韓国で初のジャンクアートミュージアム「オデホ・アートファクトリー」

2019年08月01日

オデホアートファクトリー

 

 忠清北道忠州市の郊外、廃校の校庭にロボットが現れた。映画「トランスフォーマー」で見たようなロボットが何体も並んでいる。その脇では近未来SFに出てきそうなバイクが走っている。子供たち、いや大人までわくわくするような作品が並ぶここは、今年5月にオープンした「オデホ・アートファクトリー」。オープンして間もないにもかかわらず韓国観光公社が推す観光地に選ばれた新進気鋭の博物館を紹介しよう。

文/町野山宏記者
「オデホ・アートファクトリー」は、廃品を材料にした「ジャンクアート」を展示した美術館。廃校になった小学校の建物とその敷地に1千点を越すジャンクアートが展示されている。驚くのは、この作品すべてがこの美術館の館長であるオ・デホさんの手によるものだということ。なんとこれまでに作った作品は6000点に及ぶという。

ファクトリーを訪れて目を引くのは、やはり巨大なロボット。自動車やバイクの部品を使ってつくっているためか、やはりトランスフォーマーを思い出す。大きいものは高さ5mに達し、今にも動き出しそうな迫力を感じさせる。さまざまな大きさのロボットのほかにも、実際に乗れるバイクのような作品も目を引く。それも、普通の美術館とは違って触ったり乗ったりすることができるのも、この美術館の大きな特徴の一つだ。庭には自転車などの乗り物もあれば、滑り台や手押し車のような子供の遊び場にあるような作品もある。それを大の大人が乗ってはしゃぐ姿が見られるのもこの美術館ならではの珍風景だ。

オ・デホ館長は、もとはアーティストではなく、プラスチックのリサイクル業をしていた。それが廃業した後、偶然見た雑誌を通してジャンクアートというジャンルに触れたという。「これなら私にもつくれる」と思って始めたジャンクアートだったが、20年前の韓国ではジャンクアートに対する理解がなく、注目されなかった。しかし、だんだんと認められるようになり、北京で開かれたスチームパンクアート展に招待されて10点の作品を完売したこともあった。

庭だけでなく、建物の中にも多彩な作品が展示されている。何かのキャラクターを思わせる作品からミュージシャンたちをテーマにした作品など、見ているだけで楽しくなる作品ばかりだ。カフェにもオ・デホ作家ならではの家具が並ぶ楽しい空間になっている。

さまざまな作品を見ていると、自分でもつくってみたくなるかもしれない。そんな観覧客のために、実際にジャンクアートを体験するプログラムが用意されている。オ・デホ作家の作品に色を塗る「アートカラーリング」、ダンボールを材料にしたロボットを作る「エコボット」、実際に廃品を利用して団体で大きな作品をつくる「ワンデイクラス」があり、対象年齢も「子供から大人まで」というゆるさがいい。

訪ねるたびに新しい作品が加わっていると、何度も訪ねる人もいるというこの美術館。忠州の田舎で異色のアート体験をしてみてはいかがだろうか。

 

オデホ・アートファクトリー

忠州市外バスターミナルで360、361、364、365番の市内バスに乗り、「ヌンアム」停留所下車(乗車時間約80分)。震央方向に徒歩12分。タクシーではバスターミナルから約30分。
開館時間:火~日 10:00~17:30(月曜休館)
Tel. 0507-1339-0741
観覧料金:大人3000ウォン、子供5000ウォン
http://5factory.kr

Pocket

関連する記事はこちら

001

アジア最大の規模を誇る 国立中央博物館

韓流スターペ・ヨンジュンの著書である「韓国の美をたどる旅」(ハングゲ アルムダウムル チャジャ トナン ヨヘン)の中に出てくるペ・ヨンジュンが選んだ13の韓国の美の中のひとつとしてあげられた国立中央博物館。駅から博物館の入り口に差し掛かると美しい博物館の景色が広がります。アジアで…続きを読む

nothumbnail

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」 平年より寒かった冬が終わり、やっと訪れた新しい季節の到来に、ショッピングに出かけてみたくなる。「洋服はどんなところで買うの?」と大学生たちに聞くと、南浦洞(ナンポドン)、西面(ソミョン)と並びここ「釜山大(プサンデ)」の名前が必ず…続きを読む

국립중앙박물관_꽃전시

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開

国立中央博物館、書画観絵画室に新しい作品を公開 -新年遺物を交替「朝鮮時代の花の絵」展開く 国立中央博物館が春を迎え、博物館内美術史展示館である書画観絵画室の遺物を新しく交替し観覧客を迎える。 新しく展示される作品らは近づく春とよく似合う「朝鮮時代の花の絵」達で、国立中央博物館の…続きを読む

메인_세로A

韓国観光公社ウェルネス観光25選特集 -上-

今までにないワンランク上の韓国旅行 「韓方、自然・森の癒し、 ヒーリング・瞑想で満喫する 韓国ウェルネス観光」    健康的な生活を追求する人のためのとっておきの旅行である「ウェルネスツアー」が旅の世界的なトレンドとなっている。疲れた心身を休ませて健康な生活を追求する少…続きを読む

IMG_0240

大田の近代建築を巡る

韓国の近代史に触れるレトロな旅 大田の近代建築を巡る  大田(テジョン)市に観光に行くと言えば、たいてい帰ってくるのは「大田に何があるんだ」という言葉だろう。しかし、大田には他にはないいくつかの魅力的なスポットがある。そのスポットを訪ねるべく大田に足を向けた。 文/町野山宏記者 …続きを読む

40e0cc4dedf4ed0a2ca432252b2e5cba-150x150

ユネスコ世界遺産の地で出会う新羅王国の遺産

ユネスコ世界遺産の地で出会う新羅王国の遺産 慶州に位置する貞洞劇場慶州が新作伝統音楽「讚耆婆郎歌」を通じて観客と出会う。新羅国の最精鋭武士である「花郎」として、最も勇敢だと噂される「耆婆」を主人公に、青年・耆婆が最精鋭武士として成長していく過程を、新羅の歴史と文化とを交えながら紹…続きを読む

精進料理体験館01

尼さんから学ぶ韓国の精進料理「韓国寺刹飲食文化体験館」

韓国旅行での大きな楽しみの一つが「食」だろう。さまざまなおいしい料理があふれているが、その中でも最近注目を浴びているのが韓国の寺院に古くから伝わる精進料理だ。伝統を継承しながらよりおいしく、栄養価の高い料理を提供するために発展を続けてきた。そのような精進料理を紹介する「韓国寺刹飲…続きを読む

20220222_170608

寒いから楽しい!江原道平昌ツアー

  2018平昌冬季オリンピックの開催地だった江原道(カンウォンド)平昌(ピョンチャン)。 2月下旬に訪れたこの日は、マイナス19度を記録するなど、さすが冬季オリンピックの開催地らしい寒さでした。韓国を代表するスキー場だけでなく、おいしい郷土料理にドラマ撮影地まで、見所…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence