韓国で初のジャンクアートミュージアム「オデホ・アートファクトリー」

2019年08月01日

オデホアートファクトリー

 

 忠清北道忠州市の郊外、廃校の校庭にロボットが現れた。映画「トランスフォーマー」で見たようなロボットが何体も並んでいる。その脇では近未来SFに出てきそうなバイクが走っている。子供たち、いや大人までわくわくするような作品が並ぶここは、今年5月にオープンした「オデホ・アートファクトリー」。オープンして間もないにもかかわらず韓国観光公社が推す観光地に選ばれた新進気鋭の博物館を紹介しよう。

文/町野山宏記者
「オデホ・アートファクトリー」は、廃品を材料にした「ジャンクアート」を展示した美術館。廃校になった小学校の建物とその敷地に1千点を越すジャンクアートが展示されている。驚くのは、この作品すべてがこの美術館の館長であるオ・デホさんの手によるものだということ。なんとこれまでに作った作品は6000点に及ぶという。

ファクトリーを訪れて目を引くのは、やはり巨大なロボット。自動車やバイクの部品を使ってつくっているためか、やはりトランスフォーマーを思い出す。大きいものは高さ5mに達し、今にも動き出しそうな迫力を感じさせる。さまざまな大きさのロボットのほかにも、実際に乗れるバイクのような作品も目を引く。それも、普通の美術館とは違って触ったり乗ったりすることができるのも、この美術館の大きな特徴の一つだ。庭には自転車などの乗り物もあれば、滑り台や手押し車のような子供の遊び場にあるような作品もある。それを大の大人が乗ってはしゃぐ姿が見られるのもこの美術館ならではの珍風景だ。

オ・デホ館長は、もとはアーティストではなく、プラスチックのリサイクル業をしていた。それが廃業した後、偶然見た雑誌を通してジャンクアートというジャンルに触れたという。「これなら私にもつくれる」と思って始めたジャンクアートだったが、20年前の韓国ではジャンクアートに対する理解がなく、注目されなかった。しかし、だんだんと認められるようになり、北京で開かれたスチームパンクアート展に招待されて10点の作品を完売したこともあった。

庭だけでなく、建物の中にも多彩な作品が展示されている。何かのキャラクターを思わせる作品からミュージシャンたちをテーマにした作品など、見ているだけで楽しくなる作品ばかりだ。カフェにもオ・デホ作家ならではの家具が並ぶ楽しい空間になっている。

さまざまな作品を見ていると、自分でもつくってみたくなるかもしれない。そんな観覧客のために、実際にジャンクアートを体験するプログラムが用意されている。オ・デホ作家の作品に色を塗る「アートカラーリング」、ダンボールを材料にしたロボットを作る「エコボット」、実際に廃品を利用して団体で大きな作品をつくる「ワンデイクラス」があり、対象年齢も「子供から大人まで」というゆるさがいい。

訪ねるたびに新しい作品が加わっていると、何度も訪ねる人もいるというこの美術館。忠州の田舎で異色のアート体験をしてみてはいかがだろうか。

 

オデホ・アートファクトリー

忠州市外バスターミナルで360、361、364、365番の市内バスに乗り、「ヌンアム」停留所下車(乗車時間約80分)。震央方向に徒歩12分。タクシーではバスターミナルから約30分。
開館時間:火~日 10:00~17:30(月曜休館)
Tel. 0507-1339-0741
観覧料金:大人3000ウォン、子供5000ウォン
http://5factory.kr

Pocket

関連する記事はこちら

ペインターズ:ヒーロー

〈公演レビュー〉 ペインターズ:ヒーロー

美術が華やかな舞台パフォーマンスに変身! review ペインターズ:ヒーロー   舞台の上を絵が命を持ったように踊る。絵を描くアーティストも同様だ。ステージを左へ右へと走り回って、絵の具をつけた筆を振り回し、塗料いっぱいの絵の具の缶は、キャンパスに豪快に飛び散る。俳優…続きを読む

백남준기념관

「ビデオアートの父」を記念する空間 白南準記念館

  「ビデオアートの父」を記念する空間が誕生 白南準記念館   世界的な芸術家であり、ビデオアートの創始者であるナム・ジュン・パイク(白南準:ペク・ナムジュン/1932~2006)を記念し、その生涯や作品を紹介する「白南準記念館」が、3月10日、ソウル市鍾路区…続きを読む

RE; CODE

明洞聖堂に新しくカルチャースペースが誕生

 昨年9月、明洞聖堂が3年の工事の末に新しく生まれ変わった。2029年まで明洞聖堂一帯を観光特区として育成していくためのリモデリングの第1段階が完了した形だ。今回のリモデリングで、ゴシック様式の聖堂の前には庭園が設けられ、その地下には「明洞聖堂1898広場」と名づけられたカルチャ…続きを読む

1

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展

国立中央博物館「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展 -5月 29日まで、青磁象嵌唐草文盌など111点公開 高麗王室と貴族が使用した最上級の高麗青磁を展示する「自然の歌、 柳川里 高麗靑磁」テーマ展が5月29日まで、国立中央博物館常設展示室の彫刻工芸館の青磁室にて開催される。 …続きを読む

夜オバケマーケット01

暑いソウルの夜も有意義に! 「ソウル・夜オバケナイトマーケット」

 日中の気温が30度を超え、夜も寝苦しいソウルの夏。蒸し暑い夜を少しでも涼しく過ごそうと、ソウルの人たちはトッチャリ(ビニールシート)や食べ物を持って、漢江(ハンガン)へと出かけます。静かなを夕涼みを想像して出かけてみると、そこはお祭り騒ぎ! 毎週金・土曜日の夜、「パムトッケビ(…続きを読む

국립중앙박물관

国立中央博物館、「新安龍泉靑磁展」を開催

国立中央博物館、「新安龍泉靑磁展」を開催 -アジア館にて6月19日まで 国立中央博物館内にあるアジア館の新安海底文化財室にて6月19日(日)まで、新安沖の海底から発掘された龍泉靑磁をテーマにしたテーマ展が開催される。 龍泉靑磁とは、中国の呉・北宋の時代から清王朝まで浙江省南部の龍…続きを読む

서울스카이_메인A

韓国の新しいランドマーク、ソウルスカイ

  今年4月3日にオープンしたロッテワールドタワー展望台「ソウルスカイ」が、8月の入場者65万6千人を超え、韓国観光の新名所として急浮上している。開場1ヵ月あまりで15万人入場という記録を打ち立てたのに続き、オープン100日にして50万人、そして4ヵ月で65万人の入場者…続きを読む

경기도1

京畿道が選定した‘2017年京畿道の10大祭り’

12月になり今年も残りわずかとなりました。桜祭りが真っ盛りだった春がつい一昨日のことのように思えるのに、今や年末の冬祭りが大盛況です。 京畿道では、四季折々の個性満点の31ヶ所の市・郡のすべてが祭りを多く開催するということで噂されています。来るべき2017年を迎え、京畿道が201…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02