韓国の仁川にある特別な博物館旅行

2017年02月08日

ご両親との時間旅行

水道局山タルトンネ博物館

いわゆる「博物館」といえば、退屈なところ、というイメージがある。
展示されているものによって、そのイメージは異なるが、とにかく、博物館はその特有の語感から、気軽に楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすというイメージとはほど遠い。しかし、仁川市東区松現洞の水道局山タルトンネ博物館は楽しく時間を過ごせるところだ。

古いものに興味を持っている「若年寄り」も楽しく観覧できると思うが、若年層よりは高齢層のほうが楽しく感じることができるかもしれない。はじめて、ここに来た時
「次に来るときは、両親と一緒に来てみたいところだな」と思った。

水道局山タルトンネ博物館を簡単に説明すると、60~70年代の仁川を再現した近現代生活史専門博物館である。
その時代に、仁川タルトンネに住んでいた市民が、時間が経つにつれて、思い出がうすれていくのを寂しく思い、タルトンネがあった場所に何か意味のあるものを作ることはできないのかという考えから、博物館を作った。中・高齢層には過去の浪漫や懐かしさを感じることができ、若年層には一昔前のタルトンネの暮らしぶりを感じることができるのはと、水道局山タルトンネ博物館は始まったのである。
2005年秋オープンし、開館してもう10年の月日が流れている。地下1階、地上1階の規模で、一般的な博物館に比べ、小規模だが、館内は充実している、館内を1周するのにするのに30分くらいかかるのだが、見応えがある。博物館の隣のタルトンネ遊び体験館で体験もしたら、総所要時間は1時間くらい。石けり、ビソクチギ、ゴムとび、木馬、面子遊び、手玉遊び、ユンノリ、さいころゲームなどのゲームも楽しめるし、懐かしいアニメも上映している。
地下鉄1号線(京仁線)東仁川駅で降りて、松現近隣公園の方向に7~8分くらい歩いていくと、きつい坂道があるが、その坂道の頂上に三角形の水道局山タルトンネ博物館がある。「水道局山」は「水道局のある山」という意味である。本来の名前は万寿山とか松林山であったが、20世紀のはじめ、水道局が設置されることにより、水道局山と呼ばれるようになった。狭くて、急な丘の頂上に町が形成されているのが不思議だが、日本統治時代、当時の日本人と中国人に追い出された人たちがここに集まったといわれている。
本格的に水道局山が庶民の住宅になったのは50年代以降のことだ。朝鮮戦争により住まいを失った避難民が集まり、60年代以降の産業化と共に、仁川だけでなく、忠清道、全羅道からも大勢の人が移住してきた。そのためか、一時、水道局山には3千軒以上が一緒に住んでいたといわれている。登り口付近はもちろん頂上まで小屋が建てられ、後に、これが仁川を象徴する「タルトンネ」になったのだ。
「タルトンネ」という名前は「月」に近い高いところに位置した町という意味から始まったという説とほとんどの住民が「月払い(賃貸)」で暮していたためだという説がある。しかし、この名前が広く使われるようになったのは80年代のはじめ頃の大ヒットドラマ「タルトンネ」の影響が大きい。
水道局山博物館にはドラマ「タルトンネ」のセット場は「きっとこうだったんだろう」と推測できるような空間や小道具がたくさんある。ひっそりとした小道、古い映画ポストが貼ってある壁、小さな店、不動産、塾、練炭の店、床屋、漫画喫茶、喫茶店、洋装店、写真館、住宅、共同水道、共同トイレといったものをリアルに再現している。テーマごとに小品が展示されているため、当時の生活ぶりを想像することもできる。
当時の貧しい生活は大変だったと思うが、「暮らしの現場」を背景にいろんな写真を撮ることができるのも興味深い体験ではないかと思う。恋人と一緒に写真を撮りながら、デートが楽しめるという一方で、両親と一緒にきて「懐かしさ」を味わいたいという気持にもなるのだから、本当に'不思議な博物館である。
博物館には、親子連れが目立つ。子供の教育のためと考え訪れたのであろう。珍しい空間や小物に関心を持つ子供もいたが、ほとんどの子どもたちは、生まれて初めて見る風景に緊張していた。まるで「恐怖の家」「お化けの家」に来ているように、緊張している子供もいた。また、それもかわいい。
博物館の所々で不思議に思って質問する子どもの声が聞こえた。
「母さん、ここ怖い。母さんがこんなところに住んでいたの?」
「いや、母さんじゃないよ。お婆ちゃんの時代かな?!」
一見みても子供は小学生の低学年くらいで、母親もまだ30代に見えた。しかし、子供は博物館の風景をみても、時代を十分に理解していないようだ。80年代と90年代の様子はメディアを通じて、よく紹介されているが、60年代、70年代はなかなか触れることができないからだと思う。
水道局山タルトンネ博物館は両親世代にとっては懐かしい思い出を振り返る機会を提供すると共に、幼年期や学生時代の暮らしぶりが体験できる意味のある場所だと思う。また、恋人同士にはデートコースとして、子供連れの夫婦には3、40年前の韓国そして、仁川の昔の様子を体験学習もできる教育の場としての役割を果たしている博物館だ。
また、仁川国際空港や松島新都市などを通じて、現代的な仁川の様子しか知らない子どもたちや外国人観光客にも、過去の仁川の様子を感じることのできる魅力的なところだといえる。 水道局山タルトンネ博物館は単なる展示のみならず、体験や教育プログラムがあり、「過去の仁川の様子」に興味のある旅行者であれば、絶対、後悔しない観光スポットになると思う。 粗削りでクオリティは低いが、クオリティだけでは評価できない懐かしいアイテムなどを土産物屋(記念品ショップ)でも見ることができるのも水道局山タルトンネ博物館の大きな魅力の一つではないのだろうか。
  • 水道局山タルトンネ博物館

    • 住所: 仁川広域市 東区 ソルピッ路 51 (松現洞)
    • 交通: 地下鉄1号線 桃源駅から徒歩3分
    • 利用時間: 9時~18時
    • 入場料: 大人1,000ウォン / 小人500ウォン
    • Web site : http://www.icdonggu.go.kr/open_content/museum/index.jsp
Pocket

関連する記事はこちら

서브04-체험기

<セブンラックカジノ体験記>24時間遊べる魅惑のスペース「セブンラック」

24時間遊べる魅惑のスペース「セブンラック」 韓国を観光する中で、魅力的でお得な場所のひとつとしてカジノをあげることができます。ギャンブルなんてとんでもない!と思われる方が多くいらっしゃると思いますが、ここは楽しい旅行中、少し遊び方を知っているだけで、「旅行中のお小遣いできてラッ…続きを読む

アリラン流浪団

韓国文化教育体験アカデミー「アリランスクール」

アリランを体験してみよう! 韓国文化教育体験アカデミー「アリランスクール」   韓国に旅行に来て、何かの体験を楽しんだ人は多いだろう。韓服を着て記念撮影をしたり、キムチを漬けたり、簡単に楽しく韓国の文化に触れることができるのが魅力だ。しかし、今まで体験したことのない韓国…続きを読む

精進料理体験館01

尼さんから学ぶ韓国の精進料理「韓国寺刹飲食文化体験館」

韓国旅行での大きな楽しみの一つが「食」だろう。さまざまなおいしい料理があふれているが、その中でも最近注目を浴びているのが韓国の寺院に古くから伝わる精進料理だ。伝統を継承しながらよりおいしく、栄養価の高い料理を提供するために発展を続けてきた。そのような精進料理を紹介する「韓国寺刹飲…続きを読む

인천2

仁川の近代文化との出合い 開港場通り

近代文化との出合い 開港場通り 近代化が始まった所、西海岸第1の貿易港。仁川の開港場ヌリ道を訪ねてみよう。 まず仁川駅から出発してみよう。仁川駅は駅そのものが歴史的な場所だ。 韓国の鉄道は1899年9月18日に開通したが、最初に開通式を行った所が仁川駅だ。現在の駅舎は1925年に…続きを読む

IMG_0964

ソウルはただいま読書中~ソウル本屋散策

  ソウル本屋散策       ソウルの本屋が変わり始めた。小さな「町の本屋」が脚光を浴び始めたのだ。そんな中、ソウル市とソウル図書館が主催で「本屋散策ソウル」というプロジェクトが始まった。このプロジェクトは、本を探して歩く都心の散策路ということで、…続きを読む

메인A

韓国観光公社ウェルネス観光25選特集 -下-

今までにないワンランク上の韓国旅行 「食べて遊んで楽しみながら 美しくなるしあわせを満喫 韓国ウェルネス観光」 韓国観光公社ウェルネス観光25選特集 -下- 健康的な生活を追求する人のためのとっておきの旅行である「ウェルネスツアー」が旅の世界的なトレンドとなっている。疲れた心身を…続きを読む

공항철도

仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記

<撮れ立てレポート> 「ソウル駅で荷物を預け気軽に空港へ出発!」 仁川空港鉄道&ソウル駅都心空港ターミナル体験記   ソウル駅から仁川国際空港をつなぐ仁川空港鉄道が去る12月28日に開通式を行い、全区間運行に入った。 以前開通した1段階区間の仁川空港-金浦空港路…続きを読む

nothumbnail

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」

<釜山>特派員レポート|釜山流行発信地「釜山大」 平年より寒かった冬が終わり、やっと訪れた新しい季節の到来に、ショッピングに出かけてみたくなる。「洋服はどんなところで買うの?」と大学生たちに聞くと、南浦洞(ナンポドン)、西面(ソミョン)と並びここ「釜山大(プサンデ)」の名前が必ず…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02