枚を残してブートン宣教師自ら消してしまった。この牧師はこの壁画を描きながら精神的な病を患い、故国に帰ったのだという。そのような狂気が独特な絵を完成させたのだろうか。
 また、この教会の前にある大田市立美術館創作センターも見逃せない。1958年、国立農産物品質管理院として建てられた建物だが、モダンな形が目を引く。突出した四角い窓枠がアクセントとなっており、窓に長い板が何枚も取り付けられた形のブラインドが独特な表情を与えている。市が運営する創作センターとして使われており、インベーダーのイラストなどの装飾に遊び心が感じられる。
 大田駅から近い繁華街にも文化財として登録された建物がある。1937年、朝鮮殖産銀行として建てられた新古典主義的な建物で、いたるところに美しい装飾が施されている。現在はメガネ店として使われており、垂れ幕に覆われているのが残念だが、その間から多くの装飾が顔を出している。
 IMG_0382
 
 この他にも異国的情緒を見せる赤いとんがり屋根の家や、アメリカの宣教師が生活していた梧井(オジョン)洞の宣教師村など、多くの文化財がある。めまぐるしい速度で変わっていく韓国の都市の中にも、古きよきものを愛する人たちの手によって残されてきた宝石たちだ。そんな宝物を探す旅に出てみるのはいかがだろうか。
Pocket

関連する記事はこちら

13-1

大邱世界陸上選手権大会D-100 2011年8月、全世界が大邱を注目する!

大邱世界陸上選手権大会D-100 2011年8月、全世界が大邱を注目する! 今から100余日後と迫った2011年8月、先端と伝統が交わる大韓民国の第3の都市「大邱」に全世界の人たちの耳目が集中している。夏季オリンピック、FIFAワールドカップと共に世界3大スポーツイベントとしてあ…続きを読む

국립중앙박물관_꽃전시

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開 -新年遺物を交替「朝鮮時代の花の絵」展開く 国立中央博物館が春を迎え、博物館内美術史展示館である書画観絵画室の遺物を新しく交替し観覧客を迎える。 新しく展示される作品らは近づく春とよく似合う「朝鮮時代の花の絵」達で、国立中央博物館の…続きを読む

002

旅の強い味方 韓国観光公社

  韓国を旅行する際、旅行前に充分計画して来ても、現地で情報を手に入れたいときはよくあるものです。観光地までの行き方や、観覧時間や休日、更には現地について新たな情報を知ってそれについて詳しく知りたいこともよくあります。そんな旅の強い味方となってくれるのが韓国観光公社です…続きを読む

인천2

仁川の近代文化との出合い 開港場通り

近代文化との出合い 開港場通り 近代化が始まった所、西海岸第1の貿易港。仁川の開港場ヌリ道を訪ねてみよう。 まず仁川駅から出発してみよう。仁川駅は駅そのものが歴史的な場所だ。 韓国の鉄道は1899年9月18日に開通したが、最初に開通式を行った所が仁川駅だ。現在の駅舎は1925年に…続きを読む

月精寺

山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅

心身が癒されるとっておきの冬の韓国旅行 山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅    日常の悩みから離れて地上と断絶した山の中の寺院に向かう。都市の喧騒は消え、神秘的で霊験あらたかな空気に体と心が自然と癒されていく。伝統的な仏の教えはこれまで気づかなかった人生の意味ま…続きを読む

박물관1

仁川の子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー

子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー 週末に、「子供たちとどこへ行こうか?」 と悩んでいる人なら、博物館巡り出かけてはどうだろうか。 子供と一緒に楽しめる5つの博物館を紹介しようと思う。 仁川児童科学館 仁川児童科学館では遊びや体験を通して、科学原理を分かりやすく学ぶことができるとこ…続きを読む

1

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展 -5月 29日まで、青磁象嵌唐草文盌など111点公開 高麗王室と貴族が使用した最上級の高麗青磁を展示する「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展が5月29日まで、国立中央博物館常設展示室の彫刻工芸館の青磁室にて開催される。 …続きを読む

백남준기념관

「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

  「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生 白南準記念館   世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02