町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に | 敦義門展示館

2018年06月12日

町の歴史を執拗に記録し、町全体が博物館に
敦義門展示館

ソウルは物語の宝庫だ。景福宮など有名な観光地に行かなくても、実はソウルの街々に興味深い物語がたくさん隠されている。最近、それらを発掘して紹介する二つの展示館がオープンした。西大門と東大門に面した二つの地域、「セムナンロ」と「昌信洞」にまつわる魅力的なエピソードを、展示館を訪問して探ってみた。
文/町野山宏記者

 

IMG_5845

 

昔のソウルを守っていた四大門のうち、一つだけ現存しないものがある。西大門にあたる「敦義門(トニムン)」だ。道路拡張のために解体されてしまい、「セムナン(新しい門の中の意)」という地名や「西大門駅」という駅名として名前が残るのみだ。この周辺は一見、オフィスビルが建ちならぶ大通り沿いの、見るべきものもない地域のように思うかもしれないが、最近、話題を集める博物館が誕生した。その名も「敦義門博物館マウル」。今はなき敦義門の名を冠した博物館だ。もともとはアパートとしての再開発地域になっていたが、ここからほど近い橋南洞(キョナムドン)にニュータウンを建設する代わりに公園用地としてソウル市に提供された土地だった。それをソウル市が建物をそのまま残しながら博物館として使用することにしたのだ。

「博物館」ではなく、「博物館マウル(村)」としたのは、一つの建物ではなく、その地域全体が博物館となっていることと、その地域にもともとあった建物を解体せずにリノベーションする形で、その「マウル」自体の姿を残したため。この地域は、韓屋や日本家屋、レストランやさまざまな商店などが混在し、それぞれの建物が建てられた年代もさまざまで、まさにこの町全体が建築の博物館のようだった。それが実際に博物館になったというわけだ。今までにない例であったことと、都市再生事業が注目されていることから話題になっていた。

この地域は敦義門博物館マウルとして生まれ変わってからも何度かその姿を変えている。最初は昨年の9月。ソウル都市建築ビエンナーレの会場としてオープンした。ビエンナーレの期間中は、建築と都市に関する展示やオーガニック系のレストランなどとして使われた。会期が終わった後はどのように使われるか決定していなかったが、ギャラリーなどが入店し、第2の本格的なオープンのための準備が進められていた。

そしていよいよ、4月17日、敦義門展示館の開館と共に2度めのオープンを果たした。多くの建物が残る中で、イタリアレストランだった「アジオ(AGIO)」と韓定食店だった「韓井(ハンジョン)」が展示館として生まれ変わったのだ。博物館マウルのコンセプトを反映して、展示室の名称も「アジオ」と「韓井」がそのまま残された。展示館では「セムナン路」と呼ばれる敦義門マウルをはじめ、今は高層マンションが立ち並ぶ地域となった橋南洞、平洞(ピョンドン)、紅把洞(ホンパドン)、杏村洞(ヘンチョンドン)など、敦義門周辺の町の変遷について展示している。また「アジオ」の隣では慶熙宮の壁の遺跡を展示している。

 

IMG_5832

 

敦義門周辺は非常に興味深い地域だ。朝鮮時代には五大宮の一つである慶熙宮の周辺地域であり、朝鮮時代後期には仁川を通して入ってきた日本人や西洋人たちが京仁線に乗って漢陽(当時のソウル)を訪ねる時の通路であり、拠点となった。日本統治時代には赤十字病院や柳韓洋行の社屋が建てられ、大規模な韓屋団地も建てられた。解放後は周辺にオフィスビルが建てられたりしながらも、路地の中には古い家がそのまま残り、ある家には人が住み、あるところでは食堂として長く経営されていた。古いものと新しいものが混在し、そこに歴史的な事件から庶民の些細な日常までさまざまな物語が刻まれている、まさにソウルの縮小版のような地域だといえる。

そのような興味深い地域を執拗なまでに記録し、アーカイブして見せているのがこの敦義門展示館だ。撤去される前に写真を撮り、実測して図面として残し、それを閲覧することができる。また、撤去直前の姿ではなく、人が生活していた頃の話を集めて展示している。その資料の数には驚かざるを得ない。もちろん、このような町がそのまま残っていればもっとよかったのかもしれないが、再開発の波を何とか食い止め、公園化するということで建物だけは残されたという事情があるため、そのような口惜しさがこのような執拗な記録の原動力となったのかもしれない。

敦義門博物館マウルには展示館のほか、さまざまな工房やギャラリーが入店を始めている。「韓井」の隣の家屋は「レ;コード」というアップサイクリングブランドが入店し、その隣にある日韓折衷様式の家屋は伝統工芸の店となった。既存のブランドではなく、新しい感覚で事業を起こしている人たちが集まっているのが興味深い。これらのギャラリーでは、展示だけでなく、訪問した人たちが体験ができるプログラムが用意されている。敦義門博物館マウルのサイト(http://aenda.cafe24.com)でプログラムの予約ができる。

この町自体が入り組んだ路地がそのまま残されているため、その路地の雰囲気や店などを探しながら歩く楽しみもある。建築についての話を聞けるツアープログラムも用意されており、より博物館マウルを楽しむことができるような「ライフスタイルコース」、子供たちが一緒に楽しめる「家族コース」などもある。また、大韓民国臨時政府の庁舎となった「京橋荘」や童謡作家である洪蘭坡が住んでいた洋館など、周辺の近代遺跡を訪ねるツアーも予定されている。

 

敦義門展示館

http://aenda.cafe24.com/
観覧時間:火~日曜日 9:00~18:00
休館日:毎週月曜日、1月1日
観覧料:無料

Pocket

関連する記事はこちら

煥基美術館1

韓国ART散歩 | 煥基美術館

韓国最高の抽象画に最高の空間で出会う 煥基美術館   2017年11月27日、青い色調の一枚の絵が香港でのオークションで2800万ドル(約39億ウォン)で落札された。この「モーニングスター」という題の半抽象画は、韓国の美術品では最高額で落札される、樹話(スファ)・金煥基…続きを読む

streetmuseum01

筆洞ストリートミュージアム

現代アートを路地で楽しむスタンプラリーに出発しよう   筆洞ストリートミュージアム    最近、韓国では都市再生が盛んに行われており、古い家屋をカフェやコミュニティースペースに改造して地域の再生に役立てる事業があちらこちらで見られる。鍾路区の益善洞(イクソンド…続きを読む

다담콘서트

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン   –  歌手ユ・ヨルが進行、お茶とトークショーがあるコンサートを開催     国立国楽院が冬のソナタに出演した歌手ユ・ヨルが進行する午前の国楽コンサート「茶談(タダム)」を今年の前半期と下半期…続きを読む

난타

NANTA、日本震災義援金1億ウォン伝達

NANTA、日本震災義援金1億ウォン伝達   韓国を代表する文化公演であり、世界的なノンバーバル(nonverbal:非言語)パフォーマンス「NANTA」が、日本大地震の被害復旧のために1億ウォンの寄付を行った。 NANTA側は先月3月21日、大韓赤十字社に日本地震被害…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

서브01-체험요리

<撮れ立てレポート>韓国伝統料理研究所の外国人料理体験

食べるだけじゃ物足りない!作って味わう韓国料理   グルメ大国、韓国。韓国には今やおいしい料理を食べるという目的で来る日本人の観光客もいるくらいだ。実際に韓国に行ってみると、私たちが知らない料理がまだまだあり、新しい味に触れるたびにそのおいしさに感動してしまう。そんな韓…続きを読む

박물관1

仁川の子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー

子供と一緒に楽しむ 博物館ツアー 週末に、「子供たちとどこへ行こうか?」 と悩んでいる人なら、博物館巡り出かけてはどうだろうか。 子供と一緒に楽しめる5つの博物館を紹介しようと思う。 仁川児童科学館 仁川児童科学館では遊びや体験を通して、科学原理を分かりやすく学ぶことができるとこ…続きを読む

アリラン流浪団

韓国文化教育体験アカデミー「アリランスクール」

アリランを体験してみよう! 韓国文化教育体験アカデミー「アリランスクール」   韓国に旅行に来て、何かの体験を楽しんだ人は多いだろう。韓服を着て記念撮影をしたり、キムチを漬けたり、簡単に楽しく韓国の文化に触れることができるのが魅力だ。しかし、今まで体験したことのない韓国…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02