明洞聖堂に新しくカルチャースペースが誕生

2015年04月22日

明洞聖堂1898 昨年9月、明洞聖堂が3年の工事の末に新しく生まれ変わった。2029年まで明洞聖堂一帯を観光特区として育成していくためのリモデリングの第1段階が完了した形だ。今回のリモデリングで、ゴシック様式の聖堂の前には庭園が設けられ、その地下には「明洞聖堂1898広場」と名づけられたカルチャースペースがオープンした。ここのコンセプトは、カトリックの「分かち合い」の精神に基づいたものとなっている。聖堂を訪れる信者はもちろん、一般の市民も共に参加できる事業が準備されている。「1898」とは聖堂が建てられた年を意味している。

明洞聖堂1898 明洞の中心街から明洞芸術劇場の前の道を東に歩いていくと、右手に明洞聖堂が見えてくるが、その手前に「1898」という数字をデザインしたロゴが掲げられた、カルチャースペースへの入り口がある。

この入口から地下に下りると中央が大きく開いている。ここはコンサートやバザーなど、さまざまなイベントのためのスペースとなっている。階段を下りてすぐ右にあるのが「ブックパーク」だ。韓国の大手インターネットショッピングモール「インターパーク」が運営しており、新刊に手軽に接することができるというのがコンセプト。インターパークで扱う書籍を、保証金を払って1週間借りることができ、本を返却すると保証金は戻ってくるというシステムだ。本を借りるにはサイトを通じて会員になる必要があるが、本棚の間にはたくさんの椅子が用意されており、その場でゆっくりと本を楽しむことができるため、旅行者にも手軽に利用できるスペースだ。

interpark

階段の左側にあるのは、衣類メーカーのコオロンが運営する「レ;コード(RE;CODE)」というスペース。ここは、売れ残った衣類を実力のある新進デザイナーの手によってリデザインして販売する「アップサイクリング」ブランドだ。また、ろうそく作りや人形作りなど、リサイクルに関する体験もでき、環境や自然、文化に関する書籍を自由に閲覧できる。

RE; CODE

向かい側は韓国式のレストランやパン屋などが並んでいるが、材料にこだわりを持った店が多い。

少し奥に入っていくと、明洞聖堂のロゴショップがある。教会のイメージを中心としたグッズを販売しているが、思わず手にとってしまうような洗練されたデザインのグッズが多い。オリジナルデザインの文房具やエコバッグ、化粧品など、魅力的な商品だ。

聖堂というと堅苦しく近寄りがたいイメージがあるが、そのようなイメージを取り払ってくれる気楽な空間だ。明洞でのショッピングのついでに立ち寄ってみるのはいかがだろうか。

Pocket

関連する記事はこちら

夜オバケマーケット01

暑いソウルの夜も有意義に! 「ソウル・夜オバケナイトマーケット」

 日中の気温が30度を超え、夜も寝苦しいソウルの夏。蒸し暑い夜を少しでも涼しく過ごそうと、ソウルの人たちはトッチャリ(ビニールシート)や食べ物を持って、漢江(ハンガン)へと出かけます。静かなを夕涼みを想像して出かけてみると、そこはお祭り騒ぎ! 毎週金・土曜日の夜、「パムトッケビ(…続きを読む

또 오해영

仁川の韓国ドラマ「また?!オヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」のロケ地

カーネルワークにまたオセヨン! 「また?!オヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」のロケ地 20~30代の女性から絶大な支持を得たドラマ「また?!オヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」 未来が見える男パク・ドギョン(エリック/SHINHWA)と同姓同名の女性二人-それぞれ「普通」と…続きを読む

다담콘서트

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン   –  歌手ユ・ヨルが進行、お茶とトークショーがあるコンサートを開催     国立国楽院が冬のソナタに出演した歌手ユ・ヨルが進行する午前の国楽コンサート「茶談(タダム)」を今年の前半期と下半期…続きを読む

ソウル城郭ツアー1

漢陽を守った4つの山を歩く「漢陽城郭ツアー」

漢陽を守った4つの山を歩く 「漢陽城郭ツアー」    朝鮮王朝の首都だった漢陽(ハニャン)は四大門と、その周辺を囲む4つの山に積み上げられた城郭により守られていた。今でも夜になると漢陽と呼ばれたソウルの中心部の城郭がライトアップされ、美しい夜景を見ることができるが、ただ遠くから見…続きを読む

IMG_5832

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に | 敦義門展示館

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に 敦義門展示館 ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの地域、「セムナンロ」と「…続きを読む

IMG_0964

ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

  ソウル本屋散策       ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、…続きを読む

난타

NANTA、日本震災義援金1億ウォン伝達

NANTA、日本震災義援金1億ウォン伝達   韓国を代表する文化公演であり、世界的なノンバーバル(nonverbal:非言語)パフォーマンス「NANTA」が、日本大地震の被害復旧のために1億ウォンの寄付を行った。 NANTA側は先月3月21日、大韓赤十字社に日本地震被害…続きを読む

greenhouse02

ソウルの巨大なボタニック公園「ソウル植物園」

 ソウルの西の外れ、金浦空港のすぐ手前にある麻谷地区。ソウル最後の開発地域として注目を集めているが、そこに新しいソウルの名所が誕生した。汝矣島公園の2・2倍の広さを誇る巨大な植物園、「ソウル植物園」だ。昨年10月のプレオープンから話題を集め、今年5月、正式にオープンした「ソウル植…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence