町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に | 敦義門展示館

2018年06月12日

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に
敦義門展示館

ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの地域、「セムナンロ」と「昌信洞」にまつわる魅力的なエピソードを、展示館を訪問して探ってみた。
文/町野山宏記者

 

IMG_5845

 

昔のソウルを守っていた四大門のうち、一つだけ現存しないものがある。西大門にあたる「敦義門(トニムン)」だ。道路拡張のために解体されてしまい、「セムナン(新しい門の中の意)」という地名や「西大門駅」という駅名として名前が残るのみだ。この周辺は一見、オフィスビルが建ちならぶ大通り沿いの、見るべきものもない地域のように思うかもしれないが、最近、話題を集める博物館が誕生した。その名も「敦義門博物館マウル」。今はなき敦義門の名を冠した博物館だ。もともとはアパートとしての再開発地域になっていたが、ここからほど近い橋南洞(キョナムドン)にニュータウンを建設する代わりに公園用地としてソウル市に提供された土地だった。それをソウル市が建物をそのまま残しながら博物館として使用することにしたのだ。

「博物館」ではなく、「博物館マウル(村)」としたのは、一つの建物ではなく、その地域全体が博物館となっていることと、その地域にもともとあった建物を解体せずにリノベーションする形で、その「マウル」自体の姿を残したため。この地域は、韓屋や日本家屋、レストランやさまざまな商店などが混在し、それぞれの建物が建てられた年代もさまざまで、まさにこの町全体が建築の博物館のようだった。それが実際に博物館になったというわけだ。今までにない例であったことと、都市再生事業が注目されていることから話題になっていた。

この地域は敦義門博物館マウルとして生まれ変わってからも何度かその姿を変えている。最初は昨年の9月。ソウル都市建築ビエンナーレの会場としてオープンした。ビエンナーレの期間中は、建築と都市に関する展示やオーガニック系のレストランなどとして使われた。会期が終わった後はどのように使われるか決定していなかったが、ギャラリーなどが入店し、第2の本格的なオープンのための準備が進められていた。

そしていよいよ、4月17日、敦義門展示館の開館と共に2度めのオープンを果たした。多くの建物が残る中で、イタリアレストランだった「アジオ(AGIO)」と韓定食店だった「韓井(ハンジョン)」が展示館として生まれ変わったのだ。博物館マウルのコンセプトを反映して、展示室の名称も「アジオ」と「韓井」がそのまま残された。展示館では「セムナン路」と呼ばれる敦義門マウルをはじめ、今は高層マンションが立ち並ぶ地域となった橋南洞、平洞(ピョンドン)、紅把洞(ホンパドン)、杏村洞(ヘンチョンドン)など、敦義門周辺の町の変遷について展示している。また「アジオ」の隣では慶熙宮の壁の遺跡を展示している。

 

IMG_5832

 

敦義門周辺は非常に興味深い地域だ。朝鮮時代には五大宮の一つである慶熙宮の周辺地域であり、朝鮮時代後期には仁川を通して入ってきた日本人や西洋人たちが京仁線に乗って漢陽(当時のソウル)を訪ねる時の通路であり、拠点となった。日本統治時代には赤十字病院や柳韓洋行の社屋が建てられ、大規模な韓屋団地も建てられた。解放後は周辺にオフィスビルが建てられたりしながらも、路地の中には古い家がそのまま残り、ある家には人が住み、あるところでは食堂として長く経営されていた。古いものと新しいものが混在し、そこに歴史的な事件から庶民の些細な日常までさまざまな物語が刻まれている、まさにソウルの縮小版のような地域だといえる。

そのような興味深い地域を執拗なまでに記録し、アーカイブして見せているのがこの敦義門展示館だ。撤去される前に写真を撮り、実測して図面として残し、それを閲覧することができる。また、撤去直前の姿ではなく、人が生活していた頃の話を集めて展示している。その資料の数には驚かざるを得ない。もちろん、このような町がそのまま残っていればもっとよかったのかもしれないが、再開発の波を何とか食い止め、公園化するということで建物だけは残されたという事情があるため、そのような口惜しさがこのような執拗な記録の原動力となったのかもしれない。

敦義門博物館マウルには展示館のほか、さまざまな工房やギャラリーが入店を始めている。「韓井」の隣の家屋は「レ;コード」というアップサイクリングブランドが入店し、その隣にある日韓折衷様式の家屋は伝統工芸の店となった。既存のブランドではなく、新しい感覚で事業を起こしている人たちが集まっているのが興味深い。これらのギャラリーでは、展示だけでなく、訪問した人たちが体験ができるプログラムが用意されている。敦義門博物館マウルのサイト(http://aenda.cafe24.com)でプログラムの予約ができる。

この町自体が入り組んだ路地がそのまま残されているため、その路地の雰囲気や店などを探しながら歩く楽しみもある。建築についての話を聞けるツアープログラムも用意されており、より博物館マウルを楽しむことができるような「ライフスタイルコース」、子供たちが一緒に楽しめる「家族コース」などもある。また、大韓民国臨時政府の庁舎となった「京橋荘」や童謡作家である洪蘭坡が住んでいた洋館など、周辺の近代遺跡を訪ねるツアーも予定されている。

 

敦義門展示館

http://aenda.cafe24.com/
観覧時間:火~日曜日 9:00~18:00
休館日:毎週月曜日、1月1日
観覧料:無料

Pocket

関連する記事はこちら

ペインターズ:ヒーロー

〈公演レビュー〉 ペインターズ:ヒーロー

美術が華やかな舞台パフォーマンスに変身! review ペインターズ:ヒーロー   舞台の上を絵が命を持ったように踊る。絵を描くアーティストも同様だ。ステージを左へ右へと走り回って、絵の具をつけた筆を振り回し、塗料いっぱいの絵の具の缶は、キャンパスに豪快に飛び散る。俳優…続きを読む

응답하라

仁川の韓国ドラマ『応答せよ1988』ロケ地

思い出に応答せよ! 韓国ドラマ『応答せよ1988』ロケ地 人気俳優たちが出演して「韓流」を巻き起こし、韓国の観光文化産業の発達に大きく貢献した映画やドラマはたくさんある。ドラマ『応答せよ1988』は、最近のドラマによく登場する不治の病、不倫などの素材を一切使わない最高のドラマとし…続きを読む

[아모레퍼시픽]-세계-본사-외경

世界のすべての美を集めたアモーレパシフィックグループ新社屋探訪記

   2017年11月、龍山に、雪花秀、マモンド、ラネージュ、イニスフリー、エチュードハウス、エスプアなど韓国を代表する化粧品ブランドといえるアモーレパシフィックグループの新社屋がオープンしてから地元の人々はもちろん、SNS上でも話題になり、ホットプレイスとして急浮上中…続きを読む

백남준기념관

「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

  「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生 白南準記念館   世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区…続きを読む

인천2

仁川の近代文化との出合い 開港場通り

近代文化との出合い 開港場通り 近代化が始まった所、西海岸第1の貿易港。仁川の開港場ヌリ道を訪ねてみよう。 まず仁川駅から出発してみよう。仁川駅は駅そのものが歴史的な場所だ。 韓国の鉄道は1899年9月18日に開通したが、最初に開通式を行った所が仁川駅だ。現在の駅舎は1925年に…続きを読む

2

ウォーカーヒル、ディナーショー「花の伝説」が人気

ウォーカーヒル、ディナーショー「花の伝説」が人気 ウォーカーヒルホテルが製作・上演する圧倒的なスケールのコリアンショー「花の伝説」が人気を集めている。「花の伝説」は伝統的コンテンツと現代的感覚とが調和したオリジナル創作ショーで、男女主人公であるアラとミルの愛がロマンチックに繰り広…続きを読む

日本に帰っても作れる 好きなコースを選んで習う

ソウル伝統文化体験館

韓国グルメを堪能したり、エステや観光を楽しんだり。それもまた充実した旅の楽しみ方ですが、実際に韓国料理を作ったり伝統文化の体験ができたら、旅のグレードが一段と上がるのではないでしょうか。ソウル伝統文化体験館では外国人観光客に向けた楽しい体験メニューを行っており、趣のある韓屋では伝…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence