韓国で初のジャンクアートミュージアム「オデホ・アートファクトリー」

2019年08月01日

オデホアートファクトリー

 

 忠清北道忠州市の郊外、廃校の校庭にロボットが現れた。映画「トランスフォーマー」で見たようなロボットが何体も並んでいる。その脇では近未来SFに出てきそうなバイクが走っている。子供たち、いや大人までわくわくするような作品が並ぶここは、今年5月にオープンした「オデホ・アートファクトリー」。オープンして間もないにもかかわらず韓国観光公社が推す観光地に選ばれた新進気鋭の博物館を紹介しよう。

文/町野山宏記者
「オデホ・アートファクトリー」は、廃品を材料にした「ジャンクアート」を展示した美術館。廃校になった小学校の建物とその敷地に1千点を越すジャンクアートが展示されている。驚くのは、この作品すべてがこの美術館の館長であるオ・デホさんの手によるものだということ。なんとこれまでに作った作品は6000点に及ぶという。

ファクトリーを訪れて目を引くのは、やはり巨大なロボット。自動車やバイクの部品を使ってつくっているためか、やはりトランスフォーマーを思い出す。大きいものは高さ5mに達し、今にも動き出しそうな迫力を感じさせる。さまざまな大きさのロボットのほかにも、実際に乗れるバイクのような作品も目を引く。それも、普通の美術館とは違って触ったり乗ったりすることができるのも、この美術館の大きな特徴の一つだ。庭には自転車などの乗り物もあれば、滑り台や手押し車のような子供の遊び場にあるような作品もある。それを大の大人が乗ってはしゃぐ姿が見られるのもこの美術館ならではの珍風景だ。

オ・デホ館長は、もとはアーティストではなく、プラスチックのリサイクル業をしていた。それが廃業した後、偶然見た雑誌を通してジャンクアートというジャンルに触れたという。「これなら私にもつくれる」と思って始めたジャンクアートだったが、20年前の韓国ではジャンクアートに対する理解がなく、注目されなかった。しかし、だんだんと認められるようになり、北京で開かれたスチームパンクアート展に招待されて10点の作品を完売したこともあった。

庭だけでなく、建物の中にも多彩な作品が展示されている。何かのキャラクターを思わせる作品からミュージシャンたちをテーマにした作品など、見ているだけで楽しくなる作品ばかりだ。カフェにもオ・デホ作家ならではの家具が並ぶ楽しい空間になっている。

さまざまな作品を見ていると、自分でもつくってみたくなるかもしれない。そんな観覧客のために、実際にジャンクアートを体験するプログラムが用意されている。オ・デホ作家の作品に色を塗る「アートカラーリング」、ダンボールを材料にしたロボットを作る「エコボット」、実際に廃品を利用して団体で大きな作品をつくる「ワンデイクラス」があり、対象年齢も「子供から大人まで」というゆるさがいい。

訪ねるたびに新しい作品が加わっていると、何度も訪ねる人もいるというこの美術館。忠州の田舎で異色のアート体験をしてみてはいかがだろうか。

 

オデホ・アートファクトリー

忠州市外バスターミナルで360、361、364、365番の市内バスに乗り、「ヌンアム」停留所下車(乗車時間約80分)。震央方向に徒歩12分。タクシーではバスターミナルから約30分。
開館時間:火~日 10:00~17:30(月曜休館)
Tel. 0507-1339-0741
観覧料金:大人3000ウォン、子供5000ウォン
http://5factory.kr

Pocket

関連する記事はこちら

서브04-체험기

<セブンラックカジノ体験記>24時間遊べる魅惑のスペース「セブンラック」

24時間遊べる魅惑のスペース「セブンラック」 韓国を観光する中で、魅力的でお得な場所のひとつとしてカジノをあげることができます。ギャンブルなんてとんでもない!と思われる方が多くいらっしゃると思いますが、ここは楽しい旅行中、少し遊び方を知っているだけで、「旅行中のお小遣いできてラッ…続きを読む

서브01-청계광장

<ソウル特別企画>ソウルの中心で文化の香りを探す

<ソウル特別企画> 今までと少し違った韓国旅行の楽しみ方 ソウルの中心で文化の香りを探す   韓国ブームもすでに定着してきた昨今、ソウルを訪れるリピータが大幅に増加している。ショッピング、食べ歩き、ロケ地めぐりなどソウルの楽しみ方は人それぞれ多種多様だが、たまには立ち止…続きを読む

차이나타운2

仁川の圧倒的な歴史の深さを誇る 仁川チャイナタウン

圧倒的な歴史の深さを誇る 仁川チャイナタウン 仁川チャイナタウン。バスで行くこともできるし、車でも行けるが、地下鉄で行くことをお勧めする。 仁川行きの地下鉄1号線に乗って終点まで行けばよいからだ。一駅手前の東仁川駅までは急行列車で速く着くことができる。 でも、急行列車が先にきても…続きを読む

鎮海・軍港祭

春満開!! 全国の桜祭り 2019年版

長い韓国の冬も終わりを告げ、花の便りがあちこちで聞こえてようくるになった。春になったら花見に行きたくなるのは日本でも韓国でも同じだ。韓国にも桜の名所は各所にあり、桜祭りが行われる。日本の桜とは楽しみ方がちょっと違う韓国の桜祭り、地方ごとの特色が見られるさまざまな桜祭りを楽しんでみ…続きを読む

펜타포트

仁川の世界的な有名な PentaPortRock Festival 見に行かないですか。

PentaPortRock Festival * 行事期間 : 毎年 8月中 * 住所 : 仁川広域市延寿区セントラルで 350 (松都洞) * 行事場所 : 仁川松都月明り祭り公園 (PENTA PARK) * Web site : http://pentaportrock.c…続きを読む

nothumbnail

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」 平年より寒かった冬が終わり、やっと訪れた新しい季節の到来に、ショッピングに出かけてみたくなる。「洋服はどんなところで買うの?」と大学生たちに聞くと、南浦洞(ナンポドン)、西面(ソミョン)と並びここ「釜山大(プサンデ)」の名前が必ず…続きを読む

001

1万ウォンでソウルを楽しむ観光コース

1万ウォンでソウルを楽しむ観光コース ソウル観光 食事を1日 1万ウォン以内で済ませる! ソウル旅行の目的は食べるためという人もいるほど、ソウルはおいしいものがたくさん揃ったグルメ天国です。焼肉や海鮮鍋、韓定食など少々お値段の高い高級な食事を楽しむのも良いですが、ソウルには安くて…続きを読む

파라다이스시티_메인

「韓国のカジノ観光産業は今、高速成長中」

最近、韓国の外国人観光客市場は変化の時代を迎えている。パッケージ中心の市場から個人自由旅行客を中心とした市場へとプラットフォームが変化し、一層高まった外国人旅行者のニーズを満たす新規コンテンツが続々と登場し、これまで固定化された韓国旅行のパラダイムまで変化しつつある。 このような…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02