町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に | 敦義門展示館

2018年06月12日

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に
敦義門展示館

ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの地域、「セムナンロ」と「昌信洞」にまつわる魅力的なエピソードを、展示館を訪問して探ってみた。
文/町野山宏記者

 

IMG_5845

 

昔のソウルを守っていた四大門のうち、一つだけ現存しないものがある。西大門にあたる「敦義門(トニムン)」だ。道路拡張のために解体されてしまい、「セムナン(新しい門の中の意)」という地名や「西大門駅」という駅名として名前が残るのみだ。この周辺は一見、オフィスビルが建ちならぶ大通り沿いの、見るべきものもない地域のように思うかもしれないが、最近、話題を集める博物館が誕生した。その名も「敦義門博物館マウル」。今はなき敦義門の名を冠した博物館だ。もともとはアパートとしての再開発地域になっていたが、ここからほど近い橋南洞(キョナムドン)にニュータウンを建設する代わりに公園用地としてソウル市に提供された土地だった。それをソウル市が建物をそのまま残しながら博物館として使用することにしたのだ。

「博物館」ではなく、「博物館マウル(村)」としたのは、一つの建物ではなく、その地域全体が博物館となっていることと、その地域にもともとあった建物を解体せずにリノベーションする形で、その「マウル」自体の姿を残したため。この地域は、韓屋や日本家屋、レストランやさまざまな商店などが混在し、それぞれの建物が建てられた年代もさまざまで、まさにこの町全体が建築の博物館のようだった。それが実際に博物館になったというわけだ。今までにない例であったことと、都市再生事業が注目されていることから話題になっていた。

この地域は敦義門博物館マウルとして生まれ変わってからも何度かその姿を変えている。最初は昨年の9月。ソウル都市建築ビエンナーレの会場としてオープンした。ビエンナーレの期間中は、建築と都市に関する展示やオーガニック系のレストランなどとして使われた。会期が終わった後はどのように使われるか決定していなかったが、ギャラリーなどが入店し、第2の本格的なオープンのための準備が進められていた。

そしていよいよ、4月17日、敦義門展示館の開館と共に2度めのオープンを果たした。多くの建物が残る中で、イタリアレストランだった「アジオ(AGIO)」と韓定食店だった「韓井(ハンジョン)」が展示館として生まれ変わったのだ。博物館マウルのコンセプトを反映して、展示室の名称も「アジオ」と「韓井」がそのまま残された。展示館では「セムナン路」と呼ばれる敦義門マウルをはじめ、今は高層マンションが立ち並ぶ地域となった橋南洞、平洞(ピョンドン)、紅把洞(ホンパドン)、杏村洞(ヘンチョンドン)など、敦義門周辺の町の変遷について展示している。また「アジオ」の隣では慶熙宮の壁の遺跡を展示している。

 

IMG_5832

 

敦義門周辺は非常に興味深い地域だ。朝鮮時代には五大宮の一つである慶熙宮の周辺地域であり、朝鮮時代後期には仁川を通して入ってきた日本人や西洋人たちが京仁線に乗って漢陽(当時のソウル)を訪ねる時の通路であり、拠点となった。日本統治時代には赤十字病院や柳韓洋行の社屋が建てられ、大規模な韓屋団地も建てられた。解放後は周辺にオフィスビルが建てられたりしながらも、路地の中には古い家がそのまま残り、ある家には人が住み、あるところでは食堂として長く経営されていた。古いものと新しいものが混在し、そこに歴史的な事件から庶民の些細な日常までさまざまな物語が刻まれている、まさにソウルの縮小版のような地域だといえる。

そのような興味深い地域を執拗なまでに記録し、アーカイブして見せているのがこの敦義門展示館だ。撤去される前に写真を撮り、実測して図面として残し、それを閲覧することができる。また、撤去直前の姿ではなく、人が生活していた頃の話を集めて展示している。その資料の数には驚かざるを得ない。もちろん、このような町がそのまま残っていればもっとよかったのかもしれないが、再開発の波を何とか食い止め、公園化するということで建物だけは残されたという事情があるため、そのような口惜しさがこのような執拗な記録の原動力となったのかもしれない。

敦義門博物館マウルには展示館のほか、さまざまな工房やギャラリーが入店を始めている。「韓井」の隣の家屋は「レ;コード」というアップサイクリングブランドが入店し、その隣にある日韓折衷様式の家屋は伝統工芸の店となった。既存のブランドではなく、新しい感覚で事業を起こしている人たちが集まっているのが興味深い。これらのギャラリーでは、展示だけでなく、訪問した人たちが体験ができるプログラムが用意されている。敦義門博物館マウルのサイト(http://aenda.cafe24.com)でプログラムの予約ができる。

この町自体が入り組んだ路地がそのまま残されているため、その路地の雰囲気や店などを探しながら歩く楽しみもある。建築についての話を聞けるツアープログラムも用意されており、より博物館マウルを楽しむことができるような「ライフスタイルコース」、子供たちが一緒に楽しめる「家族コース」などもある。また、大韓民国臨時政府の庁舎となった「京橋荘」や童謡作家である洪蘭坡が住んでいた洋館など、周辺の近代遺跡を訪ねるツアーも予定されている。

 

敦義門展示館

http://aenda.cafe24.com/
観覧時間:火~日曜日 9:00~18:00
休館日:毎週月曜日、1月1日
観覧料:無料

Pocket

関連する記事はこちら

煥基美術館1

韓国ART散歩 | 煥基美術館

韓国最高の抽象画に最高の空間で出会う 煥基美術館   2017年11月27日、青い色調の一枚の絵が香港でのオークションで2800万ドル(約39億ウォン)で落札された。この「モーニングスター」という題の半抽象画は、韓国の美術品では最高額で落札される、樹話(スファ)・金煥基…続きを読む

IMG_0964

ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

  ソウル本屋散策       ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、…続きを読む

경기도1

京畿道が選定した‘2017年京畿道の10大祭り’

12月になり今年も残りわずかとなりました。桜祭りが真っ盛りだった春がつい一昨日のことのように思えるのに、今や年末の冬祭りが大盛況です。 京畿道では、四季折々の個性満点の31ヶ所の市・郡のすべてが祭りを多く開催するということで噂されています。来るべき2017年を迎え、京畿道が201…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

춘천마임축제

春川マイム祭り開催日確定、5月22日から8日間

春川マイム祭り開催日確定、5月22日から8日間 -国内外90ヶ余り劇団参加、マイムの真髄を見せる 世界3大マイム祭りとして、2007年からは韓国最優秀祭りに選ばれた春川(チュンチョン)マイム祭りが来る5月22日から29日までの8日間、春川市一帯で盛大な幕を上げる。 祭りには国内外…続きを読む

K-Style Hub

新しい韓国の情報発信所が誕生!「K-Style Hub」

  韓国観光公社が原州に移転してからしばらく改装工事を行っていた建物が、韓国の観光情報や文化を発信するスペースとしてリニューアルオープンした。移転前にも地下にパンフレットの配布などの案内は行っていたが、リニューアル後は2階から5階までをフルで活用し、さらに多様で深い情報…続きを読む

뮤지엄산_메인

芸術と感性、自然、瞑想で癒される特別なミュージアム、ミュージアムSAN

ミュージアムSAN(Museum SAN)は、江原道・原州(ウォンジュ)に位置する美術館だ。インスタグラム、フェイスブックなどのソーシャルネットワーク(SNS)内でよく登場する原州の名所だ。最初は山の中にあり、名前がミュージアムSANということくらいしか知らなかった。しかし、知っ…続きを読む

박물관1

仁川の子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー

子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー 週末に、「子供たちとどこへ行こうか?」 と悩んでいる人なら、博物館巡り出かけてはどうだろうか。 子供と一緒に楽しめる5つの博物館を紹介しようと思う。 仁川児童科学館 仁川児童科学館では遊びや体験を通して、科学原理を分かりやすく学ぶことができるとこ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02