明洞聖堂に新しくカルチャースペースが誕生

2015年04月22日

明洞聖堂1898 昨年9月、明洞聖堂が3年の工事の末に新しく生まれ変わった。2029年まで明洞聖堂一帯を観光特区として育成していくためのリモデリングの第1段階が完了した形だ。今回のリモデリングで、ゴシック様式の聖堂の前には庭園が設けられ、その地下には「明洞聖堂1898広場」と名づけられたカルチャースペースがオープンした。ここのコンセプトは、カトリックの「分かち合い」の精神に基づいたものとなっている。聖堂を訪れる信者はもちろん、一般の市民も共に参加できる事業が準備されている。「1898」とは聖堂が建てられた年を意味している。

明洞聖堂1898 明洞の中心街から明洞芸術劇場の前の道を東に歩いていくと、右手に明洞聖堂が見えてくるが、その手前に「1898」という数字をデザインしたロゴが掲げられた、カルチャースペースへの入り口がある。

この入口から地下に下りると中央が大きく開いている。ここはコンサートやバザーなど、さまざまなイベントのためのスペースとなっている。階段を下りてすぐ右にあるのが「ブックパーク」だ。韓国の大手インターネットショッピングモール「インターパーク」が運営しており、新刊に手軽に接することができるというのがコンセプト。インターパークで扱う書籍を、保証金を払って1週間借りることができ、本を返却すると保証金は戻ってくるというシステムだ。本を借りるにはサイトを通じて会員になる必要があるが、本棚の間にはたくさんの椅子が用意されており、その場でゆっくりと本を楽しむことができるため、旅行者にも手軽に利用できるスペースだ。

interpark

階段の左側にあるのは、衣類メーカーのコオロンが運営する「レ;コード(RE;CODE)」というスペース。ここは、売れ残った衣類を実力のある新進デザイナーの手によってリデザインして販売する「アップサイクリング」ブランドだ。また、ろうそく作りや人形作りなど、リサイクルに関する体験もでき、環境や自然、文化に関する書籍を自由に閲覧できる。

RE; CODE

向かい側は韓国式のレストランやパン屋などが並んでいるが、材料にこだわりを持った店が多い。

少し奥に入っていくと、明洞聖堂のロゴショップがある。教会のイメージを中心としたグッズを販売しているが、思わず手にとってしまうような洗練されたデザインのグッズが多い。オリジナルデザインの文房具やエコバッグ、化粧品など、魅力的な商品だ。

聖堂というと堅苦しく近寄りがたいイメージがあるが、そのようなイメージを取り払ってくれる気楽な空間だ。明洞でのショッピングのついでに立ち寄ってみるのはいかがだろうか。

Pocket

関連する記事はこちら

IMG_0240

大田の近代建築を巡る

韓国の近代史に触れるレトロな旅 大田の近代建築を巡る  大田(テジョン)市に観光に行くと言えば、たいてい帰ってくるのは「大田に何があるんだ」という言葉だろう。しかし、大田には他にはないいくつかの魅力的なスポットがある。そのスポットを訪ねるべく大田に足を向けた。 文/町野山宏記者 …続きを読む

백남준기념관

「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

  「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生 白南準記念館   世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区…続きを読む

starfield

スターフィールド・コエックスモール「星の広場図書館」

「本を開く、星を抱く」 スターフィールド・コエックスモール星の広場図書館   図書館とショッピングモール、お互いに性格の違う二つの空間が一つになった。今年5月31日にスターフィールド・コエックスモールにオープンした「星の広場図書館」のことだ。オープン前からすでに話題にな…続きを読む

nothumbnail

貞洞劇場、慶州にて「神国の土地、新羅」を公演 

貞洞劇場、慶州にて「神国の土地、新羅」を公演    -慶州世界文化エキスポ文化センター内、7月1日から 韓国文化体育観光部の傘下である財団法人明洞貞洞(チョンドン)劇場が慶州(キョンジュ)市および慶州世界文化エキスポとMOUを締結し、国家ブランド常設公演である「神国の土…続きを読む

20220222_170608

寒いから楽しい!江原道平昌ツアー

  2018平昌冬季オリンピックの開催地だった江原道(カンウォンド)平昌(ピョンチャン)。 2月下旬に訪れたこの日は、マイナス19度を記録するなど、さすが冬季オリンピックの開催地らしい寒さでした。韓国を代表するスキー場だけでなく、おいしい郷土料理にドラマ撮影地まで、見所…続きを読む

100

元韓国語学留学生が ソウルを歩く

中川さんの久しぶりソウル 1日密着レポート 日本に空前のブームを巻き起こした韓流。韓流ドラマやK-POPの影響で韓国語を習い始めた日本人はたくさんいるようです。中川さんが韓国に留学に来たのは2005年の4月。当時は韓流の波がうねりだそうとする少し前でしたが、それでもいち早く韓国の…続きを読む

공항철도

仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記

<撮れ立てレポート> 「ソウル駅で荷物を預け気軽に空港へ出発!」 仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記   ソウル駅から仁川国際空港をつなぐ仁川空港鉄道が去る12月28日に開通式を行い、全区間運行に入った。 以前開通した1段階区間の仁川空港-金浦空港路…続きを読む

K-Style_ミッションツアー

「K‐スタイルハブでミッションツアー&韓服体験」

 韓国観光公社が8月末まで、ソウル清渓川の近くにあるK‐スタイルハブ(韓国観光公社ソウル社屋)で、国内外の観光客を対象に韓服体験を含むK‐スタイルハブ・ミッションツアーイベントを開催する。「韓国の味と粋、そして興を探せ!」というテーマで進行される今回の行事は、無料のミッションゲー…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence