仁川の童話の主人公になる 松月洞童話村

2017年02月09日

童話の主人公になる

松月洞童話村

松月洞(ソンウォルドン)童話村(ドンファマウル)は、その名の通り’童話’をテーマに地域全体が華やかに飾られた村である。入口に着くと、’松月洞童話村’と書かれた大きな虹の形の看板が見える。左側の最初の 路地に入ってみよう。ここから童話村が始まる。たくさんの童話の主人公達が、壁画で、造形物で、フォトゾーンであなたを待っている。童話のタイトル、童話の主人公、童話のストーリーを一つ一つ思い出しながら村を歩けば、不思議の国のアリスになったかのように、 時が過ぎるのも忘れて村の魅力に惹きつけられるだろう。

童話村にはフォトゾーンが別途用意されているが、実際には村全体がフォトゾーンだといえる。童心を刺激する様々なかわいいキャラクター達が村全体に散りばめられているからである。

オズの魔法使い、赤ずきん、白雪姫、シンデレラ、眠れる森の美女、かえるの王子様、アラビアンナイト、すっぽん伝(韓国の昔話)、こぶとりじいさん、美女と野獣、ピーターパン、不思議の国のアリスなど、村いっぱいのキャラクター達が列を成して訪れる人々を歓迎する。すべての主人公と写真を撮りたいなら、丸一日あっても足りないかもしれない。
いたるところにある店にも目を向けてみよう。童話村内の店は、全ての店が独自のコンセプトを持っていて童心を刺激する。
カフェや飲食店もあるので、疲れたらどこかのお店に立ち寄って休みながら、バリエーション豊かな童話村の風景を楽しむといいだろう。
そのうち’トリックアートストーリー’は童話やアニメーションのキャラクター達をよりいきいきと感じられる場所である。特殊塗料を使用し、まるで生きているかように描かれた絵、錯視体験館、動作認識画像、鏡迷路、ブラックアートなど、観覧客が体験できる様々な作品が展示されているので一度は訪ねてみる価値がある。
松月洞は、鬱蒼とした松林の間から見える月が趣があったためその名がつけられた。1883年に仁川港が開港し、松月洞にたくさんの外国人が居住するようになり、富裕層の住む街となった。しかし、数十年前から次第に若者達が街を離れ、お年寄りだけがここに残って住み続けているため、活気を失い空き家があちこちに放置されるなど沈滞の一途をたどった。これに対し自治区が都市再生事業を推進し、世界の名作童話をテーマとした童話村が2014年に完成した。
童心に帰って童話村を歩けば、その楽しさに声が大きくなることもあるかもしれない。しかしこれだけは注意しよう。ここは人々が実際に暮らしている地域である。
多くの住民が皆を楽しませるために村を飾り、お客さん達を家のすぐ前まで招待している分、訪問客は彼らに配慮しなければならない。そうすれば、将来自分の子供が成長して大人になってからも、日常から離れ、ここ童話村を再び訪れるだろう。
  • Tip 1.すぐそばに仁川チャイナタウンがあるので、童話村と一緒に旅の日程を組むとよい。
  • Tip 2.開港場通り、新浦市場、自由公園も一日で回れる距離にある。
  • Tip 3.トリックアートストーリー。入場料 大人6,000ウォン 青少年 4,000ウォン 小人3,000ウォン 中区区民 50%割引。10:00-19:00.年中無休。
Pocket

関連する記事はこちら

K-Style_ミッションツアー

「K‐スタイルハブでミッションツアー&韓服体験」

 韓国観光公社が8月末まで、ソウル清渓川の近くにあるK‐スタイルハブ(韓国観光公社ソウル社屋)で、国内外の観光客を対象に韓服体験を含むK‐スタイルハブ・ミッションツアーイベントを開催する。「韓国の味と粋、そして興を探せ!」というテーマで進行される今回の行事は、無料のミッションゲー…続きを読む

서브01-체험요리

<撮れ立てレポート>韓国伝統料理研究所の外国人料理体験

食べるだけじゃ物足りない!作って味わう韓国料理   グルメ大国、韓国。韓国には今やおいしい料理を食べるという目的で来る日本人の観光客もいるくらいだ。実際に韓国に行ってみると、私たちが知らない料理がまだまだあり、新しい味に触れるたびにそのおいしさに感動してしまう。そんな韓…続きを読む

6cc04265d5531cd408bf4d08f1290942-150x150

貞洞劇場の企画公演2014新作「裵裨將傳」開演

貞洞劇場の企画公演2014新作「裵裨將傳」開演 古典小説「裵裨將傳」を伝統的な舞踊劇として新しく創作  古典小説「春香伝」を原作に、ダイナミックで品格のある伝統的なミュージカルに脚色して、国内外の観覧客に好評を博した作品「美笑」を演出した貞洞劇場が美笑の後続作品として企画公演「裵…続きを読む

ソウル城郭ツアー1

漢陽を守った4つの山を歩く「漢陽城郭ツアー」

漢陽を守った4つの山を歩く 「漢陽城郭ツアー」    朝鮮王朝の首都だった漢陽(ハニャン)は四大門と、その周辺を囲む4つの山に積み上げられた城郭により守られていた。今でも夜になると漢陽と呼ばれたソウルの中心部の城郭がライトアップされ、美しい夜景を見ることができるが、ただ遠くから見…続きを読む

002

旅の強い味方 韓国観光公社

  韓国を旅行する際、旅行前に充分計画して来ても、現地で情報を手に入れたいときはよくあるものです。観光地までの行き方や、観覧時間や休日、更には現地について新たな情報を知ってそれについて詳しく知りたいこともよくあります。そんな旅の強い味方となってくれるのが韓国観光公社です…続きを読む

月精寺

山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅

心身が癒されるとっておきの冬の韓国旅行 山寺で私をみつける江原道観音聖地癒しの旅    日常の悩みから離れて地上と断絶した山の中の寺院に向かう。都市の喧騒は消え、神秘的で霊験あらたかな空気に体と心が自然と癒されていく。伝統的な仏の教えはこれまで気づかなかった人生の意味ま…続きを読む

mimesis

ミメシス・アートミュージアム

作品と建築が調和する「光による美術館」 ミメシス・アートミュージアム  秋がやってきた。秋といえば「読書の秋」という人は、坡州市の出版団地を一度訪問することをお勧めする。韓国の出版社の洗練された社屋が並び、書店やブックカフェも兼ねているため、建築と良書が同時に楽しめる地域だ。また…続きを読む

다담콘서트

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン

国立国楽院、国楽コンサート「茶談」オープン   –  歌手ユ・ヨルが進行、お茶とトークショーがあるコンサートを開催     国立国楽院が冬のソナタに出演した歌手ユ・ヨルが進行する午前の国楽コンサート「茶談(タダム)」を今年の前半期と下半期…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02